Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)

イントロダクション


ネットワーク プロビジョニングをプログラムによって自動化

Cisco Application Policy Infrastructure Controller(Cisco APIC)は、アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)ファブリックの自動化と管理を一元化します。 すべてのファブリック情報へのアクセスの一元化と、アプリケーション ライフサイクルの最適化による拡張性やパフォーマンスの向上を実現し、物理および仮想リソースを対象とする柔軟なアプリケーション プロビジョニングをサポートします。

ACI による IT 運用のシンプル化

ACI による IT 運用のシンプル化

データセンターの運用における Cisco APIC の利点について学習します。

今すぐ観る [英語]
 Cisco ACI による OpenStack

Cisco ACI による OpenStack

ホワイト ボードを使って OpenStack での ACI の利点について学習します。

ブログを読む [英語]

機能と特長

  • 物理インフラストラクチャ、仮想インフラストラクチャ、およびクラウド インフラストラクチャ向けの中央集中型アプリケーションレベルのポリシー エンジン
  • アプリケーションおよびテナント別の詳細の表示、テレメトリ、およびヘルス スコア
  • オープン スタンダードとオープン API に基づく設計
  • マルチテナント セキュリティ、Quality of Service(QoS)および高可用性の堅牢な実装
  • VMware、Microsoft、OpenStack などの管理システムとの統合

自動化、プログラマビリティ、集中管理を考慮して設計された Cisco APIC は、XML と JSPN を通じてノースバウンド API を公開します。 API を使用してファブリックを全体的に管理するコマンドライン インターフェイスと(CLI)と GUI の両方を備えています。

OpFlex

OpFlex は、データセンター ネットワークに直接ポリシーを提供する新しいオープンで拡張可能なサウスバウンド プロトコルです。 一般的に使用されている SDN プロトコルとは異なり、低レベルの設定ではなく、アプリケーション ポリシーをネットワーク デバイスに提供します。 これにより、デバイスは新しいイノベーションを自己設定し、自由に公開できます。

ポリシーを一元化すると同時に制御を分散することにより、ネットワークの拡張性、修復力、および相互運用性が大幅に向上します。 シスコおよびパートナー各社は、オープン ソース SDN 実装用 OpenDaylight に対する標準化のために、OpFlex を IETF に申請しています。

主要なハイパーバイザ、スイッチ、およびレイヤ 4 〜 7 サービス用の OpFlex エージェントは Github から無料で入手できます。 OVS でのリファレンス実装が利用できます。

ACI インフォグラフィック

ACI インフォグラフィック

ACI によりアプリケーション導入のシンプル化、迅速化、および効率化を実現する方法を確認します。

図を拡大

Cisco APIC には次のような機能があります。

  • アプリケーション セントリック ネットワーク ポリシーの一元管理
  • ファブリック イメージ管理とインベントリ
  • アプリケーション、テナント、およびトポロジ モニタリング
  • トラブルシューティング

また、Cisco APIC はデータ パスから完全に切り離されます。 つまり、Cisco APIC との通信が失われた場合でも、ファブリックは依然としてトラフィックを転送できます。

関連製品

関連資料

お問い合わせ