Cisco Unified Personal Communicator

Cisco Unified Personal Communicator 7.0


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco Unified Personal Communicator イントロダクション をご覧ください。

 

データ シート





Cisco Unified Personal Communicator 7.0


シスコ ユニファイド コミュニケーションのソリューションは、固定およびモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合し、いつでもどのようなワークスペースからのコラボレーションでも可能にします。

Cisco Unified Personal Communicator は、Cisco Unified Communications 製品シリーズに不可欠なコンポーネントであり、きわめて使用頻度の高い各種のコミュニケーション アプリケーションとサービスを、ひとつのクライアントへと透過的に統合します。PC または Mac 上の 1 つの使いやすいユーザ インターフェイスから、ソフトフォン、プレゼンス、インスタント メッセージング、ビジュアル ボイスメール、クリックツーコール、社員ディレクトリ、通信履歴、ビデオ、Web 会議などの便利なコミュニケーション ツールにすばやく簡単にアクセスでき、コミュニケーションの効率と仕事の生産性を向上します。


さらに効果的なコミュニケーション

企業では日常的に大量のコミュニケーションが発生し、社員、パートナー企業、および顧客とのコミュニケーションのためにさまざまなデバイスやアプリケーションを使用する必要があります。それぞれのアプリケーションは、ルール、ツール、ディレクトリに共通性がなく、動作も異なります。Cisco Unified Personal Communicator では、さまざまなコミュニケーション ツールに迅速かつ簡単にアクセスできるため、コミュニケーションにまつわる操作が簡素化されます。たとえば、Cisco Unified Personal Communicator の動的なプレゼンス機能およびインスタント メッセージング機能を使用すると、同僚社員やパートナー企業担当者が在席していてリアル タイムでチャットできる状況かどうかを確認することができます。このように、不在による行き違いが少なくなることで、社員の生産性が向上します。既存ディレクトリを簡単に検索して必要な連絡相手を探し、連絡をとることができます。ビデオ会議および Web 会議では、フェイスツーフェイスでアイデアを交換しながら、効果的にコラボレーションを進めることができます。また、即座に音声メッセージを表示したり、聞いたりすることも容易にできます。Cisco Unified Personal Communicator の場合、いつでも、どんなワークスペースからでも、どこからでも、コミュニケーションやコラボレーションのツールにアクセスできるので、効率的なコミュニケーションを行うことができます。

図 1 Cisco Unified Personal Communicator の画面例

図 1 Cisco Unified Personal Communicator の画面例
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


社員、パートナー企業および意思決定者間のコミュニケーション遅延の解消

Cisco Unified Personal Communicator では、連絡をとる前に、相手が在席しているか通話中であるかがわかります。相手が Cisco Unified Personal Communicator を使っているかどうか、オフィスで Cisco Unified IP Phone を使用中であるかどうかに関わらず、Cisco Unified Presence の動的な情報によって、連絡可能かどうかの情報が集中化、自動的に更新されます。誰がオフライン、在席中、外出中、通話中、着信拒否であるかを知ることができます。「休暇中」「会議中」などのカスタマイズ情報を利用すると、不在または着信拒否の理由を知ることもできます。現在相手が在席しているかどうかがわかると、従業員間でコミュニケーションの遅延がなくなり、意思決定も迅速になり、生産性も向上します。


コミュニケーションの効率化

Cisco Unified Personal Communicator によって、統合コンタクト リスト、クリック ツー コール、インスタント メッセージング、ボイスメールの再生、着信コール通知、メディア エスカレーションなど、簡潔なコミュニケーション手段がデスクトップまたはノート PC に統合されます。1 つのウィンドウからコミュニケーションを操作することで、次のような効果的で生産性の高いコミュニケーションを行うことができます。

  • Cisco Unified Personal Communicator を使用して企業ディレクトリを検索し、連絡相手の情報をすばやく見つけることができます。
  • アプリケーションを表示してクリックするだけでコールを発信でき、電話番号をダイヤルする必要がないため、時間を節約できます。
  • 外出時は内蔵されているソフトフォンから発信、オフィスではCisco Unified Personal Communicator を使用して Cisco Unified Communications Manager の管理下にある Cisco Unified IP Phone から発信できます。
  • Microsoft Outlook のコンタクト リストまたは E メール内にある Cisco Unified Personal Communicator のツールバーから、クリックしてダイヤルできます。
  • Cisco Unified Presence Server と、Microsoft Live Communications Server または Microsoft Office Communications Server の間でセキュリティを保護された企業間フェデレーションを利用可能にすると、Cisco Unified Personal Communicator または Microsoft Office Communicator を使用してビジネス パートナーとプレゼンス情報やインスタント メッセージを交換できます。
  • 最新のコミュニケーション履歴を表示して、迅速に応答することができます。コミュニケーション履歴では、いつ、誰が発信してきたかがわかります。画面上にボイス メッセージを表示し、クリックして再生したり、コール バックしたりできます。メッセージ カウンタによって、ボイスメールの件数と不在中のコール数を確認できます。
  • 通信メディアを必要に応じて追加できます。コールがあれば、すぐにビデオ会議または Web 会議機能を追加して、コラボレーションおよび会議の効率を高めることができます。
  • 会議参加者の一覧を見ることができるので、出欠の確認が不要です。
  • 発信者 ID のある着信コールのポップアップ通知を受信できます。自分が連絡可能状態であれば受信を許可し、マウスでクリックしてボイスメールに転送します。

生産性およびコラボレーションの向上

Cisco Unified Personal Communicator では、ビデオ会議または Web 会議を使用して、音声通話の範囲を超えたコミュニケーションを行うことができます。インタラクティブなフェイスツーフェイスのコミュニケーションによって、生産性やコミュニケーションの質が向上し、ビジネスの意思決定が合理化され、チームワークが改善されます。ビデオ会議では、実際に会って行う会議の必要性を低減することで、企業は環境保護に貢献し、交通費や会議に行くための時間を節約できます。Web 会議では、いつでも、どこでも、同僚と仮想的なコラボレーションを行うことができます。Cisco Unified Personal Communicator では、場所を問わず、遠く離れた人ともドキュメントやプレゼンテーションを共有できます。仮想会議を日常のコミュニケーションに取り入れることで、市場範囲を広げ、業務を効率化し、迅速な意思決定を行うことができます。


機能と利点

  • コミュニケーションの統合:音声およびビデオ コール、インスタント メッセージング、ボイスメールの再生、Web 会議、および統合ディレクトリを、わかりやすい 1 つのインターフェイスから利用できます。
  • プレゼンス:Cisco Unified Personal Communicator およびCisco Unified IP Phone のユーザが在席しているかどうかをリアルタイムで表示できます。また、カスタマイズしたメッセージの表示、不在通知の設定、および Microsoft Outlook カレンダーに基づくフリー/ビジー ステータスの自動表示もできます。
  • 着信拒否(DND; Do not disturb):Cisco Unified Personal Communicator または Cisco Unified IP Phone の DND ステータスと同期させて着信拒否することができます。また、外部との接触を避けたいときは、プライバシー設定を使用してインスタント メッセージを遮断することもできます。
  • コンタクト リスト:1 つの使いやすいインターフェイスから企業ディレクトリを検索して、連絡相手をすぐに見つけることができます。クリックするだけでコールの発信が可能です。よく連絡する個人の連絡先、仕事仲間、連携企業の担当者をリストに追加できます。
  • メディア エスカレーション:対話中にコミュニケーション方式を追加できます。たとえば、音声通話中にビデオ機能を追加したり、音声またはビデオ会議中に Web 会議またはホワイトボード機能を追加したりすることが可能です。
  • クリック ツー コール:統合ソフトフォンまたは関連付けられた Cisco Unified IP Phone を使用して、コンタクト リストからダイヤルできます。また、Outlook ツールバーを利用すれば、Microsoft Outlook から直接クリック ツー コールを行うことも可能です。
  • 統合音声/ビデオ コール:PC の画面に表示されたビデオ ディスプレイと、ソフトフォンによる音声会話を使用して、フェイスツーフェイスの場合と同じように意見を交換することができます。Cisco Unified Personal Communicator、Cisco Unified Video Advantage、または Cisco Unified IP Phone 7985G(パーソナル デスクトップ ビデオフォン)を使用して、ビデオ コールを発信できます。
  • IP Phone の関連付け:Cisco Unified Personal Communicator を使用してデスクトップの Cisco Unified IP Phone を操作して、発信、着信、または同時に複数の通話をすることができます。
  • インスタント メッセージング:Cisco Unified Personal Communicator のユーザと、インスタント メッセージングを使用してリアルタイムのチャットができるため、時間の節約になり、不在による行き違いも少なくなります。また、Cisco Unified Presence と Microsoft Live Communications または Microsoft Office Communications サーバの間で企業間フェデレーションを設定して、プレゼンス情報の交換や、Microsoft Office Communicator ユーザと Cisco Unified Personal Communicator ユーザの間でインスタント メッセージングを行うことができます。
  • 会議:会話セッションを組み合わせるだけで、音声またはビデオ会議セッションを作成できます。別々の会議ブリッジにコールを発信する必要はありません。
  • Web 会議:Cisco Unified MeetingPlace または Cisco Unified MeetingPlace Express による Web 会議セッションを起動して通知を送ると、プレゼンテーションなどのコンテンツを他の出席者と共有できます。
  • ボイス メッセージ:同じアプリケーションから、Cisco Unity® または Cisco Unity Connection で安全に暗号化されたボイスメール メッセージの機能(メッセージの表示、再生、ソート、削除)にアクセスします。

システム要件

表 1 および表 2 に、Microsoft Windows と Apple Macintosh それぞれにおける Cisco Unified Personal Communicator のコンピュータ要件を示します。

表 1 Cisco Unified Personal Communicator のコンピュータ要件(Microsoft Windows)

パラメータ 説明
ディスク スペース 200 MB のハード ドライブ空き容量(Windows 用カメラ ドライバの 20 MB を含む)
ハードウェア

Microsoft Windows XP

  • デスクトップ PC:
    • 最低2.4 GHz 以上の Intel Pentium 4、または 2.0 GHz 以上の AMD Athlon プロセッサ(速度の目安として)。ビデオ コール機能を利用の場合は最低 2.8 GHz 以上のIntel Pentium 4、または 2.13 GHz 以上の AMD Athlon プロセッサ(速度の目安として)を推奨。また、音声コールには 512 MB RAM、ビデオ コールには 1 GB RAM が必要
    • DirectX 9.0c 対応グラフィック カードおよび最低 64 MB(デュアルヘッド カードは 64 MB)のビデオ RAM 、1024 X 768 X 16 ビット以上。ビデオ コールの場合は、DirectX 9.0c 対応グラフィック カードおよび最低 64 MB(デュアル ヘッド構成の場合は 128 MB)のビデオ RAM
  • ノート PC:
    • 1.5 GHz のインテルIntel Pentium M Centrino または AMD Athlon 2200(速度の目安として)または互換プロセッサ(ビデオ コール機能には1.7 GHz の Intel Pentium M[Centrino]2.0 GHz または AMD Athlon XP 2400+[速度の目安として]以上を推奨)
    • DirectX 9.0c 対応グラフィック カードおよび最低 64 MB のビデオ RAM、1024 X 768 X 16 ビット以上
  • x86 系 32 ビット プロセッサのみサポート
  • 非 ISA 全二重サウンド カード(統合または PCI ベース)、または USB サウンド デバイス × 1、ソフトフォン使用時には USB ヘッドセットを推奨
  • 10/100/1000BASE-T Mbps イーサネット ネットワーク インターフェイス カード × 1 が必要
  • ビデオ コールには Cisco VT Camera II またはサードパーティ製 USB カメラ(USB 2.0 ポートに接続)が必要

Microsoft Windows Vista

  • Microsoft Vista Premium Ready PC が必要Windows Vista の最小ハードウェア要件の詳細(この表に記載以外の事項)については、Microsoft の Web サイトで Premium Ready PC を検索するか、次の URL を参照してください。
    http://support.microsoft.com/kb/919183
  • x86 系 32 ビット プロセッサのみサポート256 MB の専用ビデオ メモリも必要
  • ビデオを利用する Vista および Cisco Unified Personal Communicator を実行するコンピュータのハードウェアには、基本スコア 3 以上が必要。[スタート] > [コントロール パネル] と選択してから [パフォーマンスの情報とツール] を選択してパフォーマンス ツールを実行してください。
  • メモリ(RAM)、グラフィック、およびゲーム用グラフィックのサブスコアは 3 以上
  • ディスクの空き容量:200 MB 以上のディスク空き容量(Windows 用カメラ ドライバの 20 MB を含む)が必要
  • 非 ISA 全二重サウンド カード(統合または PCI ベース)または USB サウンド デバイス X 1、ソフトフォン使用時は USB ヘッドセット推奨
  • 10/100 Mbps イーサネット ネットワーク インターフェイス カード × 1 が必要
  • ビデオ コールには Cisco Unified Video Advantage Camera II を USB 2.0 ポートに接続することが必要
ソフトウェア
  • Microsoft Windows XP Professional(サービスパック 2 またはサービスパック 3)、または Microsoft Windows Vista Business Edition または Enterprise Edition ― Windows Vista サービスパック 1(SP1)もサポート
  • (Windows XP のみ)Web 会議には Adobe Flash Player 6.0.79 が必要
  • (Windows Vista のみ)Adobe Flash Player ActiveX または Adobe Flash Player 9(バージョン 9.0.28 以上)
  • Microsoft DirectX 9.0c
  • クリックツーダイヤル ツールバーのサポートには、Microsoft Outlook 2003 または 2007 が必要
接続 ソフトフォン コールには高速接続が必要(オーディオ コール用:128 kbps、ビデオ コール用:384 kbps)

表 2 Cisco Unified Personal Communicator のコンピュータ要件(Apple Mac OS X)

パラメータ 説明
ディスク スペース 200 MB のハード ドライブ空き容量
ハードウェア

1.4 GHz 以上の PowerPC G4 またはそれと同等のプロセッサ。ビデオ コール機能には、すべての Macintosh に PowerPC G5 または Intel プロセッサを推奨

非 ISA 全二重サウンド カード(統合または PCI ベース)、または USB サウンド デバイス× 1

10/100 Mbps イーサネット ネットワーク インターフェイス カード× 1

メモリ 512 MB RAM(ビデオ コール機能には 1 GB を推奨)
ソフトウェア

Mac OS X 10.4.11

Mac OS X 10.5.4

Web 会議には Macromedia Flash Player 6.0.79 以上が必要

ローカル アドレス ブックのサポートには Apple Address Book 4.0.4(485.1)以降(Mac OS X 10.4.7 で使用可能)が必要

接続 ソフトフォン コールには高速接続が必要(オーディオ コール用:128 kbps、ビデオ コール用:384 kbps)

注:Cisco Technology Developer Program によって、 Cisco Unified Personal Communicator との併用が検証されたデバイスのベンダー リストは、http://www.cisco.com/pcgi-bin/ctdp/Search.plpopup_icon から入手可能です。これらのデバイスは、確認試験を通り相互運用性基準を満たしているので、シスコの製品仕様にも適合しています。


最小システム要件

  • Cisco Unified Communications Manager 5.1(3)、6.0、6.1、または 7.0
  • Cisco Unified Presence 6.0 または 7.0
  • Deskphone Control モードには Cisco Unified IP Phone が必要(注:すべての電話機ロードがコンピュータ/テレフォニー インテグレーション [CTI] をサポートしているわけではありません。詳細は『Cisco Unified Communications Manager System Guide』を参照してください)。
  • Web 会議機能には Cisco Unified MeetingPlace® Express 1.2 または Cisco Unified MeetingPlace 6.0 または 7.0 が必要
  • ホワイトボード機能には Cisco Unified MeetingPlace 6.0 または 7.0 が必要
  • ボイスメール アクセスには Cisco Unity Connection 2.0 または 7.0、Cisco Unity 4.2 または 5.0 が必要
  • ビデオ会議機能には Cisco Unified Videoconferencing 5.0 または 5.5、または Cisco Unified MeetingPlace Express VT 1.2 または 2.0 のいずれかが必要
  • プレゼンスの企業間フェデレーション、および Cisco Unified Personal Communicator ユーザと Microsoft Office Communicator ユーザの間でインスタント メッセージングを送るには、Cisco ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンス ソフトウェア リリース 8.0.4. が必要
  • Lightweight Directory Access Protocol Version 3(LDAPv3)サーバ

注:すべてのシステム コンポーネントですべての機能がサポートされるとは限りません。サポートされる機能の詳細は、各製品のリリース ノートを参照してください。


発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」および表 3 を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには、次の URL で Cisco Software Center にアクセスしてください。

http://tools.cisco.com/support/downloads/go/PlatformList.x?sftType=Unified+Personal+Communicator+%28CUPC%29+System+Software&mdfid=280455801&treeName=Voice+and+Unified+Communications&mdfLevel=Software%20Family&url=null&modelName=Cisco+Unified+Personal+Communicator&isPlatform=Y&treeMdfId=278875240&modifmdfid=null&imname=&hybrid=null&imst=nullpopup_icon log in image

この製品は Cisco Unified Workspace Licensing に含まれます。詳細な情報が必要な場合、およびお客様に Cisco Unified Workspace Licensing が適切かどうかを判断したい場合には、http://www.cisco.com/go/workspace_licensingpopup_icon を参照してください。

表 3 発注情報

製品名 製品番号
Cisco Unified Personal Communicator UPC7-K9-PC
Cisco Unified Video Camera II 24 ユニット バンドル UPC-CAMERAS-24=

注:

  • 発注したそれぞれの製品には Product Authorization Key(PAK)が付属するほか、Cisco Unified Personal Communicator 購入を確認する付属の文書には、ソフトウェアをダウンロードする場所が示されています。
  • Cisco Unified Personal Communicator では、ソフトフォンを利用可能にするために電話テクノロジ ライセンスの購入が必要になる場合があります。
  • Cisco Unified Presence のすべてのバージョンですべての機能がサポートされるとは限りません。サポートされる機能の詳細は、Cisco Unified Presence のリリース ノートを参照してください。

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービスは、安全で復旧の早いシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションにより、さらなるコスト削減と生産性向上を実現します。シスコおよび認定パートナーが提供する各種サービスは、固定ネットワークおよびモバイル ネットワーク上で利用される音声、ビデオ、データ、モバイル向けの各アプリケーションを統合するため、実績あるメソドロジに基づいています。シスコ独自のライフサイクル アプローチを導入することにより、これまで利用してきた技術の可能性を広げ、ビジネスにおける優位性を拡大することができます。


関連情報

Cisco Unified Personal Communicator の詳細は、以下の URL を参照するか、シスコの代理店にお問い合わせください。
http://www.cisco.com/jp/go/unifiedpersonalcomm/

お問い合わせ