ユニファイド コミュニケーション

互換性のある革新的コミュニケーション テクノロジー

ユニファイド コミュニケーションは、IT 費用を削減しながら生産性と反応を向上しようとしている企業にとって、ますます重要な投資対象となっています。シスコのソリューションは、音声、ビデオ、データ コミュニケーションを共有 IP ベース インフラストラクチャに収束することで、電話の発信、メッセージの送信、音声会議やビデオ会議への参加をシンプルにします。

シスコのオープン アーキテクチャは、業界標準のあらゆる関連プロトコル、コーデック、インターフェイスをサポートしています。つまり、大きな価値を持つ最新の革新性を備えながらも、既存環境との広範な互換性が可能になっています。

幅広いコーデック サポート

シスコはアドオンではなく内蔵機能として、複数のメディア圧縮規格およびコーデックをサポートしています。自動トランスコーディングとレート一致機能で、それぞれ特定のデバイスやアプリケーションでの最高品質のプレゼンテーションが可能になります。

デュアルプロトコルのサポート

シスコは現在、業界で唯一のデュアルプロトコル プレゼンス プラットフォームを提供しています。SIP/SIMPLE と XMPP の両方を統合し、ユーザがエンドポイントの集積可用性情報を確認することを可能にしていあす。

シスコ プレゼンス ソリューションは、Microsoft Lync、IBM Lotus Sametime、Google Talk と相互運用します。サードパーティの XMPP クライアントは、サーバに直接登録できます。

ホスト型とクラウド型

シスコでは、パートナーに対して広範囲をホスティング オプションを、そしてカスタマーに対してクラウドベースのユニファイド コミュニケーション オプションを提供しています。シスコのパートナーが提供する Cisco Powered Servicesは、オンプレミスと同様の豊かな経験と機能を実現します。

アーキテクチャ

ネットワークベースのシスコ アーキテクチャは、広範囲のサービス接続に対応し、経験を動的に最適化します。このアーキテクチャは、クラウドでソリューション全体をサポートし、リモートホストの待ち時間や品質上の問題を克服するようにデザインされています。

ポリシー管理

非常にきめ細かなポリシー管理により、業界の要件に準拠しながら、大きな柔軟性が提供されます。包括的な「徹底的防御」セキュリティ フレームワークは、非常に厳しい企業環境でその能力が証明されています。エンドツーエンドですべてを網羅するアプローチはネットワークと電話通信システムの両方を包含し、最悪のケースであるサービス妨害(DoS)シナリオにおいても、ダイヤルトーンを保証します。

プロビジョニング

サービスアドバタイズメント フレームワークにより、サーバ、クライアント、アプリケーションはアドバタイズすることができ、サービスを動的に検出できるため、IT メンテナンスや遅延を大幅に削減します。

最善の選択をするために

ユニファイド コミュニケーションの各ソリューションについて 10 のポイントを説明します。

レポートを読む

コミュニケーションの強化

組織がユニファイド コミュニケーション ソリューションを使用してどのようにコラボレーションを改善するかをご覧ください。

ケース スタディを読む

お問い合わせ