Cisco 3200 シリーズ ワイヤレス/モバイル ルータ

Cisco 3200 Rugged サービス統合型ルータ シリーズ エンクロージャ

データ シート





Cisco 3200 Rugged サービス統合型ルータ シリーズ エンクロージャ



Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure は、警察、消防、輸送、および防衛の各分野で車両および屋外での使用を想定して設計されています。このシスコ製格納ラックは完全密閉型で、激しい温度変化、高度環境、強い衝撃や振動、湿気、水濡れ、埃など、過酷な環境に耐えられるように設計されています。

Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure は、NEMA 4、MIL-STD-810F、MIL-STD-461E、SAE 規格など、さまざまな環境仕様に準拠するように設計されています。伝導性冷却方式を使用することで、熱をモバイル インターフェイス カード(MIC)から格納ラックの外部に伝導します。そのため、内蔵ファンが不要になります。図 1 に、Cisco 3230 Rugged Enclosure の前面図と背面図を示します。

図 1 Cisco 3230 Rugged Enclosure - 前面図と背面図

図 1 Cisco 3230 Rugged Enclosure - 前面図と背面図


Rugged Enclosure の組み立て

Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure はモジュラ型設計であるため、システムに 0 〜 3 枚の Wireless Mobile Interface Card(WMIC; ワイヤレス モバイル インターフェイス カード)を装備できます。将来、ワイヤレス カードを追加してシステムをアップグレードすることもできます。図 2 に Cisco 3230 Rugged Enclosure のコンポーネントを示します。

図 2 Cisco 3230 Rugged Enclosure の組み立て

図 2 Cisco 3230 Rugged Enclosure の組み立て


インターフェイス(I/O)エンド キャップは、複数の設定に対応したインターフェイスを提供します。アンテナ エンド キャップにはアンテナ コネクタが格納されているため、最大 3 つの WMIC を格納ラック内で使用できます。

図 3 Cisco 3230 Rugged Enclosure(矢印は 3 つの WMIC のコンソール ポートを示す)

図 3 Cisco 3230 Rugged Enclosure(矢印は 3 つの WMIC のコンソール ポートを示す)


Cisco 3230 Rugged Enclosure

Cisco 3230 Rugged Enclosure 内にある Cisco 3200 シリーズ カード スタックには、最大 3 枚の WMIC を装備できます。各 3230 バンドルは、Mobile Access Router Card(MARC; モバイル アクセス ルータ カード)、Serial Mobile Interface Card(SMIC; シリアル モバイル インターフェイス カード)、Fast Ethernet Switching Mobile Interface Card(FESMIC; ファスト イーサネット スイッチング モバイル インターフェイス カード)、および電源カードで構成されます。WMIC の数は、必要な構成に応じて 0 〜 3 枚になります。使用できる各バンドルの詳細については、Cisco 3200 シリーズの発注概要を参照してください。発注概要の URL は http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps272/prod_brochure_list.html です。

格納ラックに付属する WMIC の数に応じて、フロント エンド キャップには、上部に W1、W2、W3 というラベルが付いたコンソール ポートを装備できます。各内蔵 WMIC は、これらのコンソール ポートの 1 つに対応します。図 3 にコンソール ポートを示します。

Cisco 3230 Rugged Enclosure は 3 つの 10/100 ファスト イーサネット ポートを装備しています。残りの 2 つの FE ポートは、最大 2 枚の WMIC を接続するために格納ラック内で使用できます。3 枚の WMIC を装備した構成は、外部ファスト イーサネット ポートの 1 つを格納ラック内にルーティングし、2 つのファスト イーサネット ポートをフロント エンド キャップ上に残します。

Cisco 3230 および 3270 Rugged Enclosure の背面には、(赤い矢印で示した)3 組の Reverse Polarity(RP)TNC コネクタがあります。各組は、1 枚の WMIC カードに対応します。下部の組は W1 カード、その上の組は W2、モバイル ルータの最上部の組は W3 に対応します。アンテナ エンド キャップの図は、図 1 を参照してください。

Cisco 3230 Rugged Enclosure の詳細については、Cisco 3200 ハードウェア ガイド( http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps272/products_technical_reference_book09186a0080227b02.html )[英語] を参照してください。

Cisco 3230ルータの詳細については、Cisco 3200 Rugged ISR シリーズのデータ シート( http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/routers/c3200wm/prod_literature.html )を参照してください。

シスコ モバイル インターフェイス カードのサーマル デザイン

過酷な動作環境を想定して、モバイル ネットワークには信頼性が要求されます。Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure は、伝導性冷却方式を使用して、内部コンポーネントを最適な温度に保つことで、モバイル ネットワーキング ソリューションの効率性と信頼性を向上させます。

各 MIC は独自のサーマルデザイン(装置冷却設計)を使用して、カードから格納ラックの外部に熱を伝導できるようにします。サーマル プレート(冷却プレート)は、MIC からカードの両端のサーマル クランプ(冷却クランプ)に熱を伝導するために使用されます。サーマル クランプは、カードを押し出し部分に固定することで、熱を伝導できるようにします。図 4 に、サーマル プレートを取り付けた MIC を示します。

図 4 サーマル プレートを装備した Cisco MIC

図 4 サーマル プレートを装備した Cisco MIC


注:Cisco 3200 Rugged Enclosure バンドルを発注すると、MIC はカードに取り付けられたサーマル プレートが装備された状態で納品されます。

格納ラックのカスタマイズ

システム インテグレータは、ユーザの要件に合わせて格納ラックをカスタマイズできます。たとえば、資格を持ったシステム インテグレータは、PC/104-Plus 業界仕様に従って製造されたサードパーティ製モデム用のサーマル プレートを使用できます。セルラー モデムを Cisco MIC とともに格納ラックに組み込むことで、モバイル ルータに WAN 接続を提供します。

主な機能と利点

表 1 に、Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure の機能と利点を示します。

1 Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure の機能

機能 利点
格納ラック NEMA 4、IP-67、MIL-STD-810F、MIL-STD-461E、および SAE 標準を含む、さまざまな環境仕様に準拠
密閉型格納ラック 水、湿気、砂、および埃が内部コンポーネントに入るのを防ぐ
伝導性冷却方式 内蔵ファンが不要
1 つのエンド キャップで使用できるすべての I/O インターフェイス 車両への搭載を簡素化
シスコ製 ユーザはシスコ製品のサポートを利用可能


アプリケーション

警察および消防

警察や消防では、警察用車両、救急車、および緊急対応車両の完全密閉型格納ラックに Cisco 3200 Rugged ISR シリーズ ルータを取り付けます。このような車両は、高温や湿度の変化など、厳しい環境にさらされることがよくあります。格納ラックに取り付けた Cisco 3200 シリーズ ルータは、都市エリア全体の屋外用アプリケーションに導入することもできます。これにより、警察や消防の通信機能が強化され、市民の安全性が向上します。モバイル ネットワーク用に信頼性のある格納ラックを必要とする国境巡視隊や港湾局は、Cisco 3200 シリーズ ルータを船舶に搭載できます。

輸送

主要な鉄道会社では、Cisco 3200 シリーズ ルータを機関車、客車、および車両基地用車両に搭載しています。鉄道会社は、埃、すす、水から Cisco 3200 シリーズ ルータ ソリューションを守る、Cisco 3200 シリーズ 格納ラックのような頑丈な格納ラックを必要としています。

防衛

防衛産業では、ミッションクリティカルな情報をネットワーク経由で安全かつ確実に送信するために、堅牢な通信ネットワークを必要としています。Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure は、装甲車、非装甲車、航空機、船舶などの軍用車両に共通の厳しい環境からネットワーキング コンポーネントを保護することで、ネットワークの信頼性を向上させます。

製品仕様

表 2 に、Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure の製品仕様を示します。

表 2 Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure の製品仕様

機能 仕様
冷却方法 受動伝導
温度
動作時
  • -40 〜 74°C
  • -40 〜 165°F
  • (光ファイバを使用した 3270 Rugged Enclosure の場合は -40 〜 65°C)
非動作時
  • -40 〜 85°C
  • -40 〜 185°F
高度(低圧動作)
動作時 4,572 m(15,200 フィート)
非動作時 12,192 m(40,000 フィート)
湿度 95 %(± 4 %)相対湿度
かび 最低 86°F(± 2°F)で連続 28 日間、非動作時
塩水噴霧 48 時間の塩水噴霧テスト、動作時
砂および埃
  • 風塵、動作時
  • 6 時間:室温
  • 6 時間:高温
浸水 NEMA 4 および 6 に準拠するように設計
振動 軸ごとに 15 時間、動作時
衝撃
動作時
  • 加速度:20g
  • 継続期間:9 ms
非動作時
  • MIL-STD-810F
  • ピーク加速度:40 g
  • 15 〜 23 ms 連続
EMI/EMC MIL-STD-461E(地上車)
3230 Rugged Enclosure の外形寸法
  • 高さ:14.99 cm(5.89 インチ)
  • 幅:17.27 cm(6.82 インチ)
  • 奥行:20.32 cm(7.80 インチ)
3230 Rugged Enclosure の重量 6.441 kg(14.5 ポンド)(格納ラック、MARC、SMIC、FESMIC、Mobile Router Power Card[MRPC; モバイル ルータ電源カード]、および WMIC × 2 を含む)



Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure の発注情報

Cisco 3200 シリーズ Rugged Enclosure は、設定可能なシステムの一部としてシスコに発注できます。Cisco Rugged Enclosure バンドルは、シスコまたは公認の販売代理店に直接発注できます。

Cisco 3200 Rugged ISR シリーズ システムの発注方法の詳細については、Cisco 3200 シリーズ ルータの発注概要( http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/routers/ps272/prod_brochure0900aecd803fabbf.html )[英語] を参照してください。

関連情報

Cisco 3200 シリーズ ルータの詳細については、次の URL を参照してください。 http://www.cisco.com/jp/go/3200/

お問い合わせ