Cisco Virtualization Experience Client 4000 シリーズ

Cisco Virtualization Experience Client 4000 リリース 1.0


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





Cisco Virtualization Experience Client 4000 リリース 1.0



製品の概要


Cisco® Virtualization Experience Client 4000(VXC 4000)は Cisco Virtualization Experience Client ポートフォリオの 1 つで、シスコの仮想化エクスペリエンス インフラストラクチャ(VXI)ソリューションの一部として提供されます。

Cisco VXI は、仮想デスクトップ、音声、ビデオを統合し、次世代の仮想ワークスペースを実現するソリューションです。性能もコストも犠牲にすることなく、柔軟でセキュアな統合インフラを構築し、高度なエクスペリエンスをエンドユーザに提供します。

Cisco VXC 4000 は、リッチメディア機能対応の仮想デスクトップを組み合わせたデスクトップ仮想化エンドポイントの新しいクラスの 1 つです。現在のビジネスシーンでは、さまざまなオペレーティング システムやデバイスを使用して、多様なネットワーク環境や業務に対応し、いつでもどこにいても、データ、アプリケーション、サービスにアクセスできることが求められています。また、リッチ メディアやコラボレーションの包括的なサービスを使用しながら、妥協や制約のないユーザ エクスペリエンスを実現することも期待されています。

Cisco VXC エンドポイントは、こうした要求に応えることのできる製品です。このエンドポイントを使用すれば、高い評価を得ているシスコの多彩なコラボレーションのユーザ エクスペリエンスを損なうことなく、いつでもどこにいても、業務に使用するアプリケーションやコンテンツにリアルタイムでセキュアなアクセスが可能です(図 1)。

Cisco VXC 4000 は、高品質でコラボレーティブな音声のユーザ エクスペリエンスについて妥協することなく、仮想デスクトップの利点をユーザに提供するソフトウェア アプライアンスです。Cisco VXC 4000 ソフトウェア アプライアンスの他、Cisco VXC のエンドポイントのポートフォリオにはゼロ クライアント、シン クライアント、企業向けタブレットが含まれます。

リモートのホスト型仮想デスクトップにセキュアなアクセスを提供して「私物 PC の持ち込み」モデルを採用するか、または古い PC をシン クライアントとして再利用するか、いずれの場合でも、Cisco VXC 4000 はデータセンターとのやり取りにおける「ヘアピン」通信による遅延や生産性の非効率性をなくし、妥協のないコラボレーションを実現します。

Citrix Receiver または VMware View for Windows を使用してホスト型仮想デスクトップに接続すると、Cisco VXC 4000 はローカルで動作しながら、仮想化 Windows PC をリッチかつメディア対応型の仮想デスクトップ クライアントへと変換します。これにより、「ヘアピン」動作が発生しない高品質かつスケーラブルな音声が実現します。Cisco Unified Personal Communicator や Cisco UC Integration™ for Microsoft Lync は、Windows が動作する仮想デスクトップ上で動作し、リッチなコラボレーション エクスペリエンスを提供します。

図 1 Cisco VXC 4000

図 1 Cisco VXC 4000


機能と利点


  • 仮想化された Windows PC がリッチメディア対応(リリース 1 は音声のみ)の仮想デスクトップ クライアントに進化(注:Citrix Receiver for Windows または VMware View Client for Windows のインストールを別途インストールする必要があります)
  • 高品質かつスケーラブルな音声をサポートし、最適なユーザ エクスペリエンスを提供
  • ネットワークやデータセンターの CPU リソースを効率的に利用し、ヘアピン動作の影響を回避できるインテリジェントな音声処理機能の導入
  • Citrix XenDesktop および VMware View からのリッチな音声コラボレーションを実現する Windows ベースのソフトウェア アプライアンスを提供。サポートされるオーディオ形式:Internet Speech Audio Codec(iSAC)、iLBC、G.711a、G.711u、G.722、G.729a、G.729ab(SCCP のみ)

:シスコのリニア ワイドバンド音声コーデック(非圧縮ワイドバンドの 16 ビット、16 kHz)はサポートされていません。

  • Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration™ for Microsoft Lync を組み合わせることで、プレゼンス、インスタント メッセージング、ボイスメール、Web 会議と音声コミュニケーションをどこからでも統合的に利用可能

ライセンス


Cisco VXC は、シスコの主要なデータセンター アーキテクチャである Cisco Unified Computing System™ インフラストラクチャとシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションを活用する一連のエンドポイント製品です。

表 1 に、システムの各種コンポーネントのライセンス要件を示します。詳細については、このドキュメントの「発注情報」のセクションを参照してください。

表 1 ライセンス要件

項目 説明
Cisco VXC 4000(Cisco Unified Communications Manager の登録ライセンスを含む) Cisco Unified IP Phone と同様に、Cisco VXC 4000 でも Cisco Unified Communications Manager の登録ライセンスの購入が必要です。
製品の発注ガイドを参照してください。
Cisco Unified Personal Communicator 8.5 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6844/products_data_sheets_list.html を参照してください。
Cisco UC Integration™ for Microsoft Office Communicator または Cisco UC Integration™ for Lync 8.5 http://www.cisco.com/en/US/products/ps11390/products_data_sheets_list.html を参照してください。
VMware VMware はサーバとユーザを基準としたライセンスを提供します(http://www.vmware.com/jp/)。
Citrix Citrix はサーバとユーザを基準としたライセンスを提供します(www.citrix.co.jp/)。


システム要件


表 2 に、Cisco VXC 4000 のシステム要件を示します。

表 2 システム要件

項目 説明
オペレーティング システム Microsoft Windows オペレーティング システム:Windows XP SP3、32 ビットまたは Vista SP2(Ultimate、Enterprise、または Business)、32 ビットまたは 64 ビット*、または Windows 7(Professional、Enterprise、または Ultimate)、32 ビットまたは 64 ビット*
* 統合ソリューションは 64 ビット版 Windows 上で 32 ビット アプリケーションとして動作します。
仮想デスクトップ クライアント(各ベンダーが直接提供) Citrix Receiver for Windows 3.x
VMware View Client for Windows 5.0x 以降
Cisco Unified Communications Manager のサポート Cisco Unified Communications Manager 7.1.x/8.0.x/8.5.x/8.6.x
Cisco Unified Communications クライアントのサポート Cisco Unified Personal Communicator 8.5.x
Cisco UC Integration™ for Microsoft Office Communicator または Cisco UC Integration™ for Lync 8.5.x
Cisco AnyConnect Cisco AnyConnect を実行している場合は、バージョン 2.5 以降が必要です。


ハードウェア要件


Cisco VXC 4000 のハードウェアに関する最小要件は、基本のオペレーティング システム イメージの一部としてアプリケーションおよびサービスのみが稼働している場合のものです。管理者は、PC 上で動作するアプリケーション パフォーマンスに影響を与える可能性のあるその他アプリケーションについて、これらがワークステーション上で適切に動作できるかを考慮し、特に CPU 速度やメモリなどのシステム設定を決定する必要があります。

Citrix Receiver または VMware View のクライアントは別途インストールするため、これらのアプリケーションに割り当てるメモリおよびディスク領域も合わせて考慮する必要があります。

表 3 に、Cisco VXC 4000 のハードウェア要件を示します。

表 3 Cisco VXC 4000 のハードウェア要件

項目 最小要件
メモリ 1 GB のメモリ
アプリケーション起動前のディスク領域 350 MB
アプリケーション実行時のディスク領域 1 GB
音声ドライバ 標準 Windows 音声デバイス ドライバおよび追加音声デバイス(USB ヘッドセットなど)に必要なドライバ


動作検証済み音声デバイス


表 4 に、Cisco VXC 4000 で動作検証済みの音声デバイスを示します。

表 4 動作検証済み音声デバイス

メーカー モデル
Jabra
  • PRO 9400 シリーズ:PRO9450、PRO9460 Mono、PRO 9460 Duo、PRO9465 Duo、PRO9470
  • BIZ2400 USB
  • Speak410
  • リンク シリーズ:Link280、Link220
  • GO6430
  • GN2100 および GN2000 は現行モデルですが、シスコでは BIZ2400 および UC Voice 550 の使用を推奨します。
  • GN9350 は現行モデルですが、シスコでは Jabra PRO9450 の使用を推奨します。
Plantronics Blackwire USB ワイヤード ヘッドセット ファミリ
Calisto USB ハンドセットおよびスピーカーフォン ファミリ
CS50 および CS60 USB ワイヤレス ヘッドセット システム ファミリ
DA45 USB アダプタ ファミリ(Plantronics H シリーズ ヘッドセット、別名 H-top ヘッドセットと併用)
Savi Office ワイヤレス ヘッドセット システム ファミリ、DECT
Voyager PRO UC Bluetooth ヘッドセット システム ファミリ
注:一覧にあるヘッドセット ファミリのうち、M バージョン以外に対応しています。


シスコはこれらのデバイスのサポートを保証しておりませんので、ご注意ください。サポートに関する質問はすべて、デバイス メーカーにお尋ねください。

保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証のページを参照してください。

発注情報


表 5 に、Cisco VXC 4000 の発注情報を示します。シスコ製品の購入方法については、「購入案内」ページを参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

表 5 発注情報

製品名 製品番号
L-CVXC-4000W-BDL= Cisco VXC 4000 for Windows バンドル - eDelivery
CVXC-4000W-BDL= Cisco VXC 4000 for Windows バンドル


シスコ サービス


シスコのサービスは、ネットワーク、アプリケーション、およびそれらの利用者の連携を強化します。

ネットワークは今、人、情報、アイデアのより高度な統合を必要とする世界において、戦略的プラットフォームとなっています。製品とサービスを組み合わせて、ビジネス ニーズと機会に沿ったソリューションを形成することによって、ネットワークをより効果的に利用することができます。

サービスに対するシスコのライフサイクル アプローチでは、ネットワークのライフサイクルの各段階で必要なアクティビティを定義し、優れたサービスを確約しています。シスコと優れたパートナーのネットワーク、そしてお客様の力を結合するコラボレーティブなサービス提供により、シスコは最高の成果を達成します。

関連情報


詳細については、次のサイトを参照してください。

お問い合わせ