Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ 発注ガイド

発注ガイド





Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ



目次

導入までのステップ... 3

Cisco ASR 1000 シリーズの概要と製品番号... 4

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのハードウェア... 7

シャーシ... 7

エンベデッド サービス プロセッサ... 7

ルート プロセッサ... 9

ルート プロセッサのタイプ... 10

ルート プロセッサのメモリとストレージ... 10

ルート プロセッサの冗長性... 11

USB フラッシュ メモリ トークン... 11

ポートおよびメディア インターフェイス モジュール:SIP および SPA.. 11

電源ユニット.. 13

アクセサリ.. 13

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのソフトウェアの購入方法... 14

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの機能ライセンスの購入方法... 16

Cisco ONE ソフトウェア... 18

ブロードバンドおよびサービス プロバイダー Wi-Fi サービス... 19

Cisco ASR 1001ASR 1001-X、および ASR 1002-X シリーズ機能ライセンスの購入方法... 22

Cisco ASR 1000 シリーズ バンドルの購入方法... 23

構成の例... 24

1:アプリケーション エクスペリエンス用 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ(ASR1000-AX. 24

2:ブロードバンド アグリゲーション ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 27

3:クアドロプルプレー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 38

4:加入者単位のファイアウォールを備えた LNS ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 39

5:ハイエンド顧客宅内機器としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 40

6:プロバイダー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 41

7:ルート リフレクタとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 42

8:セキュア ヘッドエンド ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 43

9:インターネット ゲートウェイ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 43

10:集中 SIP トランキング データセンターの導入における SBC としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 44

11:サービス プロバイダー データセンターに導入される企業間 TelePresence ソリューションの SBC としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 45

12:ステートフル NAT64 トランスレータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ (クラウド プロバイダー エッジ). 46

13:キャリア グレード NAT ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 46

14:セキュア WAN ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 47

15Cisco ONE ソフトウェア スイートを使用した Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ.. 47

発注情報... 48


概要

本書は、Cisco® ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの個々のハードウェア コンポーネント、Cisco IOS® ソフトウェア、機能ライセンスの構成と発注について、概要とガイドを示します。最初に、ハードウェア、ソフトウェア、ライセンスを含む各コンポーネントの発注について説明します。次に、いくつかの発注の例を示し、また Cisco Dynamic Configuration Tool とバンドルを含む標準的な導入手順を説明します。最後に、製品番号(製品識別子(PID)とも呼ばれます)のリストを示します。

Cisco ASR 1000 シリーズは、8 つのプラットフォームで構成されています。

   Cisco ASR 1001-X ルータ

   Cisco ASR 1002-HX ルータ

   Cisco ASR 1002-X ルータ

   Cisco ASR 1004 ルータ

   Cisco ASR 1006 ルータ

   Cisco ASR 1006-X ルータ

   Cisco ASR 1009-X ルータ

   Cisco ASR 1013 ルータ

Cisco ASR 1000 シリーズは、Cisco QuantumFlow プロセッサ に組み込まれた複数のサービスを 2.5 200 Gbps のワイヤ スピードで提供します。Cisco QuantumFlow プロセッサでサポートされるサービスには、セキュリティ サービス(最大 78 Gbps78G)の暗号化スループットと最大 6 M のファイアウォール セッションなど)、Quality of ServiceQoS)、Application Visibility and ControlAVC)、Cisco パフォーマンス ルーティング(PfR)、ブロードバンド アグリゲーション、Cisco Unified Border ElementSP Edition)、Cisco Unified Border ElementEnterprise Edition)などがあります。Cisco ASR 1000 はさらに、地理的に分散されたデータセンターを接続する Cisco Overlay Transport VirtualizationOTV)や Virtual Private Label SwitchingVPL)など、機能が豊富でスケーラブルな Data Center InterconnectDCI)ソリューションを提供します。Locator Identity Separation ProtocolLISP)などの高度なルーティング技術は、サブネット内およびサブネット間でのホスト モビリティを可能にします。

コントロール プレーンとデータ プレーンを分離する Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのアーキテクチャ、ソフトウェアの冗長性(Cisco ASR 1001-XASR 1002-HXASR 1002-X、および ASR 1004 の各ルータ)、およびハードウェアの冗長性(Cisco ASR 1006ASR 1006-XASR 1009-X、および ASR 1013 の各ルータ)により、高い信頼性を誇る Cisco ASR 1000 シリーズは、新しいサービスが追加された場合でも一貫して高いスループットを示します。また、Cisco ASR 1000 シリーズで導入されたモジュラ型の Cisco IOS XE ソフトウェアは、ASR 1006ASR 1006-XASR 1009-X、および ASR 1013 の各モデルの In-Service Software UpgradeISSU)に対応しています。

導入までのステップ

発注する Cisco ASR 1000 を確実に適切なものにするため、最初に以下の点について確認する必要があります。

   サービス プロバイダー向けまたはエンタープライズ ネットワーク向けのどちらの導入であるか。

   フォーム ファクタの要件。必要なラック ユニット(RU)数。

   ルータに必要なスループット合計。

   ハードウェア冗長性とソフトウェア冗長性のどちらが必要か。

   必要なインターフェイスのタイプと数。

   有効にすることが必要なサービス、および同時に実行する必要があるサービスの数。

Cisco ASR 1000 シリーズの概要と製品番号

このセクションでは、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのコンポーネントの概要を示します。

   シャーシ

     シャーシは、ルータのすべてのコンポーネントを格納します。

   プロセッサ モジュール

     Cisco ASR 1000 シリーズ ルート プロセッサ:ルート プロセッサは高度なルーティング機能を提供し、ルータの他のリソースの監視と管理も行います。メモリ、ハード ディスク、USB フラッシュ メモリ トークンで構成されます。

     Cisco ASR 1000 シリーズ Embedded Services ProcessorESP):Cisco QuantumFlow プロセッサに基づいて、ESP はフォワーディング、ネットワーク セキュリティ、ディープ パケット インスペクション、ファイアウォール、データセンターの相互接続やその他の多くの高度な機能を実行します。

   インターフェイスとモジュール

     Cisco ASR 1000 シリーズ共有ポート アダプタ(SPA):様々なタイプのサービス プロバイダーやエンタープライズ メディアに接続されるメディア モジュールです。SPA はすべて、SPA インターフェイス プロセッサ(SIP)モジュールを介して Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに接続します。

     Cisco ASR 1000 シリーズ SPA インターフェイス プロセッサ(SIP):ルータのモデルに応じて、それぞれ最大 4 つの SPA を格納し、相互接続します。

     Cisco ASR 1000 シリーズ イーサネット ライン カード(ELC):2X10G + 20X1G タイプと 6X10G タイプの 2 種類のタイプがあります。どちらのタイプにも SIP が内蔵されています。

     Cisco ASR 1000 シリーズ モジュラ インターフェイス プロセッサ(MIP):最大 2 つのイーサネット ポート アダプタを格納し相互接続する 100 Gbps のキャリア カードです。

     Cisco ASR 1000 シリーズ イーサネット ポート アダプタ(EPA):MIP モジュールを介して Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに接続します。

   Cisco IOS XE ソフトウェア イメージ

     Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでサービスを有効にするには、ソフトウェアの機能ライセンスが必要です。現在、2 つのタイプの機能ライセンスが提供されています。一部のサービスは、使用(RTU)ライセンスのみで有効にできますが、その他のサービスでは、RTU ライセンスと 1 つ以上のセッション数ライセンスが必要になります。Cisco ASR 1000 シリーズのライセンスはすべて任意であり、製品アクティベーション キー(PAK)による適用ではありません。

     ASR 1000 シリーズ ルータには、以下のパッケージのいずれかが必要です。

     Cisco ASR 1001 IOS XE ユニバーサル(ペイロードの暗号化なし)

     Cisco ASR 1001 IOS XE ユニバーサル

     Cisco ASR 1001 IOS XE ユニバーサル(合法的傍受なし)

     Cisco ASR 1001 IOS XE ユニバーサル(ペイロードの暗号化なし、合法的傍受なし)

   必要な機能セットを有効化するには、次の 3 つのテクノロジー パッケージのいずれかが必要です。

     Cisco ASR 1000 IP BASE ライセンス

     Cisco ASR 1000 Advanced IP Services ライセンス

     Cisco ASR 1000 Advanced Services ライセンス

   Cisco IOS XE ソフトウェアの機能ライセンス

     Cisco ASR 1000 シリーズでサポートされる一部の機能については、機能ライセンスが必要です。

     Cisco ASR 1000 の機能ライセンスとパフォーマンス アップグレード ライセンスはすべて任意であり、製品アクティベーション キー(PAK)により適用されるものではありません。注:Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.7S より前では、Cisco ASR 1001 2.5 Gbps から 5 Gbps へのアップグレード、または Cisco ASR 1002-X 5 Gbps から 10 Gbps20 Gbps36 Gbps へのアップグレードに必要なパフォーマンス アップグレード ライセンスは PAK によって適用されます。同様に、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.6S より前では、テクノロジー パッケージのライセンスは PAK によって適用されます。

   Cisco ASR 1000 アプリケーションの製品番号

     Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの発注時には、表 1 から Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの導入タイプと最も適合するアプリケーションの製品番号を選択してください。注:アプリケーションの製品番号は必ず選択する必要がありますが、この選択が Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに影響することはありません。この製品番号は、お客様のプラットフォームの導入例についての理解を深める目的で、Cisco 社内での追跡にのみ使用されます。

表 1.            アプリケーションの製品番号

アプリケーション

名前

製品番号

ASR1000 BNG/LNS

ASR1K-BB

ASR1000 DCILISPOTVVXLANVPLS などを含む)

ASR1K-DCI

ASR1000 インターネット エッジ/ピアリング(BGP/NAT/ZBFW を含む)

ASR1K-INTERNET

ASR1000 マルチ サービス エッジ(MPLSL2/L3VPN を含む)

ASR1K-MSE

ASR1000 マネージド サービス

ASR1K-MSP

ASR1000 ルート リフレクタ

ASR1K-RR

ASR1000 SP Wi-Fi

ASR1K-SP-WIFI

ASR1000 WAN アグリゲーション(暗号化あり/なし)

ASR1K-WAN-AGGR

ASR1000 その他

ASR1K-OTHER

2 に、シャーシ、ルート プロセッサ、ESPSIPSPA のシステム製品番号を示します。

表 2.            シャーシ、ルート プロセッサ、ESPSIPSPA の製品番号

シャーシ

名前

製品番号

Cisco ASR 1001-X

ASR1001-X

Cisco ASR 1002-HX

ASR1002-HX

Cisco ASR 1002-X

ASR1002-X

Cisco ASR 1004

ASR1004

Cisco ASR 1006

ASR1006

Cisco ASR 1006-X

ASR1006-X

Cisco ASR 1009-X

ASR1009-X

Cisco ASR 1013

ASR1013

ルート プロセッサ(RP

ルート プロセッサ 2

ASR1000-RP2

エンベデッド サービス プロセッサ(ESP

ESP2020 Gbps

ASR1000-ESP20

ESP4040 Gbps

ASR1000-ESP40

ESP100100 Gbps

ASR1000-ESP100

ESP200200 Gbps

ASR1000-ESP200

SPA インターフェイス プロセッサ(SIP)およびイーサネット ラインカード

SIP4040 Gbps

ASR1000-SIP40

固定イーサネット ラインカード、6X10GE

ASR1000-6TGE

固定イーサネット ラインカード、2X10GE + 20X1GE

ASR1000-2T+20X1GE

モジュラ イーサネット ラインカード、100G モジュラ インターフェイス プロセッサ(EPA キャリア カード)

ASR1000-MIP100

1 ポート 100 ギガビット イーサネット ポート アダプタ

EPA-1X100GE

2 ポート 40 ギガビット イーサネット ポート アダプタ

EPA-CPAK-2X40GE

10 ポート 10 ギガビット イーサネット ポート アダプタ

EPA-10X10GE

18 ポート 1 ギガビット イーサネット ポート アダプタ

EPA-18X1GE

共有ポート アダプタ(SPA

8 ポート チャネライズド T1/E1DS0

SPA-8XCHT1/E1-V2

4 ポート チャネライズド T3DS0

SPA-4XCT3/DS0-V2

2 ポート チャネライズド T3DS0

SPA-2XCT3/DS0-V2

2 ポート クリア チャネル T3/E3

SPA-2XT3/E3-V2

4 ポート クリア チャネル T3/E3

SPA-4XT3/E3-V2

Cisco 4 ポート ファスト イーサネット(TX

SPA-4X1FE-TX-V2

Cisco 8 ポート ファスト イーサネット(TX

SPA-8X1FE-TX-V2

Cisco 2 ポート ギガビット イーサネット

SPA-2X1GE-V2

Cisco 5 ポート ギガビット イーサネット

SPA-5X1GE-V2

Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット

SPA-8X1GE-V2

Cisco 10 ポート ギガビット イーサネット

SPA-10X1GE-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY

SPA-1X10GE-L-V2

2 ポート OC3/STM1 POS

SPA-2XOC3-POS-V2

4 ポート OC3/STM1 POS

SPA-4XOC3-POS-V2

1 ポート OC12/STM4 POS

SPA-1XOC12-POS-V2

Cisco 4 ポート シリアル SPA

SPA-4XT-SERIAL

共有ポート アダプタ(SPA

1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3cDS0

SPA-CHSTM1/OC3V2

2 ポート OC48/STM16 POS/RPR

SPA-2XOC48POS/RPR

4 ポート OC48/STM16 POS/RPR

SPA-4XOC48POS/RPR

Cisco SPAWebEx ノード

SPA-WMA-K9

1 ポート OC-3c/STM-1 ATM

SPA-1XOC3-ATM-V2

3 ポート OC-3c/STM-1 ATM

SPA-3XOC3-ATM-V2

1 ポート OC48/STM16 POS/RPR

SPA-1XOC48POS/RPR

2 ポート OC12/STM4 POS

SPA-2XOC12-POS

4 ポート OC-12/STM-4 POS

SPA-4XOC12-POS

8 ポート OC12/STM4 POS

SPA-8XOC12-POS

8 ポート OC-3/STM-1 POS

SPA-8XOC3-POS

1 ポート OC192/STM64 POS/RPR XFP 光ファイバ

SPA-OC192POS-XFP

1 ポート OC12 STM

SPA-1XOC12-ATM-V2

同期イーサネット

SPA-2X1GE-SYNCE

Digital Signal Processor(デジタル シグナル プロセッサ)

SPA-DSP

1 ポート チャネライズド OC12DS0

SPA-1XCHOC12/DS0

Cisco 1 ポート 10GE LAN/WAN-PHY

SPA-1X10GE-WL-V2

1 ポート チャネライズド OC3/STM-1 ATM および回線エミュレーション

SPA-1CHOC3-CE-ATM

2 ポート チャネライズド T3/E3 ATM および回線エミュレーション

SPA-2CHT3-CE-ATM

24 ポート チャネライズド T1/E1/J1 ATM および回線エミュレーション

SPA-24CHT1-CE-ATM

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのハードウェア

このセクションでは、シャーシ、モジュール、電源ユニット、アクセサリのデフォルト値や最大値を含む、Cisco ASR 1000 ハードウェアのルールを説明します。

シャーシ

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータには 6 つのフォーム ファクタ(1RU2RU4RU6RU9RU13RU)があります。表 3 Cisco ASR 1000 シャーシのラック ユニット(RU)の高さを示します。

表 3.            Cisco ASR 1000 シャーシのラック ユニットのサイズ

フォーム ファクタ

シャーシの製品番号

ラック ユニット(RU

ASR1001-X

1

ASR1002-HX

2

ASR1002-X

2

ASR1004

4

ASR1006

6

ASR1006-X

6

ASR1009-X

9

ASR1013

13

エンベデッド サービス プロセッサ

Cisco ASR 1000 シリーズのモデルに応じて、ESP はシャーシまたはモジュラに統合されます。

必要な全体のスループットまたは暗号化パフォーマンスに応じて、20-40-100-、および 200-Gbps ESP 4 つのモジュラ ESP バージョンから選択できます。

4 に関連する ESP の仕様を示します。

表 4.            ESP の仕様

ESP の仕様

シャーシの製品番号

帯域幅

最大 ESP

ESP-2.5

ESP-5

ESP-10

ESP-10-N

ESP-20

ESP-40

ESP-100

ESP-200

ASR1001

2.5 Gbps
5 Gbps にアップグレード可能)

1

統合型

統合型

 

 

 

 

 

 

ASR1001-X

2.5 Gbps
510、または 20 Gbps にアップグレード可能)

1

ASR1002-HX

100 Gbps

1

 

 

 

 

 

 

統合型

 

ASR1002-X*

5 Gbps
1020、または 36 Gbps にアップグレード可能)

1

 

 

 

 

 

 

 

 

ASR1004

10 40 Gbps

1

 

 

モジュール

モジュール

モジュール

モジュール

 

 

ASR1006

10 100 Gbps

2:冗長

 

 

モジュール

モジュール

モジュール

モジュール

モジュール

 

ASR1006-X

40 100 Gbps

2:冗長

 

 

 

 

 

モジュール

モジュール

 

ASR1009-X

40 200 Gbps

2:冗長

 

 

 

 

 

モジュール

モジュール

モジュール

ASR1013

40 200 Gbps

2:冗長

 

 

 

 

 

モジュール

モジュール

モジュール

* ASR1001-X および ASR1002-X は固有の ESP を内蔵しています。次のいずれかのライセンスを購入すると、 Cisco ASR1001-X のスループットを 2.5 Gbps から 5 Gbps/10 Gbps/20 Gbps に、または Cisco ASR1002-X スループットを 5 Gbps から 10 Gbps/20 Gbps/36 Gbps にアップグレードできます。

製品番号

説明

FLSA1-1X-2.5-5G

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 5 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-1X-2.5-5G=

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 5 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLA1-1X-2.5-5G=

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 5 Gbps へのアップグレード PAK(電子配信)

FLSA1-1X-2.5-10G

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-1X-2.5-10G=

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLA1-1X-2.5-10G=

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード PAK(電子配信)

FLSA1-1X-2.5-20G

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-1X-2.5-20G=

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLA1-1X-2.5-20G=

ASR 1001-X 2.5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAK(電子配信)

FLSA1-1X-5-10G

ASR 1001-X 5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-1X-5-10G=

ASR 1001-X 5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLA1-1X-5-10G=

ASR 1001-X 5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード PAK(電子配信)

FLSA1-1X-5-20G

ASR 1001-X 5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-1X-5-20G=

ASR 1001-X 5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLA1-1X-5-20G=

ASR 1001-X 5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAK(電子配信)

FLSA1-1X-10-20G

ASR 1001-X 10 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-1X-10-20G=

ASR 1001-X 10 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLA1-1X-10-20G=

ASR 1001-X 10 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAKeDelivery

FLSA1-2X-5-10G

ASR 1002-X 5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-2X-5-10G=

ASR 1002-X 5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLSA1-2X-5-10G=

ASR 1002-X 5 Gbps から 10 Gbps へのアップグレード PAKeDelivery

FLSA1-2X-5-20G

ASR 1002-X 5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-2X-5-20G=

ASR 1002-X 5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLSA1-2X-5-20G=

ASR 1002-X 5 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAKeDelivery

FLSA1-2X-5-36G

ASR 1002-X 5 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-2X-5-36G=

ASR 1002-X 5 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLSA1-2X-5-36G=

ASR 1002-X 5 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード PAKeDelivery

FLSA1-2X-10-20G

ASR 1002-X 10 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-2X-10-20G=

ASR 1002-X 10 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLSA1-2X-10-20G=

ASR 1002-X 10 Gbps から 20 Gbps へのアップグレード PAKeDelivery

FLSA1-2X-10-36G

ASR 1002-X 10 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-2X-10-36G=

ASR 1002-X 10 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLSA1-2X-10-36G=

ASR 1002-X 10 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード PAKeDelivery

FLSA1-2X-20-36G

ASR 1002-X 20 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード ライセンス

FLSA1-2X-20-36G=

ASR 1002-X 20 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード PAK(書面)

L-FLSA1-2X-20-36G=

ASR 1002-X 20 Gbps から 36 Gbps へのアップグレード PAKeDelivery

FLSA1-HX-2X10GE

ASR 1002-HX ASR1000-HX 内蔵 10GE 2 ポート ライセンス用のアップグレード

FLSA1-HX-2X10GE=

ASR 1002-HX ASR1000-HX 内蔵 10GE 2 ポート ライセンス用のアップグレード

FLSA1-HX-2X1GE

ASR 1002-HX ASR1000-HX 内蔵 1GE 2 ポート ライセンス用のアップグレード

FLSA1-HX-2X1GE=

ASR 1002-HX ASR1000-HX 内蔵 1GE 2 ポート ライセンス用のアップグレード

L-FLSA1-HX-2X10GE=

ASR1000-HX 内蔵 10GE 2 ポート ライセンス用のアップグレード PAKe-delivery

L-FLSA1-HX-2X1GE=

ASR1000-HX 内蔵 1GE 2 ポート ライセンス用のアップグレード PAKe-delivery

リリース情報:

ASR 1002-HX は、以下のソフトウェア リリースでサポートされています。

   Cisco ASR 1002-HX は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 16.2S 以降でサポートされています。

Cisco ASR 1001-X は、以下のソフトウェア リリースでサポートされています。

   Cisco ASR 1001-X は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.12S 以降でサポートされています。

200-Gbps ESP は、以下のソフトウェア リリースでのみサポートされています。

   Cisco ASR 1013 は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.10S 以降でサポートされています。

   Cisco ASR 1006-X および ASR 1009-X は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.16S 以降でサポートされています。

100-Gbps ESP は、以下のソフトウェア リリースでのみサポートされています。

   Cisco ASR 1013 および ASR 1013 は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.7S 以降でサポートされています。

   Cisco ASR 1006-X および ASR 1009-X は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.16S 以降でサポートされています。

40-Gbps ESP は、以下のソフトウェア リリースでのみサポートされています。

   Cisco ASR 1004 は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.2S 以降でサポートされています。

   Cisco ASR 1013 および ASR 1013 は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.1S 以降でサポートされています。

   Cisco ASR 1006-X および ASR 1009-X は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.16S 以降でサポートされています。

ルート プロセッサ

ルート プロセッサのディスク ドライブは、Cisco IOS XE ソフトウェア統合パッケージ、ログ、コア ダンプ ファイルなどのストレージ目的で使用されます。

ルート プロセッサのタイプ

ルート プロセッサには、主に 2 つのカテゴリ、統合型とモジュラ型が存在します。シャーシのタイプに応じて、冗長モードで 1 2 基のルート プロセッサを実行できます。表 5 に、関連するルート プロセッサの仕様を示します。

表 5.            ルート プロセッサの仕様

ルート プロセッサの仕様

シャーシの製品
番号

ルート プロセッサの
最大数

Cisco ASR 1001 ルート
プロセッサ

ASR 1002-X ルート
プロセッサ

ルート プロ
セッサ 1

ルート プロ
セッサ 2

ASR1001-X

1

ASR1002-HX

1

 

 

 

統合型*

ASR1002-X

1

 

統合型*

 

 

ASR1004

1

 

 

モジュール

モジュール

ASR1006

2

 

 

モジュール

モジュール

ASR1006-X

2

 

 

 

モジュール

ASR1009-X

2

 

 

 

モジュール

ASR1013

2

 

 

 

モジュール

* Cisco ASR 1002-HX ASR1001-X 、および ASR 1002-X は統合型ルート プロセッサを搭載しているため、発注時にルート プロセッサを個別に構成または追加する必要はありません。

ルート プロセッサのメモリとストレージ

ルート プロセッサ モジュールを発注する際は、コンポーネントとして、メモリ、ストレージ デバイス、USB フラッシュ メモリ トークンを検討してください。

6 に、関連するルート プロセッサ メモリとストレージの仕様を示します。

表 6.            ルート プロセッサのメモリとストレージの仕様

ルート プロセッサのメモリ

シャーシの製品
番号

デフォルト メモリ

最大メモリ

デフォルト ストレージおよび最大ストレージ

ASR1001

4 G

16 G

8 G EUSB*

ASR1001-X

8 G

16 G

8 G EUSB*

ASR1002-HX

16 G

32 G

8 G EUSB

ASR1002-X

4 G

16 G

8 G EUSB*

ASR1004

RP1/RP1-N 4 GRP1-N、および RP2 8 G

RP1/RP1-N 4 G、および RP2 16 G

RP1/RP1-N 40 GB1 G EUSBRP2 80 GB、および 1 G EUSB**

ASR1006

RP1/RP1-N 4 GRP1-N、および RP2 8 G

RP1/RP1-N 4 G、および RP2 16 G

RP1/RP1-N 40 GB1 G EUSBRP2 80 GB、および 1 G EUSB*

ASR1006-X

RP2 8 G

RP2 16 G

RP2 80 GB および 1 G EUSB

ASR1009_X

RP2 8 G

RP2 16 G

RP2 80 GB および 1 G EUSB*

ASR1013

RP2 8 G

RP2 16 G

RP2 80 GB および 1 G EUSB**

* Cisco ASR 1001 および ASR 1002 にハード ディスクはありません。代わりに、 Cisco ASR 1001 および ASR 1002 の統合ルート プロセッサは、マス ストレージおよびブート イメージ用に 8 GB エンベデッド USB メモリ( EUSB )フラッシュ ドライブを備えています。この EUSB は、フィールド交換できません。 ASR 1002-X 8 GB EUSB フラッシュ ドライブを備えていますが、さらにオプションで 160 GB ハード ディスク ドライブ( HDD )が提供されています。この HDD は、製品番号 MASR1002X-HD-160G または MASR1002X-HD-160G= で発注できます。
** RP1/RP1-N モジュールは、フィールド交換可能な 1 GB EUSB フラッシュ ドライブを備えています(製品番号 M-ASR1K-EUSB-1GB= )。 RP2 モジュールは、フィールド交換可能な 2 GB EUSB フラッシュ ドライブを備えています(製品番号 M-ASR1K-EUSB-2GB= )。

次にリリース情報を示します。

   Cisco ASR 1001 の最大 DRAM は、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.3S 時点で 8 Gbps から 16 Gbps に増加しています。

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.3S 時点で、Cisco ASR 1004ASR 1006、および ASR 1013 ルータは、RP1 または RP2 モジュールのハード ディスク ドライブから起動できます。

注意:    Cisco ASR 1000 スペア ルート プロセッサ(ASR1000-RP1= および ASR1000-RP2=)とスペア シャーシ(ASR1001= および ASR1002=)の注文に含まれる ルート プロセッサはすべて、発注時に構成することはできず、また、出荷時にソフトウェアは付属しません。

注意:    インターネット ピアリングとエッジ、およびルート リフレクタの導入では、Cisco ASR 1001 または ASR 1002-X をデフォルトの 4 G ではなく 8 G の共有メモリで構成することをお勧めします。Cisco ASR 1001-X は、デフォルトで 8 G の共有メモリを備えています。

ルート プロセッサの冗長性

Cisco ASR 1000 は高い冗長性を備えています。冗長性のタイプはモデルによって異なります。表 7 に、関連するルート プロセッサ メモリの冗長性要件を示します。

表 7.            ルート プロセッサの冗長性のメモリ要件

冗長性要件

シャーシの製品
番号

受信トレイの冗長性の
タイプ

デフォルト メモリ

冗長性の最小メモリ

冗長性の機能ライセンス

ASR1001-X

SW No ISSU*

8 G

8 G

FLSASR1-IOSRED(=)
または
L-FLSASR1-IOSRED=

ASR1002-HX

SW No ISSU*

16 G

32 G

FLASR1-IOSRED-RTU(=)

ASR1002-X

SW No ISSU*

4 G

8 G

FLSASR1-IOSRED(=)
または
L-FLSASR1-IOSRED=

ASR1004

SW No ISSU*

RP1/RP1-N 4 GRP1-N、および RP2 8 G

RP1/RP1-N 4 G、および RP2 8 G

FLASR1-IOSRED-RTU(=)

ASR1006

HW ISSU**

RP1/RP1-N 4 GRP1-NRP2

RP1/RP1-N 4GRP2 8G

該当なし

ASR1006-X

HW ISSU

8 G

RP2 8 G

該当なし

ASR1009-X

HW ISSU

RP2 8 G

RP2 8 G

該当なし

ASR1013

HW ISSU**

RP2 8 G

RP2 8 G

該当なし

* デュアル Cisco IOS ソフトウェア冗長性をサポートします。
** ハードウェア ルート プロセッサ冗長性および ESP 冗長性をサポートしますが、ソフトウェア冗長性はサポートしません。

USB フラッシュ メモリ トークン

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでは、1 GB USB フラッシュ メモリ トークン(MEMUSB-1024FT)を個別に発注し、構成または Cisco IOS XE Software 統合パッケージを保存できます。

ポートおよびメディア インターフェイス モジュール:SIP および SPA

メディア ポート アダプタ SPA は、SIP モジュールに格納されます。SPA モジュールの最大数は、各ルータにサポートされる SIP のタイプと数によって異なります。同じ SIP カード上の SPA カードは、同じタイプである必要はありません。サポートされる SPA の詳細については、データシート「Cisco ASR 1000 シリーズの共有ポート アダプタのサポート [英語] を参照してください。

一部のルータは、ギガビット イーサネットを内蔵しています。これらの内蔵ポートには、着脱可能小型フォームファクタ(SFP)の光メディアまたは銅線メディアが必要です。SFP は、ホットスワップ可能な入出力デバイスで、ギガビット イーサネット ポートに装着され、ポートをネットワークにリンクします。SFP SPA の発注時に同時に発注することも、スペアとして後から発注することも可能です。

8 に関連するポートの仕様を示します。

表 8.            ポートの仕様

シャーシの製品番号

SPA の最大スロット数

NIM の最大スロット数

EPA の最大スロット数

SIP40 の最大スロット数

MIP100 の最大スロット数

内蔵 GE/SFP

内蔵 10GE/SFP+

ASR1001-X

1

1

該当なし

N/A

N/A

6

2*

ASR1002-X

3

N/A

N/A

N/A

N/A

6

0

ASR1002-HX

該当なし

1

1

該当なし

N/A

8

8

ASR1004

8

N/A

N/A

2

N/A

N/A

N/A

ASR1006

12

N/A

該当なし

3

N/A

N/A

N/A

ASR1006-X

8

該当なし

4

2

2

N/A

N/A

ASR1009-X

12

N/A

6

3

3

N/A

N/A

ASR1013

24

該当なし

12

6

6

N/A

N/A

* ASR1001-X 内蔵 10 GE ポートは、ポートベースのライセンスを使用して有効にします。ただし、 ASR1001-X 20 G にアップグレードすると、内蔵ポートが 2 つ自動的に含まれます。

次にリリース情報を示します。

Cisco ASR 1000 シリーズ 40 Gbps SIPASR1000-SIP40)は、以下のルータでサポートされています。

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.2S 以降の Cisco ASR 1004

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.1S 以降の Cisco ASR 1006 および ASR 1013

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.16S 以降の Cisco ASR 1006-X および ASR 1009-X

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.16.1S 以降の Cisco ASR 1000 シリーズ 100 Gbps モジュラ インターフェイス プロセッサ(ASR1000-MIP100

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.16.1S 以降の Cisco ASR 1000 シリーズ 1 ポート 100 ギガビット イーサネット ポート アダプタ(EPA-1X100GE)(ASR1000-MIP100 のみ)

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.16.2S 以降の Cisco ASR 1000 シリーズ 2 ポート 40 ギガビット イーサネット ポート アダプタ(EPA-CPAK-2X40GE)(ASR1000-MIP100 のみ)

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 16.2.1 以降の Cisco ASR 1000 シリーズ 10 ポート 10 ギガビット イーサネット ポート アダプタ(EPA-10X10GE)(ASR1000-MIP100 のみ)

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 16.2.1 以降の Cisco ASR 1000 シリーズ 18 ポート 1 ギガビット イーサネット ポート アダプタ(EPA-18X1GE)(ASR1002-HX のみ)

電源ユニット

すべての Cisco ASR 1000 のシャーシはデフォルトで、デュアル AC 電源ユニットまたはデュアル DC 電源ユニットを備えています。発注時には、デュアル AC 電源ユニットまたはデュアル DC 電源ユニットを選択できます。同一シャーシ上での AC および DC はサポートされていません。 9 に、関連する電源ユニットの仕様を示します。

表 9.            電源ユニットの仕様

電源ユニット

シャーシの製品番号

デフォルト数

最大数

AC

DC

AC DC の併用

ASR1001-X

2:冗長

2:冗長

Yes

対応

×

ASR1002-HX

2:冗長

2:冗長

Yes

対応

×

ASR1002-X

2:冗長

2:冗長

Yes

対応

×

ASR1004

2:冗長

2:冗長

Yes

対応

×

ASR1006

2:冗長

2:冗長

Yes

対応

×

ASR1006-X

2:非冗長

4:冗長

Yes

対応

×

ASR1009-X

2:非冗長

6:冗長

Yes

対応

×

ASR1013

42 つの冗長ペア

42 つの冗長ペア

Yes

対応

×

注意:    スペア シャーシ用のデュアル電源ユニットはオプションです。スペア シャーシを使用して構成するか、スペアの電源ユニットとして個別に発注する必要があります。

アクセサリ

すべてのルータ シャーシには、デフォルトでアクセサリ キットが付属します。スペア シャーシのアクセサリ キットはオプ
ションです。スペア シャーシと同時に購入して構成に使用するか、スペアとして個別に発注する必要があります。Cisco ASR 1000 のアクセサリ キットは、デフォルトですべての Cisco ASR 1000 モデルに含まれ、スペアとして購入することができます。

連邦情報処理標準(FIPS)キットは、スペアとしてのみ販売されています。FIPS140-2 は、ルータのすべての取外し可能なコンポーネントのシームに開封明示ラベルを添付するように定めています。開封明示ラベルに加えて、FIPS は暗号を処理する内部コンポーネントを見えないように隠すように指定しています。

10 に、ルータに含まれるアクセサリを示します。

表 10.          アクセサリ

アクセサリ

説明

製品番号

Cisco ASR1002-HX アクセサリ キット

ASR1002HX-ACS

Cisco ASR1002-HX アクセサリ キット、スペア

ASR1002HX-ACS=

Cisco ASR1002-HX ファン モジュール

ASR1002HX-FAN

Cisco ASR1002-HX ファン モジュール、スペア

ASR1002HX-FAN=

Cisco ASR 1006-X アクセサリ キット

ASR1006X-ACS

Cisco ASR 1006-X アクセサリ キット、スペア

ASR1006X-ACS=

Cisco ASR 1009-X アクセサリ キット

ASR1009X-ACS

Cisco ASR 1009-X アクセサリ キット、スペア

ASR1009X-ACS=

Cisco ASR 1000-X ファン モジュール

ASR1000X-FAN

Cisco ASR 1000-X ファン モジュール、スペア

ASR1000X-FAN=

ASR 1000-X シャーシ電源ユニット用ブランク カバー

ASR1KX-PWR-BLANK

ASR 1000-X シャーシ電源ユニット用ブランク カバー、スペア

ASR1KX-PWR-BLANK=

Cisco ASR 1006 アクセサリ キット、スペア 

ASR1006-ACS=

Cisco ASR 1004 アクセサリ キット、スペア 

ASR1004-ACS=

Cisco ASR 1002 アクセサリ キット、スペア 

ASR1002-ACS=

Cisco ASR 1001-X アクセサリ キット

ASR1001X-ACS

Cisco ASR 1001-X アクセサリ キット、スペア

ASR1001X-ACS=

SSD ドライブ用 NIM キャリア カード

NIM-SSD

SSD ドライブ用 NIM キャリア カード、スペア

NIM-SSD=

Cisco ISR 4400 NIM スロット用のブランク前面プレート*

NIM-BLANK=

Cisco ASR 1006 FIPS 不透明キット

ASR1006-FIPS-KIT=

Cisco ASR 1004 FIPS 不透明キット

ASR1004-FIPS-KIT=

Cisco ASR 1002 FIPS 不透明キット

ASR1002-FIPS-KIT=

Cisco ASR 1001 アクセサリ キット、スペア 

ASR1001-ACS=

Cisco ASR 1001 FIPS 不透明キット、スペア

ASR1001-FIPS-KIT=

Cisco ASR 1013 アクセサリ キット、スペア 

ASR1013-ACS=

Cisco ASR 1013 アクセサリ キット

ASR1013-ACS

Cisco ASR 1001 アクセサリ キット

ASR1001-ACS

ASR 1000 SIP 用ブランク カバー、スペア

ASR1000-SIP-BLANK=

ASR 1000 ESP 用ブランク カバー、スペア

ASR1000-ESP-BLANK=

ASR 1000 RP 用ブランク カバー、スペア

ASR1000-RP-BLANK=

レギュラー SPA 用ブランク カバー

SPA-BLANK=

イーサネット ポート アダプタ(EPA)用ブランク カバー、スペア

EPA-BLANK=

Cisco ASR 1002-X アクセサリ キット

ASR1002X-ACS

Cisco ASR 1002-X アクセサリ キット、スペア

ASR1002X-ACS=

ASR 1002 HDD 用ブランク カバー

ASR1002X-HD-BLANK

ASR 1002 HDD 用ブランク カバー、スペア

ASR1002X-HD-BLANK=

注意:    *NIM-BLANK=(スペア)は指定された同じハードウェア コンポーネント/製品で、Cisco ASR1001-X および ASR 4451-X の統合サービス ルータでサポートされています。

注意:    Cisco ASR 1001-X および ASR 1002-HX のネットワーク インターフェイス モジュール(NIM)のサポートは、お客様向け出荷開始(FCS)後に開始されます。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのソフトウェアの購入方法

Cisco ASR 1000 シリーズでは、リリース 16.2 以降、信頼ベースのテクノロジー パッケージ ライセンスと組み合わせた、ユニバーサル ソフトウェア イメージのコンセプトが導入されています。

ここまでの内容をまとめます。

   Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.6S より前では、PAK またはライセンス キーは、Cisco ASR 1001 で以下の 2 つのタイプのライセンスを適用します。

     テクノロジー パッケージ ライセンス(機能セット ライセンス):製品番号と説明を以下に示します。

    SLASR1-IPBCisco ASR 1000 IP 基本ライセンス

    SLASR1-AISCisco ASR 1000 Advanced IP サービス ライセンス

    SLASR1-AESCisco ASR 1000 Advanced Enterprise サービス ライセンス

     パフォーマンス アップグレード ライセンス:製品番号 FLS-ASR1001-5G2.5 Gbps から 5 Gbps へのアップグレード

   Cisco ASR 1001ASR 1001-X、または ASR 1002-X で特定の機能セットを有効化するため、ユニバーサル イメージをテクノロジー パッケージ ライセンスと組み合わせて発注する必要があります。

注意:    Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.7S 以降では、Cisco ASR 1000 の特定の機能に必要なテクノロジー パッケージ ライセンス、パフォーマンス アップグレード ライセンス、およびその他のすべてのライセンスは必須ではありません。

11 に、機能セットを有効化するのに必要な製品番号のリストを、表 12 に、統合ルート プロセッサを搭載するユニバーサル Cisco IOS XE ソフトウェア統合パッケージの製品番号のリストを、表 13 に、テクノロジー パッケージ ライセンスの製品番号を示します。

表 11.          Cisco ASR 1000 シリーズ ソフトウェア機能セット エネーブルメントの製品番号

ASR 1000 シリーズ(Cisco ASR 1002/ASR1004/ASR1006/ASR1013)の同等機能セット

ユニバーサル ソフトウェア イメージの発注用製品番号

テクノロジー パッケージ ライセンス製品番号

IP BaseIPBK9

SASR1001NPEK9/SASR1K2XNPEK9

SLASR1-IPB

IP BaseIPBK9)、合法的傍受なし

SASR1001NP9NLI/SASR1K2XNP9NLI

SLASR1-IPB

Advanced IP ServicesAISK9

SASR1001UK9/SASR1K2XUK9

SLASR1-AIS

Advanced IP ServicesAISK9)、合法的傍受なし

SASR1001UK9NLI/SASR1K2XUK9NLI

SLASR1-AIS

Advanced Enterprise ServicesAESK9

SASR1001UK9/SASR1K2XUK9

SLASR1-AES

Advanced Enterprise ServicesAESK9)、合法的傍受なし

SASR1001UK9NLI/SASR1K2XUK9NLI

SLASR1-AES


表 12.          ASR 1000 シリーズ用ユニバーサル Cisco IOS XE ソフトウェア統合パッケージの説明

Cisco IOS XE 統合パッケージ

製品番号

説明

Cisco IOS XE UNIVERSAL ASR1001/ASR 1002-X

SASR1001U/SASR1K2XU

  低コストの基本統合パッケージを提供
  IPB テクノロジー パッケージ ライセンスとの組み合わせで、基本的な IP 機能サポートのみを提供
  非暗号化ソフトウェアとしての輸出要件を満たす

Cisco IOS XE UNIVERSAL ASR1001/ASR 1002-X、ペイロードの暗号化なし

SASR1001NPEK9/SASR1K2XNPEK9

  低コストの基本統合パッケージを提供
  IPB テクノロジー パッケージ ライセンスとの組み合わせで、セキュア シェル(SSH)プロトコルおよび簡易ネットワーク管理プロトコル バージョン 3SNMPv3)のサポートを含む基本的な IP 機能サポートのみを提供

Cisco IOS XE UNIVERSAL ASR1001/ASR 1002-X、ペイロードの暗号化なし、合法的傍受なし

SASR1001NP9NLI/SASR1K2XNP9NLI

  低コストの基本統合パッケージを提供
  IPB テクノロジー パッケージ ライセンスとの組み合わせで、セキュア シェル(SSH)プロトコルおよび簡易ネットワーク管理プロトコル バージョン 3SNMPv3)のサポートを含む基本的な IP 機能サポートのみを提供
  合法的傍受なし

Cisco IOS XE UNIVERSAL ASR1001/ASR 1002-X、暗号化あり

SASR1001UK9/SASR1k2XUK9

  AIS/AES テクノロジー パッケージ ライセンスとの組み合わせで、暗号化(IPsecTriple Digital Encryption Standard3DES)、Advanced Encryption StandardAES)、SSH)、合法的傍受および SBC に加え、旧来のプロトコルを含むすべての機能をサポート(AES テクノロジー パッケージとの組み合わせで、DECnetAppleTalk などの旧来のプロトコルをサポート)

Cisco IOS XE UNIVERSAL ASR1001/ASR 1002-X、暗号化あり、合法的傍受なし

SASR1001UK9NLI/SASR1k2XUK9NLI

  AIS/AES テクノロジー パッケージ ライセンスとの組み合わせで、暗号化(IPsecTriple Digital Encryption Standard3DES)、Advanced Encryption StandardAES)、SSH)、合法的傍受および SBC に加え、旧来のプロトコルを含むすべての機能をサポート(AES テクノロジー パッケージとの組み合わせで、DECnetAppleTalk などの旧来のプロトコルをサポート)
  合法的傍受なし

表 13.          Cisco ASR 1000 テクノロジー パッケージ ライセンスの説明

ASR1001 テクノロジー パッケージ ライセンス

SLASR1-IPB

Cisco ASR 1000 IP BASE ライセンス

SLASR1-AIS

Cisco ASR 1000 Advanced IP Services ライセンス

SLASR1-AES

Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services ライセンス

SLASR1-IPB=

Cisco ASR 1000 IP BASE PAK(書面)

L-SLASR1-IPB=

Cisco ASR 1000 IP BASE PAKeDelivery

SLASR1-IPB-AIS=

Cisco ASR 1000 IPB から AIS へのアップグレード PAK(書面)

SLASR1-IPB-AES=

Cisco ASR 1000 IPB から AES へのアップグレード PAK(書面)

SLASR1-AIS-AES=

Cisco ASR 1000 AIS から AES へのアップグレード PAK(書面)

L-SLASR1-IPB-AIS=

Cisco ASR 1000 IPB から AIS へのアップグレード PAKeDelivery

L-SLASR1-IPB-AES=

Cisco ASR 1000 IPB から AES へのアップグレード PAKeDelivery

L-SLASR1-AIS-AES=

Cisco ASR 1000 AIS から AES へのアップグレード PAKeDelivery

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの機能ライセンスの購入方法

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでサービスを有効にするには、前のセクションに説明されている適切な Cisco IOS XE ソフトウェアだけでなく、ソフトウェア機能ライセンスが必要です。

現在、2 つのタイプの機能ライセンスが提供されています。一部のサービスは、使用(RTU)ライセンスのみで有効にできますが、その他のサービスでは、RTU ライセンスと 1 つ以上のセッション数ライセンスが必要になります。

Cisco ASR 1000 シリーズのすべてのライセンスは信頼ベースであり、製品アクティベーション キーまたはライセンス キーによって適用されるものではありません(Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.6S より前の Cisco ASR 1001 ライセンスは例外です。「Cisco ASR 1001ASR1001-X、および ASR 1002-X シリーズの機能ライセンスの購入方法」のセクションを参照してください)。

RTU ライセンスのみで有効化できるサービスの例を以下に示します。

   IP SecurityIPsec)サービス:Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの IPsec アプリケーションには、IPsecTriple Digital Encryption Standard3DES)、および Advanced Encryption StandardAES)を有効化する RTU ライセンス(ASR 1002-X FLASR1-IPSEC-RTU(=) および FLSA1-2X-IPS4G(=))と、Dynamic Multipoint VPNDMVPN)および Easy VPN が必要です。

ASR1002-HX では、IPSec Triple Digital Encryption Standard3DES)、Advanced Encryption StandardAES)、Dynamic Multipoint VPNDMVPN)、および Easy VPN を有効にするには、特別な暗号化 HW モジュール(ASR1002HX-IPSECHW(=))と RTU 階層ベース ライセンスが必要です。

ASR1002-HX IPsec ライセンスは、8G16G25G 3 つの階層またはレベルで提供されます

FLSA1-2HXIPS8G(=)8 Gbps 暗号化スループット基本ライセンス

FLSA1-2HX8G16G(=)8 Gbps 16 Gbps 暗号化スループット アップグレード ライセンス

FLSA1-2HX8G25G(=)8 Gbps 25 Gbps 暗号化スループット アップグレード ライセンス

FLSA1-2HX16G25G(=)16 Gbps 25 Gbps 暗号化スループット アップグレード ライセンス

   ファイアウォール サービス:Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのファイアウォール アプリケーションには、レイヤ 4 でファイアウォール サービスを有効化する RTU ライセンス(FLASR1FW-RTU(=))が必要です。その他のメリット:

     ブロードバンドおよび企業導入で加入者単位またはユーザ単位のファイアウォールを有効にするには、ファイアウォール RTU ライセンスと、このリストの後に出てくる「ブロードバンドおよびサービス プロバイダー Wi-Fi サービス」の項目にリストされているセッション数ライセンスが必要です。

   ファイアウォールまたはネットワーク アドレス変換(NAT)のステートフル シャーシ間冗長性:ファイアウォールまたは NAT のシャーシ間冗長性を有効化するには、シャーシ間冗長性をサポートする Cisco ASR 1000 ルータの RTU ライセンス(FLASR1-FWNAT-RED(=))が必要です。

   ステートフル ネットワーク アドレス変換 64(ステートフル NAT64)サービス(Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.4S 以降で利用可能):Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ NAT64 サービスは、IPv4 の枯渇問題の解決を促進し、IPv6 導入をできるようにします。このサービスには、選択された ESP に応じて、最大 2 M の変換を可能にする RTU ライセンス(FLASR1-NAT64-2M (=))が必要です(たとえば、ESP20 または ESP40 2 M の変換をサポートしますが、ESP10 1 M までしかサポートできません)。Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.2S 以降のステートレス NAT64 サービスでは、ライセンスは必要ありません。ステートフル NAT64 サービスは、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.4S 以降で利用可能です。

   キャリア グレード ネットワーク アドレス変換 44CGN)サービス(Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.6S 以降で利用可能):Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ CGN は、プライベート IP ネットワークとパブリック IP ネットワークの間に配置され、非グローバルのプライベート IP アドレスとパブリック IP アドレスを変換に使用します。キャリア グレード NAT は、1 つ以上のプライベート IP アドレスを 1 つ以上の(グローバルにルーティング可能な)パブリック IP アドレスに動的にマッピングします。このパブリック IP アドレスは、ネットワーク アドレスおよびポート変換(NAPT)テクノロジーを使用します。従来NAT ボックスは、住宅内の複数のデバイスに構成された複数のプライベート IP を、サービス プロバイダーによって HGW 上に構成およびプロビジョニングされた単独のパブリック IP アドレスに変換するため、住宅用ホーム ゲートウェイに展開されています。サービス プロバイダーは、複数の加入者が単独のグローバル IP アドレスを共有できるような方法で、NAT を展開します。キャリア グレード NAT は、数百万の NAT 変換に拡張されます。Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの CGN では、選択した ESP に応じた RTU ライセンス(最大 2 M の変換を有効化する FLASR1-CGN-2M (=) または最大 6 M の変換を有効化する FLASR1-CGN-6M (=))が必要です。2 M または 6 M 以上の変換をサポートするハードウェア モデルでは、複数のライセンスを発注できます。たとえば、Cisco ASR 1000 ESP100 では、最大 12 M の変換が可能なため、FLASR1-CGN-6M(=) 2 つ発注し、RTU で最大 12 M の変換を実行できます。ipnat settings mode cgn コマンドを使用すると、CGN を構成できます。デフォルトまたは従来の NAT 動作モードに変更するには、ipnat settings mode default コマンドを使用します。デフォルト モードでは、ライセンスは必要ありません。CGN モードでは、製品番号 FLASR1-CGN-2M (=) または FLASR1-CGN-6M (=) が必要です。

   Cisco IOS フレキシブル パケット インスペクション(FPI)サービス:Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ FPI アプリケーションでは、フレキシブル パケット マッチング(FPM)を有効化する RTU ライセンス(FLASR1-FPI-RTU(=))が必要です。Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.4S 以降の Network-Based Application RecognitionNBAR)には、アプリケーションの可視化と制御のライセンスが必要で、FPI ライセンスは適用されません。

   Cisco アプリケーションの可視化と制御(AVC)(Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.4S 以降で利用可能):ステートフル ディープ パケット インスペクション(DPI)に基づいて、強力で包括的な統合サービス管理ソリューションを提供します。パケットを個々のイベントとして処理する代わりに Cisco AVC を使用することで、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、フローと各アプリケーション フローのレイヤ 7 ステートを再構築するので、IP トラフィックをアプリケーションおよびセッションベースで分類、管理できます。

     Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのアプリケーションの可視化と制御の RTU ライセンス(FLASR1-AVC-RTU(=))は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでの NBAR および高度なアプリケーション識別の構成、または QOS ポリシーのアプリケーション制御でのアプリケーション レポート(可視性)およびアプリケーション利用の構成を可能にします。

     Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのアプリケーションの可視化と制御のアップグレード ライセンス(FLASR1-AVC-UPG(=))は、既存の FPI ライセンスから新しい高度なアプリケーションの可視化と制御(AVC)のライセンスへのアップグレードを可能にします。

     Cisco Insight レポート RTU ライセンス(FLASR1-NSIGHT-RTU(=))は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのアプリケーションの可視化と制御の RTU ライセンスを補完する外部ソフトウェア コンポーネントです。Cisco Insight は、Web ベースの外部レポート ツールで、前提条件に従う外部汎用サーバにインストールできます。ライセンスは、Cisco ASR 1000 ユニットごとに付与されます。

   Cisco IOS ソフトウェア冗長性:Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのソフトウェア冗長性には、RTU ライセンス(ASR 1002 では FLASR1-IOSRED-RTU(=)ASR 1001ASR 1001-X、および ASR 1002-X では FLSASR1-IOSRED(=))が必要です。RTU ライセンスにより、Cisco ASR 1001ASR 1002ASR 1001-XASR 1002-X、および ASR 1004 のシャーシでソフトウェア冗長性を有効化できます。ソフトウェア冗長性には、RP1 では 4 GB DRAMASR 1001 または ASR 1002-X では 8 GB DRAM が必要です。Cisco ASR 1001ASR 1002、および ASR 1002-X は、デフォルトで内蔵ルート プロセッサに 4 GB DRAM を搭載しており、ASR 1001-X はデフォルトで 8 GB DRAM を搭載しています。

Cisco ONE ソフトウェア

Cisco ONE ソフトウェアは新しいソフトウェア サブスクリプション モデルで、年間 Cisco ソフトウェア サポート サービス(SWSS)に加入している限り、今の世代から次の世代にソフトウェアをアップグレードすることができます。このサブスクリプション モデルにより、ソフトウェアのポータビリティと、お客様の総所有コスト(TCO)削減を実現できます。SWSS 料金は、Cisco ONE ソフトウェア スイートにのみ適用されます。Cisco Smart Net Total Care のサポートはオプションです。

Cisco ONE は、ハードウェア PID とソフトウェア PID で構成されます。「C1-」で始まるハードウェア PID を入力すると、次に Foundation スイートと AUC スイートの両方、またはどちらか一方を設定する必要があります(表 14 および 15
参照)。

表 14.          ハードウェア PID

PID

説明

C1-ASR1001-X/K9

Cisco ONE ASR 1001-X シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI

C1-ASR1002-X/K9

Cisco ONE ASR 1002-X シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI

C1-ASR1002-HX/K9

Cisco ONE ASR 1002-HX シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI

C1-ASR1004/K9

Cisco ONE ASR1004 シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI

C1-ASR1006/K9

Cisco ONE ASR 1006 シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI

C1-ASR1006X/K9

Cisco ONE ASR 1006-X シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI

C1-ASR1009X/K9

Cisco ONE ASR 1009-X シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI

C1-ASR1013/K9

Cisco ONE ASR 1013 シャーシ、IP BaseAPIC EMAPI


表 15.          ソフトウェア PID

PID

説明

C1F1PASR1K9[1]

Cisco ONE FND Perpetual Suite AES IPsec FW AVC Prime

C1AUPASR1K9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 100 Session

C1AUPASR1100RK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 100 Ssn Redund アップグレード

C1AUPASR1500SK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 500 Session アップグレード

C1AUPASR1500RK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 500 Ssn Redund アップグレード

C1AUPASR11KSK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 1000 Session アップグレード

C1AUPASR11KRK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 1000 Ssn Redund アップグレード

C1AUPASR14KSK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 4000 Session アップグレード

C1AUPASR14KRK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 4000 Ssn Redund アップグレード

C1AUPASR116KSK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 16,000 Session アップグレード

C1AUPASR116KRK9

Cisco ONE AUC Perpetual AES CUBE Ent 16,000 Ssn Redund

[1] ASR1002-HX の場合、基本 IPsec 暗号化ライセンス( 8G 暗号化) FLSA1C1-2HXIPS8G Cisco ONE Foundation スイートには必須です。

ブロードバンドおよびサービス プロバイダー Wi-Fi サービス

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでブロードバンド、サービス プロバイダー Wi-FiSP Wi-Fi)、インテリジェント サービス ゲートウェイ(ISG)、およびインテリジェント ワイヤレス アクセス ゲートウェイ(iWAG)の各アプリケーションを有効化するには、RTU ライセンスを発注する必要があります。FLASR1-BB-RTU(=) ライセンスは、ブロードバンド、SP Wi-FiISG、および iWAG の各アプリケーションを最大 500 セッション実行できるようにします。セッション数を増加させるには、1 つ以上のセッション数ライセンスを発注する必要があります。これらのライセンスの製品番号を以下に示します。

   FLASR1-BB-4K(=)

   FLASR1-BB-16K(=)

   FLASR1-BB-32K(=)

   FLASR1-BB-48K(=)

   FLASR1-BB-64K(=)

たとえば、FLASR1-BB-4K(=) ライセンスでは最大 4,000 セッション(RTU から 500 以上)が可能になりますが、FLASR1-BB-64K(=) ライセンスでは最大 64,000 セッション(RTU から 500 以上)が可能になります。

   必要なセッション数に応じて、複数のセッション ライセンスを組み合わせることができます。たとえば、4,000 セッションのライセンスを 2 つ購入すれば、8,000 セッションを追加でき、16,000 セッションのライセンスと 4,000 セッションのライセンスを購入すれば、20,000 セッションを追加できます。

   Cisco ASR1000 RP-ESP の各組み合わせでサポートされるセッションの最大数は、これらのセッションで有効化される機能によって異なります。詳細については、ブロードバンドのスケール文書を参照してください(

http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/asr1000/configuration/guide/chassis/scaling_ps9343_TSD_Products_Configuration_Guide.html - wp1115111

Cisco ASR 1000 ブロードバンド バンドルは、発注が簡単に行えるように作成されています。サポートされるユーザの数に応じて、以下のバンドルを選択できます。

   製品番号 ASR1006-10G-B16/K916,000 セッションをサポート

   製品番号 ASR1006-10G-B24/K924,000 セッションをサポート

   製品番号 ASR1K6R2-20G-B32/K932,000 セッションをサポート

注意:    Cisco ASR 1000 シリーズ バンドルについては、Cisco ASR 1000 シリーズ価格表を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

上記バンドルで提供される機能セットには次のものが含まれます。

   LAC および LNSLayer 2 Tunneling Protocol アクセス コンセントレータ(LAC)および L2TP ネットワーク サーバ(LNS)の各機能のセッション数は、Point-to-Point ProtocolPPP)のセッション数としてカウントされます。Layer 2 Tunneling ProtocolL2TP)では、トンネル数がセッション数としてカウントされず、追加ライセンスは必要ありません。L2TSL2TP トンネル スイッチ(L2TS)機能では、スイッチされる L2TP トンネル数に応じてセッション ライセンスが必要になります。たとえば、Cisco ASR 1000 Series シリーズ ルータを 8,000 L2TP トンネルのスイッチングに使用する場合、4,000 セッションのライセンス(FLASR1-BB-4K(=))を 2 つ発注する必要があります。

   ISGISG 機能セットには、ブロードバンド RTU ライセンスが適用されます。有効化されている PPP または IP over EthernetIPoE)セッションに基づいて、LAC および LNS と同様のライセンスが適用されます。

   PMIPv6 MAGPMIPv6 MAG 機能セットには、ブロードバンド RTU ライセンスが適用されます。PMIPv6 でトンネリングされる加入者の数に基づいて、追加のセッション ライセンスが必要です。

   iWAGiWAG 機能セットには、ブロードバンド RTU ライセンスが適用されます。iWAG でサポートされる加入者の数に基づいて、追加のセッション ライセンスが必要です。iWAG として Cisco ASR 1000 で送受信されるトンネルの数は、セッションまたはライセンスに加算されません。たとえば、Cisco ASR 1000 Series シリーズ ルータで 8,000 名の加入者を集約する場合、4,000 セッションのライセンス(FLASR1-BB-4K(=))を 2 つ発注する必要があります。ISG Walk-By 加入者の管理機能を使用する場合、必要なセッション数は、サポートされるアクティブな加入者のセッションの最大数のみに基づきます。

   加入者単位のファイアウォール:Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの加入者単位またはユーザ単位のファイアウォール サービスには、RTU ライセンス(FLA SR1-FW-RTU(=))と 1 つ以上のセッション ライセンスが必要です。

セッション数ライセンスのみで有効化できるサービスを以下に示します。

   Cisco Unified Border ElementSP Edition)サービス:Cisco Unified Border ElementSP Edition)は、拡張性の高いキャリア グレード SBC で、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに統合されます。

     Cisco Unified Border ElementSP Edition)ライセンスは、SBC 展開モデルの分散型および統合型の両方の使用権限を付与します。

     セッション ライセンスの発注に関し、1 SBC セッションとは、双方向のメディア フローと関連付けられたシグナリングを指します。1 セッションとは、SBC を介した 1 回の完全な音声通話、つまり、双方向メディア フローおよび関連付けられたシグナリングのメディア レッグ 2 つから構成される、2 つのコール レッグを表します。

テレビ電話の通話は、2 セッションを使用します(双方向のメディア フローと関連付けられたシグナリングに 1 セッション(音声通話と同様)、ビデオ用の 2 つめの双方向のメディア フローに 1 セッション)。

インスタント メッセージング セッションは、SBC を介した 2 つのエンドポイント間のシグナリングで構成されます(通常は、関連付けられたメディアはありません)。

   必要に応じてセッション カウントに複数のセッション ライセンスを組み合わせることができます。これらのライセンスの製品番号を以下に示します。

     FLASR1-CUBES-250P(=)

     FLASR1-CUBES-2KP(=)

     FLASR1-CUBES-4KP(=)

     FLASR1-CUBES-16KP(=)

     FLASR1-CUBES-32KP(=)

     FLASR1-CUBES-LAB(=)

     FLASR1-CUBES-TPEX(=)

ルータの ACTIVE/STANDBY ペアを使用する場合、冗長性のためにライセンスがそれぞれに 1 つずつ必要です。

     CUBESP-250P-RED (=)

     CUBESP-2K-RED (=)

     CUBESP-4K-RED (=)

     CUBESP-10K-RED (=)

     CUBESP-16K-RED (=)

     CUBESO-32K-RED (=)

     CUBESP-TPEX-RED (=)

   Cisco Unified Border ElementEnterprise Edition)サービス:このサービスでは、SBC 機能が Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに統合されます。Cisco Unified Border ElementEnterprise Edition)ライセンスは、企業導入での SBC の使用権限を付与します。これらのライセンスは、セッション数ベースのライセンスです。

   これらのライセンスの製品番号を以下に示します。

     FLASR1-CUBEE-100P

     FLASR1-CUBEE-100P=

     FLASR1-CUBEE-500P

     FLASR1-CUBEE-500P=

     FLASR1-CUBEE-1KP

     FLASR1-CUBEE-1KP=

     FLASR1-CUBEE-4KP

     FLASR1-CUBEE-4KP=

     FLASR1-CUBEE-16KP

     FLASR1-CUBEE-16KP=

   ルータの ACTIVE/STANDBY ペアを使用する場合、冗長性のためにライセンスがそれぞれに 1 つずつ必要です。

     FLASR1-CUBEE-100R

     FLASR1-CUBEE-100R=

     FLASR1-CUBEE-500R

     FLASR1-CUBEE-500R=

     FLASR1-CUBEE-1K-R

     FLASR1-CUBEE-1K-R=

     FLASR1-CUBEE-4K-R

     FLASR1-CUBEE-4K-R=

     FLASR1-CUBEE-16K-R

     FLASR1-CUBEE-16K-R=

注意:    Cisco ASR 1000ASR 1001ASR 1001-XASR 1002ASR 1002-XASR 1004ASR 1006、および ASR 1013)をラボでテストするための Cisco ASR 1000 デモ ライセンスについては、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

注意:    Cisco ASR 1000 シリーズで Cisco Overlay Transport VirtualizationOTV)、仮想プライベート LAN サービス(VPLS)、または LISP を実行するために機能ライセンスが必要となることはありません。

Cisco ASR 1001ASR 1001-X、および ASR 1002-X シリーズ機能ライセンスの購入方法

Cisco ASR 1001ASR 1001-X、または ASR 1002-X ルータでサービスを有効にするには、もう一方の Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ(製品番号 ASR1002ASR1004ASR1006、および ASR1013)と同様に、ソフトウェア機能ライセンスが必要です。

ただし、Cisco ASR 1001ASR 1001-X、および ASR 1002-X では、ライセンス(テクノロジー パッケージ ライセンスとも呼ばれます)で特定の機能セットを適用するユニバーサル ソフトウェア イメージと機能ライセンスのコンセプトが導入されています。

Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.6S より前では、Cisco ASR 1001 2.5 Gbps から 5 Gbps にアップグレードするためのテクノロジー パッケージ ライセンスとパフォーマンス アップグレード ライセンスは、PAK によって適用されます。他の Cisco ASR 1000 シリーズで必要なその他のすべての機能は、Cisco ASR 1001 でも必要ですが、これらのライセンスはいずれも任意であり、PAK による適用には対応していません。ASR 1001-X および ASR 1002-X では、テクノロジー パッケージ ライセンス、パフォーマンス アップグレード ライセンス(ASR 1001-X 2.5 Gbps から 5/10/20 Gbps にアップグレード、および ASR 1002-X 5 Gbps から 10/20/36 Gbps にアップグレード)を含むすべてのライセンスは任意です。

   ただし、Cisco ASR 1001 の機能ライセンスでは、同じタイプの機能の発注に使用する製品番号が異なる点に注意してください。すべての Cisco ASR 1001 機能セット ライセンスの製品番号は、Cisco ASR 1000 シリーズ価格表に記載されています。

製品番号に関連するもう 1 つの例として、Cisco ASR 1001ASR 1001-X、または ASR 1002-X でファイアウォールを導入する場合が挙げられます。この場合は、ルータの購入時に FLSASR1-FW を発注する必要があります。

その他の Cisco ASR 1000 シャーシ(製品番号 ASR1002ASR1004ASR1006、および ASR1013)でのファイアウォールの導入に必要な製品番号は、FLASR1-FW-RTU です。

Cisco ASR 1001ASR 1001-X、または ASR 1002-X でルータ購入後にファイアウォールをアップグレードする場合は、製品番号 FLSASR1-FW= または L-FLSASR1-FW= のいずれかを発注する必要があります。

その他の Cisco ASR 1000 シャーシ(製品番号 ASR1002ASR1004ASR1006ASR 1006-XASR 1009-X、および ASR1013)では、製品番号 FLASR1-FW-RTU を発注する必要があります。Cisco ASR 1001 および ASR 1002-X の機能ライセンスの製品番号はすべて、Cisco ASR 1000 価格表に記載されています。

Cisco ASR 1001ASR 1001-X、または ASR 1002-X のスペア ライセンスを購入する場合(IP Base から Advanced Enterprise Services へのテクノロジー パッケージ アップグレード、Cisco ASR 1001 シャーシでの 2.5 Gbps から 5 Gbps へのパフォーマンス アップグレード、またはライセンスが必要な機能の発注時にライセンスを購入しなかった場合など)、2 つのタイプのスペア ライセンスが利用できます。PAK またはライセンス ファイルは、SLASR1-xxx-= ライセンスでは書面配布で、L-SLASR1-xxx-= ライセンスでは e-delivery で提供されます。

   スペアも、SLFL-ASR1=(書面配布)または L-SLFL-ASR1=e-delivery)のいずれかを発注することにより、「多用途 PAK」として購入できます。

注意:    Cisco ASR 1001 をラボでテストするための Cisco ASR 1001 デモ ライセンスについては、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

Cisco ASR 1000 シリーズ バンドルの購入方法

発注が簡単に行えるように、多くの Cisco ASR 1000 バンドル製品番号が提供されています。すべてのバンドルは、デフォルトでデュアル電源ユニットと電源ケーブル(AC 電源ユニットを選択する場合)、ESP、ルート プロセッサ モジュール、および SIP を備えています。ESP、ルート プロセッサ、または SIP は、シャーシのタイプに応じて、シャーシに固定されるか、デフォルト コンポーネントとしてバンドルに追加されます。

一般に、すべてのバンドルは、構成の変更が可能で、ハードウェア コンポーネントに関連付けられています。

   追加ルート プロセッサおよび ESPCisco ASR 1006 および ASR 1013 バンドルにのみ適用)

   追加 SIPCisco ASR 1004ASR 1006、および ASR 1013 バンドルにのみ適用)

   SPA

   追加機能ライセンス

   デュアル AC または DC 電源ユニット

   電源コードのタイプ

   USB フラッシュ メモリ

Cisco ASR 1000 バンドルのカテゴリを以下に示します。

   ベース バンドル:機能ライセンスなし

   HA バンドル:Cisco ASR 1002ASR 1001-XASR 1002-X、および ASR 1004 用のソフトウェア冗長性ライセンス、または Cisco ASR 1006 および ASR 1013 用の冗長ルート プロセッサおよび ESP

   VPN バンドル:IPsec ライセンス

   セキュリティ バンドル:IPsec およびファイアウォール ライセンス

   FPI バンドル:Cisco IOS フレキシブル パケット インスペクション ライセンス

   SHA(セキュリティ + HA)バンドル:Cisco ASR 1002ASR 1002-X、および ASR 1004 用の IPsec、ファイアウォール、FPI、およびソフトウェア冗長性ライセンス、または Cisco ASR 1006 および ASR 1013 用の冗長ルート プロセッサおよび ESP

   ブロードバンド バンドル:ブロードバンド RTU ライセンス(最大 500 ブロードバンド セッションに対応)およびブロードバンド セッション ライセンス

Cisco ASR 1000 バンドルの Cisco IOS XE ソフトウェアは構成を変更できません。これらのバンドルは一般に、最新の Cisco IOS XE ソフトウェア リリースで提供されますが、別途通知なしに変更される場合があります。

ブロードバンド バンドルを除くすべての Cisco ASR 1000 バンドルは、AESK9 統合パッケージとともに提供されます。ブロードバンド バンドルは、AISK9 統合パッケージとともに提供されます。

注意:    Cisco ASR 1001ASR 1001-XASR 1002-X では、ユニバーサル ソフトウェア イメージ 1 つと、テクノロジー パッケージ ライセンス 1 つがバンドルに含まれます。たとえば、Cisco ASR 1001 または ASR 1002-X では、UK9 ユニバーサル イメージと Advanced Encryption StandardAES)テクノロジー パッケージ ライセンスで、Cisco ASR 1002ASR 1004ASR 1006、および ASR 1013 のソフトウェア イメージと同等の機能を実現できます。

利用可能なバンドルの一覧については、本文書の「発注情報」のセクションをご覧ください。

構成の例

以下の例で特定のネットワーク導入で必要な製品を説明し、合わせて発注する製品番号を示します。

注意:    これらの例は包括的なものではなく、厳密に従う必要はありません。注文はニーズに応じてカスタマイズする必要があります。

1:アプリケーション エクスペリエンス用 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ(ASR1000-AX

ASR 1000-AX バンドルは、あらゆる場所から最適なアプリケーション エクスペリエンスを提供します。Cisco は、ビジネス上必要なあらゆる場所から IT 部門のアプリケーション提供を最適なユーザ エクスペリエンスとともに促進するアプリケーション セントリック ネットワークの導入を可能にし、結果として従業員の生産性と顧客満足度を向上させます。

   ビジネス アプリケーションがより高速に動作します。Cisco は、業界をリードするアプリケーション ベンダーと連携し、Cisco ネットワーク上でアプリケーションを効率よく稼働させるための調整を行い、結果として最大 70 % の帯域幅低減、セッション数増加、ユーザ エクスペリエンス向上を実現しています。シスコ製品を使用することにより、ミッション クリティカルなアプリケーションに対する事業投資の生産性は向上し、投資回収率(ROI)が高まります。

   IT 部門は、ネットワーク全体で 1000 を超すアプリケーションに対しても、広範な可視性を得ることができます。これには、ネットワークの一部エリアに導入されることが多い高価で導入が難しいプローブは必要ありません。これにより、IT 部門は、アプリケーションの速度低下の理由を素早く突き止め、サービス レベル契約(SLA)を確認し、ネットワーク サービスの ROI を検証できます。

これらの利点すべてを TCO で利用でき、保守やトラブルシューティングの運用コスト(OpEx)も削減されます。

ASR 1000 アプリケーション エクスペリエンス(AX)バンドルは、以下のアイテムで構成されています。

   NBAR2 DPIFlexible NetFlowFNF)、およびパフォーマンス モニタリングを含む AVC ライセンス

   WAN 最適化用 AppNav

   Cisco Wide Area Application ServicesvWAAS)ライセンスを大幅に割引された価格で購入するオプション(スタンドアロン サーバで実行)

16 に、新しい Cisco ASR 1000-AX 製品に関連付けられた製品番号を示します。

表 16.          アプリケーション エクスペリエンス用 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1001-5G-AES-AX

ASR1001 AXAVCAES5 GvWAAS、バンドル

1

ASR1001-5G-AIS-AX

ASR1001 AXAVCAIS5 GvWAAS、バンドル

1

ASR1002X-AES-AX

ASR1002X AXAVCAESvWAAS、バンドル

1

ASR1002X-AIS-AX

ASR1002X AXAVCAISvWAAS、バンドル

1

FLASR1-AX-IPB-AES

Cisco ASR 1000 シリーズ IP BASE から ADV ENT SERVICES への AX 用アップグレード

1

FLASR1-AX-IPB-AIS

Cisco ASR 1000 シリーズ IP BASE から ADV IP SERVICES への AX 用アップグレード

1

SLASR1-1AX-5G-AES=

AVCAES5G アップグレード ライセンスによる ASR1001 AX のアップグレード

1

SLASR1-1AX-5G-AIS=

AVCAIS5G アップグレード ライセンスによる ASR1001 AX のアップグレード

1

SLASR1-1AX-5G=

AVC および 5G アップグレード ライセンスによる ASR1001 AX のアップグレード

1

SLASR1-1AX-AES=

AVCAES ライセンスによる ASR1001 AX のアップグレード

1

SLASR1-1AX-AIS=

AVCAIS ライセンスによる ASR1001 AX のアップグレード

1

SLASR1-2XAX-AES=

AVCAES ライセンスによる ASR1002X AX のアップグレード

1

SLASR1-2XAX-AIS=

AVCAIS ライセンスによる ASR1002X AX のアップグレード

1

SLASR1-2XAX-AVC=

AVC による ASR1002X AX のアップグレード

1

FLASR1-AX-VWAAS12K

Cisco ASR 1000 シリーズ vWAAS ライセンス(12,000 セッション)

1

FLASR1-AX-VWAAS50K

Cisco ASR 1000 シリーズ vWAAS ライセンス(50,000 セッション)

1

17 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ バンドルに関連付けられた製品番号を示します。各バンドルで、vWAAS ライセンスを割引価格で購入できるオプションが提供されている点に注意してください(FLASR1-AX-VWAAS12K および FLASR1-AX-VWAAS50K)。

表 17.          アプリケーション エクスペリエンス用 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ バンドル

製品番号

製品説明

数量

ASR1001-5G-AES-AX

ASR1001 AXAVCAES5GvWAAS、バンドルは以下を含みます。

 

ASR1001

1

SLASR1-AES

1

FLS-ASR1001-5G

1

FLSASR1-AVC

1

ASR1001-5G-AIS-AX

ASR1001 AXAVCAIS5GvWAAS、バンドルは以下を含みます。

 

ASR1001

1

SLASR1-AIS

1

FLS-ASR1001-5G

1

FLSASR1-AVC

1

ASR1002X-AES-AX

ASR1002X AXAVCAESvWAAS バンドルは以下を含みます。

 

ASR1002-X

1

SLASR1-AES

1

FLSASR1-AVC

1

ASR1002X-AIS-AX

ASR1002X AXAVCAISvWAAS バンドルは以下を含みます。

 

ASR1002-X

1

SLASR1-AES

1

FLSASR1-AVC

1

以下に、https://apps.cisco.com/qtc/config/jsp/configureHome.jsp [英語] で確認できる、Cisco Dynamic Configuration Tool を使用した AX アップグレード ライセンスの取得手順の例を示します。

ステップ 1.   Dynamic Configuration Tool のホームページで SLASR1-2XAX-AES= と入力し、AX アップグレード ライセンスを選択します。

ステップ 2.   [オプション(Options] タブを選択し、[ASR1K AX vWAAS バンドル オプション(ASR1K AX vWAAS Bundle Options] をクリックします。

ステップ 3.   [オプション(Optional] バンドルとともに購入する vWAAS ライセンス バンドルの数量とタイプを選択します。

ステップ 4.             [構成を確認(Check Configuration] をクリックし、選択した構成を確認します。

ステップ 5.   以下のスクリーンショットのように、選択した構成は価格とともに表示されます。

2:ブロードバンド アグリゲーション ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータを、ポイントツーポイント ターミネーションおよびアグリゲーション(PTA)デバイスまたは以下に代表されるブロードバンド アグリゲーションとして使用します。

   IP-over-EthernetIPoE)ブロードバンド リモート アクセス サーバ

   LAC

   LNS

   L2TS

冗長 RP2 および 20 Gbps ESP を搭載した 6RU シャーシ(Cisco ASR 1006)は、ファイブナイン(99.999 %)の可用性を実現するために構成されています。Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 は、デフォルトで 80 GB ハード ディスクを搭載しています。RP2 16 GB DRAM メモリを選択する必要があります(製品番号 M-ASR1K-RP2-16GB)。ブロードバンド RTU ライセンス(製品番号 FLASR1-BB-RTU)と RP2(製品番号 ASR1000-RP2)を選択する場合、追加メモリが必要です。ダブルハイトの 10 ギガビット イーサネット SPA カード 2 枚とシングルハイトの 8 ギガビット イーサネット SPA カード 4 枚をホストするには、SIP カードが 3 枚必要です。

Cisco IOS XE Advanced IP Services 統合パッケージは、ルータ上でブロードバンドおよびマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)の各機能を実現します。

加入者 32,000 名のブロードバンドのセッション数ライセンスとブロードバンド RTU ライセンスにより、システム加入者 32,000 名まで拡張できます。

18 に、このシナリオで発注する製品番号を示します。

表 18.          ブロードバンド アグリゲーション ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP2

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 28GB DRAM

2

M-ASR1K-RP2-16GB

Cisco ASR 1000 RP2 16GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-80GB

Cisco ASR1000 RP2 80 GB HDD

2

ASR1000-ESP20

Cisco ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ、20 Gbps

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

3

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SPA-8X1GE-V2

Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

4

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

32

SASR1R2-AISK9-23

Cisco ASR1000 シリーズ RP2 Advanced IP SERVICES

1

FLASR1-BB-RTU

ASR1000 500 BB セッション ライセンスによるブロードバンド使用

1

FLASR1-BB-32K

ASR1000 シリーズ用ブロードバンド 32,000 セッション機能ライセンス

1

以下は、
https://apps.cisco.com/qtc/config/jsp/configureHome.jsp [
英語] で確認できる、Cisco Dynamic Configuration Tool を使用した手順です。

ステップ 1.   構成ツールのホームページで ASR1006 と入力し、[検索(Search] ボタンを選択します。

ステップ 2.   次の画面で、[オプションの選択(Select Options] を選択します。

ステップ 3.              

1.     [ASR1006 電源オプション(ASR1006 Power Option] を選択します。

2.     [ASR1006-PWR-AC] を選択します。

ステップ 4.              

1.     [ASR1006 電源ケーブル オプション(ASR1006 Power Cables Option] を選択します。

2.     適切な電源ケーブルを選択します。

ステップ 5.              

1.     [ASR1000-RP スロット 0ASR1000-RP Slot 0] を選択して開きます。

2.     [ASR1000-RP2] を選択します。

ステップ 6.              

1.     [ASR1000-RP スロット 1ASR1000-RP Slot 1] を選択して開きます。

2.     [ASR1000-RP2] を選択します。

ステップ 7.              

1.     [ASR1000-RP スロット 0ASR1000-RP Slot 0] を選択します。

2.     [ASR1000-RP2] を選択します。

3.     [ASR1000 ルート プロセッサ 2 メモリ(ASR1000 Route Processor 2 Memory] を選択します。

4.     [M-ASR1K-RP2-16GB] を選択します。

ステップ 8.              

1.     [ASR1000-RP スロット 1ASR1000-RP Slot 0] を選択します。

2.     [ASR1000-RP2] を選択します。

3.     [ASR1000 ルート プロセッサ 2 メモリ(ASR1000 Route Processor 2 Memory] を選択します。

4.     [M-ASR1K-RP2-16GB] を選択します。

ステップ 9.              

1.     [ASR1000-RP スロット 0ASR1000-RP Slot 0] を選択します。

2.     [ASR1000-RP2] を選択します。

3.     [ASR1000 ルート プロセッサ 2 ディスク ドライブ(ASR1000 Route Processor 2 Disk Drive] を選択します。

4.     [M-ASR1K-HDD-80GB] を選択します。

ステップ 10.           

1.     [ASR1000-RP スロット 1ASR1000-RP Slot 0] を選択します。

2.     [ASR1000-RP2] を選択します。

3.     [ASR1000 ルート プロセッサ 2 ディスク ドライブ(ASR1000 Route Processor 2 Disk Drive] を選択します。

4.     [M-ASR1K-HDD-80GB] を選択します。

ステップ 11.           

1.     [ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ オプション(ASR1000 Embedded Services Processor Option] を選択します。

2.     [ASR1000-ESP20] を選択し、値 2 を入力します。

ステップ 12.           

1.     [SIP スロット 0SIP Slot 0] を選択して開きます。

2.     [SIP オプション(SIP Options] を選択します。

3.     [ASR1000-SIP10] を選択します。

ステップ 13.           

1.     [ASR1000-SIP10] を選択します。

2.     [SIP オプション(SPA Options] を選択します。

3.     SPA のタイプを選択し、数量を入力します。

ステップ 14.           

1.     [SPA オプション(SPA Options] サブタブは、選択された状態のままです。

2.     [SPA-8X1GE-V2] を選択します。

3.     [光ファイバ オプション(Optics Options] を選択します。

4.     [SFP-GE-L] を選択し、数量 32 を入力します。

ステップ 15.           

1.     [SIP スロット 1SIP Slot 1] を選択します。

2.     [SIP オプション(SIP Options] を選択します。

3.     [ASR1000-SIP10] を選択します。

ステップ 16.           

1.     [ASR1000-SIP10] を選択します。

2.     [SIP オプション(SPA Options]

3.     [SPA-1X10GE-L-V2] を選択し、数量 2 を入力します。

ステップ 17.           

1.     [SIP オプション(SPA Options] を選択します。

2.     [SPA-1X10GE-L-V2] を選択します。

3.     [SPA 10G 光ファイバ モジュール オプション(SPA 10G Optic Modules Option] を選択します。

4.     [XFP-10GLR-OC192SR] を選択し、数量 2 を入力します。

ステップ 18.           

1.     [ASR1000 RP2 ソフトウェア オプション(ASR1000 RP2 Software Option] を選択します。

2.     [高度な IP サービス SWAdvanced IP Services SW] を選択します。

3.     [SASR1R2-AISK9-33S] を選択します。

ステップ 19.           

1.     [ASR1000 RP2 ソフトウェア オプション(ASR1000 RP2 Software Option] を選択します。

2.     [ASR1000 ライセンス オプション(ASR1000 Licenses Option] を選択します。

3.     [FLASR1-BB-RTU] を選択します。

4.     [構成を確認(Check Configuration] を選択します。

ステップ 20.          以下のスクリーンショットのように、終了した構成が表示されます。

または、表 19 のように、Cisco ASR 1006 ブロードバンド バンドルを使用して同じ部品表(BOM)を作成できます。

表 19.          ブロードバンド アグリゲーション ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータとバンドル PID

製品番号

製品説明

数量

ASR1K6R2-20-B32/K9

ASR1006 BB バンドル(2xESP-20G2xRP2SIP10AISK932K BB ライセンスあり)

1

M-ASR1K-RP2-16GB

Cisco ASR 1000 RP2 16GB DRAM

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

2

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SPA-8X1GE-V2

Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

4

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

32

Cisco Dynamic Configuration Tool の操作に関する唯一の違いは、ルート プロセッサと SIP モジュールで選択する PID が「-BUN」で終わる点です。

3:クアドロプルプレー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータで、Voice over IPVoIP)、ビデオ会議、インターネット プロトコル テレビジョン(IPTV)、およびインターネットを含む、クアドロプルプレイ(データ、音声、ビデオ、モビリティ)サービスを加入者に提供します。冗長ルート プロセッサおよび 20 Gbps ESP を搭載した Cisco ASR 1006 シャーシは、ファイブナイン(99.999 %)の可用性を実現するために構成されています。Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 は、80 GB ハード ディスクを搭載しています。RP2 16 GB DRAM メモリを選択する必要があります(製品番号 M-ASR1K-RP2-16GB)。ブロードバンド RTU ライセンス(製品番号 FLASR1-BB-RTU)と RP2(製品番号 ASR1000-RP2)を選択する場合、追加メモリが必要です。

フルハイトの 10 ギガビット イーサネット SPA カード 2 枚とハーフハイトの 8 ギガビット イーサネット SPA カード 4 枚をホストするには、SIP カードが 3 枚必要です。

Cisco IOS XE Advanced IP Services 統合パッケージは、ルータ上でブロードバンド、Cisco Unified Border ElementSP Edition)、およびマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)の各機能を実現します。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのブロードバンド加入者を 16,000 名に拡張するには、加入者 16,000 名のブロードバンド セッション数ライセンスとブロードバンド RTU ライセンスが必要です。さらに、SBC サービスを有効にするために、Cisco Unified Border ElementSP Edition)ライセンスを発注する必要があります(SBC セッション数を 16,000 に拡張するために、加入者 16,000 名の Cisco Unified Border Element セッション数ライセンスが必要です)。表 20 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータをクアドロプルプレー エッジ ルータとして使用するのに必要なコンポーネントを示します。

表 20.          クアドロプルプレー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なり
ます。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP2

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 28GB DRAM

2

M-ASR1K-RP2-16GB

Cisco ASR 1000 RP2 16GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-80GB

Cisco ASR1000 RP2 80 GB HDD

2

ASR1000-ESP20

Cisco ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ、20 G、暗号化あり

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

3

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SPA-8X1GE-V2

Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

4

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

32

SASR1R1-AISK9

Cisco ASR1000 シリーズ RP1 Advanced IP Services

1

FLASR1-BB-RTU

ASR1000 500 BB セッション ライセンスによるブロードバンド使用

1

FLASR1-BB-16K

ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド 16,000 セッション フィーチャ ライセンス

1

FLASR1-CUBES-16KP

ASR 1000 シリーズ用 CUBESP16K コール無制限ライセンス

1

4:加入者単位のファイアウォールを備えた LNS ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータで、LNS ルータのエンド ユーザに加入者単位のファイアウォールを提供します。冗長ルート プロセッサおよび 10 Gbps ESP を搭載した Cisco ASR 1006 シャーシは、シックスナイン(99.9999 %)のハイ アベイラビリティを実現するために構成されています。Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 は、40 GB ハード ディスクを搭載しています。フルハイトの 10 ギガビット イーサネット SPA カード 2 枚とハーフハイトの 8 ギガビット イーサネット SPA カード 4 枚をホストするには、SIP カードが 3 枚必要です。

Cisco IOS XE Advanced IP Services 統合パッケージは、ルータ上でブロードバンド、ファイアウォール、および MPLS の各機能を実現します。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでブロードバンド加入者を 16,000 名に拡張し、エンド ユーザに加入者単位のファイアウォール サービスを提供するには、ブロードバンドおよびファイアウォール RTU ライセンスだけでなく、加入者 16,000 名のブロードバンド セッション数ライセンスが必要です。

21 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータを加入者単位のファイアウォールを備えた LNS ルータとして使用するためのコンポーネントを示します。

表 21.          加入者単位のファイアウォールを備えた LNS ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP1

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 12GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-40GB

Cisco ASR 1000 RP1 40GB HDD

2

ASR1000-ESP10

Cisco ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ、10 G、暗号化あり

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

3

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SPA-8X1GE-V2

Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

4

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

32

SASR1R1-AISK9

Cisco ASR1000 シリーズ RP1 Advanced IP Services

1

FLASR1-BB-RTU

ASR1000 500 BB セッション ライセンスによるブロードバンド使用 

1

FLASR1-FW-RTU

ASR 1000 シリーズ用ファイアウォール機能使用ライセンス

1

FLASR1-BB-16K

ASR 1000 シリーズ用ブロードバンド 16,000 セッション フィーチャ ライセンス

1

または、表 22 のように、Cisco ASR 1006 ブロードバンド バンドルを使用して同じ BOM を作成できます。

表 22.          加入者単位のファイアウォールを備えた LNS ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータとバンドル PID

製品番号

製品説明

数量

ASR1006-10G-B16/K9

ASR1006 BB バンドル(2xESP-10G2xRP1SIP10AISK916K BB ライセンスあり)

1

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

2

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SPA-8X1GE-V2

Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

4

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

32

FLASR1-FW-RTU

ASR 1000 シリーズ用ファイアウォール機能使用ライセンス

1

5:ハイエンド顧客宅内機器としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータをマネージド ハイエンド顧客宅内機器(CPE)として使用します。5 Gbps ESPA を搭載した 2RU シャーシを構成することで、優れた価格対性能比を実現できます。

Cisco ASR 1002 は、デフォルトで 4 基の内蔵ギガビット イーサネット ポートと 4 GB DRAM を備えています。SIP カードとルート プロセッサは、シャーシに組み込まれています。3 スロットの 2RU シャーシは、最大 3 つの SPA(シングルハイトのチャネライズド T3DS0SPA カード 2 枚とシングルハイトの 8 ポートのファスト イーサネット SPA カード 1 枚など)をホストできます。

Cisco IOS XE Advanced Enterprise Services 統合パッケージは、ルータ上で IPsec、ファイアウォール、およびその他の高度な機能を実現します。

IPsec およびファイアウォール RTU ライセンスにより、サービス プロバイダーは、IPsec やファイアウォールなどの高度なサービスをエンド カスタマーに提供できます。

23 に、このシナリオの導入に必要な製品番号を示します。または、表 24 のように、Cisco ASR 1002 セキュリティ バンドルを使用して同じ BOM を作成できます。もう 1 つのハイエンドなブランチ オフィス向けの素晴らしいルータ ソリューションに、コンパクトフォームファクタ 1RU Cisco ASR 1001 があります。表 25 に、4 基の内蔵ギガビット イーサネット ポートと 4 基の統合 T3 ポートを備えた Cisco ASR 1001 シャーシを使用して可能な導入に必要な製品番号を示します(例では ASR1001-4XT3 を使用しています)。

表 23.          ハイエンド顧客宅内機器としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1002

Cisco ASR1002 シャーシ、4 つの内蔵 GE、デュアル電源、4 GB DRAM

1

ASR1002-PWR-AC

Cisco ASR1002 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

ASR1000-ESP5

ASR1K エンベデッド サービス プロセッサ、5 Gbps、暗号化あり、ASR1002 のみ

1

SPA-4XCT3/DS0

4 ポート チャネライズド T3DS0)共有ポート アダプタ

2

SPA-8X1FE-TX-V2

8 ポート ファスト イーサネット(TX)共有ポート アダプタ

1

SASR1R1-AESK9

Cisco ASR1000 シリーズ RP1 Advanced Enterprise Services

1

FLASR1-IPSEC-RTU

ASR 1000 シリーズ用暗号化機能使用ライセンス

1

FLASR1-FW-RTU

ASR 1000 シリーズ用ファイアウォール機能使用ライセンス

1


表 24.          ハイエンド顧客宅内機器としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータとバンドル ID

製品番号

製品説明

数量

ASR1002-5G-SEC/K9

ASR1002 VPN+FW バンドル(ESP-5GAESK9、ライセンス、4GB DRAM あり)

1

SPA-4XCT3/DS0

4 ポート チャネライズド T3DS0)共有ポート アダプタ

2

SPA-8X1FE-TX-V2

8 ポート ファスト イーサネット(TX)共有ポート アダプタ

1

表 25.          ハイエンド顧客宅内機器としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ
(例は、製品番号 ASR1001-4XT3 のシャーシに基づいています)

製品番号

製品説明

数量

ASR1001-4XT3

Cisco ASR1001 システム、暗号あり、4 基の内蔵 GET3 IDC、デュアル電源ユニット

1

ASR1001-PWR-AC

Cisco ASR1001 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

SASR1001UK9-32S

Cisco ASR 1001 IOS XE ユニバーサル、暗号化あり

1

SLASR1-AES

Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services ライセンス****

1

FLS-ASR1001-5G

ASR 1001 2.5 Gbps から 5 Gbps へのアップグレード ライセンス****

1

FLSASR1-IPSEC

ASR1000 シリーズ用 IPSEC ライセンス

1

FLSASR1-FW

ASR1000 シリーズ用ファイアウォール ライセンス

1

FLSASR1-FWNAT-R

ファイアウォール/NAT ステートフル シャーシ間冗長ライセンス

1

**** ASR1001 の適用ライセンス

6:プロバイダー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズルータをサービス プロバイダー ネットワークのプロバイダー エッジ ルータとして使用します。冗長ルート プロセッサおよび 10 Gbps ESP を搭載した 6RU シャーシは、シックスナイン(99.9999 %)のハイ アベイラビリティを実現するために構成されています。Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 は、80 GB ハード ディスクを搭載しています。

フルハイトの 10 ギガビット イーサネット SPA カード 2 枚とハーフハイトの 8 ポート ギガビット イーサネット SPA カード 4 枚をホストするには、SIP カードが 3 枚必要です。

Cisco IOS XE Advanced IP Services 統合パッケージは、ルータ上で IPsec、ファイアウォール、およびその他の高度な機能を実現します。

26 に、このシナリオの導入に必要な製品番号を示します。

表 26.          プロバイダー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なり
ます。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP2

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 28GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-80GB

Cisco ASR1000 RP2 80 GB HDD

2

ASR1000-ESP20

Cisco ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ、20 G、暗号化あり

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

3

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SPA-8X1GE-V2

Cisco 8 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

4

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

32

SASR1R1-AISK9

Cisco ASR1000 シリーズ RP1 Advanced IP Services

1

注意:    ESP10 RP2 を使用した構成は推奨されません。RP2 のコントロール CPU ESP10 よりもはるかに高速であるため、ESP10 がオーバープログラムになり、システム リソース(メモリなど)が足りなくなる可能性があります。

7:ルート リフレクタとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータをルート リフレクタとして使用し、拡張性のある優れたコントロール プレーン性能を活用します。統合ルート プロセッサを備えた Cisco ASR 1001 シャーシを選択する理由は、コントロール プレーンのスケールと価格対性能比が優れていることにあります。

パフォーマンス アップグレード ライセンスにより、ハードウェア モジュールを交換することなく、Cisco ASR 1001 シャーシの総スループットを 5 Gbps にアップグレードできます。

Cisco IOS XE Advanced Enterprise Services テクノロジー パッケージ ライセンスを Cisco ASR 1001 ユニバーサル K9 ソフトウェア イメージを組み合わせると、ルータ上でボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)、マルチプロトコル BGPMBGP)、MPLS、およびその他の高度な機能を実現します。

27 に、このシナリオの導入に必要な製品番号を示します。

表 27.          ルート リフレクタとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1001

Cisco ASR1001 システム、Crypto4 つの内蔵 GE、デュアル P/S

1

ASR1001-PWR-AC

Cisco ASR1001 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

ESP は、ライセンスで 2.5 Gbps から 5 Gbps にアップグレード可能な ASR1001 シャーシに統合されています。

該当なし

該当なし

RP ASR1001 に統合されています。

該当なし

該当なし

SIP ASR1001 に統合されています。

該当なし

該当なし

M-ASR1K-1001-16GB

Cisco ASR1001 16 GB DRAM

1

SPA-5X1GE-V2

Cisco 5 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

1

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

9

SASR1001UK9-32S

Cisco ASR 1001 IOS XE ユニバーサル(暗号化あり)

1

SLASR1-AES

Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services ライセンス

1

FLS-ASR1001-5G

ASR 1001 2.5 Gbps から 5 Gbps へのアップグレード
ライセンス

1

8:セキュア ヘッドエンド ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータをエンタープライズ ネットワークのセキュア ヘッドエンド ルータとして使用します。冗長ルート プロセッサおよび 10 Gbps ESP を搭載した 6RU シャーシは、シックスナイン(99.9999 %)のハイ アベイラビリティを実現するために構成されています。Cisco ASR 1000 シリーズ RP1 は、40 GB ハード ディスクを搭載しています。

シングルハイトの 5 ポート ギガビット イーサネット SPA カード 1 枚とシングルハイトのパケット オーバー SONET/SDHPoSOC-12 SPA カード 1 枚をホストするには、SIP カードが 1 枚必要です。

Cisco IOS XE Advanced Enterprise 統合パッケージは、ルータ上で高度なセキュリティ機能を実現します。

28 に、このシナリオの導入に必要な製品番号を示します。

表 28.          セキュア ヘッドエンド ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP1

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 12GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-40GB

Cisco ASR 1000 RP1 40GB HDD

2

ASR1000-ESP10

Cisco ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ、10 G、暗号化あり

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

2

SPA-1XOC12-POS

1 ポート OC12/STM4 POS 共有ポート アダプタ

1

SFP-OC12-LR1

OC-12/STM-4 SFP、長距離(40 km

1

SPA-5X1GE-V2

Cisco 5 ポート ギガビット イーサネット共有ポート アダプタ

1

SFP-GE-L

1000BASE-LX/LH SFPDOM

5

SASR1R1-AESK9

Cisco ASR1000 シリーズ RP1 Advanced Enterprise Services

1

FLASR1-IPSEC-RTU

ASR 1000 シリーズ用暗号化機能使用ライセンス

1

9:インターネット ゲートウェイ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータをエンタープライズ ネットワークのインターネット ゲートウェイ ルータとして使用します。1RU ルータ(Cisco ASR 1001)と 2RU ルータ(Cisco ASR 1002-X)が、インターネット ゲートウェイ ルータとして構成されます。インターネット ゲートウェイ ルータの最小ルート プロセッサ メモリは 8 GB です。4 GB メモリはインターネット ゲートウェイの導入をサポートできません。また、インターネット ゲートウェイの導入では、ソフトウェア冗長性(FLSASR1-IOSRED)は推奨されません。

Cisco ASR 1001 4 基の内蔵ギガビット イーサネット ポートを、Cisco ASR 1002-X 6 基の内蔵ギガビット イーサネット ポートを備えています。さらに多くのポートが必要な場合は、SPA を構成できます。Cisco IOS XE Advanced Enterprise 統合パッケージは、ルータ上で高度なセキュリティ機能を実現します。

ファイアウォール、IPsecFPI RTU のライセンスは、ルータ上でファイアウォール、IPsecFPM 機能を実現します。

29 に、このシナリオの Cisco ASR 1001 導入に必要な製品番号を示します。

表 29.          インターネット ゲートウェイ ルータとしての Cisco ASR 1001

製品番号

製品説明

数量

ASR1001

Cisco ASR1001 システム、暗号あり、内蔵 GE、デュアル電源ユニット

1

ASR1001-PWR-AC

Cisco ASR1001 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

M-ASR1K-1001-8GB

Cisco ASR1001 8 GB DRAM

1

GLC-SX-MMD

1000Base-SX SFP トランシーバ モジュール、MMF850 nmDOM

4

SASR1001UK9

Cisco ASR1001 IOS XE ユニバーサル

1

SLASR1-AES

Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services ライセンス

1

FLSASR1-FW

ASR1000 シリーズ用ファイアウォール ライセンス

1

FLSASR1-IPSEC

ASR1000 シリーズ用 IPSEC ライセンス

1

FLSASR1-FPI

ASR 1000 シリーズ用 Flex.Pack.Insp ライセンス

1

または、表 30 のように、Cisco ASR 1002-X を使用して同じ BOM を作成できます。

表 30.          インターネット ゲートウェイ ルータとしての Cisco ASR 1002-X

製品番号

製品説明

数量

ASR1002-X

Cisco ASR1002-X システム、6 基の内蔵 GE、デュアル電源ユニット

1

ASR1002-PWR-AC

Cisco ASR1002 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なります。

電源ケーブル

2

M-ASR1002X-8GB

Cisco ASR1002-X 8 GB DRAM

1

GLC-SX-MMD

1000Base-SX SFP トランシーバ モジュール、MMF850 nmDOM

5

SASR1K2XUK9

Cisco ASR1002-X IOS XE ユニバーサル

1

SLASR1-AES

Cisco ASR 1000 Advanced Enterprise Services ライセンス

1

FLSASR1-FW

ASR1000 シリーズ用ファイアウォール ライセンス

1

FLSASR1-IPSEC

ASR1000 シリーズ用 IPSEC ライセンス

1

FLSASR1-FPI

ASR 1000 シリーズ用 Flex.Pack.Insp ライセンス

1

10:集中 SIP トランキング データセンターの導入における SBC としての Cisco ASR 1000 シリーズ
ルータ

この例では、Cisco ASR 1006 シリーズ ルータをエンタープライズ データセンターの SBC として使用します。ルータは、セッションの制御とセキュリティ、分割、SIP トランク サービス プロバイダーとのインターワーキングを実行し、企業ユーザによるリアルタイムの音声送信を 16,000 SIP セッションまでサポートします。

ルータは、ハイ アベイラビリティを実現するため、冗長ルート プロセッサと ESP を備えた 6RU シャーシを使用します。Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 は、80 GB ハード ディスクを搭載しています。

フルハイトの 10 ギガビット イーサネット SPA カード 2 枚をホストするには、SIP カード 2 枚が必要です。

Cisco IOS XE Advanced IP Services 統合パッケージは、ルータ上で Cisco Unified Border ElementSP Edition)機能を実現します。

Cisco Unified Border ElementEnterprise Edition)に基づいたセッション ボーダー コントローラとしての ASR 構成の他の例については、構成ガイド(http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/voicesw/ps6790/gatecont/ps5640/order_guide_c07_462222.pdf [英語])を参照してください。

31 に、このシナリオの導入に必要な製品番号を示します。

表 31.          企業向け Session Border Controller として導入する Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なり
ます。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP2

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 28GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-80GB

Cisco ASR1000 RP2 80 GB HDD

2

ASR1000-ESP20

Cisco ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ、20 G、暗号化あり

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

2

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SASR1R2-AISK9

Cisco ASR1000 シリーズ RP2 ADVANCED IP SERVICES

1

FLASR1-CUBEE-16KP

ASR 1000 シリーズ用 CUBEENT)無制限ライセンス

1

11:サービス プロバイダー データセンターに導入される企業間 TelePresence ソリューションの SBC としての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータをサービス プロバイダー データセンターの SBC として使用します(Cisco TelePresence® Intercompany Exchange とも呼ばれます)。ルータは、サービス プロバイダーから企業の顧客に提供される Business-to-Business のテレプレゼンス サービスを有効化します。ルータは、ハイ アベイラビリティを実現するため、冗長ルート プロセッサと ESP を備えた 6RU シャーシを使用します。Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 は、80 GB ハード ディスクを搭載しています。

フルハイトの 10 ギガビット イーサネット SPA カード 2 枚をホストするには、SIP カード 2 枚が必要です。

Cisco IOS XE Advanced IP Services 統合パッケージは、ルータ上で Cisco Unified Border ElementSP Edition)機能を実現します。

32 に、このシナリオの導入に必要な製品番号を示します。

表 32.          プロバイダー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なり
ます。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP2

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 28GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-80GB

Cisco ASR1000 RP2 80 GB HDD

2

ASR1000-ESP20

Cisco ASR1000 エンベデッド サービス プロセッサ、20 G、暗号化あり

2

ASR1000-SIP10

Cisco ASR1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10

2

SPA-1X10GE-L-V2

Cisco 1 ポート 10GE LAN-PHY 共有ポート アダプタ

2

XFP-10GLR-OC192SR

10GBASE-LR および OC192 SR-1 用マルチレート XFP モジュール

2

SASR1R2-AISK9

Cisco ASR1000 シリーズ RP2 ADVANCED IP SERVICES

1

FLASR1-CUBES-TPEX

ASR 1000 シリーズ用 B2BTP Exchange における CUBESP)無制限ライセンス

1

12:ステートフル NAT64 トランスレータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ
(クラウド プロバイダー エッジ)

この例では、Cisco ASR 1000 シリーズルータをクラウド プロバイダー ネットワークのプロバイダー エッジ ルータとして使用します。ステートフル NAT64 変換ソリューションにより、クラウド プロバイダーは新しい企業に IPv6 ネットワークを提供できるようになっています(IPv6 導入の促進)。プロバイダーはさらに、IPv4 インターネットまたはネットワークに接続できます(ポート アドレス変換(PAT)による IPv4 枯渇の解決)。冗長ルート プロセッサおよび 10 Gbps ESP を搭載した 6RU シャーシは、シックスナイン(99.9999 %)のハイ アベイラビリティを実現するために構成されています。Cisco ASR 1000 シリーズ RP2 は、80 GB ハード ディスクを搭載しています。

Cisco IOS XE IP Base 統合パッケージは、ルータ上で NAT64 機能を実現します。

33 に、このシナリオの導入に必要な製品番号を示します。

表 33.          クラウド プロバイダー エッジ ルータとしての Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ

製品番号

製品説明

数量

ASR1006

Cisco ASR1006 シャーシ、デュアル電源

1

ASR1006-PWR-AC

Cisco ASR1006 AC 電源ユニット

2

製品番号は、必要な電源ケーブルによって異なり
ます。

電源ケーブル

2

ASR1000-RP2

Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 28GB DRAM

2

M-ASR1K-HDD-80GB