Cisco Unified Communications Software Subscription

イントロダクション

アップグレードによる企業価値のさらなる向上

コミュニケーション システムは、企業のビジネス戦略に不可欠です。電話、メッセージング アプリケーション、または多忙なコンタクト センター環境を支えるコミュニケーション システムは、スタッフの生産性向上やスタッフと顧客およびスタッフ間での迅速な連絡を可能にすることによって、企業の効率化と顧客満足度の向上を実現します。Cisco Unified Communications Software Subscription を利用すると、最新のシスコ テクノロジーへのアップグレードを経済的かつ迅速に実施できるため、コミュニケーション システムの機能強化と企業価値のさらなる向上が可能です。

シスコのユニファイド コミュニケーション システムを導入するお客様は、投資効果を最大限に高めると同時に、総所有コストを抑制したいと考えています。また、ソフトウェアのメジャー アップグレードを通じて最新の機能を利用することによって、常に最新のテクノロジーを取り込んで生産性を向上させたいとも考えています。Cisco Unified Communications Software Subscription を利用すると、IP コミュニケーションの経済的なアップグレードを、複数年単位で事前に計画できます。Cisco Unified Communications Operate Services に Cisco Unified Communications Software Subscription を組み合わせて利用すると、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムのハイ アベイラビリティ、セキュリティ、および運用効率を維持するのに役立ちます。

Cisco Unified Communications Software Subscription を利用すると、1 年、2 年、または 3 年の契約期間を通じて、シスコ ユニファイド コミュニケーション製品の主要なソフトウェア バージョン アップグレードを低コストで購入できます。また、複数年契約を利用して、購入価格を抑えることもできます。

Cisco Unified Communications Software Subscription 契約を結ぶには、次の条件を満たす必要があります。

  • Cisco Unified Communications Operate Services(Essential または Select)を利用すること
  • 最初のシステム(ハードウェアおよびソフトウェア)(例:Cisco Unified CallManager 5.0 クラスタの最初のサーバ)の購入から 90 日以内に契約すること。この要件は単一クラスタ内の拡張には適用されない
  • メジャー リリース アップグレードから 90 日以内にアップグレード契約を結ぶこと
  • Cisco Software Application Support plus Upgrades(SASU)からの移行

Cisco Unified Communications Software Subscription は、メジャー リリースのアップグレードのみ * に適用されます。マイナーおよびメンテナンス リリース アップグレード ** は、Cisco Unified Communications Essential Operate Service および Cisco Unified Communications Select Operate Service でカバーされます。

Cisco Unified Communications Operate Services の詳細については、こちらを参照してください。

* メジャー リリースは、大きなアーキテクチャ変更や機能強化を提供するソフトウェア リリースです。
** マイナー リリースは、バグ修正や小さな機能強化を提供する追加リリースです。メンテナンス リリースは、メンテナンス修正を提供するソフトウェア リリースの追加リリースです。

お問い合わせ