Cisco Unified Customer Voice Portal

Cisco Unified Customer Voice Portal 7.0


注意 :本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco Unified Customer Voice Portal をご覧ください。

 

データシート





Cisco Unified Customer Voice Portal 7.0



製品概要

シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションは、固定ネットワークとモバイル ネットワークにおける音声、ビデオ、データ、およびモバイルなどのアプリケーション統合を可能にし、企業や政府機関といった組織の業務環境でのメディア リッチなコラボレーションを実現します。これらのアプリケーションはネットワークをプラットフォームとして使用し、意思決定とトランザクションの所要時間を短縮することで、優位性を高めることができます。ネットワークのセキュリティ、復元力、およびスケーラビリティにより、あらゆるワークスペースのユーザが、あらゆるメディア、デバイス、オペレーティング システムを使用して、場所や時間を問わず、簡単に接続できるようになります。シスコ ユニファイド コミュニケーションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、ワイヤレス、管理アプリケーション、ライフサイクル サービス、柔軟な導入と管理オプションのアウトソーシング、およびサードパーティのアプリケーションを含む総合ソリューションの一部です。

Cisco Unified Customer Voice Portal(CVP)は卓越した音声およびビデオのセルフサービス機能を提供します。Cisco Unified Customer Voice Portal を使用すると、インテリジェントかつ電話による個別セルフサービスが実現されるため、顧客は必要な情報をコンタクト センターから効率的に取得できるようになります。

お客様はプッシュホン サービスを利用することも、音声でセルフサービスに情報を要求することもできます。ライブ エージェントと直接話す必要がある場合は、お客様からの情報と対話内容をエージェントに転送することができるので、スムーズなカスタマー サービスを提供できます。さらに、Cisco Unified Customer Voice Portal は、モバイル デバイスやキオスクを使ったビデオ対話により、セルフサービス、順番待ち、エージェントとの対話などをサポートできます。

Cisco Unified Customer Voice Portal を使用すると、顧客のフラストレーションの原因になりがちで扱いにくい汎用型のメニュー ツリーを排除できます。また、コンタクト センターを強化するインテリジェントなソフトウェアが含まれており、顧客にとってより多くの意味を持つ、パーソナライズされた音声アプリケーションを提供することができます。高度な管理およびレポート ソフトウェアによって、大規模な分散した導入環境の中央集中型管理が可能になり、ビジネスの観点によるセルフサービスのパフォーマンスを把握しやすくなります。

Cisco Unified Customer Voice Portal による高パフォーマンス ソリューションは、オープン標準の力をインテリジェントなアプリケーション展開および管理ソフトウェアと結び付け、高度なコール制御、プラットフォーム管理、およびレポート サービスを実現することにより、世界水準の顧客サービスを提供し、顧客満足度と全体的なビジネス収益性を高めることができるコンタクト センターを構築します。

機能と利点

Cisco Unified Customer Voice Portal によるビジネスの優位性

表 1 に、Cisco Unified Customer Voice Portal によるビジネス上の利点を示します。

表 1 Cisco Unified Customer Voice Portal によるビジネス上の利点

ビジネスのニーズ Cisco Unified Customer Voice Portal による対応
コンタクト センターとビジネス戦略との調整 企業のありとあらゆる顧客データに基づいて各顧客に独自のパーソナライズされたサービスを提供することにより、顧客サービスによる戦略のサポートを確実なものにします。また、ビジネスの変化に合わせてコンタクト センターがすばやく変化できるようにします。
コストの削減 コスト効率が従来以上に優れ、パーソナライズされた音声セルフサービス アプリケーションに顧客を誘導することで、個別対応が必要なサービス コンタクト センターにかかる高いコストを削減できます。
世界水準の一貫した顧客体験の実現 コール配信の前にエージェントがセルフサービスの対話を確認できるようにすることで、情報の透過的な提供を実現します。


表 2 に、Cisco Unified Customer Voice Portal 7.0 で導入された新機能の一部を示します。

表 2 Cisco Unified Customer Voice Portal 7.0 の新機能

機能 利点
ビデオ メニュー ビデオによるセルフサービス メニューが提示され、キーパッドで選択を行うため、発信者はより迅速で直感的な体験を得ることができます。
ビデオ セルフサービス セルフサービス セッションでは事前収録されたビデオまたはライブ ビデオを見て選択するため、発信者にとってより豊かな対話が可能になります。
ビデオ キューイング 顧客はエージェントを待っている間にビデオを見るため、顧客体験がより臨場感あるものになります。
ビデオ エージェント 単方向(顧客またはエージェント)または双方向(顧客とエージェント)のビデオ セッションにより、ユニークな参加型のカスタマー サービス体験が得られます。エージェントは、発信者に向けて再生する追加のビデオを選択できます。また、ビデオ セッションを記録することも可能です。
第 3 世代(3G)モバイル ビデオおよびビデオ キオスクのサポート このソリューションでは、顧客との接点として、ビデオ対応モバイル デバイスなど、ビデオに対応した複数の方法を 3G ワイヤレス ネットワークおよびビデオ キオスクを通じてサポートします。


製品仕様

表 3 に、Cisco Unified Customer Voice Portal の仕様を示します。

表 3 製品仕様

仕様 詳細/ガイダンス
製品の互換性 Cisco Unified Customer Voice Portal 7.0 の部品表(BOM)を参照してください
ソフトウェアの互換性 Cisco Unified Customer Voice Portal 7.0 の BOM を参照してください
プロトコル SIP(Session Initiation Protocol)および H.323 コール制御
コンポーネント

Cisco Unified Customer Voice Portal Call Server、Cisco Unified Customer Voice Portal Voice Extensible Markup Language(VoiceXML)Server、および Cisco Unified Customer Voice Portal Video Management Server


システム要件

システム要件の詳細については、Cisco Unified Customer Voice Portal 7.0 の BOM を参照してください。

発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細については、「購入案内」および表 4 を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

表 4 発注情報

製品名 製品番号
Cisco Unified Customer Voice Portal CVP-7.x


シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス

シスコと認定パートナーは、セキュリティと復元力が優れたシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの展開をお手伝いし、厳しい展開スケジュールを実現し、ビジネスの優位性を高めます。シスコのサービス ポートフォリオは、固定およびモバイル ネットワーク上で音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する実証済みの手法に基づいています。

サービスに対するシスコ独自のライフサイクル アプローチは、ソリューション ライフサイクルの各段階で必要なアクティビティを定義します。カスタマイズされた計画および設計サービスは、ビジネスのニーズを満たすソリューションの作成に重点を置いています。また、実績のあるテクニカル サポートが業務効率を向上させます。リモート管理サービスによって日々の運用を簡素化し、最適化サービスによってビジネス ニーズの変化に応じたソリューション パフォーマンスの強化を行います。

関連情報

Cisco Unified Customer Voice Portal の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/ucvp/ にアクセスしてください。