Cisco 3200 シリーズ ワイヤレス/モバイル ルータ

Cisco 3201 802.11b/g ワイヤレス モバイル インターフェイス カード

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

データ シート





Cisco 3201 802.11b/g ワイヤレス モバイル インターフェイス カード



Cisco 3200 Rugged サービス統合型ルータ(ISR)シリーズ向け Cisco 3201 Wireless Mobile Interface Card(WMIC; ワイヤレス モバイル インターフェイス カード)には、統合型の 802.11b/g ワイヤレス WAN または LAN 機能が用意されています。Cisco 3201 WMIC は、他の Cisco 3200 シリーズ インターフェイス カードと同じく堅牢でコンパクトな PC/104-Plus フォーム ファクタを使用して設計されており、Cisco 3200 シリーズの堅牢なルータ ソリューションの一部として統合できるため、外部の 802.11b/g ブリッジやアクセス ポイントが不要になります。統合型の WMIC は、車両内のモバイル ネットワークまたは屋外ワイヤレス インフラストラクチャへのアクセスを提供します。

Cisco 3200 Rugged ISR シリーズ(図 1 を参照)は、警察、消防、防衛、輸送機関などの組織に次の利点をもたらします。

  • 堅牢かつコンパクトなモジュラ型ルータ。車両内または周辺でのモバイル ネットワークの構築に最適
  • さまざまなワイヤレス テクノロジーに対応した標準ベースの接続機能。802.11b/g、4.9 GHz、第 3 世代(3G)携帯電話ネットワーク、衛星などがあり、後継の無線テクノロジーへのアップグレードにも対応
  • 移動体ネットワーク向けの常時利用可能な無線接続。ロケーションや移動による影響を受けず、モバイル IP によるモビリティを簡単に実現
  • 標準ベースの Cisco IOS® ソフトウェアによる拡張 IP サービス。安定したネットワーク セキュリティ、信頼性、QoS(Quality of Service)、およびリモート管理機能
  • シスコ純正格納ラックまたはサードパーティ製格納ラック用オプション

Cisco 3200 シリーズ ルータを使用したネットワーキング ソリューションの詳細については、Cisco 3200 Rugged ISR シリーズのデータ シート(http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/routers/c3200wm/prod_literature.html)を参照してください。図 1 に、Cisco 3201 WMIC が付属した Cisco 3230 Rugged ISR カード バンドルを示します

図 1 802.11b/g WMIC が付属した Cisco 3200 Rugged ISR シリーズ インターフェイス カード

図 1 802.11b/g WMIC が付属した Cisco 3200 Rugged ISR シリーズ インターフェイス カード


表 1 に、Cisco 3201 WMIC の機能と利点を示します。表 2 に製品番号、表 3 に製品仕様を示します。

1 Cisco 3202 WMIC の機能と利点

機能 利点
Cisco 3200 Rugged ISR シリーズとの統合
  • 外部の 2.4 GHz 802.11b/g LAN または WAN デバイスは不要
  • 移動体ネットワークや屋外無線インフラストラクチャのハードウェアおよび電源設計を簡素化
  • レイヤ 2 および レイヤ 3 のワイヤレス ネットワーキングを統合する Cisco 3200 シリーズ ルータ ソリューションの重要なコンポーネントを提供
堅牢でコンパクトなフォーム ファクタ
  • 工業用規格に準拠したコンポーネントを PC/104-Plus アーキテクチャに搭載
  • -40 〜 85°C の拡張温度範囲に対応
  • MIL-STD-810F および SAE 規格に準拠
  • 他の Cisco 3200 インターフェイス カード上のスタックで、共通の電源装置を共有
アクセス ポイント、ブリッジ、またはワークグループ ブリッジ(クライアント)として設定可能
  • ワークグループ ブリッジまたはユニバーサル ワークグループ ブリッジとして設定可能。Cisco 1500 シリーズ屋外メッシュ アクセス ポイントなど。標準ベースの 802.11b/g アクセス ポイントとの相互運用性を実現
  • ソフトウェア コンフィギュレーションにより、WMIC の機能を柔軟に設定


表 2 Cisco 3201 WMIC の製品番号

製品番号 説明
Cisco 3201 WMIC は、主に Cisco 3200 シリーズ製品バンドルの一部、またはスペア カードとして販売されます。詳細については、Cisco 3200 シリーズの発注概要(http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps272/prod_brochure0900aecd803fabbf.html)[英語] を参照してください。
C3201WMIC-A-K9= Cisco 3201 802.11b/g WMIC(南米・北米のほとんどの地域で使用する場合)
C3201WMIC-TPAK9= サーマル プレート付き Cisco 3201 802.11b/g WMIC(南米・北米のほとんどの地域で使用する場合)
C3201WMIC-E-K9= Cisco 3201 802.11b/g WMIC(欧州のほとんどの地域で使用する場合)
C3201WMIC-TPEK9= サーマル プレート付き Cisco 3201 802.11b/g WMIC(欧州のほとんどの地域で使用する場合)
C3201WMIC-J-K9= Cisco 3201 802.11b/g WMIC(日本で使用する場合、30 mW の出力電力)
C3201WMIC-TPJK9= サーマル プレート付き Cisco 3201 802.11b/g WMIC(日本で使用する場合、30 mW の出力電力)
C3201WMIC-J10-K9= Cisco 3201 802.11b/g WMIC(日本で使用する場合、10 mW の出力電力)
C3201WMIC-TPJ10K9= サーマル プレート付き Cisco 3201 802.11b/g WMIC(日本で使用する場合、10 mW の出力電力)



表 3 Cisco 3201 WMIC の製品仕様

機能 説明  
サポートされるデータ レート 1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、および 54 Mbps  
ネットワーク規格 IEEE 802.11b および IEEE 802.11g  
周波数帯 2.4 〜 2.497 GHz  
ネットワーク アーキテクチャのタイプ 移動体モバイル ネットワーク、屋外無線インフラストラクチャ  
メディア アクセス プロトコル Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance(CSMA/CA; キャリア検知多重アクセス/衝突回避)  
変調 無線変調 802.11b
Direct sequence spread spectrum(DSSS):
  • Differential Binary Phase Shift Keying(DBPSK; 差動 2 相位相偏移変調):1 Mbps
  • Differential Quadrature Phase Shift Keying(DQPSK; 差動 4 相位相偏移変調):2 Mbps
  • Complementary Code Keying(CCK; 相補型符号変調):5.5 Mbps および 11 Mbps
無線変調 802.11g
Orthogonal Frequency Divisional Multiplexing(OFDM):
  • BPSK:6 Mbps および 9 Mbps
  • QPSK:12 Mbps および 18 Mbps
  • 16 QAM(直交振幅変調): 24 Mbps および 36 Mbps
  • 64 QAM:48 Mbps および 54 Mbps
 
動作チャネル 北米:11; ETSI:13; 日本: 14  
非オーバーラップ チャネル 3(米国)  
受信感度
  • 1 Mbps:-94 dBm
  • 2 Mbps:-91 dBm
  • 5.5 Mbps:-89 dBm
  • 11 Mbps:-85 dBm
  • 6 Mbps:-90 dBm
  • 9 Mbps:-89 dBm
  • 12 Mbps:-86 dBm
  • 18 Mbps:-84 dBm
  • 24 Mbps:-81 dBm
  • 36 Mbps:-77 dBm
  • 48 Mbps:-73 dBm
  • 54 Mbps:-72 dBm
 
遅延拡散
  • 1 Mbps:500 ns
  • 2 Mbps:400 ns
  • 5.5 Mbps:300 ns
  • 11 Mbps:140 ns
  • 6 Mbps:300 ns
  • 9 Mbps:300 ns
  • 12 Mbps:300 ns
  • 18 Mbps:300 ns
  • 24 Mbps:240 ns
  • 36 Mbps:240 ns
  • 48 Mbps:120 ns
  • 54 Mbps:120 ns
 
使用可能な送信電力設定 802.11b:
  • 100 mW(20 dBm)
  • 50 mW(17 dBm)
  • 30 mW(15 dBm)
  • 20 mW(13 dBm)
  • 10 mW(10 dBm)
  • 5 mW(7 dBm)
  • 1 mW(0 dBm)
最大電力設定は、各国の規制によって異なる
802.11g:
  • 30 mW(15 dBm)
  • 20 mW(13 dBm)
  • 10 mW(10 dBm)
  • 5 mW(7 dBm)
  • 1 mW(0 dBm)
最大電力設定は、各国の規制によって異なる
 
範囲(一般的な 100 mW の伝送パワー設定、6 dBi のダイバーシティ ダイポール アンテナを使用) 屋外:
  • 45 Mbps で 804 m(0.5 マイル)
  • 11 Mbps で 1609 m(1 マイル)
  • 1 Mbps で 4827 m(3 マイル)
 
準拠規格 FCC Part 15 では無償のライセンスで動作し、クラス B デバイスとして準拠。DOC 規制に準拠。ETS 300.328、FTZ 2100、および MPT 1349 の各規格に準拠。堅牢なバージョンは UL 2043 に準拠  
SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)準拠 MIB I および MIB II  
アンテナ 2.4 GHz でサポートされるアンテナ(固定型)  
ANT3549 PATCH
9 dBi
ANT1729 PATCH
6 dBi
ANT250 OMNI MAST
5.2 dBi
ANT24120OMNI MAST
12 dBi
ANT2410 YAGI
10 dBi
ANT1949 YAGI
13.5 dBi
ANT3338 DISH
21 dBi
サポートされるモバイル アンテナ  
BMAXC24503
モバイル MAG マウント
3 dBi
BMAXC24505
モバイル MAG マウント
5 dBi
BMAXC24003
モバイル MAG マウント
5 dBi
 
アンテナの詳細については、Cisco 3200 シリーズのアンテナ概要(http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps272/prod_brochure_list.html)を参照  
ワークグループ ブリッジ Cisco 3200 シリーズ ルータをクライアント デバイスとして Cisco 152x メッシュ アクセス ポイントに接続  
ユニバーサル ワークグループ ブリッジ Cisco 3200 シリーズ ルータをクライアント デバイスとして標準ベースの 802.11b/g アクセス ポイントに接続し、さまざまな認証タイプに複数のプロファイルを使用可能  
VLAN サポート 最大 16 のユーザ グループのセグメント分割が可能であり、ユーザごとにセキュリティ、QoS など、LAN ポリシーとサービスを差別化することで、システムの柔軟性を向上  
複数の Basic Secure Set Identifier(BSSID) 複数の BSSID で最大 16 の SSID を提供し、複数の VLAN で使用可能  
QoS のサポート ワイヤレス QOS の 802.11e 仕様の一部としての Wireless Multimedia(WMM)。アプリケーション要件ごとにトラフィックに優先順位を付けることで、音声と映像のユーザ エクスペリエンスを向上  
セキュリティ Wi-Fi Protected Access (WPA)および WPA2 をサポートする WPA2 は、次の機能を備えている
認証
  • 802.1X のサポート、Cisco LEAP、Projected Extensible Authentication Protocol(PEAP)、Extensible Authentication Protocol Transport Layer Security(EAP-TLS)(ルート AP およびクライアント)、EAP Tunneled TLS(EAP-TTLS)、EAP Subscriber Information Module(EAP-SIM)、および EAP Flexible Authentication via Secure Tunneling(EAP-FAST)を含む
暗号化
  • WPA:Cisco TKIP または WPA TKIP
  • WPA2:AES(802.11i)
 
ステータス インジケータ 4 つのステータス インジケータ(ETH、RF、INSTALL、および STATUS)に対応した信号により、アソシエーション ステータス、動作、エラーまたは警告、ファームウェア アップグレード、設定、ネットワークまたはモデム、および無線ステータスに関する情報を提供  
自動設定のサポート BOOTP および Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)  
リモート設定のサポート Telnet、HTTP、FTP、Trivial File Transfer Protocol(TFTP)、および SNMP  
ローカル設定 直接コンソール ポート  
外形寸法
  • 3.775 × 0.937 × 3.550 インチ(幅×高さ×奥行)
  • 高さには、コンポーネント面の高さ、ボードの高さ、および接合面の側板の高さが含まれる
 
重量 0.102 kg(0.22 ポンド)  
格納ラック Cisco 3200 シリーズは格納ラックでシステム バンドルを提供。詳細については、次の URL を参照 http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps272/products_data_sheet0900aecd8028e3a7.html  
環境仕様
  • 動作温度:* -40 〜 85°C
  • 動作高度:15,000 フィート
  • 非動作時温度:-40 〜 85°C
  • 非動作時高度:40,000 フィート
 
入力電力要件 3.3 V および 5.0 V の入力が必要(Cisco 3200 カード スタックと同じ)  
保証 90 日  
Wi-Fi 認定 Wi-Fi 認定  

* オンボード コンポーネント周辺の周囲温度。システム レベルの外部動作温度は、使用する格納ラックと冷却ソリューションによって異なる


発注情報

Cisco 3201 WMIC は Cisco 3200 Rugged ISR シリーズ用に開発され、統合型の 802.11b/g ワイヤレス WAN または LAN 機能を提供します。詳細については、Cisco 3200 シリーズの発注概要( http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/routers/ps272/prod_brochure0900aecd803fabbf.html )を参照してください。

サービスおよびサポート

シスコは、お客様がそのネットワーク サービスを最大限に活用するため、各種サービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツールをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。»サービスについての詳細は、以下のURLを参照してください。


テクニカル サポート サービス
http://www.cisco.com/jp/go/tac/
サービス プログラム
http://www.cisco.com/jp/service/contact/«

関連情報

Cisco 3200 Rugged ISR シリーズの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/3200/ を参照してください。

お問い合わせ