Cisco Jabber for iPhone and iPad

Cisco Jabber for iPhone データ シート

ダウンロード

データ シート





Cisco Jabber for iPhone



Cisco® Collaboration Solution は、組織が信頼の構築とチーム パフォーマンスの増強を実現しながら革新を加速し、意思決定力を強化できるように、チームおよび顧客のエクスペリエンスを向上させます。


Cisco Jabber™ プラットフォームは Windows、Mac、タブレット、およびスマートフォンに対応するユニファイド コミュニケーション アプリケーションです。このアプリケーションにより、お客様は簡単な方法で、適切な担当者を見つけ、その担当者がいつ、どのように対応可能かを確認し、最適な方法を使用してコラボレーションすることができます。

Cisco Jabber for iPhone は VoIP(Voice-over-IP)機能を提供します。Cisco Jabber プラットフォームでは社内の Wi-Fi ネットワークの範囲内にいるか公共の Wi-Fi ネットワークやモバイル データ ネットワークを使用してローミングしているかにかかわらず企業ネットワークに安全に接続し、iPhone をポータブルな IP 電話や社内ディレクトリとして使用できます。

製品概要


iPhone がフル機能搭載の Cisco Unified IP Phone になります。Cisco Jabber for iPhone を使用すると、企業の Wi-Fi ネットワークを通じて、発着信や通話の管理を行えるようになります。さらに、Cisco Jabber for iPhone は VPN を使用した Wi-Fi ホットスポット経由の通話にも対応しており、企業のテレフォニー インフラストラクチャをさらに活用して、いつでも高品質なワイヤレス ネットワークに接続できるようにします。Cisco Jabber for iPhone を使用することにより、携帯電話回線を使用せずに通話できることによるコストの削減、Apple iPhone の発信時にオフィスの電話番号を使用できる利便性、そしてワイヤレスネットワークによって範囲が強化された構内ネットワーク環境の活用が可能になります(図 1)。

Cisco Jabber for iPhone はさまざまなプラットフォームとデバイス上でユニファイド コミュニケーションを提供する多くの Cisco Jabber クライアントの 1 つでもあります。Cisco Jabberソリューションは、Cisco WebEx® Meeting Center など iPhone 向けのシスコ ソリューションの 1 つです。

図 1 Cisco Jabber for iPhone

図 1 Cisco Jabber for iPhone


Cisco Jabber for iPhone の利点


  • モビリティ コストの削減:Cisco Jabber for iPhone を使用すると、自社のワイヤレス LAN(WLAN)やテレフォニー インフラストラクチャを使用して電話の発着信が可能になり、携帯電話通話料やローミング料金の発生を回避できます。Cisco Jabber for iPhone は、Cisco Unified Communications Manager のコール ルーティング機能を使用するため、海外拠点への通話でも国際電話の通話料は発生しません。これらの通話料は、オプションの Dial-Via-Office 機能を使用することでさらに低減できます。Cisco Jabber for iPhone を使用すれば、自宅、ホテル、Wi-Fi ホットスポットなどでも通話を行うことができます。
  • モバイル プライバシー:Cisco Jabber for iPhone を使用すると、iPhone を Cisco Unified Communications Manager の内線電話として利用することができます。Cisco Jabber for iPhone を使用しているときは、固定電話から発着信しているかのように見えます。電話での連絡が必要で、自分の携帯電話番号を知られたくないビジネスパーソンの方に便利な機能です。
  • エンタープライズ テレフォニー機能:Cisco Jabber for iPhone は、通話転送、電話会議、保留および再開、パークおよび取得といった、エンタープライズ クラスのテレフォニー機能を備えています。通話中に Wi-Fi エリアの外へ移動する際には、その通話を携帯電話ネットワークにハンドオーバーすることもできます。さらに、通話の途中で iPhone から Cisco Unified IP Phone に、またはその逆方向に切り替えて、別の電話機で会話を継続することも可能です(図 2)。
図 2 通話中に利用できる機能

図 2 通話中に利用できる機能


  • Cisco Jabber for iPhone では、数多くのダイヤル方法が用意されています。通話相手を連絡先リストから選ぶ、手動で番号をダイヤルする、または電話を耳に当てて相手の名前を言ってもダイヤルできます(日本語には未対応です)。この方法は、Cisco Jabber for iPhone が Speech Connect for Cisco Unity® Connection と連携することにより実現しています(図 3)。
図 3 音声ダイヤル

図 3 音声ダイヤル


  • ビジュアル ボイスメール:Cisco Jabber for iPhone では、企業のボイスメールに視覚的にアクセスできます。新着および保存済みのボイスメール メッセージを確認したり、任意の順番で再生したりできます。メッセージの再生、まだ聞いていないメッセージとしてマークする、またはメッセージの削除など、iPhone 上で行った操作は企業のボイスメールのメールボックスと同期されます。ビジュアル ボイスメールを利用するには、Cisco Unity Connection または Cisco Unity Express の導入が必要です(図 4)。
図 4 ビジュアル ボイスメール

図 4 ビジュアル ボイスメール


  • Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションとの統合:Cisco Jabber for iPhone アプリケーションの連絡先とのインスタント メッセージ(IM)チャットを開始したり、Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションの連絡先との VoIP 通話を開始することができます。どちらのアプリケーションからでも他方のアプリケーションを起動できるため、iPhone 上でより包括的なコラボレーション エクスペリエンスを実現します。このアプリケーションの詳細については、Cisco Jabber IM for iPhone データ シートをご覧ください。

機能とメリット


表 1 に、Cisco Jabber for iPhone の機能と利点を示します。

表 1 ユーザ機能と利点

特長 メリット
企業の WLAN を使用した発着信 iPhone を使用して Cisco Unified Communications Manager を経由した発着信を行えるため、携帯電話通話料やローミング料金が発生しません。
VPN を使用した発着信 オフィスから離れているときでも、VPN に接続されていれば、Wi-Fi ネットワーク(ホーム ネットワークや Wi-Fi ホットスポットなど)を使用して発着信できます。
通話中に利用できる機能 電話会議、転送、保留/再開、パーク/取得といったエンタープライズ クラスのコール機能を活用できます。
コール保存 インターネット通話中に携帯電話回線からのコールを受信した場合も、コール保存機能により接続を維持できます。携帯回線のコールの終了後 Cisco Jabber for iPhone に戻ると、インターネット通話に復帰できます。
Cisco Mobile Connect との統合(シングル ナンバー リーチ) Cisco Jabber for iPhone が動作していない場合、または Cisco Unified Communications Manager に接続していない場合でも、Cisco Mobile Connect の機能により、固定電話宛ての通話を iPhone(携帯電話回線経由)で受信できます。
携帯電話ネットワークへのハンドオフ オフィスを離れる際には、インターネット通話を携帯電話ネットワークに切り替えることができるため、通話を中断することなく移動できます。
固定電話からのハンドオーバー/固定電話へのハンドオーバー iPhone から固定電話に切り替えて通話を継続できます。同様に、固定電話から iPhone に切り替えることもできるため、通話しながら自由に移動できます。
ビジュアル ボイス メッセージ 企業のボイスメール ボックスに視覚的にアクセスできます。企業のボイスメール システムにダイヤルしなくても、新着メッセージの確認やメッセージの選択、再生、削除を好きな順番で行うことができます。さらに、Cisco Jabber for iPhone がバックグラウンドで動作している場合でも、ボイスメール メッセージの新着通知を受信できます。
共有電話帳へのアクセス 使いやすいユーザ インターフェイスを使用して共有電話帳を検索できます。発信する連絡先を選択したり、組織内のレポート構造を表示したり、連絡先リストへ追加したりといった操作を素早く行えます。
よく使用する連絡先 よく使用する仕事関係の連絡先のリストを作成できます。
写真の付加 連絡先、よく使用する連絡先、またはボイスメール リストを確認する際に、相手の写真を表示するように設定できます。
音声ダイヤル 通話したい相手の名前を言うと自動的に電話が発信されます(Speech Connect for Cisco Unity Connection が必要で、日本語には未対応です)。共有電話帳内に同じ名前の連絡先が複数存在する場合は、接続先選択画面が表示されます。iPhone のジェスチャー機能を使った音声ダイヤルも可能です。
Bluetooth ヘッドセットのサポート Cisco Jabber アプリケーションで Bluetooth ヘッドセットを使用できるように設定を行うことができます。この機能は、音声通信対応の Wi-Fi ネットワークでのみご利用になることをお勧めします。
サインインとサインアウト 管理者は、共有デバイス プールを設定して、複数のユーザが 1 台の iPhone を使用している場合などにユーザが Cisco Jabber for iPhone アプリケーションへのサインインとサインアウトを行えるようにすることができます。
フェールオーバー Cisco Jabber for iPhone は、他の Cisco Unified Communications Manager へのフェールオーバー、他の Cisco Trivial File Transfer Protocol(TFTP)サーバへのフェールオーバー、Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)のフェールオーバー機能を含む、さまざまなフェールオーバー シナリオに対応しています。
Cisco Jabber IM の統合 Cisco Jabber for iPhone アプリケーションから IM チャットを開始したり(チャットにより Cisco Jabber IM for iPhone が起動されます)、Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションから VoIP 通話を発信することができます(Cisco Jabber for iPhone が起動します)。
Dial-Via-Office Dial-Via-Office を使用すると、会社のテレフォニー インフラストラクチャにより、携帯電話ネットワークを介して業務用の通話を行えます。


表 2 に対応プラットフォームと互換性の情報を示します。

表 2 Cisco Jabber 8.6 for iPhone の対応プラットフォームと互換性

特長 対応する製品 バージョン番号
テレフォニー統合 Cisco Unified Communications Manager 7.1.5、8.0.3、8.5、8.6、および 9.0(正確なバージョンについてはリリース ノートを参照してください)
Cisco Unified Communications Manager Express 8.6 および 8.8
ビジュアル ボイスメール Cisco Unity Connection 7.0、7.1、8.0、8.5、および 8.6
Cisco Unity Express 8.6
音声ダイヤル Cisco Unity Connection 7.0、7.1、8.0、8.5、および 8.6
Cisco Unified SRST Cisco Unified SRST 8.6
Cisco AnyConnect セキュア モビリティ クライアント(オプション) Cisco ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンス 2.5.5130


製品仕様


Cisco Jabber for iPhone は以下の iOS デバイスをサポートしています。

  • iPhone モデル:3GS、4、4S、5
  • iPod Touch:第 3、第 4 世代(第 3 世代の iPod Touch には、通話用の外付けマイクが必要です)
  • iOS のサポート:iOS 6 および 6.1

Bluetooth ヘッドセットのサポート:

  • iPhone:サポート対象(オプション)
  • iPod Touch:サポート対象外 第 3 世代の iPod Touch には有線ヘッドセットが必要です。第 4 世代の iPod Touch は、スピーカーフォン モードで、または有線ヘッドセットを着用して使用できます。

Cisco Jabber for iPhone は、複数の音声コーデック(G.711a、G.711μ、および G.729)をサポートしており、通話相手および使用可能な帯域に従って最適なコーデックを自動選択することにより、最良の音声品質を提供します。

発注情報


Cisco Jabber for iPhone は Apple 社の iTunes App Store から無料でダウンロードできます。ソフトウェアをご利用になるには、デバイスのライセンスが必要です(表 3)。Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express への接続には、追加のライセンスが適用される場合があります。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。

Cisco Jabber for iPhone で VPN アクセスを行うため Cisco AnyConnect セキュア モビリティ クライアントを有効にするには、Cisco ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンスおよび対応する Cisco AnyConnect Essentials と Cisco AnyConnect Mobile のライセンスが必要です。詳細については、Cisco ASA Web サイトを参照してください。

表 3 発注情報

製品名 製品番号
iPhone ユーザ ライセンス IPH-USR-LIC


シスコのサービス


シスコのサービスは、ネットワーク、アプリケーション、およびそれらの利用者の連携を強化します。

ネットワークは今、人、情報、アイデアのより高度な統合を必要とする世界において戦略的プラットフォームとなっています。製品とサービスを組み合わせて、ビジネスのニーズと機会に即したソリューションを形成すれば、ネットワークはより効果的に機能するようになります。

ネットワーク ライフサイクルの各段階に必要なアクティビティが定義されたシスコ独自のライフサイクル アプローチにより、優れたサービスが確実に提供されます。シスコと優れたパートナーのネットワーク、そしてお客様の力を結合するコラボレーティブなサービス提供により、シスコは最大限の成果を達成します。

関連情報


Cisco Jabber for iPhone の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/jabber/ を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。