Cisco Unified Service Monitor

CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0


CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 は、IP コミュニケーションにおけるユーザの通話音声の品質をモニタおよび評価して最適化する、低コストで信頼性の高いツールです。CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 は、シスコ IP コミュニケーションのコンポーネント(Cisco CallManager、Cisco Unity®、CallManager Express、Cisco Unity Express、Cisco MeetingPlace® ソフトウェア、IP Contact Center、Cisco ルータおよびゲートウェイなど)によってサポートされるアクティブな通話を常時モニタし、通話の音声品質がユーザ定義の品質基準を満たさない場合はリアルタイムで通知します。


製品概要

CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 は、モニタリング対象のネットワークにおけるアクティブな IP テレフォニー通話について、音声品質基準の評価を行います。CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 は、CiscoWorks IP コミュニケーション管理ソリューションのコンポーネントです。このソリューションは、管理情報をリアルタイムで提供し、効率的な展開とユーザの利便性の確保に役立つ診断ツールを備えています。


主な機能と利点

リアルタイムの音声品質モニタリング

CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、ネットワーク内のエンドユーザが実際の通話で聞いている音質について、ほぼリアルタイムで情報を提供します。したがって IP ネットワークと IP テレフォニーの管理者は、CiscoWorks IP Communications Service Monitor を利用することで、IP コミュニケーション インフラストラクチャを効果的に管理できます。ユーザの通話音声の状態は、ITU G.107 規格に基づいて計算される Mean Opinion Score(MOS)で表され、60 秒ごとにキャプチャして分析されて、MOS スコアとしてレポートされます。

リアルタイムの音声品質アラート

CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、IP フォン間を流れる RTP ストリームを分析することによって、サービス品質のモニタリングを実行します。CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、そのパフォーマンス特性に基づいて MOS 値を算出します。MOS がユーザ定義のスレッシュホールドに違反している場合は、SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップが生成され、CiscoWorks IP Communications Operations Manager に送信されます。Operations Manager は、この情報を利用してサービス品質(音声品質)アラートをリアルタイムで発行し、問題の解決に役立つその後の診断作業を支援します。

インストレーションと使用の容易さ

Cisco 1040 センサは、Cisco IP Phone と同様に IEEE 802.3af に準拠した Power over Ethernet(PoE)を使用し、Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)サーバ(ほかのシスコの IP テレフォニー コンポーネントが使用するものと同じものを利用可能)から設定情報をダウンロードして取得します。また、Skinny Client Control Protocol(SCCP)を利用して IP Communications Service Monitor アプリケーションとの継続的な通信を保証します。

スケーラビリティと冗長性

CiscoWorks IP Communications Service Monitor ソフトウェアは、1 つのインスタンスで最大 10 台までの Cisco 1040 センサをサポートします。複数の Service Monitor ソフトウェアをモニタリング対象のネットワークに導入すると、IP テレフォニー通話の音声品質をキャプチャして分析するための分散型の冗長メカニズムを実現できます。たとえば、Cisco 1040 センサを 2 台 1 組にして IP フォンの近くに配備することが推奨されます。発信側では、発信した電話の近くにある Cisco 1040 センサに対して、送信方向と受信方向の 2 つの RTP ストリームが発生します。宛先から発信側の電話に到達するパケットを受信するほうが難しいので、宛先から発信側への RTP ストリームは重要になります。また、これは管理者がユーザの使い勝手を判断するために使用する RTP ストリームでもあります。スパン ポートは、80 RTP ストリームを監視するために、スパン宛先ポートをイングレス パケットでのみ見えるように設定することができます。複数の Service Monitor は、Cisco 1040 センサごとに(プライマリ、セカンダリなどとして)定義でき、ソリューションのハイ アベイラビリティと信頼性の確保に役立ちます。

ノースバウンド インターフェイス

Cisco 1040 センサは、音声 RTP ストリームを評価し、モニタリング対象の通話ストリームごとに MOS 値を算出します。CiscoWorks IP Communications Service Monitor によって、すべての MOS 値がユーザ定義のスレッシュホールドに照合して評価されます。スレッシュホールド違反が検出された場合、SNMP トラップを CiscoWorks IP Communications Operations Manager に送信します。CiscoWorks IP Communications Operations Manager では、診断ツールおよびプロセスの起動ポイントとなるリアルタイム アラートのダッシュボード上に SNMP トラップを表示します。SNMP トラップは、ほかの管理アプリケーションおよびツールにも送信できます。

Cisco 1040 センサは、(コーデック エンコーディングに基づいて)音声をサポートするデータ ストリームを評価し、モニタリング対象の通話ストリームごとに MOS 値を算出します。通話の品質低下が検出された場合にほぼリアルタイムでアラートを発行できるように、MOS データは 60 秒ごとに集計、分析、およびレポートされます。通話情報と品質基準のレポートは、Syslog メッセージを利用して CiscoWorks IP Communications Service Monitor のソフトウェア コンポーネントに送信されます。このソフトウェア コンポーネントは Microsoft Windows プラットフォーム上に常駐し、1 台または複数の Cisco 1040 センサからのメッセージを受信できます。音声品質基準は、オプションでデータ ファイルに集計して保存することにより、複数のサードパーティ製アプリケーションのいずれかで分析やレポートを行うことができます。すべての MOS 値がユーザ定義のスレッシュホールドに照合して評価されます。スレッシュホールド違反が検出された場合、SNMP トラップを CiscoWorks IP Communications Operations Manager に送信します。CiscoWorks IP Communications Operations Manager では、診断ツールおよびプロセスの起動ポイントとなるリアルタイム アラートのダッシュボード上に SNMP トラップを表示します。SNMP トラップは、ほかの管理アプリケーションおよびツールにも送信できます。

CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、企業の IP テレフォニーで要求される品質モニタリング要件の大半を満たします。2 種類の標準的な展開方式として、戦略的モニタリングと戦術的モニタリングがあります。

戦略的モニタリングでは、Cisco 1040 センサを導入して、管理対象の環境内の一部またはすべての場所で IP フォンを常時モニタします。モニタリングの目的に応じて、すべてまたはほとんどのサイトを広くカバーすることもあれば、サンプリング技術を利用して代表的なサイトをモニタリングの対象として選択し、それに応じて Cisco 1040 センサの配置を決めることもできます。CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、最大 10 台までの Cisco 1040 センサをサポートでき、通話品質の問題についてリアルタイムでアラートを発行したり、全般的なサービス レベルの評価やサービスレベル契約(SLA)の履行確認に利用できる情報を提供します。

戦術的モニタリング環境では、音声品質に不安または問題が生じているサイト(ブランチ オフィスなど)に対して、Cisco 1040 センサを翌日着で発送します。Cisco 1040 センサは、導入されるとただちに IP ベースの通話の品質をモニタし、評価することができ、込み入った設定や複雑な導入の問題がありません。Cisco 1040 センサは FCC クラス B に準拠しており、あらゆるオフィス環境で容易に導入できます。

全世界で IP ベースのテレフォニーの採用が進むとともに、多くのテクノロジーやアプローチが企業向けに音声品質基準を提供するようになりました。これらのサービスは、音声品質に影響する可能性のある全般的なネットワーク パフォーマンスのモニタリングおよび分析機能を提供しています。その一方で、CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、音声品質モニタリング ソリューションの統合を容易にする、次のような固有の利点と機能を提供します。

  • Cisco 1040 センサは、モニタリング対象の通話について実際の RTP データ ストリームのパフォーマンスを評価します。
  • Cisco 1040 センサは、標準規格ベースの ITU G.107 の R 値を利用してモニタリング対象の通話を評価し、記録します。
  • Cisco 1040 センサは標準規格ベースの PoE を使用します。
  • Cisco 1040 センサは FCC クラス B に準拠しており、あらゆるオフィス環境に導入できます。
  • CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、コスト効率の高い音声品質モニタリングを可能にする、スケーラブルな分散型ソリューションを実現します。
  • CiscoWorks IP Communications Service Monitor の音声品質アラートは、CiscoWorks IP Communications Operations Manager に組み込まれており、診断ツールおよびプロセスの起動ポイントとなる専用の Service Quality Alert ディスプレイに情報を表示します。

アプリケーション

中小・中堅企業

CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、企業の IP テレフォニーで要求される音声品質モニタリング要件の大半を満たします。中小・中堅企業への展開(一般に IP フォンが 1,000 台未満の場合)では、CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 のソフトウェア コンポーネントを、単一のプラットフォーム上に CiscoWorks IP Communications Operations Manager 1.0 とともに常駐させます。これは、1 回のインストレーション プロセスで、必要なコンポーネントをすべて導入できます。

※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

Cisco 1040 センサは 2 種類のバンドルで提供されています。両バンドルとも、各センサが別々にパッケージングされているため、梱包材を追加しなくても個々のセンサを目的の宛先サイトに出荷できます。第 1 のパッケージング オプションは、2 台の Cisco 1040 センサのバンドルです。第 2 のパッケージング オプションは、6 台の Cisco 1040 センサと IP Communications Service Monitor のバンドルです。

CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、IP フォン間を流れる RTP ストリームを分析することによって、サービス品質のモニタリングを実行します。CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、そのパフォーマンス特性に基づいて MOS 値を算出します。その値がユーザ定義のスレッシュホールドに違反している場合は、SNMP トラップが生成されます。CiscoWorks IP Communications Operations Manager は、その情報を利用してサービス品質(音声品質)のアラートをリアルタイムで発行します。CiscoWorks IP Communications Operations Manager は、CiscoWorks IP Communications Service Monitor から受け取る SNMP トラップを処理し、そのトラップに含まれるエンドポイントの情報を、現在 CiscoWorks IP Communications Operations Manager がモニタしている IP フォンまたは IP コミュニケーション デバイスに関連付けます。さらに、診断ツールおよびプロセスの起動ポイントとなる Service Quality Alerts ディスプレイにその情報を表示します。

大企業

大企業への展開(一般に IP フォンが 1,000 台を超える場合)では、CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 のソフトウェア コンポーネントを、(モニタリング対象の通話数によっては)単一のプラットフォーム上に CiscoWorks IP Communications Operations Manager 1.0 とともに常駐させることもできますが、独立したプラットフォームを使用することが推奨されます。展開規模が相当大きくなるか、専用または分散型のサーバが想定されている場合、CiscoWorks IP Communications Service Monitor は個別にパッケージングされ、専用サーバ上で実行できます。単一の IP Communications Service Monitor ソフトウェアによって、最大 10 台までの Cisco 1040 センサがサポートされています。複数の IP Communications Service Monitor ソフトウェアをモニタリング対象のネットワークに導入すると、IP テレフォニー通話の品質をキャプチャし、分析する分散型のスケーラブルな冗長メカニズムを実現できます。

※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

Cisco 1040 センサは 2 種類のバンドルで提供されています。両バンドルとも、各 Cisco 1040 センサが別々にパッケージングされているため、梱包材を追加しなくても個々の Cisco 1040 センサを目的の宛先サイトに出荷できます。第 1 のパッケージング オプションは、2 台の Cisco 1040 センサのバンドルです。第 2 のパッケージング オプションは、6 台の Cisco 1040 センサと CiscoWorks IP Communications Service Monitor ソフトウェア コンポーネントのバンドルです。

システム インテグレータとマネージド サービス プロバイダー
CiscoWorks IP Communications Service Monitor は企業環境向けに設計されており、システム インテグレータ、および管理代行サービスを顧客に提供しているマネージド サービス プロバイダーに役立つ複数の機能と利点を備えています。CiscoWorks IP Communications Service Monitor は中央サイトに展開でき、顧客のネットワークをリモートでモニタできます。また、拡張して複数のサイトや大規模展開をモニタできるため、マネージド サービス プロバイダーが顧客の通話の音声品質をモニタするのに役立ちます。


製品アーキテクチャ

CiscoWorks IP Communications Service Monitor は、ハードウェア センサとソフトウェア アプリケーションの 2 つのコンポーネントで構成されています。ハードウェア センサ(Cisco 1040 センサ)は、音声特有の RTP データ ストリーム スイッチのモニタリングに使用される、低コストの小型デバイスです。Cisco 1040 センサは、モニタリング対象の IP フォンに最も近いシスコ製スイッチに導入する必要があります。Cisco 1040 センサは、Cisco IP Phone と同様に、IEEE 802.3af で受電し、TFTP サーバ(ほかのシスコの IP テレフォニー コンポーネントが使用するものと同じものを利用可能)から設定情報をダウンロードして取得します。また、SCCP を使用して IP Communications Service Monitor アプリケーションとの継続的な通信を保証します。

※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


製品仕様

表 1 ~ 3 は、CiscoWorks IP Communications Service Monitor の製品の互換性、システム キャパシティ、およびシステム要件の一覧です。

表 1 製品仕様

説明 仕様
製品の互換性 次の製品で構成されるシスコ IP コミュニケーションの展開:Cisco CallManager、Cisco Unity ソフトウェア、IP Contact Center 製品、CallManager Express、Cisco Unity Express、Cisco MeetingPlace ソフトウェア、Cisco Conference Connection、Cisco Personal Assistant、Cisco Emergency Responder、ルータ、ゲートウェイ、スイッチ、および IP フォン
ソフトウェアの互換性

サーバ プラットフォーム:Windows 2003 Server

クライアント プラットフォーム:Windows 2003、Windows XP、インターネット ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6.0、Mozilla Firefox 1.0



表 2 システム キャパシティ

システム パラメータ キャパシティ
モニタリング対象の通話数 Cisco 1040 センサあたり 80 のアクティブな通話
各 CiscoWorks IP Communications Service Monitor ソフトウェアがサポートする Cisco 1040 センサの数 10


CiscoWorks IP Communications Service Monitor ソフトウェアを複数展開することで(各ソフトウェアが最大 10 台までの Cisco 1040 センサをサポート)、非常に大規模な企業や分散型の企業のニーズにも対応できます。これらは、結果を単一または複数の IP Communications Operations Manager ソフトウェア、または別の Manager of Managers(MoM)にレポートできます。


システム要件

表 3 システム要件

説明 仕様
サーバ要件
プロセッサ Pentium 4 プロセッサ、2 GHz 以上
メモリ 2 GB RAM
スワップ ファイル 4 GB スワップ ファイル
空きディスク容量 40 GB ハード ドライブ
ハードウェア サーバ プラットフォーム
ソフトウェア Windows 2003 Server
クライアント要件
プロセッサ Pentium 4 プロセッサ、1 GHz 以上
メモリ 512 MB RAM
スワップ ファイル 1 GB スワップ ファイル
ハードウェア 任意の PC またはサーバ プラットフォーム
ソフトウェア Windows XP Home、Windows XP Professional、Windows 2003 Server


これらの要件は、CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 が動作するために最低限必要なハードウェア構成の概要を示すものです。ネットワークの規模やモニタリング対象の通話数に応じて、これらの要件は変化する場合があります。


発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細は、「発注方法」を参照してください。

表 4 発注情報

製品名 製品番号
Cisco 1040 センサ CWIPCSA-1040
CiscoWorks IP Communications Sensor A 1.0 CWIPCSA-1.0
CiscoWorks IP Communications Sensor A 1.0 - 2 パック CWIPCSA-1.0-2PK
CiscoWorks IP Communications Sensor A 1.0 - 6 パック、IP Communications Service Monitor 1.0 ソフトウェア付属 CWIPCSA-6PK-K9
CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 ソフトウェア CWIPCSA-1.0-K9



サービスおよびサポート

シスコは、お客様の成功を確かなものにするため、さまざまな新しいサービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。サービスについての詳細は、以下の URL を参照してください。


関連情報

CiscoWorks IP Communications Service Monitor 1.0 の詳細については、http://www.cisco.com/jp/product/hs/netmgt/cwicsm/ をご覧いただくか、シスコ製品販売代理店の担当者にお問い合わせください。

お問い合わせ