ネットワーク管理と自動化

Cisco Dynamic Fabric Automation

Cisco Dynamic Fabric Automation

仮想マシンと物理サーバの導入が大幅に簡素化されます。(5:21 min)[英語]

ネットワークの複雑さを軽減

Cisco Dynamic Fabric Automation によって、ネットワーキングが簡素化され、柔軟性と効率性が向上します。[英語]

ネットワークの複雑さを軽減
ネットワークの複雑さを軽減

クラウド プロビジョニングの自動化

Cisco Dynamic Fabric Automation によって、ネットワークの管理と運用が簡素化されます。

クラウド プロビジョニングの自動化
クラウド プロビジョニングの自動化

優れた統合による運用の簡素化

シスコは、進化を続けるユニファイド ファブリック製品に、Cisco Dynamic Fabric Automation という革新的な技術を採用しました。この機能は、ファブリック管理の簡素化、ファブリック インフラストラクチャの最適化、ならびに物理および仮想環境全体のプロビジョニングの自動化を可能にします。優れた統合によって、運用は大幅に簡単になります。この革新的な技術は、次のようなメリットをもたらします。

ファブリック インフラストラクチャの最適化による効率性と拡張性の向上

最適化されたスパイン リーフ トポロジは、転送能力の強化、コントロール プレーンの分散、および物理と仮想の統合を特徴としています。また、場所を問わず任意のネットワークで、物理サーバと仮想マシンを透過的に移動できるようになり、ネットワークの拡張性も向上します。拡張可能な復元力のほか、障害ドメイン数の減少やマルチテナントの規模というメリットがあります。

シンプルなファブリック管理とオープン API による運用の簡易化

Cisco Prime Data Center Network Manager 7.0 は、物理サーバと VM を含めたファブリックの集中管理を可能にします。同製品は、ネットワーク プロビジョニングの自動化、ファブリック アクセスの一元化、およびホスト、ネットワーク、テナントの可視性も提供します。オープン API を使用することで、クラウド プラットフォームだけでなく、オーケストレーション ツールやオートメーション ツールとの緊密な統合も可能になります。

プロビジョニングの自動化による俊敏性の向上

Cisco Dynamic Fabric Automation(DFA)は、ネットワークの自動化とプロビジョニングにおいて、物理サーバと仮想マシンの導入やファブリック間での移動を簡素化できるようにします。DFA は、物理プロジェクトと VM プロジェクトに、ネットワーク管理者が定義したプロファイル テンプレートを使用します。

サーバ管理者が VM と物理サーバをプロビジョニングすると、ネットワーク ポリシーのインスタンスが自動的に作成され、ネットワーク リーフ スイッチに適用されます。VM がファブリックを移動すると、ネットワーク ポリシーが自動的にリーフ スイッチに適用されます。

運用の簡素化

運用の簡素化

Cisco Dynamic Fabric Automation は、優れた統合によりデータセンターを最適化します。

インフォグラフィックを表示