Cisco Unified IP Telephone

Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バージョン 3.0

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ をご覧ください。

データ シート





Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バージョン 3.0


シスコ ユニファイド コミュニケーションにおける音声および IP コミュニケーションの製品およびアプリケーションは、コミュニケーションを円滑にし、ビジネス プロセスの短縮、適切なリソースの迅速な活用、および生産性と利益の拡大を可能にします。シスコ ユニファイド コミュニケーションの製品は、シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューションに不可欠です。シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、ネットワーク管理の各製品、無線接続、ライフサイクル サービスなどから構成されます。

インテリジェント ワイヤレス インフラストラクチャによる強力で統合型のワイヤレス ソリューションと、Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バージョン 3.0(図 1)により、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムは企業全体に適用範囲が広がります。IEEE 802.11b 準拠の無線 IP 電話である Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 は、取り扱いが簡単で、Cisco Unified CallManager および Cisco Unified CallManager Express と併用することで、優れた音声コミュニケーションを実現できます。Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バージョン 3.0 では、Cisco Extensible Authentication Protocol-Flexible Authentication via Secure Tunneling(EAP-FAST)によるセキュリティの強化、バッテリ寿命の延長、新たな言語のサポートなどが拡張機能として追加されています。

図 1 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920

図 1 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920


機能

Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バージョン 3.0 は、シスコ ユニファイド コミュニケーション ファミリの製品に対応した最新バージョンの無線 IP 電話です。Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 は、さまざまな通話機能および音声品質に関する拡張機能をサポートします。Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 は、システムの拡張に合わせて機能を追加できるように設計されているため、将来のニーズにも対応可能です。表 1 に Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バージョン 3.0 の機能、表 2 に無線の特性、表 3 に仕様、表 4 にアクセサリ、表 5 に認定/適合規格を示します。

表 1 機能

機能 説明
メッセージ メニュー キーまたはホット キーを使用してボイスメールに直接アクセスできます。
ディレクトリ 着信メッセージを識別できるため、ユーザはダイレクト ダイヤルバック機能を使用して迅速かつ効果的にコールバックできます。
機能
  • 複数回線着信表示(6 つの内線番号または短縮ダイヤル)
  • 発信者名と発信番号の表示
  • キャッチホン
  • 自動転送
  • コール転送
  • 3 者間通話(会議)
  • 送信前のプレダイヤル
  • リダイヤル
  • 保留/再開
  • 消音
  • コール パーク
  • コール ピックアップ/グループ ピックアップ
  • ディスプレイへの「You Have Voice Mail」メッセージの表示
  • キーパッド ロック用のホットキー
  • ボイスメール アクセス用のホットキー
  • 9 つの短縮ダイヤルを設定可能
  • プログラム可能な短縮ダイヤル ホットキー(2 ~ 9)
  • 時刻/日付表示
  • アイドル/コール状態ベースのソフト キー
  • キーパッド ロック/バイブレーションのアイコン インジケータ
  • RF およびバッテリ レベル表示
  • CNG(コンフォート ノイズ生成)、VAD(音声アクティビティ検出)、適応ジッタ バッファ、およびエコー キャンセレーション
  • 言語サポート:英語、フランス語、ドイツ語、ノルウェー語、日本語
  • ローカルの電話帳
キー
  • 画面ベースのアプリケーションと各種機能にアクセスするための 2 つのソフト キー
  • 保留
  • 消音
  • メニュー
  • ディスプレイにアクセスするための 4 方向の十字キー
  • 音量調節
  • Send および End/Power キー
ディスプレイ
  • 128 × 80 ピクセルのグラフィカル ディスプレイ
  • バックライト
スピーカー/MIC 内蔵
アラート 高周波数の呼び出し音/バイブレーション/視覚表示アラート
複数の呼び出し音 設定可能な 25 種類以上の呼び出し音を使用可能
プロトコルのサポート
  • Cisco Unified CallManager バージョン 5.0、4.2、4.1、4.0、3.3 以降、および Skinny Client Control Protocol(SCCP)を使用する Cisco Unified CallManager Express バージョン 3.3、3.2 と互換
  • Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST)バージョン 2.0 以降と互換
  • Cisco Compatible Extensions バージョン 2.0
コーデックのサポート G.711a、G.711μ、および G.729a 音声圧縮コーデック
設定オプション
  • Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)クライアントまたはスタティックに設定
  • 代替 Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)のサポート
  • TFTP サーバによる無線ファームウェア アップグレードをサポート
ネットワーク機能
  • Cisco Discovery Protocol(CDP)
  • IEEE 802.1q(VLAN [仮想 LAN])の自動設定
  • サイト サーベイ、トレース ルート(非表示機能)、シームレスでセキュアなローミング、および VLAN サポート
  • DHCP によるネットワーク パラメータのプロビジョニング
セキュリティ
  • Cisco Wireless Security Suite IEEE 802.1X Cisco LEAP 認証:電源投入時にパスワード入力のプロンプトを表示(オプション)
  • 40 ビットおよび 128 ビットのスタティックな Wired Equivalent Privacy(WEP)
  • Wi-Fi Protected Access(WPA)
  • WPA Pre-Shared Key(PSK)
  • Cisco Centralized Key Management(CKM)
  • Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)および Message Integrity Check(MIC)
  • EAP-FAST
  • オプションの電話ロック パスワード
  • 自動キー ロック


表 2 無線の特性

項目 説明
無線アクセス プロトコル IEEE 802.11b、1、2、5.5、11 Mbps での Dynamic Rate Scaling によるダイレクト シーケンス
RF チャネル 最大 14(規制ドメインにより決まる)北米:11、ETSI:13、日本:14
周波数帯域 2.4 ~ 2.497 GHz
無線出力 1、5、20、50、100 mW の範囲で 100 mW の Effective Isotropic Radiated Power(EIRP)
範囲 室内で 15 ~ 300 m(500 ~ 1000 フィート)(環境によって異なる)
アクセス ポイントのサポート Cisco Aironet® アクセス ポイント(Cisco Aironet 1300、Aironet 1200、Aironet 1100、Aironet 350、Aironet 340 シリーズ、Cisco Aironet 1100 シリーズ Lightweight、および Cisco Aironet 1130)


表 3 仕様

項目 説明
寸法(高さ×幅×奥行)
  • 電話機:132.1 × 53.3 × 25.4 mm(5.2 × 2.1 × 1.0 インチ)
  • デスクトップ充電器:75 × 93 × 129 mm(3.0 × 3.7 × 5.1 インチ)
重量 136.1 g(4.8 オンス)
電源装置
  • 標準リチウムイオン バッテリの寿命:連続通話 3.5 時間(最長)、待ち受け時 30 時間(最長)
  • 拡張リチウムイオン バッテリの寿命:連続通話 4.25 時間(最長)、待ち受け時 40 時間(最長)
  • AC アダプタ(地域によって異なる)
動作温度 0 ~ 45°C(32 ~ 113°F)
保管温度 -30 ~ 60°C(-22 ~ 140°F)
相対湿度 10 ~ 95%(結露しないこと)
耐落下衝撃 コンクリートに対して 1 メートル
振動 最大 1.5 Grms、0.1" 二重振幅@0.887 オクターブ毎分 5-500-5 Hz スウィープ、3 つの主要ピークで 10 分間、3 つの主要軸はそれぞれ相互に垂直
熱衝撃 -30°C(-22°F):24 時間、+70°C(158°F):24 時間
ヘッドセット ジャック 2.5 mm
コネクタ USB スレーブ


表 4 アクセサリ

項目 説明
アクセサリ
  • USB ポート付きデスクトップ充電器
  • 2.5 mm イヤホン
  • ホルスタおよびフルカバーのキャリー ケース
  • 電話機のクイック コンフィギュレーション用、Windows 2000 ベースの管理ユーティリティ


表 5 認定と適合規格

項目 説明
米国
  • 安全性:UL 60950、3rd Edition
  • FCC Part 15B、FCC Part 15.247
  • OET 65 C
カナダ
  • 安全性:CAN/CSA-C22.2/UL No. 60950
  • RSS-102、RSS-210
ヨーロッパ
  • Directive 1999/5/EC
  • EN 300.328
  • EN 301.489.1
  • EN 301.489.17
オーストラリア/ニュージーランド
  • 安全性:AS/NZS 60950
  • AS/NZS 4771 2000
  • AS/ACIF S004、S040-HAC
  • AS/NZS 3548 クラス B
  • AS/NZS 2772
日本
  • 安全性:MITI
  • TELEC 33a、VCCI クラス B
  • TELEC Std 66
放射
  • EN 55022、クラス B
  • CISPR22、クラス B
  • EN 300 328
  • CFR47、Part 15、Subpart B、199、クラス B
耐性
  • CISPR24
  • EN 55024
  • EN 50082-1
  • EN 301 489-1 および -17



発注情報

注: Cisco Unified IP Phone を使用するには、使用されているコール プロトコルに関係なく、Phone Technology ライセンスを購入する必要があります。

表 6 および表 7 に、Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 の発注情報を示します。

表 6 発注情報

製品番号 説明
CP-7920-FC-K9 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920/FCC、ステーション ユーザ ライセンスが必要、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-JA-K9 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920/日本、ステーション ユーザ ライセンスが必要、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-JA-K9= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920/日本(スペア)、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-ET-K9 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920/ETSI、ステーション ユーザ ライセンスが必要、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-ET-K9= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920/ETSI(スペア)、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-AU-K9 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920/オーストラリア、ステーション ユーザ ライセンスが必要、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-AU-K9= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920/オーストラリア(スペア)、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-AUC-CH1-K9 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 Phone/オーストラリア、Cisco Unified CallManager ステーション ユーザ ライセンス、バッテリ/電源装置は含まれない
CP-7920-AUE-CH1-K9 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 Phone/オーストラリア、Cisco Unified CallManager Express ステーション ユーザ ライセンス、バッテリ/電源装置は含まれない
SW-CCM-UL-7920 1 台の Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 用 Cisco Unified CallManager Unit ライセンス
SW-CCME-UL-7920 1 台の Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 用 Cisco Unified CallManager Express ライセンス



アクセサリ

表 7 オプションのアクセサリ

製品番号 説明
CP-BATT-7920-STD= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バッテリ、標準
CP-BATT-7920-EXT= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 バッテリ、拡張
CP-CASE-7920-FLC= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 レザー キャリー ケース、フルカバー
CP-CASE-7920-HOL= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 レザー キャリー ケース、ホルスタ
CP-CFGPR-BUN-7920 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 設定プログラム、設定ユーティリティおよび USB ケーブル 2 本を含む
CP-DSKCH-BUN-7920 Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 デスクトップ充電器、電源装置は含まれない
CP-MCHGR-7920-BUN Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー バンドル(マルチチャージャー、電源装置、および AC 電源コード)
CP-MULTICHGR-7920= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー
CP-EARBUD-7920-ST= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 有線イヤホン、標準
CP-PWR-7920-JP= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 電源装置、日本(JP)用
CP-PWR-MC7920= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー電源装置
CAB-AC2AUS= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー用 AC 電源コード(オーストラリア)
CAB-AC2E= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー用 AC 電源コード(ヨーロッパ)
CAB-AC2J= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー用 AC 電源コード(日本)
CAB-AC2= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー用 AC 電源コード(北米)
CAB-AC2UK= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー用 AC 電源コード(英国)
CAB-AC2CHI= Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 マルチチャージャー用 AC 電源コード(中国)



保証

Cisco Unified IP Phone には、シスコ標準の 1 年間交換保証が付いています。Cisco SMARTnet® オプション サービス契約は、Cisco Unified Wireless IP Phone 7920 ハードウェアのみを対象としており、バッテリなどのアクセサリは対象外です。


シスコ ユニファイド コミュニケーションのサービスおよびサポート

シスコシステムズとパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方を活用して、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムをサポートするための幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。これらのサービスは、IP コミュニケーション ソリューションの構築、運用、および最適化に効果のある手法を基にしています。たとえば、早期段階に計画サービスおよび設計サービスを活用すると、厳しいスケジュール要件を満たすことができ、導入作業中のネットワークの停止を最小限に抑えます。運用サービスを使用すると、専門家の技術サポートによって通信の中断リスクを軽減できます。最適化サービスを使用すると、ソリューションのパフォーマンスが向上し、運用効率が高まります。シスコとそのパートナーは、耐障害性の高い統合型ネットワークの構築および維持に役立つシステムレベルのサービスおよびサポートを提供し、企業ニーズに対応しています。