Cisco Jabber:ビジネスコミュニケーションに革新を

グローバル化への対応

グローバル化への対応

「グローバル化」は、いまや大企業だけの戦略ではなくなっています。円高や節電、人口の減少といった要因から、日本から海外市場へ進出したり、生産拠点を海外に拡げる企業が増えています。ビジネスのグローバル化を成功させるためには、距離の壁、言語の壁、そして文化の壁を乗り越える必要があります。これらの課題を克服するには、日本の拠点と、海外にいる社員、取引先、お客様とのコミュニケーションがより重要になります。
問題が発生したとき、従来であれば会って話せば解決してきたのに、現地スタッフとの間ではそれができない。たまの出張では、十分に話ができない。時差の関係でメールのやり取りが一日 1 回程度になってしまい、会話が進まない。どのような企業でも、グローバル化の過程でコミュニケーションの難しさに頭を悩ませます。


Cisco Jabber は、これらのコミュニケーションの課題を解決する助けとなります。

  • 遠く離れた相手の状況をプレゼンス情報により知ることができます。
  • インスタントメッセージ、音声、ビデオなど、その時の状況にあった手段での効果的なコミュニケーションが可能です。
  • PC、タブレット、スマートフォンといった様々なデバイスにより、コミュニケーションが取れるシーンが格段に拡がります。たとえば、海外の時間に合わせて設定された会議に自宅から参加する場合、PC を会社から持ち帰ることなく、タブレットからでもビデオ通話ができます。