Cisco Prime for Evolved Programmable Networks

イントロダクション

Cisco Prime for IP Next Generation Networks

Cisco Prime for Evolved Programmable Networks

サービス プロバイダーがコア、モバイル、ワイヤレス、およびケーブル ネットワークをより効率的に管理する方法が確認できます。[英語]

Cisco Prime for IP Next Generation Networks

このビデオをご覧になるには、Adobe Flash Player 8(JavaScript 有効)が必要です。

Flash Player のダウンロード

Cisco Prime for Evolved Programmable Networks(EPN)は、サービスの設計、フルフィルメント、アシュアランス、および分析などのライフサイクル タスクの統合および自動化を通じて、キャリア イーサネット、統合された MPLS、統合型 IP オプティカル トランスポート、およびケーブル アクセス ネットワークの管理を簡素化します。この包括的なソリューションは、アクセス、アグリゲーション、およびコア ネットワーク全体でエンドツーエンド管理を提供します。

Cisco Prime for EPN には、次の機能が含まれます。

Cisco Prime Central は、Cisco Prime for EPN スイートのすべてのコンポーネントへの一元化されたアクセスを提供するとともに、統合されたオペレータ ワークフローの単一のビュー、共通のインベントリおよびイベント/アラーム管理、容易な OSS 統合のための標準インターフェイスを備えています。

Cisco Prime Provisioning は、自動化されたリソース管理と、迅速なプロファイルベースのプロビジョニングを提供することにより、サービスの導入を高速化します。

Cisco Prime Performance Manager は、シスコおよびマルチベンダー ネットワーク デバイスのパフォーマンス統計を収集して、ネットワーク全体の実用的な情報を提供します。

Cisco Prime Optical は、スケーラブルな構成を提供して、IP およびオプティカル トランスポートの統合ネットワークのプロビジョニングとトラブルシューティングを行います。

Cisco Prime Network は、仮想接続の検出、根本原因の特定、トポロジ駆動型のトラブルシューティング、トポロジベースの相関を通じたアラーム削減、および重複排除などの高度な機能によって、パケットおよび IP ドメインの包括的なサービス アシュアランスとデバイス管理を提供します。

機能と利点

Cisco Prime for EPN には、次のような機能と利点があります。

  • サービス導入の高速化: 自動化されたネットワーク構成と、ポイントしてクリックするだけのプロビジョニングを通じて、サービスの導入にかかる時間を大幅に短縮します。
  • 導入コスト(CapEx)の削減: ネットワーク リソースおよび資産の効率的な利用を通じて、ネットワーク インフラストラクチャに対して行った投資の価値を最大化します。
  • 運用コスト(OpEx)の削減: 効率的な実行設計、フルフィルメント、アシュアランス、および分析タスクを可能にする一元的なポイントへのアクセスを通じて、運用コストを削減します。
  • Quality of Service(QoS)の向上: 迅速な障害の切り分けとネットワーク問題の修復を通じて、カスタマー エクスペリエンスを強化し、厳しいサービス レベル契約(SLA)を満たします。
  • 運用効率の向上: ドメイン マネージャとサービス ライフサイクル管理アプリケーションをシームレスに統合することにより、サービス管理の一貫性を促進します。

仕様一覧

  • 自動検出と統合型のきめ細かなネットワーク可視性
  • TDM、DWDM、キャリア イーサネット、MPLS、および MPLS-TP 導入のポリシーベース プロビジョニング
  • 自動変更/構成管理およびサービス アシュアランス
  • Cisco Cable Modem Termination Systems(CMTS)および RF ゲートウェイ用の障害モニタリングおよび障害管理

トレーニング

ホワイト ペーパーと導入事例

関連リソース

お問い合わせ