Cisco Unified Operations Manager

Cisco Unified Operations Manager 2.1


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





Cisco Unified Operations Manager 2.1


シスコ ユニファイド コミュニケーション

シスコ ユニファイド コミュニケーションは、固定およびモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合し、いつでもどのようなワークスペースからのコラボレーションでも可能にします。

製品概要

Cisco® Unified Operations Manager は、Cisco Unified Operations Manager、Cisco Unified Provisioning Manager、Cisco Unified Service Monitor、および Cisco Unified Service Statistics Manager から構成されるシスコ ユニファイド コミュニケーション管理スイートのコンポーネントです。シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの管理用に設計されているシスコ ユニファイド コミュニケーション管理スイートは、ソリューションのライフサイクルを通して、包括的な動作、モニタリング、およびトラブルシューティングの機能を提供します(図 1)。

図 1 Cisco Unified Operations Manager のサービスレベル ビュー

図 1 Cisco Unified Operations Manager のサービスレベル ビュー
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

Cisco Unified Operations Manager は、シスコ ユニファイド コミュニケーション システム全体(基盤となる伝送インフラストラクチャを含む)を、プロアクティブかつ対処的な診断機能を使用して包括的にモニタリングします。

Cisco Unified Operations Manager は、ユニファイド コミュニケーション ネットワーク内のすべてのデバイスおよびアプリケーションの役割を識別し、これらのデバイスおよびアプリケーションを監視し、あらかじめ組み込まれたルールとインテリジェンスを使用して障害を検出します。コンテキスト診断を行う組み込みルールにより、主要なサービスに影響する機能が停止することがないように、迅速なトラブルシューティングが実行されます。ルールの作成、しきい値の定義、および費用と時間のかかる初期設定は不要です。


機能と利点

ユニファイド コミュニケーション システムのリアルタイム ビジュアライゼーション

Cisco Unified Operations Manager は、ネットワークのサービスレベル ビューにより、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムの現在の動作ステータスを表示します。Alerts and Events ディスプレイ、IP Phone Status ディスプレイ、および Service Quality Alerts ディスプレイでは、監視するデバイス、アプリケーション、および電話機の最新の障害ステータスを表示します。ドリル ダウン ビューには、ソリューションの各コンポーネントの動作ステータス、および他のコンポーネントとの相互関係が、トランク グループやルート リストなどの論理エンティティのステータスとともに表示されます。

ユニファイド コミュニケーション ネットワークを自動的に学習して効果的に監視することにより、時間を節約

Cisco Unified Operations Manager は、自動的にネットワークを検出し、ユニファイド コミュニケーション ネットワーク内のすべてのデバイスおよびアプリケーションの役割を識別することで、ナレッジ ベースをアップデートします。検出されたネットワーク エレメントを監視し、組み込みのインテリジェンスを使用して障害を検出し、アラートとイベントによりすぐにネットワーク管理者にアラートを発行します。ネットワーク管理者は、Alerts and Events ディスプレイで各アラートおよびイベント用の状況依存ツールを起動して、障害のトラブルシューティングを行うことができます。たとえば、IP Phone Status ディスプレイでは、電話機のスイッチ、スイッチ ポート、シリアル番号、アプリケーション ロードなどに関する情報を表示できるため、管理者は電話機を特定し、さらに問題のトラブルシューティングを行うことができます。

また、Cisco Unified Operations Manager は、Service Quality Alerts ダッシュボードを通して、各電話機の音声品質の低下を報告します。

ユニファイド コミュニケーション ネットワークを毎日プロアクティブにテスト

Cisco Unified Operations Manager は一連の強力な診断テスト機能を備えており、この機能を要求に応じて実行するか、またはスケジュールに組み込んで実行することにより、プロアクティブなネットワークの健全性のモニタリングと問題の特定が可能です。電話機テストはバッチ モードで実行し、複数の電話機の機能を一括でテストします。このテストにより、コール、コールの保留、コール パーク、コール転送、会議などの電話機の機能を検証できます。模擬テストでは、ユーザの操作(ダイヤル トーンの取得、電話の発呼、ボイス メールの記録、電話会議の開始または電話会議への参加)をプロアクティブにテストできます。ダイヤル プラン テストは、すべてのダイヤル プランをテストして検証する、簡易なメカニズムを提供します。ノード間テストでは、シスコ製ルータの Cisco IOS® Software IP SLA のサービスを利用してネットワーク トラフィックをシミュレーションし、到達可能性のステータス、応答時間、遅延、ジッタ、パケット損失、ネットワーク品質といったネットワークの特性を確認します。

表 1 に、Cisco Unified Operations Manager の機能を示します。

表 1 Cisco Unified Operations Manager の機能と利点

機能 利点
自動検出
  • Cisco Unified Communications Manager クラスタ エレメントと関連するユニファイド コミュニケーション アプリケーション、電話機、およびゲートウェイの自動検出
  • ネットワーク トポロジ ビューの自動グループ化および読み込み
サービスレベル ビュー
  • シスコ ユニファイド コミュニケーション システム全体を視覚化して監視するシングル ビュー
  • 診断、レイヤ 2 物理接続、ステータスおよびパフォーマンス モニタリングのためのコンテキスト(右クリック)メニュー
アラートとイベント
  • ユニファイド コミュニケーション ネットワーク内のすべての障害のリアルタイム ステータスをすばやく表示
  • 選択可能で集中的なモニタリングのためのビューをカスタマイズ可能
パフォーマンス モニタリング
  • リソース使用状況(CPU、メモリ、メディア Digital Signal Processor [DSP; デジタル シグナル プロセッサ] リソース)、アクティブ コール、トランク統計情報(トランク使用状況、ポート使用状況、ゲートウェイ統計情報)など、異なるエレメントの主要なパフォーマンス メトリックを視覚化
  • 重要なメトリックを並べて比較するグラフィック チャート
診断テスト
  • 模擬テスト(呼処理サーバと電話機間)および電話機間テストにより、エンドツーエンド サービス接続を保証
  • 電話機バッチ テストおよびステータス テストにより、電話機機能が規定どおりに働くことを保証
  • IP SLA ノード間テスト
ノースバウンド通知
  • E メール、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)トラップ、および Syslog サポート
  • 一連のデバイスに特有のリアルタイム障害通知を特定のサブスクライバに送信する、包括的な設定機能
  • HP OpenView や IBM Tivoli などの Manager of Managers(MoM)との統合
  • ネットワーク管理者が停止の性質を迅速に判断して、問題を即座にトラブルシューティングするための、コンテキストに合わせたリンクが転送されます。
サービスレベルおよびインベントリ レポート
  • レポートを表示、アーカイブ、エクスポート、または E メールでスケジュールに従ってサブスクライバに送信できます。
  • アラート、イベント、およびサービス品質の履歴レポートでは、長期的な傾向分析のための過去の障害を文書で記録できます。
  • 電話レポートでは、ネットワーク内に配置されたすべての IP フォンおよびビデオ対応 IP フォンについて、電話機の移動、変更、およびステータスの情報が提供されます。
  • 個人専用のレポートをカスタマイズすることにより、特定の一連のデバイス、電話機、および診断テストに関する情報を収集し、定期的に E メールで送信できます。


Premium Edition と Standard Edition

Cisco Unified Operations Manager には、Standard Edition と Premium Edition があります。Premium Edition では、承認テスト、ダイヤル プラン テスト、電話機機能テスト、IP SLA テストのほか、ビデオ対応電話機および TelePresence エンドポイントのモニタリングとレポートの機能も備えています。


サポートされているシスコ ユニファイド コミュニケーションのアプリケーションおよびデバイス

次の製品で構成されるシスコ ユニファイド コミュニケーション システム:Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unity®、Cisco Unity Connection、Cisco Unified Contact Center、Cisco Unified MeetingPlace® Express、Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unity Express、Cisco Unified Contact Center Express、Cisco Conference Connection、Cisco Personal Assistant、Cisco Emergency Responder、Cisco Unified Presence Server、ルータ、ゲートウェイ、スイッチ、および IP フォン(IP Communicator および Cisco Unified Personal Communicator を含む)


システム要件

表 2 に、Cisco Unified Operations Manager のシステム要件を示します。表 3 に、各サーバのシステム キャパシティを示します。

表 2 システム要件

説明 仕様
サーバ要件
システム パラメータ 最大 30,000 台の IP フォンおよび 1,000 台の IP デバイス 最大 30,000 台の IP フォンおよび 2,000台の IP デバイス
プロセッサ Intel Pentium または Xeon プロセッサ、または AMD Opteron プロセッサ、2 GHz 以上 2 基の Intel Pentium または Xeon プロセッサ、または 2 基の AMD Opteron プロセッサ、2 GHz 以上
メモリ 4 GB 8 GB
ページ ファイル 4 GB 4 GB
ソフトウェア Windows 2003 Server(SP 2 を適用):Standard Windows 2003 Server(SP 2 を適用):Enterprise
空きディスク容量 72 GB を推奨
クライアント要件
プロセッサ Pentium 4 プロセッサ、1 GHz 以上
メモリ 1 GB RAM と 2 GB の仮想メモリ
ソフトウェア

Microsoft Internet Explorer 6.0、Macromedia Flash Player 8.0

Windows XP、Windows 2003 Server プラットフォーム

表 3 システム キャパシティ(Cisco Unified Operations Manager サーバ 1 台あたり)

システム パラメータ キャパシティ
モニタリング可能な IP フォンの数 30,000
モニタリング可能なデバイスの数 2000
モニタリング可能な Cisco Unified Communications Manager クラスタの数 30
モニタリング可能な Cisco Unified Communications Manager Express ルータの数 500
モニタリング可能な Survivable Remote Site Telephony(SRST)ルータの数 500

注: テストで認定された特定のバージョンについては、次の URL にある Cisco Unified Operations Manager Supported Devices Table を参照してください(英語)。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/products_device_support_tables_list.html


発注情報

Cisco Unified Operations Manager 2.1 は、2008 年 11 月 7 日に出荷開始予定です。ベースの製品番号には、記載された数の電話機に対するライセンスが含まれています。追加ライセンスを使用して、サポートする電話機の最大数を増やすことができます。Cisco Unified Operations Manger は、管理スイート バンドルの一部またはスタンドアロンの製品として発注できます。

ライセンスは、Standard Edition から Premium Edition へのアップグレードにも対応しています。発注情報の詳細については、『Cisco Unified Communications Suite Ordering Guide』を参照してください。

表 4 に、発注情報を示します。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。

表 4 発注情報

製品名 Premium Edition Standard Edition
シスコ ユニファイド コミュニケーション管理スイート バンドル(1K ライセンス PM 1.3、OM 2.0 Premium、SM 2.0、および SSM 1.0 ) CUCMS-A-1K-K9  
シスコ ユニファイド コミュニケーション管理スイート バンドル(5K ライセンス PM 1.3、OM 2.0 Premium、SM 2.0、および SSM 1.0 ) CUCMS-A-5K-K9  
シスコ ユニファイド コミュニケーション管理スイート バンドル(10K ライセンス PM 1.3、OM 2.0 Premium、SM 2.0、および SSM 1.0 ) CUCMS-A-10K-K9  
CUCMS モニタリング バンドル 1K ライセンス OM/SM 2.1 CUCMS21-MON1K-PK9 CUCMS21-MON1K-SK9
CUCMS モニタリング バンドル 2K ライセンス OM/SM 2.1 CUCMS21-MON2K-PK9 CUCMS21-MON2K-SK9
CUCMS モニタリング バンドル 5K ライセンス OM/SM 2.1 CUCMS21-MON5K-PK9 CUCMS21-MON5K-SK9
CUCMS モニタリング バンドル 10K ライセンス OM/SM 2.1 CUCMS21-MON10K-PK9  
Cisco Unified Operations Manager 2.1 1K 電話機 CUOM-2.1-1K-P-K9 CUOM-2.1-1K-S-K9
Cisco Unified Operations Manager 2.1 2K 電話機 CUOM-2.1-2K-P-K9 CUOM-2.1-2K-S-K9
Cisco Unified Operations Manager 2.1 5K 電話機 CUOM-2.1-5K-P-K9 CUOM-2.1-5K-S-K9
Cisco Unified Operations Manager 2.1 10K 電話機 CUOM-2.1-10K-P-K9  


シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービスでは、安全で耐障害性の強いシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの導入により、コスト削減および生産性向上を促進します。シスコと認定パートナーが提供するサービスは、固定およびモバイル ネットワーク上に音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する実証済みの方法に基づいています。サービスに対する独自のライフサイクル アプローチにより、技術経験を向上させ、ビジネスにおける真の優位性を実現します。サービスについての詳細は、以下のURLを参照してください。


関連情報

Cisco Unified Operations Manager の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/cwicom をご覧ください。

お問い合わせ