Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ Q&A

Q&A





Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ



一般情報


Q. Cisco® ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータとは何ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズは、非常にスケーラブルなルーティング プラットフォーム上でのネットワーク サービスの統合を可能にする、ミッドレンジ クラスのルータです。インテリジェントなサービスとモジュラ化が優れた復元力を提供し、大企業やサービス プロバイダーのアプリケーションのニーズを長期にわたって満たします。

Cisco ASR 1000 シリーズは、画期的なテクノロジー Cisco QuantumFlow Processor を採用した最初のシステムで、超並列処理と高度なメモリ管理、カスタマイズ可能な Quality of Service(QoS)に加えて、シリコンベースのサービス提供、および新たに出現する要件にも対応可能なプログラマビリティを提供します。この新しいプロセッサの柔軟性により、外部のネットワーク アプライアンスやサービス モジュールを使用しなくても、パケット暗号化、パケット インスペクション、アプリケーション認識、トラフィックの差別化、加入者管理などのネットワーク サービスを、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの 1 つのルーティング プラットフォームで統合できます。

ファスト イーサネットから 10 ギガビット イーサネット(GE)、あるいは DS-0 から豊富な QoS 機能を備えた OC-192/STM-64 まで拡張できる Cisco ASR 1000 シリーズ ルータを使用することで、ネットワーク オペレータはミッションクリティカルなアプリケーションに対して帯域幅を保証すると同時に、全体的なアプリケーション ユーザ エクスペリエンスを向上できます。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズにはどのようなモデルがありますか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズには、1 ラック ユニット(1RU)の Cisco ASR 1001、2 ラック ユニット(2RU)の Cisco ASR 1002-Fixed、ASR 1002、ASR 1002-X、4RU の Cisco ASR 1004、6RU の Cisco ASR 1006、13RU の Cisco ASR 1013 の 7 つのモデルがあります。表 1 に仕様を示します。

表 1 Cisco ASR 1000 シリーズの仕様

モデル Cisco ASR 1001 Cisco ASR 1002-F Cisco ASR 1002 Cisco ASR 1002-X Cisco ASR 1004 Cisco ASR 1006 Cisco ASR 1013
物理仕様 高さ:43.43 mm (1.71 インチ)
幅:439.42 mm (17.3 インチ)
奥行:470 mm (18.5 インチ)
重量:
  • 10.57 kg(23.30 ポンド)(AC デュアル電源およびインテグレーテッド ドーター カード(IDC)を含む)
  • 10.29 kg(22.70 ポンド)(DC デュアル電源および IDC を含む)
  • SPA は含まない
注:Cisco ASR 1001 ルータにはルート プロセッサ、ESP、および SIP が内蔵されています。
高さ:88.9 mm (3.5 インチ)
幅:437.4 mm (17.2 インチ)
奥行:558.8 mm (22 インチ)
重量:
  • 15.23 kg(33.65 ポンド)(AC デュアル電源および Shared Port Adaptor(SPA)ブランク カバーを含む)
  • 16.75 kg(36.85 ポンド)(DC デュアル電源、ブランク カバー、およびエンベデッド サービス プロセッサ 2.5(ESP2.5)を含む)
  • SPA は含まない
注:Cisco ASR 1002-F にはルート プロセッサ、ESP、および SIP が内蔵されています。
高さ:88.9 mm (3.5 インチ)
幅:437.4 mm (17.2 インチ)
奥行:558.8 mm (22 インチ)
重量:
  • 15.23 kg(33.65 ポンド)(AC デュアル電源および SPA ブランク カバーを含む)
  • 16.75 kg(36.85 ポンド)(DC デュアル電源、ブランク カバー、および ASR1000-ESP5 を含む)
  • SPA は含まない
注:Cisco ASR 1002 にはルート プロセッサおよび SIP が内蔵されています。
高さ:88.9 mm (3.5 インチ)
幅:437.4 mm (17.2 インチ)
奥行:558.8 mm (22 インチ)
重量:
  • 17.37 kg(38.25 ポンド)(AC デュアル電源および SPA ブランク カバーを含む)
  • 17.73 kg(39.05 ポンド)(AC デュアル電源およびブランク カバーを含む)
  • SPA は含まない
注:Cisco ASR 1002-X にはルート プロセッサ、ESP、および SIP が内蔵されています。
高さ:177.8 mm (7 インチ)
幅:437.4 mm (17.2 インチ)
奥行:558.8 mm (22 インチ)
重量:31.16 kg(68.7 ポンド)(AC デュアル電源および SPA ブランク カバーを含む、ASR1000-ESP10 または ASR1000-ESP20、ASR1000-RP1、ASR1000-SIP10(2)、SPA は含ない)
注:Cisco ASR 1004 は ASR1000-ESP40 もサポートします。
高さ:266.7 mm (10.5 インチ)
幅:437.4 mm (17.2 インチ)
奥行:558.8 mm (22 インチ)
重量:44.77 kg(98.70 ポンド)(AC デュアル電源および SPA/RP/SIP ブランク カバー、ASR1000-ESP10 または ASR1000-ESP20(2)、ASR1000-RP1(2)、ASR1000-SIP10(3)を含む。SPA は含まない)
高さ:579.1 mm (22.8 インチ)
幅:437.4 mm (17.2 インチ)
奥行:558.8 mm (22 インチ)
重量:83.46 kg(184.0 ポンド)(AC デュアル電源、SPA およびルート プロセッサおよび SIP ブランク カバー、Cisco ASR 1000 シリーズ ESP40(ASR1000-ESP40)X 2、Cisco ASR 1000 シリーズ RP2(ASR1000-RP2)X 2、Cisco ASR 1000 シリーズ SIP40(ASR1000-SIP40)X 6 を含む。SPA は含まない)
共有ポート アダプタ(SPA) SPA スロット:1 SPA スロット:1 SPA スロット:3 SPA スロット:3 SPA スロット:8 SPA スロット:12 SPA スロット:24
Cisco ASR 1000 シリーズ ESP シャーシに内蔵 シャーシに内蔵 ESP スロット:1 シャーシに内蔵 ESP スロット:1 ESP スロット:2 ESP スロット:2
ルート プロセッサ シャーシに内蔵 シャーシに内蔵 シャーシに内蔵 シャーシに内蔵 ルート プロセッサ スロット:1 ルート プロセッサ スロット:2 ルート プロセッサ スロット:2
サポートされる SIP の数 シャーシに内蔵 シャーシに内蔵 シャーシに内蔵 シャーシに内蔵 2 3 6
冗長性 ソフトウェア:あり ソフトウェア:あり ソフトウェア:あり ソフトウェア:あり ソフトウェア:あり ハードウェア:あり ハードウェア:あり
内蔵ギガビット イーサネット ポート あり:4 ギガビット イーサネット(SFP)ポート あり:4 ギガビット イーサネット(SFP)ポート あり:4 ギガビット イーサネット(SFP)ポート あり:6 ギガビット イーサネット(SFP)ポート 0 0 0
エアーフロー 前面から背面 前面から背面 前面から背面 前面から背面 前面から背面 前面から背面 前面から背面


注: 1RU、2RU、および 2RU-F シャーシ(ASR1001、ASR1002、ASR1002-X、ASR1002-F)には、4 GB DRAM がデフォルトで搭載されています。ASR1002 と ASR1002-F では、ソフトウェアの冗長性を実現するために 4 GB が必須となっていますが、これはマネージド CPE アプリケーションにとっても重要です。ASR 1001 と ASR 1002-X でソフトウェア冗長性を実現するには、8 GB が必要です。

Q. Cisco ASR 1001 シャーシに新たに導入された、他の ASR 1000 シリーズ ルータにはない特徴は何ですか。

A. Cisco ASR 1001 シリーズにはインテグレーテッド ドーター カード(IDC)のコンセプトが導入され、ASR 1001 シャーシ上には、拡張(I/O)機能を提供するコンポーネント(フィールド アップグレード非対応)が搭載されています。Cisco ASR 1001 の初回リリースには、ASR 1001 基本シャーシ(製品番号 ASR1001)、2 つの OC-3 Packet-over-SONET/SDH(POS)ポートを提供する IDC を搭載した ASR1001 シャーシ(ASR1001-2XOC3POS)、および 4 つの T3 ポートを提供する IDC を搭載した ASR1001 シャーシ(ASR1001-4XT3)の 3 つのバージョンがあります。次の段階ではさらに 3 つのシャーシが投入され、160 GB のハード ドライブを搭載した ASR1001 シャーシ(ASR1001-HDD)、4 つの 1 ギガビット イーサネット ポートを提供する IDC を搭載した ASR1001 シャーシ(ASR1001-4X1GE)、および 8 つのチャネル化 T1/E1 ポートを提供する IDC を搭載した ASR1001 シャーシ(ASR1001-8XCHT1E1)が追加されました。また、Cisco ASR 1001 では、Cisco ASR 1000 シリーズで初めて、他のシスコ製品(第 2 世代シスコ サービス統合型ルータ(ISR G2)シリーズなど)と同じコンセプトのソフトウェア アクティベーションを採用しています。顧客配布(FCS)で、ソフトウェア アクティベーションによって適用されるライセンスには 2 つの種類があります。1 つは、IP Base(K9 および non-K9)、Advanced IP Services(K9 および non-K9)、Advanced Enterprise Services(K9 および non-K9)のライセンスを通じて、フィーチャ セットを提供するものです。もう 1 つは、パフォーマンス アップグレード ライセンスのソフトウェア アクティベーションによって、デフォルトのパフォーマンスを 2.5 Gbps から 5 Gbps にアップグレードするものです(3 種類の ASR 1001 シャーシのいずれかの発注時に 5 Gbps へのパフォーマンス アップグレードを指定する場合は製品番号 FLS-ASR1001-5G を使用)。ファイアウォールや暗号化などの他の機能についても、今後 ASR 1001 でソフトウェア アクティベーションできるようになる予定です。

Q. Cisco ASR 1002-X シャーシに新たに導入された、他の ASR 1000 シリーズ ルータにはない特徴は何ですか。

A. Cisco ASR 1002-X シリーズは、6 つの内蔵ギガビット イーサネット ポートを搭載しています。また、isco ASR 1002-X では、Cisco ASR 1001 や他のシスコ製品(Cisco ISR G2 ルータなど)と同じコンセプトのソフトウェア アクティベーションを採用しています。ソフトウェア アクティベーションによって、システム パフォーマンスを 5(デフォルト)、10、20、36 Gbps に設定できます。

Q. Cisco ASR 1013 と ASR 1006 の主な違いは何ですか。

A. Cisco ASR 1013 では I/O 容量が最大 6 スロットに拡張され(ハーフハイト SPA X 24)、合計 360 Gbps をサポートするスループットが提供されます。このモデルは、4 つの 40 Gbps スロットまたは 2 つの 100 Gbps スロットを将来サポートするように設計されています。Cisco ASR 1013 には 4 つの電源装置(AC または DC)が搭載され、2 組の冗長ペアが構成されています。現場交換可能ユニット(FRU)を装備している点も、Cisco ASR 1013 が他と異なる特徴です。下から上に、SIP スロットが 3 つ、ルート プロセッサ スロットが 1 つ、エンベデッド サービス プロセッサ(ESP)スロットが 1 つ、別の ESP スロットが 1 つ、ルート プロセッサ スロットが 1 つ、別の SIP スロットが 3 つあります。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズの主なコンポーネントは何ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズは主に次のコンポーネントで構成されています。

  • Cisco ASR 1000 シリーズ シャーシ
  • Cisco ASR 1000 シリーズ ルート プロセッサ(ASR 1001、ASR 1002-F、ASR 1002 シャーシには RP1 および RP2 モジュール、または 1 つのルート プロセッサを内蔵)
  • Cisco ASR 1000 シリーズ エンベデッド サービス プロセッサ(ESP5、ESP10、ESP10-N、ESP20、ESP40、ESP100、ESP200)
    • 注:ESP は ASR 1001、ASR 1002-F、ASR 1002-X シャーシに搭載されています。

ASR 1001 の内蔵 ESP はデフォルトで 2.5 Gbps で、ライセンスを追加すれば 5 Gbps にアップグレードできます。ASR 1002-F シャーシの内蔵 ESP も 2.5 Gbps のスループットを提供しますが、アップグレードはできません。

ASR 1002 の内蔵 ESP はデフォルトでは 5 Gbps で、ソフトウェア ライセンスによって 10、20、36 Gbps へのアップグレードが可能です。

  • Cisco ASR 1000 シリーズ SPA インターフェイス プロセッサ(SIP 10 または SIP 40)
    • 注:SIP は ASR 1001、ASR 1002-F、ASR 1002-X シャーシに搭載されています。
  • Cisco SPA
  • Cisco IOS® XE ソフトウェア

表 2 に、コンポーネントの詳細を示します。

表 2 Cisco ASR 1000 シリーズのコンポーネント

コンポーネント 説明
Cisco ASR 1000 シリーズ ルート プロセッサ(RP1)
  • 汎用 CPU サブシステムと Cisco IOS XE ソフトウェア、シャーシ固有のコードを実行
  • ネットワーク コントロール パケットの処理、ルートの計算、接続のセットアップ、ESP でサポートされない旧プロトコルの処理など、ルータのコントロール プレーン(IOSD)を実行
  • コントロール プレーンの役割:
    • ルーティング プロトコル スタックを実行する
    • 他のルータとのすべてのプロトコルの通信を実行する
    • 転送情報を組み立てて、すべてのラインカードに配布する
    • 電源投入時に、インストールされているすべてのラインカードに OS ソフトウェアのシステム イメージをアップロードする
    • イーサネット ポートとルータの構成および保守用のアウトオブバンド システム コンソールと補助ポート、2 つの USB ポート、およびイーサネット ポートを提供する
    • ラインカード、電源、ファンなどのシステム コンポーネントの電力と温度を監視および管理する
    • セッション ボーダー コントローラの H.248 シグナリングを実行する
  • AppleTalk や Internetwork Packet Exchange(IPX)のような ESP でサポートされない旧プロトコルのネットワーク パケットのパント パス処理を提供
  • アクティブな ESP を通じて、すべてのネットワーク パケットの受信と送信を実行
  • イメージや設定のリポジトリ、またはシステムの統計情報、レコード、イベント、エラー、ダンプなどの記録に使用できる、不揮発性のストレージをシステムに提供
  • 他のカードのアクティベーションや初期化、アクティブ カードの選択とスタンバイ カードへのスイッチオーバー、イメージの管理と配布、ロギング機能、ユーザ設定情報の配布、アラーム制御などのシャーシ管理を実行
  • 最大 4 GB のメモリ拡張性を提供
注:ASR 1000-RP1 は ASR 1002-F および ASR 1002 シャーシに搭載されています。ASR 1001 と ASR 1002-X にもルート プロセッサが内蔵されており、そのパフォーマンスは RP1 と RP2 の間ですが、RP2 に近い値です。
Cisco ASR 1000 シリーズ ルート プロセッサ(RP2)
  • 汎用 CPU サブシステムと Cisco IOS XE ソフトウェア、シャーシ固有のコードを実行
  • ネットワーク コントロール パケットの処理、ルートの計算、接続のセットアップ、ESP でサポートされない旧プロトコルの処理など、ルータのコントロール プレーン(IOSD)を実行
  • コントロール プレーンの役割:
    • ルーティング プロトコル スタックを実行する
    • 他のルータとのすべてのプロトコルの通信を実行する
    • 転送情報を組み立てて、すべてのラインカードに配布する
    • 電源投入時に、インストールされているすべてのラインカードに OS ソフトウェアのシステム イメージをアップロードする
    • イーサネット ポートとルータの構成および保守用のアウトオブバンド システム コンソールと補助ポート、2 つの USB ポート、およびイーサネット ポートを提供する
    • ラインカード、電源、ファンなどのシステム コンポーネントの電力と温度を監視および管理する
    • セッション ボーダー コントローラ(SBC)の H.248 シグナリングを実行する
  • AppleTalk や IPX のような ESP でサポートされない旧プロトコルのネットワーク パケットのパント パス処理を提供
  • アクティブな ESP を通じて、すべてのネットワーク パケットの受信と送信を実行
  • イメージや設定のリポジトリ、またはシステムの統計情報、レコード、イベント、エラー、ダンプなどの記録に使用できる、不揮発性のストレージをシステムに提供
  • 他のカードのアクティベーションや初期化、アクティブ カードの選択とスタンバイ カードへのスイッチオーバー、イメージの管理と配布、ロギング機能、ユーザ設定情報の配布、アラーム制御などのシャーシ管理を実行
  • 最大 16 GB のメモリ拡張性を提供
Cisco ASR 1000 シリーズ エンベデッド サービス プロセッサ(ESP)
  • 高度にプログラム可能な Cisco QuantumFlow Processor をベースとし、すべてのネットワーク トラフィックが、ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor を経由
  • データプレーンのすべての処理タスクを処理
  • システムでの出力パケットのバッファリング、キューイング、スケジュールの機能を実行
  • MAC 分類、レイヤ 2 および多様なレイヤ 3 の転送、QoS 分類、セキュリティ アクセス コントロール リスト(ACL)、VPN、ポリシング、シェーピング、負荷分散、NetFlow など、従来のベースライン ルータ パケット処理のすべてを実行
  • ファイアウォール、侵入防御、Network-Based Application Recognition(NBAR)、ネットワークベースのアプリケーション認識(NBAR)、Flexible Packet Matching(FPM)、多様なトンネリング プロトコル、暗号化、ヘッダー、ペイロード圧縮などの付加価値の高い機能をすべてサポート
  • ASR1001 および ASR1002-X に搭載された ESP は、ここで挙げたすべての機能をサポート
  • ASR 1002-F に搭載された ESP は、サポートしていないブロードバンドを除き、ここに挙げたすべての機能をサポート
  • ASR 1000-ESP10-N は、IPSec サービスを除き、ここに挙げたすべての機能をサポート
  • ASR 1000-ESP20 は、ここに挙げたすべての機能をサポート
  • ASR 1000-ESP40 は、ここに挙げたすべての機能をサポート
  • ASR 1000-ESP100 は、ここに挙げたすべての機能をサポート
  • ASR 1000-ESP200 は、ここに挙げたすべての機能をサポート
Cisco ASR 1000 シリーズ SPA インターフェイス プロセッサ(SIP)
  • SIP は、最大 4 基のハーフハイト SPA(またはフルハイト 2 基か、ハーフハイト 2 基とフルハイト 1 基)の物理的および電気的終端を提供。倍幅の SPA はサポート対象外
  • Cisco ASR 1000 SIP10 は最大 10 Gbps をサポート
  • Cisco ASR 1000 SIP40 は最大 40 Gbps をサポート
Cisco ASR 1000 シリーズ共有ポート アダプタ(SPA)
  • SPA は、モジュラ シャーシの管理ポートを除く、Cisco ASR 1000 シリーズのすべてのネットワーク インターフェイスを提供
  • フルハイトとハーフハイドの SPA、クォーターとフルレートをサポート
  • Cisco ASR 1000 シリーズでは現在も今後も、複数の T1 から最大 10GE/OC-192 に及ぶ SPA をサポート
  • Cisco 7600 シリーズ ルータと Cisco Catalyst® 6000 シリーズ スイッチでサポートされる既存の SPA を Cisco ASR 1000 シリーズでもサポート
  • イーサネット SPA、シリアル/PoS SPA、チャネライズド SPA、ATM SPA をサポート


Q. 企業ネットワークにおける Cisco ASR 1000 シリーズの一般的な用途は何ですか。

A. 企業での用途の例には次のようなものがあります。

  • 企業のブランチ オフィスやリモート ユーザのアグリゲーションのための、マルチサービスに対応したスケーラブルでセキュアなヘッドエンド
  • 企業のプライベート WAN ルータ、WAN アグリゲーション ルータ、インターネット ゲートウェイ ルータ。高密度ギガビット イーサネットまたは WAN リンク集約と 10 ギガビット イーサネット アップリンク機能によって、あらゆる WAN トラフィックの処理を最適化し、優先順位の高いアプリケーションのパフォーマンス保証を支援
  • ファイアウォールと、NetFlow、NAT、IPv6 などの基本機能を実行すると同時に、マルチギガビットのトラフィックをスイッチングする高速ファイアウォール
  • データセンター相互接続(DCI)と、Ethernet over Multiprotocol Label Switching(EoMPLS)、Ethernet over MPLS over Generic Routing Encapsulation(EoMPLSoGRE)、Ethernet over MPLS over Generic Rrouting Encapsulation over IP Security(EoMPLSoGREoIPsec)などのサポートされる機能

Q. サービス プロバイダー ネットワークにおける Cisco ASR 1000 シリーズの一般的な用途は何ですか。

A. サービス プロバイダーでの用途の例には次のようなものがあります。

  • サービス プロバイダー向けの用途として、最大 32,000 の加入者セッションを終端するブロードバンド アグリゲーションとともに、オプションで、VoIP とビデオ テレプレゼンス サービス用の Cisco Unified Border Element(Service Provider Edition、別名:セッション ボーダー コントローラ (SBC))、セキュリティのためのハードウェア型のファイアウォール、ギガビット イーサネットまたは 10 ギガビット イーサネットのアップリンク機能を利用できます。
  • 別の用途には、サービス プロバイダーの音声およびマルチメディア サービスとのエッジでの直接的なインターフェイスがあります。このソリューションはオーバーレイ ネットワーク、ネットワーク アプライアンス、またはサービス ブレードを必要としないため、資本支出(CapEx)と運用コスト(OpEx)の削減、および柔軟な展開モデルが可能になります。このソリューションは、音声サービスおよびビデオ サービスの両方について保護シグナルをサポートし、アカウンティング、ファイアウォール、およびコール品質機能を有効化した状態で 200 Gbps のデータ トラフィックと同時に 32,000 の音声コールを実現します。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズにはどのような QoS 機能がありますか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズは、詳細な設定が可能で柔軟性に優れた QoS アーキテクチャを提供し、サービス プロバイダーや企業・官公庁のお客様が、アプリケーション パフォーマンスの最適化と SLA の遵守に必要な帯域幅、遅延、ジッター、パケット損失の点で、ネットワークのパフォーマンスを管理できるようにします。トラフィック分類、2 つの段階と 3 つのカラーでのポリシング、クラスベース均等化キューイング(CBWFQ)、2 つの低遅延キュー、トラフィック シェーピング、重み付けランダム早期検出(WRED)などの輻輳回避技術を含む、マルチ レベルの階層型キューイングをサポート。さらに、Cisco ASR 1000 シリーズは、低遅延キューイング(LLQ)、帯域幅制限、トラフィック シェーピングなどのキューおよびスケジューリング機能を専用ハードウェア上の最大 128,000 のキュー全体に提供するほか、最大 4000 のサービス ポリシー、孫レベルでの 3 階層の QoS キューイングを提供します。

ハードウェア


Q. Cisco ASR 1000 シリーズ ESP2.5、ESP5、ESP10 プロセッサと、ESP20、ESP40、ESP100、ESP200 プロセッサとの主な違いは何ですか。

A. すべての ESP は、MAC 分類、レイヤ 2 および 3 の転送、QoS、ACL、VPN、NetFlow などのデータプレーン転送機能のすべての実行に、Cisco QuantumFlow Processor を使用します Cisco ASR 1000 シリーズ ESP2.5 は 2.5 Gbps の帯域幅を(ASR 1002-F シャーシに内蔵)、ESP5 は 5 Gbps の帯域幅をサポートします。ESP10 および ESP10-N は 10 Gbps、ESP20 は 20 Gbps、ESP40 は 40 Gbps、ESP100 は 100 Gbps、ESP200 は 200 Gbps の帯域幅をサポートします。Cisco ASR 1000 シリーズ ESP10-N は IPSec サービスをサポートしません。Cisco ASR 1000 シリーズ ESP5 は Cisco ASR 1002 でのみ、ESP2.5 は Cisco ASR 1002-Fixed でのみサポートされます(シャーシに内蔵)。詳しい製品比較と仕様については表 3 を参照してください。ASR 1001 シャーシ内蔵の ESP は 2.5 〜 5 Gbps を(ソフトウェア ライセンスとソフトウェア アクティベーションによってアップグレード可能)、ASR 1002-X シャーシ内蔵の ESP は 5 〜 36 Gbps をサポートします。

表 3 Cisco ASR 1000 ESP プロセッサ:比較および仕様

  Cisco ASR 1001 内蔵 ESP Cisco ASR 1000 ESP2.5 Cisco ASR 1000 ESP5 Cisco ASR 1000 ESP10 Cisco ASR 1000 ESP20 Cisco ASR 1000 ESP40 Cisco ASR 1002-X 内蔵 ESP Cisco ASR 1000 ESP100 Cisco ASR 1000 ESP200
帯域幅 5 Gbps 2.5 Gbps 5 Gbps 10 Gbps 20 Gbps 40 Gbps 36 Gbps 100 Gbps 200 Gbps
暗号化エンジンの帯域幅 最大 1.8 Gbps 最大 1.0 Gbps 最大 1.8 Gbps 最大 4 Gbps
ESP10-N では非サポート
最大 7 Gbps 最大 11 Gbps 最大 4 Gbps 最大 29 Gbps 最大 78 Gbps
シャーシ Cisco ASR 1001(内蔵) Cisco ASR 1002-F(内蔵) Cisco ASR 1002 Cisco ASR 1002
Cisco ASR 1004
Cisco ASR 1006
Cisco ASR 1004
Cisco ASR 1006
Cisco ASR 1004
Cisco ASR 1006
Cisco ASR 1013
Cisco ASR 1002-X(内蔵) Cisco ASR 1006(ASR1013/06-PWR-AC または ASR1013/06-PWR-DC 電源と併用)
Cisco ASR 1013
Cisco ASR 1013
PPE スレッドのプロセッサ クロック レート 900 MHz 900 MHz 900 MHz 900 MHz 1.2GHz 1.2 GHz 1.2 GHz 1.5 GHz 1.5 GHz
DRAM 1 GB DRAM(デフォルト)
1 GB DRAM(最大)
1 GB DRAM(デフォルト)
1 GB DRAM(最大)
1 GB DRAM(デフォルト)
1 GB DRAM(最大)
2 GB DRAM(デフォルト)
2 GB DRAM(最大)
4 GB DRAM(デフォルト)
4 GB DRAM(最大)
8 GB DRAM(デフォルト)
8 GB DRAM(最大)
4、8、16 GB DRAM 16 GB DRAM 32 GB DRAM
Cisco QuantumFlow Processor のメモリ 256 MB 256 MB 256 MB 512 MB 1 GB 1 GB 1 GB 4 GB 8 GB
パケット バッファ 64 MB 64 MB 64 MB 128 MB 256 MB 256 MB 512 MB 1 GB 2 GB
QoS のキューの数 15,000 64,000 64,000 128,000 128,000 128,000 128,000 232,000 464,000
連想メモリ(TCAM) 5 Mb 5 Mb 10 Mb 10 Mb 40 Mb 40 Mb 40 Mb 80 Mb 80 Mb X 2


Q. Cisco ASR 1000 シリーズではどのような SPA がサポートされますか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズでサポートされる SPA を表 4 に示します。SPA は今後も追加される予定です。現時点での ASR 1000 SPA のサポート状況の完全なリストは、
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/RT/WANAggregationInternetEdgeRT/ASR1000AggregationServsRT/IG/003/14126_02_1.html?bid=0900e4b182528bfd でご覧になれます。Cisco IOS XE ソフトウェアの定期リリースは 4 ヵ月ごとに提供されます。

表 4 Cisco ASR 1000 シリーズ向け共有ポート アダプタ(SPA)

製品名 製品番号
シリアルおよびチャネライズド SPA
Cisco 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA SPA-8XCHT1/E1
Cisco 4 ポート チャネライズド T3(DS-0)SPA SPA-4XCT3/DS0
Cisco 2 ポート チャネライズド T3(DS-0)SPA SPA-2XCT3/DS0
Cisco 2 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA SPA-2XT3/E3
Cisco 4 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA SPA-4XT3/E3
Cisco 8 ポート クリア チャネル T3/E3 SPA SPA-8XT3/E3
Cisco 4 ポート シリアル インターフェイス SPA SPA-4XT-Serial
Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3c 〜 DS-0 SPA SPA-1XCHSTM1/OC3
Cisco 1 ポート チャネライズド OC-12/STM-4 SPA SPA-1XCHOC12/DS0
イーサネット SPA
Cisco 4 ポート 10BASE-T/100BASE ファスト イーサネット SPA、V-2 SPA-4X1FE-TX-V2
Cisco 8 ポート 10BASE-T/100BASE ファスト イーサネット SPA、V-2 SPA-8X1FE-TX-V2
Cisco 2 ポート ギガビット イーサネット SPA、バージョン 2 SPA-2X1GE-V2
Cisco 5 ポート ギガビット イーサネット SPA、バージョン 2 SPA-5X1GE-V2
Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット SPA、バージョン 2 SPA-8X1GE-V2
Cisco 10 ポート ギガビット イーサネット SPA、バージョン 2 SPA-10X1GE-V2
Cisco 1 ポート 10 ギガビット イーサネット SPA、バージョン 2 SPA-1X10GE-L-V2
Cisco 1 ポート 10GE LAN/WAN-PHY SPA SPA-1X10GE-WL-V2
Cisco 同期イーサネット SPA SPA-2X1GE-SYNCE
ATM SPA
Cisco 1 ポート OC3c/STM1c ATM SPA SPA-1XOC3-ATM-V2
Cisco 3 ポート OC-3c/STM-1c ATM SPA SPA-3XOC3-ATM-V2
Cisco 1 ポート OC12c/STM4c ATM SPA SPA-1XOC12-ATM-V2
Cisco 2 ポート T3/E3 回線エミュレーションおよび ATM SPA SPA-2CHT3-CE-ATM
Packet over SONET(PoS)SPA
Cisco 2 ポート OC-3c/STM-1c POS SPA SPA-2XOC3-POS
Cisco 4 ポート OC-3c/STM-1c POS SPA SPA-4XOC3-POS
Cisco 4 ポート OC-3c/STM-4 POS SPA、バージョン 2 SPA-4XOC3-POS-V2
Cisco 8 ポート OC-3c/STM-1c POS SPA SPA-8XOC3-POS
Cisco 1 ポート OC-12c/STM-4c POS SPA SPA-1XOC12-POS
Cisco 2 ポート OC-12c/STM-4 POS SPA SPA-2XOC12-POS
Cisco 4 ポート OC-12c/STM-4 POS SPA SPA-4XOC12-POS
Cisco 8 ポート OC-12c/STM-4 POS SPA SPA-8XOC12-POS
Cisco 1 ポート OC-48c/STM-16c POS/RPR SPA(POS モードのみ) SPA-1XOC48POS/RPR
Cisco 2 ポート OC-48c/STM-16c POS/RPR SPA(POS モードのみ) SPA-2XOC48POS/RPR
Cisco 4 ポート OC-48c/STM-16c POS/RPR SPA(POS モードのみ) SPA-4XOC48POS/RPR
Cisco 1 ポート OC-192c/STM-64c POS/RPR SPA(XFP 光カード搭載) SPA-OC192POS-XFP
回線エミュレーション SPA
Cisco 1 ポート チャネライズド OC3/STM-1 ATM および回線エミュレーション SPA SPA-1CHOC3-CE-ATM
Cisco 24 ポート T1/E1/J1 回線エミュレーションおよび ATM SPA SPA-24CHT1-CE-ATM
Cisco 2 ポート T3/E3 回線エミュレーションおよび ATM SPA SPA-2CHT3-CE-ATM
サービス SPA
ASR 1000 シリーズ向け Cisco SPA WebEx Node SPA-WMA-K9
Cisco ASR 1000 シリーズ デジタル シグナル プロセッサ SPA SPA-DSP


Q. Cisco ASR 1000 シリーズの物理インターフェイス終端能力は最大どれくらいですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズの最大の物理インターフェイス終端能力を表 5 に示します。このデータは、すべての SPA スロットにそれぞれのタイプのインターフェイスが装着されていることを前提としています。

表 5 Cisco ASR 1000 シリーズで終端される物理インターフェイスの最大数

Cisco ASR 1001 Cisco ASR 1002-F ルータ Cisco ASR 1002 ルータ Cisco ASR 1002-X ルータ Cisco ASR 1004 ルータ Cisco ASR 1006 ルータ Cisco ASR 1013 ルータ
SPA スロット数(シングルハイト) 1 1 3 3 8 12 24
10 ギガビット イーサネット 1 1 3 3 8 12 24
ギガビット イーサネット 12 12 28 30 64 96 192
ファスト イーサネット 8 8 24 24 64 96 192
OC-192/STM-64 PoS 1 1 3 3 8 12 24
OC-48/STM-16 PoS 4 4 12 12 32 48 96
OC-12/STM-4 PoS 8 8 24 24 64 96 192
OC-3/STM-1 PoS 8 8 24 24 64 96 192
T3/E3 4 4 12 12 32 48 96
チャネライズド T3(T1) 112 112 336 336 896 1344 2688
チャネライズド T3(DS-0) 1023 1023 3069 3069 8184 12276 24552
OC-3/STM-1 ATM 3 3 9 9 24 36 72
OC-12/STM-4 ATM 1 1 3 3 8 12 24
CHT1/CHE1 @ DS-0 256/192 256/192 768/576 768/576 2048/1536 3072/2304 6144/4608
V.35/X.21/EIA-232 4 4 12 12 32 48 96
ChSTM1 @ T3/E3 3/3 3/3 9/9 9/9 24/24 36/36 72/72
ChSTM1 @ T1/E1 83/63 83/63 252/189 252/189 672/504 1008/756 2016/1512
ChSTM1 @ DS-0 1023 1023 3069 3069 8184 12276 24552


パフォーマンス


Q. Cisco ASR 1000 シリーズに期待できるパフォーマンスはどの程度ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズの全体的な転送パフォーマンスは ESP によって異なります。Cisco ASR 1000 シリーズの全体的なコントロールプレーンのパフォーマンスはルート プロセッサと ESP によって異なります。転送と暗号化のスループットのパフォーマンス値を表 6 に示します。

表 6 Cisco ASR 1000 ESP5、ESP10、ESP20、ESP40、ESP100、ESP200 パフォーマンス比較

  Cisco ASR 1001 ESP(内蔵) Cisco ASR 1000 ESP2.5(ASR1002-F に内蔵) Cisco ASR 1000 ESP5 Cisco ASR 1000 ESP10 Cisco ASR 1000 ESP20 Cisco ASR 1000 ESP40 Cisco ASR 1002 ESP(内蔵) Cisco ASR 1000 ESP100 Cisco ASR 1000 ESP200
転送スループット 5 Gbps 2.5 Gbps 5 Gbps 10 Gbps 20 Gbps 40 Gbps 36 Gbps 100 Gbps 200 Gbps
暗号化スループット(IPSec Digital Encryption Standard 3/Advanced Encryption Standard(トリプル DES/AES):128、192、256 ビットのキー) 最大 1.8 Gbps 最大 1 Gbps 最大 1.8 Gbps 最大 4 Gbps 最大 8 Gbps 最大 11 Gbps 最大 4 Gbps 最大 29 Gbps 最大 78 Gbps
ファイアウォールのスループット 5 Gbps 2.5 Gbps 5 Gbps 10 Gbps 20 Gbps 40 Gbps 36 Gbps 100 Gbps 200 Gbps


注: Cisco ASR 1000 シリーズ ESP5 は Cisco ASR 1002 シャーシでのみ、Cisco ASR 1000 シリーズ ESP10 は 3 種のシャーシすべてでサポートされます。Cisco ASR 1000 シリーズ ESP20 は Cisco ASR 1004 と ASR 1006 シャーシでのみサポートされます。Cisco ASR 1000 シリーズ ESP40 は、Cisco ASR 1004、ASR 1006、ASR 1013 シャーシでのみサポートされます。Cisco ASR 1000 シリーズ ESP100 は、ASR1013/06-PWR-AC または ASR1013/06-PWR-DC 電源を装備した Cisco ASR 1006、または ASR 1013 シャーシでのみサポートされます。Cisco ASR 1000 シリーズ ESP200 は ASR 1013 シャーシでのみサポートされます。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズの ACL 処理能力はどの程度ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズは ESP で ACL を処理します。システムあたり最大 4,000 の個別の ACL と、最大 400,000 のアクセス コントロール エントリをサポートします。

電源


Q. Cisco ASR 1000 シリーズで使用可能なシステム電源オプションは何ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズは、AC レセプタクルまたは DC 端子ブロックのいずれかによって、デフォルトで 2 つの電源入力モジュール(PEM)をサポートし、冗長性を実現します。電力負荷は、この 2 つの冗長 PEM の間で共有されます。外部電源または一方の PEM に不具合が生じたり、取り外された場合は、他方の PEM がシャーシの必要電力のすべてを供給します。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズで AC 電源と DC 電源を一緒に使用できますか。

A. いいえ。Cisco ASR 1000 シリーズはデフォルトでデュアル電源をサポートしますが、使用できるのは AC 電源 2 つまたは DC 電源 2 つです。AC 電源と DC 電源の混在はサポートされません。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズの定格電力はどれくらいですか。

A. 表 7 に定格電力を示します。

表 7 電力定格

  Cisco ASR 1001 ルータ Cisco ASR 1002-F ルータ Cisco ASR 1002 ルータ Cisco ASR 1002-X ルータ Cisco ASR 1004 ルータ Cisco ASR 1006 ルータ Cisco ASR 1013 ルータ
最大 DC 入力 500W 590W 590W 590W 1020 W 1700 W 4000 W
最大 AC 入力 471 W 560 W 560 W 560 W 960 W 1600 W 3760 W
最大出力 400 W 470 W 470 W 470 W 765 W 1275 W 3200 W


Cisco IOS XE ソフトウェア


Q. Cisco IOS XE ソフトウェアとは何ですか。

A. Cisco IOS XE ソフトウェアは、Cisco IOS ソフトウェア ファミリの 1 つです。Cisco IOS XE ソフトウェアは Linux カーネルに組み込まれるモジュラ ソフトウェアで、Cisco IOS XE 2.1 〜 2.6 に対応する Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2SR、および Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.1S 以降に対応する Cisco IOS ソフトウェア リリース 15S をベースにしています。

Q. Cisco IOS XE アーキテクチャとは何ですか。

A. Cisco IOS XE オペレーティング システムの設計は、分散コントロール プレーンをベースにしています。Cisco ASR 1000 シリーズの主要コンポーネントには、それぞれ個別の制御プロセッサが組み込まれています。たとえば、ルート プロセッサ、ESP、SIP にはそれぞれ固有のプロセッサがあり、ローカル リソース、データ構造などの管理を担っています。また、ルート プロセッサは、電力入力モジュール、ミッドプレーン ID などシステムの他のコンポーネントも、専用の信号を使って制御します。一部の SPA には、プロセス間通信(IPC)を使って通信するプロセッサと、ロード可能なソフトウェアが搭載されています。さらに、ESP の Cisco QuantumFlow Processor には、データ プレーン ソフトウェアとコントロール プレーン ソフトウェアを実行する複数のパラレル プロセッサも組み込まれています。コンポーネントの性能アップが容易になるように、制御プロセッサ間の通信では、コンポーネントの内部設計の詳細は公開されません。

Q. Cisco IOS XE ソフトウェアは、Cisco IOS ソフトウェアの次世代の代替となるものですか。

A. いいえ。Cisco IOS XE ソフトウェアは Cisco IOS ソフトウェア ファミリに追加された製品で、これを搭載することで Cisco ASR 1000 シリーズは、企業のブロードバンド アグリゲーション、ハイエンドのマネージド CPE、サービス プロバイダー エッジなどのアプリケーションなど、次世代のネットワーク エッジに必要な拡張性、可用性、サービスの柔軟性を満たすことができます。

Q. この Cisco IOS XE ソフトウェア リリースと同じネットワークで、異なる Cisco IOS ソフトウェア リリースを稼働させることはできますか。

A. はい。シスコは相互運用性を維持することに特別な配慮を払っています。

Q. Cisco IOS XE ソフトウェアのコマンドライン インターフェイス(CLI)は Cisco IOS ソフトウェアと同じですか。

A. Cisco IOS XE ソフトウェアは、Cisco IOS ソフトウェアの CLI を使用します。さらに、Cisco IOS XE オペレーティング システムのインフラストラクチャと、Cisco ASR 1000 シリーズの機能に対応するための、追加のコマンドが含まれています。

Q. Cisco IOS XE ソフトウェアはどれくらいの頻度でリリースされますか。

A. シスコでは、Cisco IOS XE オペレーティング システムの提供に関する、新たなソフトウェア リリース戦略を導入しました。この戦略では、ソフトウェアを定期的にリリースすることで、ソフトウェアとハードウェアの機能を使用しやすくします。新しい機能を備えた新しい Cisco IOS XE ソフトウェア リリースが 4 ヵ月ごとに提供されます。新しいソフトウェア リリース戦略の詳細は、製品速報
http://www.cisco.com/go/asr1000/)でご覧いただけます。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズにはどのような Cisco IOS XE ソフトウェア イメージが提供されますか。

A. 提供されるイメージは、統合パッケージと呼ばれます。Cisco IOS XE ソフトウェアの場合、ルート プロセッサで実行される統合パッケージは、4 つのオプションに簡素化されています。各イメージの詳細については、表 8 を参照してください。Cisco ASR RP1 および RP2 統合パッケージは、それぞれ RP1 と RP2 ルート プロセッサでサポートされます。Cisco ASR 1001 と ASR 1002-X シャーシはいずれもルート プロセッサを内蔵し、それぞれ ASR 1001 および ASR 1002-X RP 固有の統合パッケージを実行します。さらに、Cisco ASR 1001 および ASR 1002-X シャーシではライセンス適用にソフトウェア アクティベーションを採用したため、ASR 1001 と ASR 1002-X はいずれも 2 つの「ユニバーサル」統合パッケージ(Cisco ASR 1001/ASR 1002-X IOS XE ユニバーサル、および Cisco ASR 1001/ASR 1002-X IOS XE ユニバーサル - ペイロード暗号化なし)をサポートします。IP Base で提供される各機能(K9 および no-K9)、Advanced IP Services(K9 および non-K9)、Advanced Enterprise Services(K9 および non-K9)は、ソフトウェア ライセンスによって適用されます。Cisco ASR 1001 および ASR 1002-X のソフトウェア アクティベーションの詳細については、Cisco ASR 1001 と ASR 1002-X シャーシのソフトウェア アクティベーションについて詳しく説明している Cisco ASR 1000 ソフトウェア アクティベーション製品速報を参照してください。

表 8 Cisco ASR 1000 シリーズ用 Cisco IOS XE ソフトウェア統合パッケージ

名称 説明
Cisco ASR 1000 シリーズ RP1/2 IP Base、暗号化なし 基本 IP 機能のみ:IPv4 および IPv6 の基本サービスと標準のルーティング プロトコル
  • SSH なし
  • 暗号化なし
  • 旧プロトコルへの対応なし
  • システム ネットワーク アーキテクチャ(SNA)のスイッチングなし
  • ブロードバンドおよび Cisco Intelligent Services Gateway(ISG)機能なし
  • レイヤ 3 およびレイヤ 2 の VPN 機能なし
  • セキュリティ機能なし
Cisco ASR 1000 シリーズ RP1/2 IP Base 基本 IP 機能と SSH のみ:
  • 暗号化なし
  • 旧プロトコルへの対応なし
  • SNA スイッチングなし
  • ブロードバンドおよび ISG 機能なし
  • レイヤ 3 およびレイヤ 2 の VPN 機能なし
  • セキュリティ機能なし
Cisco ASR 1000 シリーズ RP1/2 Advanced IP Services、暗号化なし すべての機能とセッション ボーダー コントローラおよび合法的傍受に対応:
  • 暗号化なし
  • 旧プロトコルへの対応なし
  • SNA スイッチングなし
Cisco ASR 1000 シリーズ RP1/2 Advanced IP Services すべての機能とセッション ボーダー コントローラおよび合法的傍受に対応:
  • 旧プロトコルへの対応なし
  • SNA スイッチングなし
Cisco ASR 1000 シリーズ RP1/2 Advanced Enterprise Services、暗号化なし すべての機能と旧プロトコル、セッション ボーダー コントローラおよび合法的傍受に対応:
  • 暗号化なし
  • SNA スイッチングなし
Cisco ASR 1000 シリーズ RP1/2 Advanced Enterprise Services すべての機能と旧プロトコル、セッション ボーダー コントローラおよび合法的傍受に対応:
  • SNA スイッチングなし


Cisco ASR 1000 シリーズでは、同じシャーシ内の他の SIP と SPA の機能の実行に影響を与えることなく、SIP および SPA ソフトウェア サブパッケージのアップグレード/ダウングレードが可能です。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに付加価値を高める機能を実装するにはどうすればよいですか。

A. まず、必要な機能をサポートする Cisco IOS XE ソフトウェア統合パッケージを選択します。次に、その機能にソフトウェア ライセンスが必要かどうかを確認します。必要な場合は、Cisco IOS XE 統合パッケージと一緒に適切なライセンスを購入してください。統合パッケージとライセンスはシャーシに関連付けられるため、ルート プロセッサや ESP を別のものにアップグレードする際に新しい統合パッケージや機能ライセンスを購入する必要はありません。FCS で提供されるライセンスと統合パッケージの製品番号は、「発注情報」セクションに記載されています。今後さらに多くのライセンスを利用できるようになる予定です。Cisco ASR 1001 および ASR 1002-X では、ソフトウェア アクティベーションによってシステム パフォーマンスが強化されるようになりました。Cisco ASR 1001 および ASR 1002-X のソフトウェア アクティベーションの詳細については、Cisco ASR 1001 と ASR 1002-X シャーシのソフトウェア アクティベーションについて詳しく説明している Cisco ASR 1000 ソフトウェア アクティベーション製品速報を参照してください。発注に関する詳細は、製品速報の発注ガイドを参照してください(http://www.cisco.com/go/asr1000/)。

Q. Cisco IOS XE ソフトウェアはどのようにモジュラ化されていますか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズの統合パッケージには 7 つのサブパッケージがあります。サブパッケージは In-Service Software Upgrade(ISSU)機能を最大化するように設計されています。表 9 で、7 つのサブパッケージの機能を説明します。

表 9 Cisco ASR 1000 シリーズ用 Cisco IOS XE ソフトウェア サブパッケージ

ソフトウェア サブパッケージ 機能
RPBase ルート プロセッサのオペレーティング システム ソフトウェアを提供します。
RPControl Cisco IOS XE ソフトウェアとプラットフォームの他の部分との間のインターフェイスとなるコントロール プレーンのプロセスを制御します。
RPAccess:K9 および non-K9 ルート アクセスに必要なソフトウェア:
  • RPAccess K9:制限付きのコンポーネント(SSL および SSH)が含まれるパッケージ。このサブパッケージを含む統合パッケージは、輸出規制の対象となります。
  • RPAccess non-K9:暗号化サポートまたは SSH サポートを含まない統合パッケージにのみ含まれます。
RPIOS Cisco IOS 機能の保存および実行の場所である、Cisco IOS ソフトウェア カーネルを提供します。Cisco IOS ソフトウェア イメージにはそれぞれ異なる RPIOS があります。
ESPBase ESP オペレーティング システムと制御プロセス、および ESP サブパッケージを提供します。
SIPSPA SPA ドライバと、関連するフィールド プログラマブル デバイス(FPD)イメージを提供します。
SIPBase SIP キャリア カード オペレーティング システムおよび制御プロセスを制御します。


Cisco IOS XE ソフトウェアのいずれのリリースにおいても、各統合パッケージには 7 つのサブパッケージのすべてが統合され、すべてを利用できます。すべての統合パッケージは、Cisco.com からダウンロードできます。

Q. Cisco IOS XE ソフトウェア リリースの各種の統合パッケージには、どのようなサブパッケージが含まれていますか。

A. 表 10 に、各統合パッケージに含まれるサブパッケージを示します。

表 10 Cisco IOS XE 統合パッケージに含まれるモジュール

  サブパッケージ
Cisco IOS XE 統合パッケージ RPBase RPControl RPIOS RPAccess1 RPAccessK9 SIPBase SIPSPA ESPBase
ASR 1000 Advanced Enterprise2 あり あり Advanced Enterprise Services - あり あり あり あり
ASR 1000 Advanced Enterprise3(暗号化なし) あり あり Advanced Enterprise Services(暗号化なし) あり - あり あり あり
ASR 1000 Advanced IP Services4 あり あり Advanced IP Services - あり あり あり あり
ASR 1000 Advanced IP Services5(暗号化なし) あり あり Advanced IP Services(暗号化なし) あり - あり あり あり
ASR 1000 IP Base あり あり IP Base - あり あり あり あり
ASR 1000 IP Base(暗号化なし) あり あり IP Base(暗号化なし) あり - あり あり あり


1 RP-Access は、統合パッケージの種類(IP BASE、IP BASE(暗号化なし))に応じて、暗号化バージョンまたは暗号化非対応バージョンのいずれかで提供されます。

2 Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services には、合法的傍受や Cisco Unified Border Element(SP Edition)を含むすべての機能を利用可能な RPIOS サブパッケージ「Advanced Enterprise Services」が含まれています。

3 暗号化なしの Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services には、合法的傍受や Cisco Unified Border Element(SP Edition)を含むすべての機能を利用可能な RPIOS サブパッケージ「Advanced Enterprise Services(暗号化なし)」が含まれています。

4 Cisco ASR 1000 Advanced IP Services には、Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services 統合パッケージに含まれるすべての機能をサポートする(一部の旧プロトコルを除く)RPIOS サブパッケージ「Advanced IP Services」が含まれています。

5 暗号化なしの Cisco ASR 1000 Advanced IP Services には、Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services 統合パッケージに含まれるすべての機能をサポートする(一部の旧プロトコルを除く)RPIOS サブパッケージ「Advanced IP Services(暗号化なし)」が含まれています。

冗長性サポート


Q. Cisco ASR 1000 シリーズにはどのような冗長性と復元力の機能がありますか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズには次の主要な機能があります。

  • Cisco ASR 1006 および ASR 1013 は、デュアル RP およびデュアル ESP 構成でのアクティブとスタンバイ 1 + 1 の冗長性がサポートされています。ルート プロセッサでスイッチオーバーが起これば ESP もスイッチオーバーするというわけではありません。逆も同様です。
  • Cisco ASR 1001、ASR 1002-F、ASR 1002、ASR 1002-X、ASR 1004 は、1 つのルート プロセッサ構成で、デュアル OS(Cisco IOS ソフトウェア)の冗長性をサポートします。この機能は Cisco ASR 1006 や Cisco ASR 1013 ではサポートされません。
  • Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、Nonstop Forwarding(NSF)、ステートフル スイッチオーバー(SSO)、ISSU、活性挿抜(OIR)をサポートしています。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズでサポートされるその他の高可用性機能は何ですか。

A. Cisco ASR 1001、ASR 1002-Fixed、ASR 1002、ASR 1002-X、ASR 1004 は、デュアル OS(Cisco IOS ソフトウェア)冗長性、サブパッケージ ソフトウェアのアップグレードとダウングレード、NSF をサポートします。ASR 1002-F、ASR 1002、ASR 1004 で Cisco IOS ソフトウェアを冗長化するには、ルート プロセッサ 1(ASR1000-RP1)に 4 GB の DRAM を備え、高可用性ライセンス(Cisco IOS ソフトウェア冗長性ライセンス)を用意する必要があります。ASR 1001 と ASR 1002-X の場合は、8 GB の DRAM と Cisco IOS ソフトウェア冗長性ライセンスが必要です。注:Cisco ASR 1002-F および ASR 1002 には、デフォルトで 4 GB の DRAM が付属します。Cisco ASR1001 および ASR 1002-X には、デフォルトで 4 GB の DRAM が付属し、8 または 16 GB の DRAM にアップグレード可能です。

発注情報


Q. Cisco ASR 1000 シリーズ ルータはどのように発注すればよいですか。

A. Cisco Ordering Tool にアクセスします。

Q. ハードウェア コンポーネントの製品番号を教えてください。

A. 表 11 に、ハードウェアの製品番号を示します。

表 11 Cisco ASR 1000 シリーズ ハードウェア:製品番号

製品番号 説明
ASR1001 Cisco ASR1001 システム、暗号化あり、4 つの内蔵 GE、デュアル電源
ASR1001= Cisco ASR1001 システム、暗号化あり、4 つの内蔵 GE、デュアル電源、スペア
ASR1001-2XOC3POS Cisco ASR1001 システム、暗号化あり、4 つの内蔵 GE、OC3 IDC、デュアル電源
ASR1001-2OC3POS= Cisco ASR1001 システム、暗号化あり、4 つの内蔵 GE、OC3 IDC、デュアル電源、スペア
ASR1001-4XT3 Cisco ASR1001 システム、暗号化あり、4 つの内蔵 GE、T3 IDC、デュアル電源
ASR1001-4XT3= Cisco ASR1001 システム、暗号化あり、4 つの内蔵 GE、T3 IDC、デュアル電源、スペア
ASR1001-HDD Cisco ASR1001 システム、4 つの内蔵 GE、HDD、デュアル電源
ASR1001-HDD= Cisco ASR1001 システム、4 つの内蔵 GE、HDD、デュアル電源、スペア
ASR1001-4X1GE Cisco ASR1001 システム、4 つの内蔵 GE、4X1GE IDC、デュアル電源
ASR1001-4X1GE= Cisco ASR1001 システム、4 つの内蔵 GE、4X1GE IDC、デュアル電源、スペア
ASR1001-8XCHT1E1 Cisco ASR1001 システム、4 つの内蔵 GE、CHT1 IDC、デュアル電源
ASR1001-8XCHT1E1= Cisco ASR1001 システム、4 つの内蔵 GE、CHT1 IDC、デュアル電源、スペア
ASR1002-F Cisco ASR 1002-F シャーシ、4 つの内蔵 GE、デュアル電源、4 GB DRAM
ASR1002-F= Cisco ASR 1002-F シャーシ、4 つの内蔵 GE、デュアル電源、4 GB DRAM、スペア
ASR1002 Cisco ASR 1002 シャーシ、4 つの内蔵 GE、デュアル電源、4 GB DRAM
ASR1002= Cisco ASR 1002 シャーシ、4 つの内蔵 GE、デュアル電源、4 GB DRAM、スペア
ASR1002-X Cisco ASR1002-X システム、暗号化あり、6 つの内蔵 GE、デュアル電源
ASR1002-X= Cisco ASR1002-X システム、暗号化あり、6 つの内蔵 GE、デュアル電源、スペア
ASR1004 Cisco ASR 1004 シャーシ、デュアル電源
ASR1004= Cisco ASR 1004 シャーシ、デュアル電源、スペア
ASR1006 Cisco ASR 1006 シャーシ、デュアル電源
ASR1006= Cisco ASR 1006 シャーシ、デュアル電源、スペア
ASR1013 Cisco ASR 1013 シャーシ、冗長電源
ASR1013= Cisco ASR 1013 シャーシ、冗長電源、スペア
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ
ASR1000-ESP5 Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、5 G、暗号化あり、Cisco ASR 1002 のみ
ASR1000-ESP5= Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、5 G、暗号化あり、Cisco ASR 1002 のみ、スペア
ASR1000-ESP10 Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、10 G
ASR1000-ESP10= Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、10 G、スペア
ASR1000-ESP10-N Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、10 G、暗号化なし
ASR1000-ESP10-N= Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、10 G、暗号化なし、スペア
ASR1000-ESP20 Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、20 G
ASR1000-ESP20= Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、20 G、スペア
ASR1000-ESP40 Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、40 G
ASR1000-ESP40= Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、40 G、スペア
ASR1000-ESP100 Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、100 G
ASR1000-ESP100= Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、100 G、スペア
ASR1000-ESP200 Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、200 G
ASR1000-ESP200= Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ、200 G、スペア
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ
ASR1000-RP1 Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 1、2 GB DRAM
ASR1000-RP1= Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 1、2 GB DRAM、スペア
ASR1000-RP2 Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 2、8 GB DRAM
ASR1000-RP2= Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 2、8 GB DRAM、スペア
Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ
ASR1000-SIP10 Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10
ASR1000-SIP10= Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10、スペア
ASR1000-SIP40 Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 40
ASR1000-SIP40= Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 40、スペア
Cisco ASR 1000 USB メモリ オプション
MEMUSB-1024FT Cisco ASR 1000 シリーズ用 1 GB USB フラッシュ トークン
MEMUSB-1024FT= Cisco ASR 1000 シリーズ用 1 GB USB フラッシュ トークン、スペア


Q. Cisco IOS XE ソフトウェアはどのように発注すればよいですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズは、発注時にご希望の Cisco IOS ソフトウェア XE リリース統合パッケージ(表 12)と組み合わせて構成することも、統合パッケージをスペアとしてご注文いただくこともできます(表 13)。Cisco IOS XE ユニバーサル統合パッケージと Cisco ASR 1001 の個々の機能ライセンスの一覧については、Cisco ASR 1000 シリーズのデータ シート、および Cisco ASR 1001 シャーシのソフトウェア アクティベーションについて説明している Cisco ASR 1000 ソフトウェア アクティベーション製品速報を参照してください。

表 12 Cisco IOS Software XE リリース統合パッケージ:製品番号

製品番号 説明
SASR1R1-IPB Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 IP Base、暗号化なし
SASR1R1-IPBK9 Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 IP Base
SASR1R1-AISK9 Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 Advanced IP Services
SASR1R1-AIS Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 Advanced IP Services、暗号化なし
SASR1R1-AESK9 Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 Advanced Enterprise Services
SASR1R1-AES Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 Advanced Enterprise Services、暗号化なし
SASR1R2-IPB Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 IP Base、暗号化なし
SASR1R2-IPBK9 Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 IP Base
SASR1R2-AISK9 Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 Advanced IP Services
SASR1R2-AIS Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 Advanced IP Services、暗号化なし
SASR1R2-AESK9 Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 Advanced Enterprise Services
SASR1R2-AES Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 Advanced Enterprise Services、暗号化なし


表 13 Cisco IOS XE ソフトウェア スペア:製品番号

製品番号 説明
ASR 1000-SW-SPARECD Cisco ASR 1000 シリーズ ソフトウェア スペア CD
CDASR1000-IPB= Cisco ASR 1000 RP1 IP Base、暗号化なし、スペア
CDASR1000-IPBK9= Cisco ASR 1000 RP1 IP Base、スペア
CDASR1000-AISK9= Cisco ASR 1000 RP1 Advanced IP Services、スペア
CDASR1000-AESK9= Cisco ASR 1000 RP1 Advanced Enterprise Services、スペア


Q. Cisco IOS ソフトウェア XE で提供される機能ライセンスとその発注方法について教えてください。

A. FCS で提供されるライセンスの一覧を表 14 に示します。今後さらに多くのライセンスが提供される予定です。

表 14 Cisco ASR 1000 シリーズ ライセンス

セキュリティ ライセンス 説明
FLASR1-IPSEC-RTU Cisco ASR 1000 シリーズ用暗号化機能使用(RTU)機能ライセンス
FLASR1-FW-RTU Cisco ASR 1000 シリーズ用ファイアウォール RTU 機能ライセンス
FLASR1-FWNAT-RED ファイアウォール/NAT ステートフル シャーシ間冗長ライセンス
FLASR1-FPI-RTU Cisco ASR 1000 シリーズ用フレキシブル パケットインスペクション RTU 機能ライセンス
FLASR1-IOSRED-RTU Cisco ASR 1002 および ASR 1004 用ソフトウェア冗長性 RTU 機能ライセンス
ブロードバンド ライセンス
FLASR1-BB-RTU Cisco ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド RTU 機能ライセンス
FLASR1-BB-4K Cisco ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド 4000 セッション機能ライセンス
FLASR1-BB-16K Cisco ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド 16,000 セッション機能ライセンス
FLASR1-BB-32K Cisco ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド 32,000 セッション機能ライセンス
FLASR1-BB-48K Cisco ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド最大 48,000 セッション機能ライセンス
FLASR1-BB-64K Cisco ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド最大 64,000 セッション機能ライセンス
Cisco Unified Border Element(SP Edition)ライセンス
FLASR1-CUBES-250P ASR 1000 シリーズ用 CUBE(SP)250 コール無制限ライセンス
FLASR1-CUBES-2KP ASR 1000 シリーズ用 CUBE(SP)2000 コール無制限ライセンス
FLASR1-CUBES-4KP ASR 1000 シリーズ用 CUBE(SP)4000 コール無制限ライセンス
FLASR1-CUBES-16KP ASR 1000 シリーズ用 CUBE(SP)16,000 コール無制限ライセンス
FLASR1-CUBES-32KP ASR 1000 シリーズ用 CUBE(SP)32,000 コール無制限ライセンス
FLASR1-CUBES-TPEX B2BTP Exchange の ASR 1000 シリーズ用 CUBE(SP)無制限ライセンス


Q. Cisco ASR 1000 シリーズの構成を検証する方法を教えてください。

A. Dynamic Configuration Tool(DCT)にアクセスし、個々の製品番号を入力してください。

Q. 価格情報はどこで入手できますか。

A. 最新のシスコ製品価格表(Cisco.com のユーザ名とパスワードが必要)をご覧になるか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。