Cisco Jabber:ビジネスコミュニケーションに革新を

ビジネス継続性の強化

ビジネス継続性の強化

いつ来るか予測できない災害への備えは、ビジネスにとっての必須項目です。事業継続には、サプライチェーンやデータセンター リカバリなど多くの項目が挙げられますが、企業にとって最も重要な資産ともいえる「人的資産」、すなわち従業員による業務をいかに継続するかも、非常に大 きな課題のひとつです。
従業員の安全を確保したうえで問題になるのが、災害によってオフィスがダメージを受けたり、交通網が寸断されるなど、通常のようにオフィスに通って仕事を することができなくなる可能性があるということです。国内がそのような状況にあっても、海外のビジネスは通常通りに進行しており、一時的の業務の停止や遅 れが、後になって大きなマイナスになることも考えられます。


Cisco Jabber は、これらの課題をコミュニケーションによって解決します。

  • オフィス外でも、十分なコミュニケーションが可能です。
    出社できず、オフィスにある PC を使えなくても、自分が持っているデバイスからインスタント メッセージや内線への通話、ビデオ コミュニケーションを行うことによって、普段と変わらないコミュニケーション環境を利用できます。
  • Cisco WebEx ミーティングによる資料共有も簡単に行うことができます。
    Cisco Jabberを使って Cisco WebEx ミーティングにアクセスすれば、そこから資料共有もできます。インスタント メッセージや電話での通話の間に、必要に応じてワンクリックで資料共有を開始でき、さらに具体的なコミュニケーションへと発展させることができます。