Cisco Metapod

Cisco Metapod サポート マトリクス

機能マトリクス





Cisco Metapod™ サポート マトリクス



Cisco Metapod は、パブリック クラウドの運用をお客様のプライベート環境で実現します。シスコのチームが OpenStack プライベート クラウドの設計、セットアップ、運用をすべて担当します。そのためお客様は、アプリケーションの開発や実行および業務に専念できます。Metapod のお客様は、パブリック クラウドを使用するときのような運用の利便性を感じることができ、管理者はユーザ、プロジェクト、クォータ、フレーバーのサイズ、仮想マシンのイメージ、ストレージ、ネットワークなどを完全にコントロールすることができます。リアルタイムの可視化により、お客様はお使いのインフラストラクチャで何が起こっているかを確認でき、さらに、OpenStack の設計と運用はシスコがサービスとして提供します。


プロジェクト 機能 サポート対象 注意事項 ダッシュボード CLI API シスコ
コンピューティング ライブ マイグレーション 対応 ルート ディスクを共有ストレージ(ブロック ストレージまたは NFS)に配置する必要があります。 対応 対応 対応  
ブロック ライブ マイグレーション 対応   対応 対応 対応  
イメージからの起動 対応   対応 対応 対応  
スナップショットからの起動 対応   対応 対応 対応  
ボリュームからの起動 対応   非対応 非対応 非対応  
インスタンスのサイズ変更 対応   対応 対応 対応  
自動インスタンス フェールオーバー 非対応 ユーザがこの機能をアプリケーション レベルで追加するか、または自動/構成管理ツールを使用する必要があります。 N/A N/A N/A  
インスタンスの削除保留 対応 インスタンスが削除保留状態に留まる時間を設定できます。デフォルトは 3 日間です。インスタンスの削除保留はバックエンド機能です。現時点では、これはアップストリームの論理削除機能とは異なり ます。 非対応 非対応 非対応 対応
インスタンス フレーバーの定義 対応   対応 対応 対応  
ブレ―バー アクセス制御 対応   対応 対応 対応  
ホスト アグリゲート 対応 クラウド管理者は、コンピューティング リソース プールを作成して、それらのリソースにスケジュール設定できる特定のフレーバーまたはイメージを定義できます。たとえばプールを使用して、AMD と Intel のサーバのような異なるパフォーマンス特性を持つサーバを分離でき ます。 対応 対応 対応 対応
仮想メモリ重複排除 対応 ハイパーバイザのメモリをフル活用できます。 N/A N/A N/A  
VCPU のオーバーサブスクライブ 対応 管理者は、ハイパーバイザごとの VCPU 数を何倍多く見せるかを設定できます。たとえば、ハイパーバイザに VCPU が 8 個あり、オーバーコミット率が 4 だとすると、ハイパーバイザには VCPU が 32 個あるように表示されます。 N/A N/A N/A  
メモリのオーバーサブスクライブ 非対応 ユーザはハイパーバイザのメモリをオーバーサブスクライブすることはできません。操作を誤ると深刻な障害が発生します。 N/A N/A N/A  
ローカル ディスクのオーバーサブスクライブ 非対応 ユーザはハイパーバイザのローカル ディスクをオーバーサブスクライブすることはできません。操作を誤ると深刻な障害が発生します。 N/A N/A N/A  
ボリュームのオーバーサブスクライブ 対応 ユーザは、ブロック ストレージや NFS ベースのボリュームのボリューム オーバーサブスクリプション率を変更できます。 N/A N/A N/A  
共有ルート ディスクのオーバーサブスクライブ 対応 共有ルート ディスクを使用しているユーザは、ストレージをオーバーサブスクライブできます。 N/A N/A N/A  
アイデンティティ LDAP 連携 対応 AuthN のみ。 N/A N/A N/A  
AD 連携 対応 AuthN のみ。 N/A N/A N/A  
複数拠点でのユーザ レプリケーション 非対応 LDAP または AD と同様の機能を実施できます。 N/A N/A N/A  
複数拠点の認証 非対応   非対応 非対応 非対応  
RBAC 対応 現時点では、ユーザは管理者ロールまたはメンバー ロールを個々のユーザに割り当てられます。カスタム ロールの定義は現在サポートしていません。 対応 対応 対応  
セルフサービス ロールの作成 非対応 現時点では、ダッシュボードでカスタム ロールを定義する機能はありません。そのためユーザは、コントローラ上の該当するファイルにアクセスしてカスタム ロールを定義することはできません。 非対応 非対応 非対応  
SAML 統合 非対応 Juno コード ベースになるまでは使用できません。 非対応 非対応 非対応  
Kerberos 統合 非対応   非対応 非対応 非対応  
セルフサービスのプロジェクト作成 対応 設定すると、エンドユーザが自分でプロジェクトを作成できるようになります。これらのプロジェクトは、プロジェクトのデフォルトのクォータを取得します。これらのデフォルトはクラウド管理者が定義します。 対応 非対応 対応 対応
セルフサービスのプロジェクト管理ロール 対応 セルフサービス プロジェクトの作成が有効になっている場合、プロジェクト管理者は別のユーザにアクセス権を付与して、プロジェクトを管理し、トークンを送信できるようにすることができます。 対応 非対応 対応 対応
トークンベースのプロジェクト アクセス 対応 設定すると、エンドユーザは別のエンドユーザにトークンを付与し、プロジェクトのメンバー権限を与えることができます。 対応 非対応 対応 対応
ネットワーキング フローティング IP 対応 Cisco Metapod ゲートウェイを使用する場合のみ。 対応 対応 対応  
セキュリティ グループ 対応 ユーザがセキュリティ グループを定義したり、そのセキュリティ グループのルールを編集したりできます。これらのグループは、該当するセキュリティ グループに属するインスタンスとの間で送受信されるさまざまなタイプのトラフィックを制御できます。 対応 対応 対応  
プロジェクト ネットワークの作成 対応 プロジェクトへのチケット ベースの追加。 非対応 非対応 非対応  
ネットワーク範囲設定の自動拡張 対応   N/A N/A N/A  
Cisco Metapod ゲートウェイ 対応   N/A N/A N/A  
ハードウェア ゲートウェイ 対応   N/A N/A N/A  
テナントのダイレクト ルーティング 対応          
NAT 対応          
SNAT 対応          
仮想ロード バランサ 対応 シスコは、Snapt ロード バランサ イメージを提供し、Cisco Metapod を使用するすべてのユーザが、基本的なロード バランシングをできるようにしています。Snapt ロード バランサは HA Proxy をベースにしていますが、ロード バランサの管理、設定を行う API と GUI も用意しています。 対応 対応 対応  
セキュリティ プロバイダーの変更 対応 運用担当者が手動で実行する必要があります。 非対応 非対応 非対応  
VXLAN 対応 マルチキャスト/非マルチキャストの VXLAN をサポートします。        
ストレージ Ceph ベースの Cinder 対応 シスコではジャーナル用には SSD を強く推奨しています。その際、SSD と SATA ドライブの比率は 1:7 とすることをお勧めします。これにより、書き込みパフォーマンスが最適になります。 対応 対応 対応  
NAS ベースの Cinder 対応 シスコでは、ユーザが NetApp、EMC、SolidFire の NAS デバイスを使用することを許可します。ただし、NFS エンドポイントを Cisco Metapod 環境に公開可能な場合に限ります。現在すべてのデータ転送は、ファイバ チャネルではなく、10 ギガビット イーサネット ネットワークで行われています。 対応 対応 対応  
Cinder ストレージ タイプの混在 対応 NAS ベースと Ceph ベースの両方の Cinder ストレージ プールを同時に実行できます。 対応 対応 対応  
共有ルート ディスク ストレージ 対応 NAS または Ceph で実行できます。 対応 対応 対応  
一時ルート ディスク 対応   対応 対応 対応  
共有ブロック ストレージ 対応 Ceph の場合。 対応 対応 対応  
オーケストレーション スタックの作成 対応   対応 対応 対応  
自動スケーリング 対応(一部) Autoscaling API はサポートされていますが、トリガーするソフトウェアはアプリケーション開発者が実装する必要があります。 非対応 非対応 非対応  
Cloud Formation テンプレート 対応 Cisco Metapod プラットフォームに統合された OpenStack プロジェクトのサポートに関連するリソースは、Keystone、Nova、Cinder、Nova ネットワークを含めてサポートされています。Cloud Formation テンプレートに対応するものもありますが、すべてがサポートされているわけではありません。 対応 対応 対応  
HOT テンプレート 対応 Cisco Metapod プラットフォームに統合された OpenStack プロジェクトのサポートに関連するリソースは、Keystone、Nova、Cinder、Nova ネットワークを含めてサポートされています。 対応 対応 対応  
イメージ イメージ キャッシング 対応 ブート時間を短縮するため、VM イメージは最初のブート後にハイパーバイザにキャッシュされます。これにより、VM イメージが Glance ストレージからハイパーバイザにコピーされる時間が短縮され ます。 N/A N/A N/A  
ルート ディスクのクローン 対応 Glance イメージと共有ルート ディスクはブロック ストレージに存在している必要があります。この機能により、コピーする必要があるデータの量が少なくてすみ、インスタンスのブート時間が大幅に改善します。 N/A N/A N/A  
カスタム VM イメージ 対応 エンド ユーザまたは管理者が Glance リポジトリにカスタム イメージをアップロードできます。        
インスタンスのスナップショット 対応 ユーザは、実行中のインスタンスのスナップショットを取得して、そのスナップショットからブートでき ます。 対応 対応 対応  
サポートされるイメージ タイプ 対応 AMI、ISO、VMDK、RAW、QCOW2、VHD N/A N/A N/A  
デフォルトで提供されるクラウド対応イメージ 対応 Ubuntu 12.04 および 14.04、CentOS 5.9 および 6.4、Scientific 5.9 および 6.3、Cirros 0.3、Microsoft Windows。これらのイメージはクラウドに対応しており、CloudInit ドライバと VirtIO ドライバがすでにインストールされています。ユーザはこれらのイメージを基にすることで新しいイメージを簡単に構築でき、迅速に立ち上げて稼働させることが可能です。 N/A N/A N/A 対応
コントロール プレーン フル HA 対応 3 台以上のコントローラを備えたクラスタ システムで、全サービスの自動フェールオーバーを実現します。        
高い拡張性 対応 通常プライベート クラウド環境では、単一の可用性ゾーンでサーバを 500 台以上に拡張できます。正確な数は、ユーザのワークロードと設定によって異なります。        
ダッシュボード ライブ統計情報 - ハイパーバイザ 対応 クラウド管理者は、ハイパーバイザの詳細な統計情報を Cisco Metapod ダッシュボードでリアルタイムに確認できます。これらの統計情報には、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークのアクティビティに加え、詳細なプロセス情報も含まれています。 対応 非対応 対応 対応
ライブ統計情報 - コントローラ 対応 クラウド管理者は、ハイパーバイザの詳細な統計情報を Cisco Metapod ダッシュボードでリアルタイムに確認できます。これらの統計情報には、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークのアクティビティに加え、詳細なプロセス情報も含まれています。 対応 非対応 対応 対応
ハイパーバイザ使用率履歴のグラフ 対応 クラウド管理者は、ハイパーバイザ使用率履歴のグラフを確認できます。現在サポートされているグラフは、メモリ使用率、CPU 使用率、CPU 負荷平均、ネットワーク パケット数/秒、ネットワーク転送量(Mb/秒)、ローカル ディスク使用率、ローカル ディスク I/O(MB/秒)です。 対応 非対応 対応 対応
コントローラ使用率履歴のグラフ 対応 クラウド管理者は、コントローラ使用率履歴のグラフを確認できます。現在サポートされているグラフは、メモリ使用率、CPU 使用率、CPU 負荷平均、ネットワーク パケット数/秒、ネットワーク転送量(Mb/秒)、ローカル ディスク使用率、ローカル ディスク I/O(MB/秒)です。 対応 非対応 対応 対応
インスタンス数の履歴情報 対応 クラウド管理者は、組織のクラウド内で実行されているインスタンスの総数を時系列で確認できます。 対応 非対応 対応 対応
VCPU 使用率の履歴情報 対応 クラウド管理者は、インスタンスで使用されている VCPU の総数を時系列で確認できます。 対応 非対応 対応 対応
その他 キャパシティ プランニング 対応 ユーザは、使用されたクラウド リソースやその週の変更をまとめた週次キャパシティ レポートを電子メールで受け取ります。 非対応 N/A N/A 対応






































OpenStack の文字商標および Square O Design は、合わせて、または単体で、米国およびその他の国における OpenStack Foundation の商標または登録商標であり、OpenStack の許可に基づいて使用されます。