Cisco Jabber for iPhone and iPad

Cisco Jabber IM for iPhone

ダウンロード

データ シート





Cisco Jabber IM for iPhone



Cisco® コラボレーション ソリューションは、組織が信頼の構築とチーム パフォーマンスの増強を実現しながらイノベーションを促進し、意思決定力を強化できるように、チームおよび顧客のエクスペリエンスを向上させます。


モバイル環境でも接続可能:Cisco Jabber® IM for iPhone は、お使いの Apple iPhone でインスタント メッセージ(IM)とプレゼンスの通知機能を実現します。

  • デスクトップ上の IM 連絡先リスト(図 1)にアクセスし、相手のプロファイルからクリック トゥ IM、クリック トゥ コール、クリック トゥ E メール、クリック トゥ テキスト(図 2)などの機能を使ってアクションを実行します。
  • IM の会話から、インスタント Cisco WebEx® 会議を開始したり会議に参加できます(図 3)。
  • 共有電話帳で同僚を検索できます(図 4)。
  • お使いの iPhone から SSL 暗号化を用いてシスコの IM インフラストラクチャ(Cisco Unified Presence または Cisco WebEx Connect)に直接接続することで、セキュリティを維持することが可能です。

図 1 連絡先リスト


図 2 連絡先の詳細


図 3 WebEx® 会議に参加


図 4 共有電話帳を検索


幅広い Apple iPhone オペレーティング システム(iOS)デバイスに対応した Cisco Jabber IM for iPhone は、Cisco Unified Presence または Cisco WebEx Connect のお客様は Apple iTunes App Store から無償でダウンロードいただくことが可能です。

モバイルのプレゼンスおよびインスタント メッセージ


Cisco Jabber IM for iPhone を使用すると、豊富なプレゼンス ステータスにより相手の都合がわかるため、コミュニケーションの遅れが解消します。移動中に iPhone デバイスを使用し、個人のプレゼンス ステータスから応対可能か多忙かをすばやく確認できるため、その人に連絡を取る最適な方法を判断できます。アプリケーションを使用して IM からすばやく連絡することも、必要であれば、電話をかける、E メールやテキスト メッセージを送信する、インスタント Web 会議を開始する、またはショート メッセージ サービス(SMS)を使用するといった方法も選択できます。

Cisco Jabber IM for iPhone により、安全なコラボレーションを実現できます。外出中の同僚との間でも、安全なコラボレーションが可能です。このアプリケーションは、組織外のネットワークとの通信をサポートするインターネットとプレゼンス IM の標準として広く普及している Extensible Messaging and Presence Protocol(XMPP)を採用しています。通信のプライバシーは、ユーザ認証および 128 ビット SSL 暗号化または 256 ビット Advanced Encryption Standard(AES)暗号化によって確保されています。

Cisco Jabber IM for iPhone は、オンプレミスのプレゼンス ソリューションとクラウドベースのプレゼンス ソリューションのいずれの導入モデルにおいても動作するよう設計されています。

表 1 に、Cisco Jabber IM for iPhone の機能と利点を示します。

表 1 Cisco Jabber IM for iPhone の機能と利点

機能 利点
プレゼンス
標準のプレゼンス ステータス メッセージ:Available、Away、Do Not Disturb、On Mobile、およびカスタム メッセージ プレゼンス ステータスを設定することで、応対できるかどうかを連絡先に知らせて、その後の連絡方法を判断しやすくします。また、プレゼンス ステータスを設定して、コンピュータではなくモバイル端末で応対する(「On Mobile」)ことを他のユーザに知らせることもできます。
Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションのシステムによって生成されるプレゼンス ステータス メッセージ:Available、Away、Idle、In a Meeting、および On the Phone 「In a Meeting」プレゼンス ステータスは、iPhone デバイスで使用しているデフォルト カレンダーにマッピングされます。バックグラウンドでこのアプリケーションを実行していて、一定の時間(ユーザ設定可能)が経過した後もアクティビティが行われないときは、「Away」が表示されます。「On the Phone」ステータスは、バックグラウンドでこのアプリケーションを実行していて、電話に出ているとき表示されます。
複数リソースのログイン(Cisco Unified Presence が必要。Cisco WebEx Connect では使用不可) Cisco Jabber IM for iPhone とデスクトップ IM クライアントの両方にログインできるため、使用しているデバイスに関係なく、メッセージング アプリケーションを常に開いておくことができます。
デスクトップ クライアントとモバイル クライアントの両方にログインしていると、返信するまで両方のアプリケーションにメッセージが届きます。返信すると、返信に使用したデバイスでのみメッセージが交換されます。
単一リソースのログイン(Cisco WebEx Connect が必要。Cisco Unified Presence では使用不可) デスクトップ クライアントにログインしているときにモバイル クライアントにログインすると、デスクトップ クライアントからログオフします。逆の場合も同様です。そのため、IM アクティビティはすべて、現在使用しているデバイスで実行されます。
インスタント メッセージ
1 対 1 のチャット 連絡先リストに名前がある誰とでも、ワンタップで IM の会話を開始できます。
グループ チャットへの参加 グループ チャット(デスクトップの Cisco Jabber for Mac、Cisco WebEx Connect、または Cisco Unified Personal Communicator から開始)への参加の招待を受け取ることができます。
ブロードキャスト メッセージ ユーザ グループにブロードキャストされる IM を受信します(Cisco WebEx Connect が必要。Cisco Unified Presence では使用不可)。
オフライン メッセージ IM アプリケーションにサインインしていない連絡先との間でメッセージを送受信します(Cisco Unified Presence が必要。Cisco WebEx Connect では使用不可)。
同時 IM セッション 一度に複数の IM セッションを保持でき、左から右にスワイプしたり [Chats] タブをタップしたりしてセッションを切り替えられます。
通知 Cisco Jabber IM for iPhone では、アプリケーションがバックグラウンドで実行されている間も、新しい IM の通知を受信できます。
通知の設定は iPhone デバイスに保存されるため、デスクトップ アプリケーションとは異なる設定にすることができます。
絵文字 IM セッションで絵文字を使用して、気持ちを表現し IM の会話を表情豊かにします。
会議
インスタント Cisco WebEx 会議の開始 連絡先のプロファイルを表示してインスタント Cisco WebEx 会議を開始します。このアクションによって、Cisco WebEx Meetings for iPhone アプリケーションが起動します。会議をスムーズに開始するには、Cisco Jabber IM for iPhone からインスタント会議を開始するときに Cisco WebEx Meetings アプリケーションにログインしている必要があります。
インスタント Cisco WebEx 会議への参加 デスクトップの Cisco IM ユーザまたは別の Jabber IM for iPhone ユーザとの IM セッションからインスタント Cisco WebEx 会議に参加します。このアクションによって、無料の Cisco WebEx Meetings for iPhone アプリケーション(図 3)が起動して会議に接続され、共有コンテンツを表示して複数の参加者とコラボレーションすることができます。
セキュリティ
ポリシー適用 Cisco Jabber IM for iPhone を Cisco WebEx Connect と併用する場合、たとえばサーバ サイドの IM ロギング、レポート作成(2011 年第 4 四半期予定)、暗号化などは管理者が設定した適用可能なポリシーおよび設定が優先されます。
Cisco Jabber IM for iPhone を Cisco Unified Presence と併用する場合、プレゼンスの有効化と無効化、カット & ペーストの有効化と無効化、および連絡先要求の自動承諾の有効化と無効化についてはポリシーが優先されます。
暗号化 暗号化プロトコルは SSL 3.0 です。また、ポリシー設定に応じて AES レベルの暗号化もサポートされます(AES を使用するには Cisco WebEx Connect が必要。Cisco Unified Presence では使用不可)。
シングル サイン オン Cisco Jabber IM for iPhone は、組織が必要とする場合に備えて、統合 Security Assertion Markup Language(SAML)2.0 のシングル サインオン ポリシーをサポートします。
チャット履歴 IM セッションと履歴は、IM セッションをクリアした後、またはアプリケーションからログアウトした後に、アプリケーションと iPhone から削除されます。
連絡先
連絡先リスト Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションにログインすると、Cisco Jabber for Mac、Cisco Unified Personal Communicator、または Cisco WebEx Connect で作成した連絡先リストが自動的に表示されます。
よく使用する連絡先 連絡先のプロファイルで連絡先の写真の横にある星印をタップするか、[Favorites] タブをタップして [+] アイコンをタップするか、または連絡先の追加中に、連絡先に「よく使用する連絡先」ステータスを割り当てることができます。また、[Edit] ボタンをタップして、よく使用する連絡先を並べ替えることもできます。
グループ デスクトップまたは Web ベースの IM アプリケーションの連絡先から作成したグループは、Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションに表示されます。
プロファイル 連絡先のプロファイル情報は、連絡先リストから表示したり(青色の矢印をタップ)、その相手との 1 対 1 のチャット中に表示したり(名刺アイコンをタップ)できます。プロファイル情報には、氏名、役職、連絡先情報が含まれます。また、連絡先の氏名の横にある矢印をタップして連絡先のプロファイルの 1 ページ目を表示すると、詳細なプロファイル情報を確認できます(図 4)。
通信オプション 連絡先のプロファイル内からクリックして電話をかけたり、E メールや SMS メッセージを送信したり、インスタント会議を開始したりできます。
クリック トゥ コールを使用する場合(Cisco Mobile 8.1 または Cisco Jabber(音声アプリケーション)が iPhone にインストールされている場合)、Cisco Mobile、Cisco Jabber、または iPhone ネイティブの電話アプリケーションを使用して電話をかけるオプションが表示されます。
Cisco Mobile 8.1 をインストールしていない Cisco WebEx Connect ユーザの場合も、連絡先リスト内の他の Cisco WebEx Connect ユーザにインターネット電話を直接かけるオプションが表示されます。
共有電話帳の検索 氏名を入力して連絡先を検索できます。最新の連絡先リストまたは組織の共有電話帳が検索されます。
連絡先管理 個人のプロファイル情報を表示しているときに、連絡先を追加、ブロック、または削除できます。
接続
自動再接続 データ接続が失われると、Cisco Jabber IM for iPhone は自動的に、Wi-Fi または携帯電話のデータ通信ネットワークへの再接続を試行します。
Wi-Fi の優先順位付け このアプリケーションは、自動で最初に Wi-Fi ネットワークに接続し、他の利用可能な携帯電話ネットワークにはその後接続します。この機能により、データやローミングの不要な課金が最小限に抑えられます。
アクセシビリティ
カラー このアプリケーションはカラー コントラスト機能をサポートしています。
ボイスオーバー このアプリケーションは、iPhone に搭載されているボイスオーバー機能を活用します。
通知 新しい IM およびインスタント会議の招待を音声と視覚で通知するように設定できます。


デバイスおよびオペレーティング システムのサポート


Cisco Jabber IM for iPhone は、次の Apple デバイスで動作します。

  • iPhone 3GS および 4
  • iPod Touch(第 3 世代および第 4 世代)
  • iPad 1 および 2

Cisco Jabber IM for iPhone は、次のバージョンの Apple iOS で動作します。

  • 4.2
  • 4.3
  • 5.0

デスクトップ クライアントの相互運用性


Cisco Jabber IM for iPhone は、表 2 に示すシスコ デスクトップ IM アプリケーションと連携して動作します。

表 2 サポートされるシスコ デスクトップ IM アプリケーション

アプリケーション名 バージョン番号
Cisco WebEx Connect 7.0、7.1、および Web IM
Cisco Unified Personal Communicator 8.0 および 8.5(Cisco Unified Presence Server バージョン 8.0 または 8.5 が必要)
Cisco Jabber for Mac 8.6


言語サポート


Cisco Jabber IM for iPhone は、iPhone デバイスのデフォルト言語を使用します。デバイスのオペレーティング システムの言語がサポートされていない場合は、アプリケーションのデフォルト「英語」が適用されます。Cisco Jabber IM は次の言語でサポートされています。

  • 中国語(繁体および簡体)
  • オランダ語(オランダ)
  • 英語(米国)
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • ロシア語
  • スペイン語(スペイン)

発注情報


Cisco Jabber IM for iPhone は、Cisco Unified Presence または Cisco WebEx Connect のライセンスをお持ちの組織であれば無料でご利用いただけます。管理者の方は、アプリケーションを Apple iTunes App Store から iPhone デバイスに直接ダウンロードできます。

Cisco Jabber IM for iPhone ソフトウェアをダウンロードするには、
http://itunes.apple.com/jp/app/cisco-jabber-im-for-iphone/id467192391?mt=8 にアクセスしてください。

シスコのサービス


シスコのサービスは、ネットワーク、アプリケーション、およびそれらの利用者の連携を強化します。

ネットワークは今、人、情報、アイデアのより高度な統合を必要とする世界において、戦略的プラットフォームとなっています。製品とサービスを組み合わせて、ビジネス ニーズと機会に沿ったソリューションを形成することによって、ネットワークをより効果的に利用することができます。

サービスに対するシスコのライフサイクル アプローチでは、ネットワークのライフサイクルの各段階で必要なアクティビティを定義し、優れたサービスを確約しています。シスコと優れたパートナーのネットワーク、そしてお客様の力を結合するコラボレーティブなサービス提供により、シスコは最高の成果を達成します。

関連情報


Cisco Jabber IM for iPhone の詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/jabber.html を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

.