ルータ

ブランチ ルータ

企業ネットワークの再考

シスコの IWAN アプリケーションが企業ネットワークにおける課題をどのように解決するかをご覧ください。

企業ネットワークの再考

モビリティ、クラウド アプリケーション、セキュリティに対する脅威などにより、WAN に膨大な負荷がかかるようになり、パフォーマンス要件を満たすためにブランチで複数のアプリケーションやサービスをサポートすることが必要になりました。Cisco ISR は複数のサービスを実行しつつ、アプリケーション パフォーマンスの改善、ネットワーク俊敏性と信頼性の向上も実現できるように設計されています。

妥協のないユーザエクスペリエンス

ブランチでは現在、サポートが必要なアプリケーションやデバイスが増えており、帯域幅に制約のあるブランチ回線への負荷がさらに増しています。Cisco ISR は WAN 最適化(WAAS)アプリケーションの可視性(AVC)インテリジェント キャッシングセキュリティ、管理、トラフィック モニタリング、コンピューティング統合(オプション)など、重要な機能を 1 つに統合することで、これらの要件を満たします。

市場投入までの時間の短縮

IT 部門に新たなビジネス要件が課せられると、多くの場合、新サービス提供のための構成変更やネットワーク監視がボトルネックとなります。しかし、現在は、Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)エンタープライズ モジュールと、テストおよび設計検証済み [英語] のシスコ インテリジェント WAN による構成、監視、管理の自動化により素早くビジネス ニーズに応えることができます。

セキュリティの拡張

現在、多くの企業がクラウド ソリューションに移行し、ブランチから直接インターネットにアクセスできるようになっていますが、それにより攻撃範囲が拡大し、より多くの脆弱性が露出する結果となっています。高度なマルウェア防御(AMP)を備えた Cisco Cloud Web Security は、Web ベースの脅威から保護します。さらに、Cisco 4000 ISR ファミリは最高水準の脅威防御を提供する Cisco UCS E シリーズの Cisco Sourcefire 侵入検知システム(IDS)をサポートし、高度な脅威防御のニーズに対応します。

コストの削減

ビジネス ニーズの変化にともなうブランチの拡大と新サービスの追加に合わせてパフォーマンスを向上します。ISR は従量制のソフトウェア ライセンスをサポートしているため、ビジネスの拡大に合わせて柔軟にスループット、ネットワーク、アプリケーション サービスを追加で購入できます。

コンバージド インフラストラクチャ

4000 ISR ファミリの Cisco UCS E シリーズ サーバ モジュールは、データセンター クラスのコンピューティングおよびストレージ サービスをすべてのオフィス サイズに提供し、ブランチ アプリケーションとサーバを 1 つのブランチ プラットフォームに統合できます。

シスコサービス統合型ルータの最新情報

その他のリソースを参照して、貴社に最適なソリューションを見つけてください。

お問い合わせ

IT の実状に合わせた CIO のビジョン策定

Cisco 4000 ISR シリーズの主な機能を解説します。(PDF - 497 KB)

ホワイトペーパーを読む