Cisco Network Services Orchestrator

Tail-f ベースの Network Service Orchestrator


Cisco Elastic Services Controller



Cisco® Network Services Orchestrator(NSO)は、物理と仮想両方のネットワークでサー ビスをプロビジョニングするプロセスをシンプル化します。特定のネットワーク コンポーネント からネットワーク サービスを切り離すと同時に、サービス仕様に従ってネットワークを自動的 に設定します。

ネットワークは収益を生み出すための基盤です。そのため、サービス プロバイダーは、ネットワーク オーケストレーションを実行して、ネットワーク サービスのプロビジョニングおよび制御のプロセスをシンプルにする必要があります。Cisco NSOを利用することにより、サービス プロバイダーは以下のような重要なビジネス目標を達成することができます。

  • 新しいネットワーク サービスの開発および導入の迅速化
  • 物理環境、仮想環境、クラウドベース環境を管理する共通プラットフォーム
  • ベンダーからの独立性

Cisco NSO では、すべてのネットワーク デバイスやサービスに対して単一のネットワーク インターフェイスが提供されることに加え、サービスとデバイスの両方を対象とした、共通のモデリング言語およびデータストアも提供されます。

Cisco NSO は汎用ソリューションとして設計されているため、従来のハードウェアベースのデバイス、仮想ソフトウェア アプライアンス(VNF)、およびソフトウェア定義型ネットワーク(SDN)のコントローラなど、さまざまなネットワーク デバイスにおけるサービスの実装をサポートします。Cisco NSO は、仮想マシンのライフサイクルを管理するために、オプションで Cisco Elastic Services Controller(ESC)と統合することができます。ESC により、仮想アプリケーションを導入し、管理できます。また、NSO では、他の VNF マネージャも使用できます。

サービス仕様は、セマンティック サービス モデルで定義します。Cisco NSO は実行時にこれらをロードすることができます。たとえば、レイヤ 2 およびレイヤ 3 VPN、サービス チェーン、Border Gateway Protocol(BGP)ピアリング、アクセス コントロール リスト(ACL)などです。サービス マネージャは実行中の任意の変更など、サービスのあらゆる変更を完全にサポートします。Cisco NSO は、目的のサービス状態を達成するために、デバイスに対して最小限の構成変更をレンダリン グします。デバイス マネージャは、ネットワーク エレメント ドライバ(NED)を使用して、これらの変更をトランザクションに影響を与えることなくネットワーク機能に適用します。Cisco NSO は、NED によるさまざまなマルチベンダー サポート機能を備えています。

オーケストレーションとは、単にサービスをプロビジョニングすることだけではありません。サービス レベル契約(SLA)への準拠においても重要な役割を果たしています。サービス オーケストレーションの重要な一環として、Cisco NSO は保証システムのプロビジョニングや仮想プローブの導入などを行って、サービスがモニタされるように徹底します。

図 1.      NSO の論理アーキテクチャ

機能と利点

機能 利点
モデル駆動型
  • デバイスのベンダーおよびサービス タイプの追加または変更の高速化
  • サービスの俊敏性と柔軟性を向上
トランザクション
  • 手作業が原因のフォールアウトを防止
  • 設定の期限切れを防止
リアルタイムできめ細かに行き届く構成の変更 (デバイスおよびサービス)
  • すべてのデバイスおよびサービスに対して一元化された完全な制御を実現
ネットワークと同期した構成データベース
  • ネットワーク リソースの適切かつ効率的な使用を促進
フルサービスのライフサイクル管理 (作成、変更、廃止)
  • 柔軟でダイナミックなサービスをエンドユーザに提供
  • 手作業が原因のフォールアウトを防止
マルチベンダー、マルチサービス タイプのサポート
  • 1 つのシステム、1 つのユーザ インターフェイス、および 1 つの API を使用してネット ワーク全体を管理
モデルからレンダリングされた機能豊富なノースバウンド API のセット
  • OSS およびセルフサービス ポータルなどのノースバウンド システムへ簡単に統合
ネットワーク全体で統合されたコマンド ライン インターフェイス (CLI)
  • ネットワーク エンジニア向けの強力なツールを提供
  • 信頼性の構築
API およびパッケージ マネージャにより拡張可能
  • オーケストレーションのための DevOps モデル

サービスの俊敏性

Tail-f ベースの Cisco NSO は、物理と仮想両方のネットワークにおいて、サービスとアプリケーションをプロビジョニング し、制御するプロセスをシンプル化します。特定のネットワーク コンポーネントからネットワーク サービスを切り離すと同時 に、サービス仕様に従ってネットワークを自動的に設定します。

その結果として、新しいサービスやデバイスの追加が、より迅速かつ容易になり、カスタム コードの必要がなくなります。この Cisco NSO により、新しいサービスの設計と導入にかかる時間を削減できます。また、真にリアルタイムのサービス プ ロビジョニングが可能になります。この製品により、以下が実現します。

  • 市場へのさらに迅速なサービスの投入
  • サービスの俊敏性の向上
  • 新たな収益機会の獲得
  • 運用効率の向上

Cisco NSO は、各種の環境およびプラットフォームにおいて、一貫性のあるシームレスなパフォーマンスを実現するように設計されています。このソリューションは、物理および仮想の両方のネットワーク エレメントに対して一貫した運用モデルを使用することにより、双方のエレメントに対して完全なサポートを提供します。また、複数のベンダー環境を調整し、複数のテクノロジー スタックをサポートすることができます。この強力で柔軟なソリューションを利用することにより、ビジネスを変革し、魅力的で収益を生み出すサービスで顧客に貢献することができます。

Cisco NSO はモデル駆動型であり、サービスおよびデバイスの構成は、宣言型の YANGデータ モデルで指定されていま す。したがって、高価なサービスを実装することなく、サービス オファリングを簡単に変更できます。また、競合より先にサービスを市場に投入するのに必要な俊敏性を獲得することができます。

Cisco NSO は高度な自動化機能によって、時間のかかる手動でのプロセスを回避して、新しいサービスをさらに早く導入 することができます。手動操作を必要としない自動化機能により、優れた運用効率を実現することができます。人的なエ ラーおよび手動作業の反復を減らし、アプリケーションおよびサービスの品質を向上させることができます。

Cisco NSO は、アプリケーションのライフサイクルに焦点を置いた ETSI NFV のオーケストレーションと、サービスの動的な設定に対応するサービス オーケストレーションの両方に対応しています。NSO と共に、オプションの VNF の管理に焦点 を置いた VNF マネージャ(Cisco ESC)をご提供可能です。

プラットフォームのサポート

Cisco NSO は、任意の Linux ディストリビューションで実行されます。

サシステム要件

Cisco NSO のシステム要件は、ネットワークの規模やサービスの数など、いくつかのパラメータに応じて異なります。表 1 に、システム設定の例を示します。

表 1.     Cisco NSO のサンプル システム設定

名前 デバイス サービス 推奨メモリ(GB) 推奨 CPU
最小 100 5000 16 4 X 2.6 GHz i7
小規模 1000 10,000 16 4 X 3.6 GHz i7
中規模 6000 20,000 32 4 X 3.6 GHz i7
大規模 20,000 150,000 48 8 X 3.6 GHz i7
超大規模 50,000 1,000,000 112 16 X 3.6 GHz i7

シスコとパートナーによるサービス

シスコとシスコ認定パートナーが提供するサービスは、Cisco NSO をお客様の詳細な要件に適用させるのに役立ちます。 Cisco NSO の主要な差別点の 1 つが、迅速なカスタマイズ フェーズです。時間とコストのかかる OSS プロジェクトの経験 があるのであれば、違いがお分かりになることでしょう。シスコと認定パートナーは、お客様自身でカスタマイズを行うため のトレーニングも提供しています。