Cisco Prime Optical

Cisco Prime Optical データ シート

ダウンロード

データ シート





Cisco Prime Optical



IP および光の統合ネットワークを拡張性と効率性に優れた方法で管理


概要


時分割多重(TDM)ネットワークからパケット転送ネットワークへ移行する場合、サービス プロバイダーは資本支出(CapEx)と運用コスト(OpEx)を引き続き管理しながら、変化する市場の要件に応じていく必要があるため、運用面でさまざまな課題に直面します。収益性、ビジネスの俊敏性、Quality of Service(QoS)を確保するために、サービス プロバイダーが必要としているものは、この複雑かつ進化し続ける光ネットワークを構成する異種のテクノロジーやデバイスに効率よく対応する管理システムです。

Cisco Prime™ Optical は、アクセスからコアまで IP および光の統合ネットワークの管理を簡素化して、音声、ビデオ、モバイル、およびクラウド サービスを効率的に提供できるようにすることで、これらの問題に対応します。設定、プロビジョニング、トラブルシューティングに関する高度な自動化メカニズムを利用して人為的なエラーを削減し、オペレータは効率よくエンドツーエンド回線を作成できるようになります。さらに、かつてない正確性と拡張性を備えた方法で統合ネットワークのすべてのポイントを管理します(図 1 を参照)。

図 1 Cisco Prime Optical の機能

図 1 Cisco Prime Optical の機能


Cisco Prime Optical はスタンドアロン製品として、または Cisco Prime Carrier Management スイートのコンポーネントとして入手でき、設計、フルフィルメント、アシュアランス、分析などの包括的な統合管理とサービス ライフサイクル機能を提供します。

機能と利点


利点

  • ビジネスの俊敏性:ネットワークの検出、設定、プロビジョニング、トラブルシューティング、変更管理を効率性と拡張性に富んだ方法で実行し、音声、ビデオ、およびオンデマンド コンテンツの配信といった付加価値サービスの市場投入までの時間を短縮します。
  • サービス アシュアランス:高度な障害診断、リアルタイムのサービス レベル契約(SLA)のパフォーマンス モニタリング、セキュリティ管理の機能により、ネットワークの問題を迅速に解決できるようにします。
  • 総所有コスト(TCO)の削減:ターンキーによる Cisco Prime Carrier Management スイートの他のコンポーネントとの統合や、サードパーティのオペレーション サポート システム(OSS)アプリケーションに対応する標準規格に準拠したインターフェイスにより、CapEx と OpEx の両方を削減します。

機能

  • オペレータの生産性を向上させてトレーニングに要する時間を短縮化する、Cisco Prime Carrier Management スイート全体で共通の直感的な GUI
  • TDM、Wavelength Switched Optical Networks(WSON)、高密度波長分割多重(DWDM)、Synchronous Optical Networks Synchronous Digital Hierarchy(SONET/SDH)の統合的サポート
  • サードパーティの OSS ソフトウェアとの高速かつ容易な統合を可能にする、標準規格に準拠した(CORBA TMF 814 v.3)ノースバウンド インターフェイス(NBI)
  • 各デバイスを詳細にドリルダウンして光およびパケット ネットワーク デバイスのインベントリを正確に表示できるトポロジ マップ
  • 光ネットワーク エレメント(NE)を 5000 個までサポートできる拡張性
  • 仮想マシン、Linux、Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS®)のサポート

詳細な機能と利点


表 1 に、Cisco Prime Optical の主な機能と利点を示します。本製品の最新の機能強化に関する詳細情報については、『Cisco Prime Optical リリース ノート、9.8』を参照してください。

表 1 Cisco Prime Optical の機能と利点

機能 詳細 利点
アーキテクチャ
組み込み型の Oracle データベース すべてのネットワーク情報を組み込みデータベースに保存して、Cisco Prime とシームレスに相互運用できます。個別のライセンスは不要です。 CapEx と OpEx が削減されます。
マルチテクノロジー管理 TDM、DWDM、およびレイヤ 2 テクノロジーをワンストップで管理します。 統合テクノロジーに対応する強力な光ドメイン管理を単一のビューで行います。
運用と管理
Central Authentication Service(CAS) シングル サインオン(SSO)CAS ソリューションを採用し、1 つの信頼できるソースで複数のアプリケーションを認証できるようにします。 運用が容易です。
ネットワーク マップ
  • ドック可能なパネルにトポロジとプロパティが表示されます。
  • NE 属性が変更されてマップを更新する必要がある場合、通知バーにユーザへのアラートが表示されます。
  • マップ ビューをスナップショットとしてエクスポートできます。
  • ネットワーク マップ内のノード、グループ、リンクの外観を設定できます。
  • リンク使用率のマップを表示できます。
ネットワークの診断と計画が効率化されます。
レイヤ 1 の回線レポート
  • シンプルなクイック フィルタ:一般的な条件に基づいてデータを容易にフィルタリングできます。
  • カスタム ビュー:オペレータが選択した条件に基づいてデータをフィルタリングできるようにします。
  • カスタム ビューの保存:今後の個人利用や共有に備えてカスタム ビューを保存します。
    • パブリック:スーパーユーザによって作成されたカスタム ビューのレポートが含まれています。
    • プライベート:その他のユーザによって作成されたカスタム ビューのレポートが含まれています。
  • カスタム ビューの管理:既存のカスタム ビューを変更および削除できるようにします。
  • 自動更新:手動で更新しなくても追加されたデータを自動的に更新できます。
回線管理の表示およびカスタマイズ機能が向上しました。
仮想アプライアンス Open Virtual Machine Format(OVF)で利用できる設定済みの Optical Virtual Appliances(OVA)により、高速かつ容易な導入が実現します。 インストールが簡素化されました。
監査ログ
  • フィルタリング オプションを拡張できます。
  • 監査ログを作成、フィルタリング、保存、コピー、管理するためのカスタマイズ可能なビューが用意されています。
  • 監査ログの設定はカスタマイズ可能です。
ネットワーク問題のトラブルシューティングと評価に役立つ情報を監査ログから柔軟に抽出できます。
失敗したインストールの管理 以前のインストールが失敗した場合や完了しなかった場合でも、Cisco Prime Optical を実行できます。アンインストーラによって、システムに加えられたすべての変更が削除されます。 エラーを発生させることなく簡単にアップグレードできます。
ネットワーク メンテナンスの運用 光チャネル(OCH)、OCH クライアント接続(OCHCC)、OCH ネットワーク接続(OCHNC)トレール回線について、以下のようなリンク メンテナンス レポートをサポートします。
  • プロテクション回線のリストを表示します。
  • リンク上のアクティブなパスを表示します。
  • スイッチ運用のパフォーマンスを表示します。
ネットワーク メンテナンスの複雑さが軽減されます。
障害管理
Cisco ONS 15454 MSTP で最適な光パスを作成するための、光回線の不具合に対応する WSON コントロール プレーン これまで、Automatic Switched Optical Network(ASON)および Generalized Multiprotocol Label Switching Transport Profile(GMPLS)コントロール プレーンを使用するネットワークにおいては、集中型ネットワーク管理システムが、フォトニック ドメインの知識を考慮せずにトポロジ情報のみに基づいてパスの計算とルートの選択を行う役割を担っていました。
一方、Cisco Prime Optical の Cisco WSON コントロール プレーンは、インテリジェンス機能が NE に組み込まれた分散アーキテクチャ内で機能します。これにより、波長プロパティと光ネットワークの不具合への GMPLS の対応機能が強化され、柔軟な DWDM ネットワークに動的なサービス プロビジョニング機能を提供できるようになります。
Cisco Prime Optical では GMPLS の機能が拡張され、GMPLS スイートとのプロトコル相互運用性を提供しながら、光ネットワークの可能性を分析してパス計算を実行できるようになりました。
簡素化された GUI とスクリプト指向の Transaction Language 1(TL1)ユーザ ネットワーク インターフェイス(UNI)により、ユーザは DWDM ネットワーク全体で波長サービスを動的に要求できます。
  • ボトルネックで、トラブルシューティングが困難なエラー ソースのパス計算のために、ネットワーク全体から大量の情報を収集する必要がなくなります。
  • 高速再ルーティング(FRR)を使用することで、サービスを迅速に復旧できるようになり、障害に対するネットワークの堅牢さが向上しました。
  • Reconfigurable Optical Add-Drop Multiplexer(ROADM)を使用してネットワークに必要な波長とトランスポンダを削減することで、事業者の CapEx を直接、大幅に削減できます。
回線テーブル 回線テーブルをアラーム ブラウザ ウィンドウから起動し、アラームの影響を受ける回線を表示できます。
  • 運用が容易です。
高可用性
Linux プラットフォームにまで拡張されたディザスタ リカバリの構成により実現される高可用性
  • Red Hat Cluster Suite および Oracle Active Data Guard(ADG)に基づいてディザスタ リカバリの構成を作成し、エレメント管理システム(EMS)を柔軟に作成できるため、ほとんどのネットワーク障害に最小のダウンタイムで対処することができます。
  • HA 構成により、Linux 上でローカルの冗長性と自動フェールオーバーをサポートします。
  • ネットワークに影響するほとんどの障害に対して、最小のネットワーク ダウンタイムでネットワークを保護し、キャリアクラスのサービス アシュアランスを提供します。
  • Oracle ADG および Red Hat Cluster Suite が組み込まれているため、コストのかかるサードパーティ製ディザスタ リカバリ ソフトウェアは不要です。


ハードウェアの機能


表 2 に、最新のプラットフォーム、デバイス、およびテクノロジーに対するサポート内容を示します。

表 2 Cisco Prime Optical のハードウェア サポート

Cisco® Transport Controller ベースの NE リリース
  • ONS 15216、R9.8
  • ONS 15216 パッシブ DCU、R9.8
  • ONS 15454-M6、R9.8
  • ONS 15454-M2、R9.8
100G_LC_C(100G DWDM トランク カードに対する機能拡張)
  • 以下のカードに対する Y 字型ケーブル プロテクションのサポート
    • 5x10G TXP
    • 10x10G MXP
    • 100G TXP
  • 新しいペイロード
  • プロテクション グループの作成および管理
  • 波長分散の値
  • Tx の遮断値と出力値
Wire Speed Encryption(WSE)カード
  • しきい値の設定
  • GCC チャネルおよびペイロードのサポート
  • PPM、TTI、および FEC プロビジョニング
  • カード モードのプロビジョニング
10x10G_LC、100G_LC_C、および CFP_LC カード ONS 15454 M2 および ONS 15454 M6 プラットフォーム上でサポート
AR_XPE カード(AR_XP カードの拡張版)
  • 1GE および 1GFC ペイロードに対応する ODU0 多重
  • OCHCC 回線作成中の ODU0 ペイロード マッピング
  • 10GE および 4GFC ペイロードに対応する RMON しきい値
  • ODU0 スライスを表示するための帯域幅利用率パネル
  • ODUK ポート マッピング
100G_LC_C、10x10G_LC、および CFP_LC カード
  • GCC 通信チャネルのサポート
  • 10x10G_LC のペイロードのサポート
  • 100G_LC_C の OTU4 ペイロードのサポート
  • 100G_LC_C 上での物理 PM のサポート
  • 10x10G_LC のファンアウトおよび低遅延動作モード
  • カード向けの以下のプロテクション メカニズム
    • CFP_LC 向けの 1x100G および 2x40G クライアントに対応する Y 字型ケーブル プロテクション
    • 10x10G_LC 向けの 10x10G マックスポンダおよび TXP_10G トランスポンダ モードでサポートされるすべてのペイロードに対応する Y 字型ケーブル プロテクション
  • 100G_LC_C カード向けの予防的なプロテクション規制タブ
40E-MXP-C カード 完全透過マックスポンダ モードをサポート


システム要件


表 3 に Cisco Prime Optical のシステム要件を示します。詳細については、『Cisco Prime Optical クイック スタート ガイド』を参照してください。

表 3 サポートされるプラットフォームおよびオペレーティング システム

プラットフォーム オペレーティング システム
UltraSPARC ベースのサーバ Sun Solaris 10、リリース 10/09 以降
注:Prime Optical 9.8 は Solaris をサポートする最新リリースです。
Sun UltraSPARC T シリーズ
Cisco UCS B シリーズ Red Hat Enterprise Linux(RHEL)5.7、5.8、または 6.2、(VMware ESXi バージョン 4.1 または 5.0 を搭載/非搭載の 64 ビット OS)
Cisco UCS C シリーズ


Cisco Prime の概要


IT およびサービス プロバイダー向け管理製品で構成される Cisco Prime ポートフォリオを使用すると、組織を強化し、ネットワークや提供サービスをより効率的に管理することができます。サービス中心の基盤の上に構築された Cisco Prime は、直感的なワークフロー指向のユーザ エクスペリエンスを通じて、統合されたライフサイクル管理をサポートし、Evolved Programmable Network(EPN)、モビリティ、ビデオ、クラウド、およびマネージド サービスの包括的な管理を提供します。

サービスとサポート


シスコは、お客様の成功を支援する幅広いサービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化し、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくために、シスコのサービスを是非お役立てください。詳細については、Cisco.com の Cisco Services をご覧ください。

発注情報


Cisco Prime Optical は、世界各国の正規のシスコ製品販売チャネルからご購入いただけます。シスコ製品の購入方法については、購入案内を参照してください。

関連情報


機能および製品仕様の一覧、最新のリリース ノードなど、Cisco Prime Optical の詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/prime-optical/index.html を参照するか、最寄りの代理店までお問い合わせください。