Cisco Network Services Orchestrator

Cisco Elastic Services Controller


Cisco Elastic Services Controller



ビジネスの成功が俊敏性によって決まる傾向はますます高くなってきています。俊敏性とは、変化に迅速に対応し、新しいサービスを早急に市場に投入し、簡単かつ低コストで運用できる環境内でこのすべてを行う能力です。Cisco® Elastic Services Controller(ESC)は、ネットワーク機能の仮想化(NFV)環境で俊敏性、柔軟性およびプログラマビリティを促進し、包括的な自動ライフサイクル管理機能を提供します。設計上、Cisco ESC はオープンなモジュラ システムとして構築されます。Cisco ESC により、動的環境で汎用仮想ネットワーク機能(VNF)の VNF ライフサイクル全体を一元的に管理できます。業界標準およびオープン API を利用して、すべての仮想化リソースの完全なライフサイクルを管理することができ、シスコの VNF またはサードパーティの VNF のどちらを使用していても、最良の業界ソリューションを選択できます。

Cisco ESC と、Tail-f® ベースの Cisco Network Services Orchestrator(NSO)を組み合わせて、ネットワーク サービス ライフサイクル全体だけでなく、すべての VNF も管理します。

Cisco ESC は、NFV の高度なライフサイクル管理プラットフォームを提供する Cisco NFV オーケストレーション ポートフォリオの主要製品です。Cisco ESC は、VNF を自動的に実装、監視、および柔軟にスケーリングするために必要なすべての機能を提供します。つまり、ビジネスで NFV(エンドツーエンドの自動化、俊敏性、および簡素化)を実現します。

Cisco ESC は、ETSI NFV の管理とオーケストレーション(MANO)リファレンス アーキテクチャ(図 1)に準拠するオープンな標準ベースのプラットフォームを通じて、高度な VNF ライフサイクル管理機能を提供します。Cisco ESC は、業界の NFV 標準に従い、明確に定義された API を公開しているため、標準ベースの NFV オーケストレーション システムと相互運用できます。

図 1.       ETSI NFV MANO リファレンス アーキテクチャに準拠する Cisco ESC

Cisco ESC では、マルチテナント データセンター環境内の個々の VNF または VNF のグループを動的にプロビジョニングおよびスケーリングできます。VNF のプロビジョニングにコンストラクトが必要な場合、ESC は OpenStack でテナント、フレーバー、およびネットワークを作成できます。ESC は仮想インフラストラクチャ ドメイン、たとえば OpenStack コントローラ ドメイン内で VNF をオーケストレーションできます。

図 2.       シスコ サービスのオーケストレーション ポートフォリオ

Cisco NSO は、オープンな NETCONF プロトコルおよび YANG ベースのデータ モデルを使用して Cisco ESC と通信します。Cisco ESC はデバイス レベルで仮想ネットワーク機能を管理し、NSO はサービス ライフサイクルを管理します。この連携により、物理および仮想両方のインフラストラクチャにまたがる完全なオーケストレーション ソリューションになります。

機能

利点

Cisco NSO との統合

  • 完全なサービスと VNF ライフサイクルのサポート
  • エージェントレスでオープン

  • エージェント境界とオーバーヘッドを排除 あらゆるベンダー、アプリケーション、VNF をそのまま使用できるようにサポート
  • 仮想インフラストラクチャ管理(VIM)に依存しない

  • VNF 環境の仮想化レイヤの複雑さを排除 コンテナ、クラウド NFV 環境および複数の VIM サポートの次世代テクノロジーをサポートする設計
  • VNF ライフサイクル管理(VNF の作成、Day Zero 設定、ライセンス管理、VNF の読み取りと削除)

  • 顧客に提供するまでの時間とサービスの市場投入までの時間の短縮
  • 仮想マシンとサービス、モニタリングとアクション:VNF 自動ヒーリング、自動スケーリング、リカバリ、サービスの柔軟性

  • サービスの可用性、サービスの拡張性、および最適なリソース消費の向上
  • サービスのライフサイクルを管理し、アクションと通知をトリガーする定義されたポリシー
  • プログラマビリティ、ノースバウンド プログラマティック インターフェイス(NETCONF/YANG、REST、API)

  • 完全自動化のためのオーケストレーション フローへの統合
  • VNF 運用のカスタマイズ

  • サービス固有の差別化を可能にする柔軟性
  • トランザクションの再開とロールバック

  • 手動作業によるフォールアウトを低減
  • 結合された VNF 管理(仮想マシン アフィニティ、起動順序、および VM の相互依存関係の管理)

  • 複雑な導入の完全自動化のサポート
  • サービス アドバタイズメント

  • 完全自動化のための OSS とオーケストレーション全体への統合
  • 図 3.       Cisco ESC NFV ライフサイクル管理

    Cisco ESC の主要機能ブロックは次のとおりです。

      • VNF のプロビジョニングと設定:単一の VM または VM のグループを作成、読み込み、削除します。VNF の作成時に、Cisco ESC は Day Zero 設定(管理 IP、ゲートウェイ、smart-licensing パラメータおよびその他の VNF でサポートされるブートストラップ設定)で VM をプロビジョニングします。
      • モニタリング エンジン:SNMP、ICMP およびカスタムのモニタリング KPI を使用した VM リソース、状態またはサービスのモニタリング。
      • ルール エンジン:モニタリングしきい値に基づいてアクションをトリガーするインテリジェント ルール エンジン。シンプルなアクションや複雑なアクション(単一のイベントでトリガーされる一連のアクション)に加え、事前に定義されたセットまたはカスタム アクションが可能です。

    Cisco ESC 機能の概要

      • オープンでエージェントレスな VNF 管理(任意のベンダー、任意のアプリケーション、任意の VNF)
      • VNF ライフサイクル管理(作成、読み取り、および削除)
      • VNF Day Zero 設定
      • VM とサービス モニタリング、柔軟性
      • VNF 自動ヒーリング、リカバリ
      • VNF ライセンス管理
      • VNF 運用のエンドツーエンドのカスタマイズ サポート
      • トランザクションの再開とロールバック
      • 結合された VNF 管理(VM アフィニティ、起動順序、VM の相互依存関係の管理)
      • サービス アドバタイズメント

    サービスの俊敏性

    ビジネス プロセスは仮想マシンのインスタンス化ではなく、サービスの提供に基づく設計になっており、連携しているまたは特定の方法で実装されている複数の VM が含まれる可能性があります。たとえば、特定のアプリケーションに対して Cisco Cloud Services Router 1000V など、1 つの VM の実装が必要な場合があります。一方、サービスに、相互依存関係を持つ VM のグループが含まれる場合があります。同じホスト上に存在する必要がある、複数の VM を導入している場合があります。または、複合仮想サービスを作成するために、特定の順序でリンクされた VM のグループを編成することが必要な場合があります。

    通常の仮想化環境で複数の相互依存 VM をインスタンス化するには、複雑な手動プロセスが必要です。この場合、新しいサービスの開始に数日から数週間かかる場合もあります。

    Cisco ESC には、単一の VM または複数の VM のグループ向けライフサイクル管理機能が用意されています。新しいサービスに必要なのが単一の VM であっても、連携して、または順番に動作する複合 VNF のグループであっても、Cisco ESC でプロセス全体を自動化して、新しいサービスを数分以内に提供できます。

    エージェントレス VNF の管理とモニタリング

    エージェントを使用するモードは市場で最も普及しているソリューションですが、このモードはほとんどの環境の NFV 導入には適さない可能性があります。エージェントを強制的にマルチベンダー VNF 内に統合して NFV ソリューションで導入可能にする必要がある場合、多くの課題に直面します。

      • 市場投入までの時間:すべての VNF は導入可能にする前にまずエージェントの統合を実施する必要があり、この統合には時間がかかる可能性があります。
      • VNF の再検証と再認証:VNF 内へのエージェントの統合はパフォーマンスと安定性に影響する可能性が高く、関連ベンダーによる再検証および再認証が必要になる場合があります。
      • 問題発生時の潜在的な所有権の問題:ベンダー A から VNF が提供され、オーケストレータとエージェントはベンダー B から提供されるという状況になることがあります。VNF 内にエージェントを統合した後に問題が発生すると、2 つの関連ベンダー間で潜在的な所有権と説明責任の問題が生じる可能性があります。これによって、このモデルを運用可能にする際に重大なビジネス リスクが生じます。
      • モデルのスケーラビリティ:幅広いベンダーのさまざまな VNF にエージェントを統合すると、それらの VNF がこれまで統合されていない場合を除き、スケーラビリティの課題に直面する可能性があります。

    これらの課題に対処するため、Cisco ESC ソリューションはまったくエージェントを必要としない VNF 導入のモデルをサポートします。これはソリューションの大きな利点です。これにより、サービス プロバイダーは前述のすべての制限に対処できるソリューションを構築できます。エージェントレスの運用モードにより、Cisco ESC は VNF 利用率をモニタしたり、SNMP などの他のプロトコルを使用したりできます。標準 VM KPI 特性について、より具体的な内容をモニタする必要がある場合は、カスタム スクリプトも使用できます。

    マルチベンダー VNF のサポート

    Cisco ESC 機能は、基盤となるデバイスにまったく依存しません。サービスが Cisco Cloud Services Router(CSR)、シスコの仮想化ファイアウォール、またはサードパーティ ベンダーのネットワーク サービス アプライアンス、あるいはサービス チェーンの VNF の組み合わせのどれを対象としている場合でも、同じツールを使って、導入、プロビジョニングおよびスケーリングを自動化および迅速化できます。

    仮想化インフラストラクチャに関する要件

    標準 OpenStack

    Icehouse リリース

    RedHat OpenStack

    Icehouse リリース

    サポートされるハイパー バイザ

    KVM

    Cisco ESC のリソース要件

    プロセッサ

    4 基の仮想 CPU(vCPU)

    メモリ

    8 GB

    ハード ドライブ

    30 GB

    機能

    サポート、詳細

    マルチテナント機能

    サポート

    高可用性

    サポート

    サポートされるスケール

    最大 1000 個のアクティブ VM

    VNF アフィニティ/アンチアフィニティ

    サポート

    VM の初期設定

    サポート

    現時点の VNF のサポート

    VNF の要件:

    1. QCOW2 イメージ形式

    2. OpenStack コンフィグドライブのサポート

    VNF モニタリング

    ICMP Ping、SNMP およびカスタム モニタリング

    ノースバウンド インターフェイス

    NETCONF API、REST API、CLI、GUI

    発注情報

    Cisco ESC は、現在出荷中であり購入可能です。Cisco Elastic Services Controller は、管理対象 VM インスタンスごとにライセンスされます。ESC SKU は、小型、中型および大型フォーム ファクタで使用できます。環境内の VNF のスケールに基づき、あらゆるタイプの SKU に対応する複数の数量を入手できます。

    シスコ オーケストレーションのバンドル オファリングなど、その他の製品番号については、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。購入方法、またはソフトウェアのダウンロードについては、シスコの購入案内のページを参照してください。

    Cisco ESC のライセンス情報

    製品番号

    製品説明

    L-ESC-VNF-S-LIC50P

    永久ライセンス、数量 50 の小型(1 基の vCPU)仮想マシンを管理する Cisco ESC の権利

    L-ESC-VNF-M-LIC50P

    永久ライセンス、数量 50 の中型(4 基未満の vCPU)仮想マシンを管理する Cisco ESC の権利

    L-ESC-VNF-L-LIC25P

    永久ライセンス、数量 25 の大型(4 基以上の vCPU)仮想マシンを管理する Cisco ESC の権利

    L-ESC-VNF-A-LIC25P

    永久ライセンス、数量 25 のあらゆるサイズの(混在)仮想マシンを管理する Cisco ESC の権利

    保証に関する情報


    Cisco ESC にはソフトウェアに関する 90 日間の限定保証があります。Cisco ESC の保証に関する詳細については、
    http://www.cisco.com/en/US/docs/general/warranty/English/EU1KEN_.html [英語] を参照してください。

    シスコのサービスとサポート

    Cisco Software Support Service(SWSS)は、ソフトウェア アプリケーションの円滑な動作を維持し、サービスの強力な組み合わせで投資を保護する完全なカバレッジを提供します。サポートには、ソフトウェアの更新とアップグレード、24 時間体制のテクニカル サポート、およびシスコのオンライン トラブルシューティング ツールへのアクセスが含まれます。

    利点

      • アプリケーション ソフトウェアのメジャー アップグレードと更新
      • 世界各地から Cisco Technical Assistance Center(TAC)のエキスパートへアクセス可能
      • オンライン サポート コミュニティ、リソース、ツールによるセルフヘルプ サポート

    シスコとパートナーによるサービス

    シスコ サービスおよび認定パートナーを活用して、統合された Cisco ESC と NSO を特定の要件に合わせて導入できます。Cisco NSO の主な利点は、迅速なカスタマイズ フェーズです。時間とコストのかかる OSS プロジェクトに慣れている場合、違いがわかります。シスコと認定パートナーは、ユーザ自身でカスタマイズを行う方法に関するトレーニングも実施しています。

    シスコ キャピタル

    目標の達成を支援するファイナンス

    シスコ キャピタルは、お客様が目標の達成と競争力の維持に必要なテクノロジーを導入できるよう支援します。CapEx の削減をサポートし、成長を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。シスコ キャピタル ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。また、支払に関しては予測可能な単一の支払方法をご用意しています。シスコ キャピタルは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこら [英語]