Cisco Prime Network

Cisco Prime Network VNE デバイス ドライバ

データ シート





Cisco Prime Network VNE デバイス ドライバ



概要


現在のネットワークは、マルチベンダー環境、マルチテクノロジー要件、マルチサービス ドメインにより非常に複雑化しています。このため、ネットワークへの新しいデバイスの定期導入や既存のデバイスの更新を迅速かつシームレスな管理下で行う必要のあるサービス プロバイダーは、さまざまな課題に直面します。その結果、ネットワーク オペレーションとサービス提供に及ぼす影響を最小限に抑えてデバイス ドライバを管理できる、革新的なアプローチを必要としています。

Cisco Prime™ Network の仮想ネットワーク エレメント(VNE)デバイス ドライバは、サービス プロバイダーがこれらの要件を満たせるように支援します。また、Cisco Prime Network で Evolved Programmable Network(EPN)を管理するための主な実現要因であり、デバイス情報を高レベルなアプリケーションから分離して高い適応性をもたらします。

つまり、管理対象デバイスの物理インベントリと論理構成を検出し、その情報をデバイスのソフトウェアとして詳細に表示することで、この適応性が実現されます。このことにより、あらゆるデバイスとネットワークの管理機能の基盤が形成されます。

Cisco Prime Network VNE デバイス ドライバは、アクセス ドメイン、アグリゲーション ドメイン、エッジ ドメイン、コア ネットワーク ドメイン、データセンターにまたがって展開される Cisco® および非 Cisco 物理/仮想デバイスを幅広くサポートします。

機能と利点


利点

Cisco Prime Network VNE には次の利点があります。

  • デバイスのアップグレードをサポートするタイムリーな更新機能により、ネットワーク管理システム(Cisco Prime Network)の変更やアップルグレードが不要となるため、投資を有効に活用できます。
  • マルチベンダー サポートにより、わずかなカスタマイズを実施して異種ネットワークを Cisco Prime Network で管理できるようにし、コストを削減します。
  • 優れたユーザ拡張性により、業務の効率姓を改善し、コストおよびプロフェッショナル サービスへの依存度を軽減します。

機能

Cisco Prime Network VNE には次の機能があります。

  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)、コマンドライン インターフェイス(CLI)、および Extensible Markup Language(XML)を使用して、管理対象デバイスの物理インベントリと論理構成を検出します。
  • 定期的なポーリングと、デバイスによって送信される SNMP 通知や Syslog メッセージなどの自律イベント メッセージの解釈により、デバイスのヘルスおよび変更をモニタリングします。
  • 革新的で拡張性に優れたアプローチを採用し、サードパーティのデバイス ドライバを介して非 Cisco デバイスを管理します。
  • ハードウェア モジュール、デバイスの種類、イベント、デバイスのソフトウェア バージョンを現在の VNE ドライバの更新から切り離して管理する Cisco Prime Network VNE Customization Builder(VCB)により、ユーザの拡張性が向上します。
  • Cisco デバイスが使用可能になってから 30 日以内にタイムリーな更新が行われます。

詳細な機能と利点


表 1 に、Cisco Prime Network VNE ドライバの機能と利点を示します。

表 1 Cisco Prime Network VNE ドライバの主な機能と利点

機能 説明 利点
自動検出 VNE ドライバは各管理対象デバイスの実行時にインスタンス化されるので、ネットワークとの同期とデバイスの自動検出を並行して実行できます。 自動化により効率性が向上します。
大規模なネットワークに対応する分散 VNE ドライバ インスタンス VNE ドライバ インスタンスを複数の Cisco Prime Network ユニット サーバにまたがって配布することで、Cisco Prime Network が大規模なキャリアクラスのネットワークを管理できるように支援します。また、これらをロード バランシング用に複数のユニット サーバ間に再配布して、メモリの使用率を最適化することもできます。 分散アーキテクチャと最適化技術により拡張性が向上します。
同期 デバイス ステータスの自動同期は、ネットワークからの構成変更通知に基づいています。VNE ドライバは、デバイス ステータスの定期的な同期(設定可能)と手動同期にも対応し、影響を最小限に抑えながら Cisco Prime Network におけるネットワークの最新ビューを提供します。 自動化により効率性が向上します。
独立したドライバ リリース 個々の VNE ドライバを更新するために、Cisco Prime Network ソフトウェアをアップグレードしたり変更したりする必要はありません。 タイムリーな更新により投資保護を実現します。
フィールドの拡張性 Cisco VNE ドライバは拡張性に優れており、追加デバイスの種類、ハードウェアのプラグイン モジュール、管理情報ベース(MIB)ファイルからインポートされた追加の SNMP トラップ、および Syslog を管理できます。これらの拡張は、お客様ご自身または Cisco Prime Network のインストールを担当する最寄りのシステム インテグレータによって、Cisco Prime Network に影響を与えることなく実行可能です。 柔軟性を備えた拡張オプションを通じてコストを削減します。
汎用 VNE 汎用 VNE ドライバは、標準の MIB II インターフェイスを使用して認識されないデバイスを検出し、標準の SNMP トラップをモニタリングするデフォルトのドライバです。IP インターフェイスや、ルーティングおよびブリッジ情報も検出されます。 不明なデバイスをデフォルトで表示して運用を簡素化します。
ユーザ定義の VNE ドライバ ユーザ定義の VNE ドライバを実行時に作成し、追加のデバイス シリーズを管理できます。この拡張性に富んだトライバは、汎用 VNE の機能である標準の SNMP MIB とトラップに加えて Cisco Prime Network のカスタマイズ ツール(VCB)を使用して、デバイスのより詳細な検出とアクティブ化を可能にします。 柔軟性を備えたカスタマイズ オプションを通じてコストを削減します。
開発者コミュニティ Cisco DevNet と Cisco DevNet Partner Program は、個人の開発者、パートナー、システム インテグレータ、およびお客様が、さまざまな情報(デバイス ドライバに対して VCB を使用し、フィールドを拡張する例なども含む)を学んだり共有したりできる、バーチャル コミュニティ フォーラムを提供します。 コミュニティ内でのコラボレーションを通じて効率性が向上します。
物理インベントリと論理構成 Cisco VNE ドライバは、シャーシ、シェルフ、共通コンポーネント(ファンや電源など)、ラインカード、インターフェイス、ソフトウェア イメージのインベントリに関する包括的な情報をデバイスから取得します。さらに、イーサネット スイッチング、仮想ローカル エリア ネットワーク(VLAN)、IP ルーティング、IP/MPLS(マルチプロトコル ラベル スイッチング)、Pseudowire、MPLS トラフィック エンジニアリングなどの詳細な論理構成情報と、静的に定義された構成や動的に確立された構成を含め、その他多くのデバイス機能の構成も取得できます。 ネットワーク情報の効果的な表示により効率性が向上します。
Multiprotocol Label Switching Transport Profile(MPLS-TP)のサポート Cisco VNE は、パケット テクノロジーと転送テクノロジーを統合する MPLS-TP をサポートし、パケット ネットワークと転送ネットワークを統合するための強力な基盤をサービス プロバイダーに提供します。 統合テクノロジーをサポートしてコストを削減します。


マルチベンダー ネットワーク環境を使用しているサービス プロバイダーに対して、Cisco Prime Network はサードパーティ デバイスを管理するための VNE ドライバを提供します。Cisco Prime Network のサードパーティ VNE ドライバでサポートされない非 Cisco デバイスに対し、Cisco Prime Network では代わりに次の 2 つの VNE 選択肢が提供されます。

  • 標準の MIB システムとインターフェイス データを使用して、SNMP をサポートするネットワーク エレメントの基本モデルを作成する「汎用 VNE」
  • 特定の非 Cisco デバイス用にお客様により汎用テンプレートを用いて作成される拡張性を備えたユーザ定義の VNE ドライバ
  • Cisco Advanced Services(AS)では、いずれのアプローチの場合も、より詳細なカスタマイズに関する専門家によるサポートが定期的に提供されます。

表 2 に、Cisco デバイスとサードパーティ デバイスの管理に関するオプションの比較を示します。

表 2 Cisco Prime Network の Cisco デバイスとサードパーティ デバイスの管理に関するオプション

機能 Cisco デバイス用 VNE サードパーティ デバイス用 VNE 汎用テンプレートを用いたユーザ定義の VNE (注 2) 汎用 VNE(注 1)
標準 SNMP MIB を使用した、IP およびイーサネット トポロジ、ルーティング テーブルの論理属性、アドレス解決プロトコル(ARP)、およびブリッジ対応モデル
標準 SNMP トラップのモニタリング
デバイスの識別  
Cisco Prime Network ツールキットによるユーザ拡張性  
デバイス固有の MIB を使用した物理インベントリの検出 注 3    
デバイス固有の MIB を使用した、レイヤ 2/レイヤ 3 論理インベントリとトポロジ ディスカバリ 注 3、注 6    
デバイス固有の SNMP トラップとお客様の仕様別の Syslog サポート 注 3    
変更管理および構成管理      
Cisco Prime Network の更新リリースとの互換性    
デバイス インベントリの検出とイベントのモニタリングに影響を及ぼす、デバイスの OS および管理インターフェイスの変更に関するサービス要求のサポート    
追加物理インベントリ、イベント、デバイス メンテナンスのアップグレードに備えたフィールドの拡張性 注 4 注 4 注 4  
Command Builder を使用したアクティベーション スクリプト 注 5 注 5 注 5  


注:

  1. 汎用 VNE はカスタマイズできません。これは、Cisco Prime Network で認識されないデバイス向けのデフォルト ドライバです。
  2. ユーザ定義の汎用 VNE は、実行時に Cisco Prime Network VCB 汎用テンプレートを使用して作成されます。
  3. これはデバイス構成に対応し、顧客のラボ デバイスで使用できる機能です。
  4. フィールドの拡張は、お客様、システム インテグレータ(SI)、または Cisco AS によって実行できます。たとえば、VCB を使用してソフト プロパティを追加し、他の拡張は Command Builder を使用してスクリプトで記述することができます。
  5. アクティベーションは通常 Command Builder によって処理され、お客様、SI、または Cisco AS によって実行されます。
  6. レイヤ 2:イーサネット、VLAN、Dot1Q、QinQ、EtherChannel、リンク アグリゲーション、POS、ATM、IMA、FR、PPP、DSL、VPLS、ローカル スイッチング、LLDP。レイヤ 3:IP およびルーティング、MPLS、LDP、MPLS-TE、VRF、RSVP-TE、MP-BGP、OSPF、PW、RE、BFD。Cisco Prime Network のすべての高度な機能が、Cisco Prime Network のサードパーティ製 VNE でサポートされるわけではありません。たとえば、イメージ管理、コンフィグレーション アーカイブの復元、イベント相関、影響分析、サービスのアクティベーションなどはサポートに含まれません。

デバイス サポート


表 3 に、VNE デバイス ドライバを使用して Cisco Prime Network で管理される Cisco デバイス シリーズを示します。

表 3 Cisco Prime Network VNE デバイス ドライバを使用して Cisco Prime Network で管理される Cisco デバイス シリーズ1

物理および仮想デバイス
Cisco Cable Modem Termination Systems(CMTS)
以下を含む Cisco ユニバーサル ブロードバンド ルータ(uBR)
  • Cisco uBR7200 シリーズ
  • Cisco uBR10000 シリーズ
Cisco データセンター
Cisco UCS® 61xx シリーズ スイッチ
Cisco UCS C シリーズ ラック マウント サーバ
Cisco オプティカル トランスポート
以下を含む Cisco Carrier Packet Transport(CPT)シリーズ
  • Cisco CPT 50
  • Cisco CPT 200
  • Cisco CPT 600
Cisco セキュリティ アプライアンス
以下を含む Cisco 適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)
  • Cisco ASA 5550
  • Cisco ASA 5580
  • Cisco ASA 1000V クラウド ファイアウォール
  • Cisco Nexus® Virtual Security Gateway(VSG)
Cisco Universal Edge Quadrature Amplitude Modulation(U-EQAM)
Cisco RF Gateway 10 シリーズ
Cisco アクセス サーバ
Cisco アクセス サーバ 5800 シリーズ
Cisco ゲートウェイ
Cisco アクセス サーバ 5300 シリーズ ユニバーサル ゲートウェイ
Cisco ルータ
  • Cisco 800 シリーズ ルータ
  • Cisco 1000 シリーズ ルータ
  • Cisco 1600 シリーズ ルータ
  • Cisco 1700 シリーズ モジュラ アクセス ルータ
  • Cisco 1800 シリーズ サービス統合型ルータ(ISR)
  • Cisco 2500 シリーズ ルータ
  • Cisco 2600 シリーズ マルチサービス プラットフォーム ルータ
  • Cisco 2800 シリーズ サービス統合型ルータ
  • Cisco 3600 シリーズ マルチサービス プラットフォーム ルータ
  • Cisco 3700 シリーズ マルチサービス アクセス ルータ
  • Cisco 3800 シリーズ サービス統合型ルータ
  • Cisco 7200 シリーズ ルータ
  • Cisco 7300 シリーズ ルータ
  • Cisco 7400 シリーズ ルータ
  • Cisco 7500 シリーズ ルータ
  • Cisco 7600 シリーズ ルータ
  • Cisco 10000 シリーズ ルータ
  • Cisco 12000 シリーズ ルータ
  • Cisco XR 12000 シリーズ ルータ
  • Cisco キャリア ルーティング システム(CRS)
  • Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ
  • Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ
  • Cisco MWR 2900 シリーズ モバイル ワイヤレス ルータ
  • Cisco 1900 シリーズ サービス統合型ルータ
  • Cisco 2900 シリーズ サービス統合型ルータ
  • Cisco 3900 シリーズ サービス統合型ルータ
  • Cisco 4700 シリーズ ルータ
  • Cisco ASR 901 シリーズ モバイル ワイヤレス ルータ
  • Cisco ASR 903 シリーズ ルータ
  • Cisco ASR 5000 シリーズ ルータ
  • Cisco 2000 シリーズ Connected Grid ルータ
  • Cisco Cloud Services Router(CSR)1000V
以下を含む Cisco Network Convergence System(NCS)ルータ シリーズ
  • Cisco NCS 6000 シリーズ
Cisco スイッチ
  • Cisco Catalyst® 1900 シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 2900 シリーズ スイッチ
  • Cisco ME 2600X シリーズ イーサネット アクセス スイッチ
  • Cisco ME 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチ
  • Cisco Catalyst 3500 XL シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 3550 シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 3560 XL シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 3750 Metro シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 4000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 4500 シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 4900 シリーズ スイッチ
  • Cisco ME 4900 シリーズ イーサネット スイッチ
  • Cisco Catalyst 5000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Catalyst 6500 シリーズ(Catalyst OS)スイッチ
  • Cisco Catalyst 6500 シリーズ(IOS)スイッチ
  • Cisco ME 6500 シリーズ イーサネット スイッチ
  • Cisco ME 3600X シリーズ イーサネット アクセス スイッチ
  • Cisco ME 3800X シリーズ キャリア イーサネット スイッチ
  • Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 1000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 3000 シリーズ スイッチ
  • Cisco ACE 4700 シリーズ アプリケーション コントロール エンジン
  • Cisco SCE 2000 シリーズ サービス コントロール エンジン
  • Cisco 2500 シリーズ Connected Grid スイッチ
  • Cisco MDS 9000 シリーズ マルチレイヤ ディレクタおよびスイッチ


表 4 に、VNE デバイス ドライバを使用して Cisco Prime Network で管理される非 Cisco デバイス シリーズを示します。

表 4 VNE デバイス ドライバを使用して Cisco Prime Network で管理されるサードパーティ デバイス シリーズ2

物理および仮想デバイス
Alcatel-Lucent ATM 加入者アクセス マルチプレクサ
Cisco Alcatel-Lucent 7450 シリーズ イーサネット サービス スイッチ
Alcatel-Lucent 7705 サービス アグリゲーション ルータ
Alcatel-Lucent 7750 サービス ルータ
Alcatel-Lucent インテリジェント サービス アクセス マネージャ
Calix Blade 6214 シリーズ DSLAM
Calix Blade 6214 シリーズ DSLAM:サポート対象サービス イベント
Calix Blade 6216 シリーズ DSLAM:サポート対象サービス イベント
Calix Blade 6312 シリーズスイッチ:サポート対象サービス イベント
Calix Blade 6450 シリーズ スイッチ
Citrix NetScaler VPX 仮想アプライアンス
DragonWave Horizon Compact Device(パケット マイクロ波システム)
DragonWave Horizon Compact Plus Device(パケット マイクロ波システム)
DragonWave HorizonQuantum Device(パケット マイクロ波システム)
Fortinet FortiGate 5000 シリーズ ファイアウォール
Huawei:Quidway@ S9300 シリーズ テラビット ルーティング スイッチ
Huawei:Quidway@ CX600 キャリア スイッチおよび ATN セルサイト ゲートウェイ
Juniper E シリーズ ERX エッジ ルーティング スイッチ
Juniper JCS コントロール システム
Juniper M シリーズ マルチサービス エッジ ルータ
Juniper MX シリーズ イーサネット サービス ルータ
Juniper Netscreen セキュリティ ファイアウォール/VPN デバイス
Juniper T シリーズ コア プラットフォーム
RAD ACE-3000 シリーズ セルサイト ゲートウェイ
RAD ETX シリーズ キャリア イーサネット デマケーション デバイス
RAD Ipmux-4L TDM Pseudowire アクセス ゲートウェイ
RAD LA-210 EFM DSL ネットワーク終端装置
Symmetricom Timeprovider 2700
Symmetricom Timeprovider 5000
Tellabs 8840 マルチサービス ルータ
VMware vCenter(vCenter)サーバ


サポートされる Cisco デバイスと非 Cisco デバイス、ソフトウェア バージョン、デバイスの内容の詳細については、『Cisco Prime Network エンドユーザ ガイド』を参照してください。

Cisco Prime の概要


IT およびサービス プロバイダー向け管理製品で構成される Cisco Prime ポートフォリオを使用すると、組織を強化し、ネットワークや提供サービスをより効果的に管理することができます。サービス中心の基盤の上に構築された Cisco Prime は、直感的なワークフロー指向のユーザ エクスペリエンスを通じて、統合されたライフサイクル管理をサポートし、EPN、モビリティ、ビデオ、クラウド、およびマネージド サービスの包括的な管理を提供します。

発注情報


Cisco Prime Network で管理されるシスコ デバイスごとに、適切な管理用ライセンス(Right-to-Manage license)が必要です。適切な管理用ライセンスは、デバイスのシリーズとデバイスの種類によって決定されます。

シスコ製品の発注方法については、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくかシスコのソフトウェア ダウンロード ページを参照してください。

関連情報


Cisco Prime Network の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/prime_net/index.html を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、あるいは prime-network@cisco.com まで E メールでお問い合わせください。


1Cisco VNE 4.0 でサポートされる Cisco Prime Network』および『Cisco VNE 4.0 でサポートされる Cisco Prime Network(補足)』より
2VNE 4.0 でサポートされるサードパーティ製 Cisco Prime Network デバイス パッケージ』より