Cisco Unified IP Telephone

Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタ

データ シート





Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタ


Cisco® Unified IP Phone パワー インジェクタ(図 1)は、ローカル電源、マルチポート電源パッチ パネル、およびインラインパワー対応スイッチに代わる電力供給手段として使用できます。これにより、Cisco Unified IP Phone 製品のより柔軟な導入が可能になります。

図 1 Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタ(前面、背面、およびスタック状態)

図 1 Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタ(前面、背面、およびスタック状態)

Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタは、Cisco Unified IP Phone 向けに設計および検証されたミッドスパン パワー インジェクタです。Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタは、スイッチ ポートと Cisco Unified IP Phone の間に設置して、電力供給のないスイッチ ポートにインライン パワーを提供します。Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタは、シスコのミッドスパン電源(IEEE 802.3af モードで接続されている IP フォンに電力を供給)および 10/100/1000BASE-T イーサネット接続をサポートしています。図 2 に、Cisco Unified IP Phone とイーサネット スイッチの間に Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタを設置する場合の最大距離を示します。

図 2 ネットワーク構成

図 2ネットワーク構成


特長

Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタは、次の特長を備えています。

  • デスクトップおよびデスク周りで使用できる、シングルポート ミッドスパン インジェクタ(電源内蔵)
  • 802.3af/IEEE Power over Ethernet(PoE)サポート
  • ギガビット イーサネット サポート
  • エンタープライズレベルの規格完全準拠
  • Cisco Unified IP Phone 用に設計および検証済み

仕様

表 1 に、Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの仕様を示します。

表 1 Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの仕様

仕様 説明
寸法(高さ×幅×奥行) 4.1 × 11.8 × 13.8 cm(1.6 × 4.6 × 5.45 インチ)
重量 0.30 kg(0.66 ポンド)
外装材質 ダークグレーを基調としたポリカーボネート ABS プラスチック
電源要件 電源内蔵(AC 電源コンセントに接続するための国別の電源コードについては、表 5 を参照)
製品番号 CP-PWR-INJ
LAN 接続
  • 最大イーサネット ケーブル長:100 m(スイッチからデバイスまで)
  • タイプ:RJ-45
  • ラベル:DATA-Network
デバイス接続
  • 最大イーサネット ケーブル長:100 m(スイッチからデバイスまで)
  • タイプ:RJ-45
  • ラベル:DATA and PWR-PHONE
LED 「Power(電源)」および「Status(ステータス)」の 2 つ
スタック可否 可能(2 台のインジェクタをスタック可能)
使用する配線ペア イーサネット ケーブル内で使用されていない 2 つの配線ペア(4 と 5 [マイナス]、7 と 8 [プラス])に電力を供給
電気的特性 入力:
  • AC 入力電圧範囲:90 ~ 264 VAC
  • AC 入力電流:0.5A(RMS)@ 90 VAC(最大負荷時)
  • AC 入力周波数:47 ~ 63 Hz
  • 最大突入電流:20 A @ 115 VAC、60 Hz、コールド スタート、25°C
    40 A @ 230 VAC、50 Hz、コールド スタート、25°C
出力:
  • DC 出力電圧:48 VDC(公称)
  • 最大出力電力:15.5 W @ 48 VDC
性能効率:
  • 53% 以上(最大負荷の 30 ~ 49%、120 VAC、60 Hz)
  • 75% 以上(最大負荷の 50 ~ 100%、120 VAC、60 Hz)



温度

表 2 に、Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの温度定格を示します。

表 2 Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの温度定格

温度要件 説明
動作温度 0 ~ 40°C(32 ~ 104°F)
相対湿度 10 ~ 95%(結露しないこと)
保管温度 -10 ~ 60°C(14 ~ 140°F)



認定規格

表 3 に、Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの認定規格を示します。

表 3 Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの認定規格

認定規格 説明
適合規格
  • CE マーキング
安全基準
  • Underwriters Laboratories(UL)60950
  • Canadian Standards Association(CSA)C22.2 No. 60950
  • IEC 60950
  • EN 60950
  • AS/NZS 60950
EMC(電磁適合性)
  • FCC Part 15(CFR 47)クラス B
  • ICES-003 クラス B
  • EN55022 クラス B
  • CISPR22 クラス B
  • AS/NZ 3548 クラス B
  • VCCI クラス B
  • EN55024
  • EN 50082-1
  • EN 61000-3-2
  • EN 61000-3-3
  • CISPR24
  • EN61000-6-1



発注情報

表 4 に、Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの発注情報を示します。

表 4 Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタの発注情報

製品番号 説明
CP-PWR-INJ Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタ
CP-PWR-INJ= Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタ(スペア)



電源コード

表 5 に、Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタに必要な国別の AC 電源コードを示します。ユニットに電力を供給するには、AC 電源コードが必要です。

表 5 国別の AC 電源コード

製品番号 説明
CP-PWR-CORD-AP= アジア太平洋
CP-PWR-CORD-AR= アルゼンチン
CP-PWR-CORD-AU= オーストラリア
CP-PWR-CORD-CE= 欧州(EU)
CP-PWR-CORD-CN= 中国
CP-PWR-CORD-JP= 日本
CP-PWR-CORD-NA= 北米
CP-PWR-CORD-SW= スイス
CP-PWR-CORD-UK= 英国



保証

Cisco Unified IP Phone パワー インジェクタには、シスコシステムズ標準の 1 年間交換保証が付いています。


シスコ ユニファイド IP コミュニケーションのサービスおよびサポート

シスコ ユニファイド IP コミュニケーションのサービスおよびサポートは、統合型ネットワークの実現に関連するコスト、時間、複雑な作業を削減します。シスコシステムズとパートナーは、今日最も大規模で複雑な IP コミュニケーション ネットワークを設計、展開しており、シスコ ユニファイド IP コミュニケーション ソリューションをお客様のネットワークにどのように統合すればよいのかを熟知しています。

シスコの設計ツールとベスト プラクティスを活用すれば、費用のかかる再設計やダウンタイムを心配することなく、最初から確実にお客様のビジネス ニーズに最適のソリューションを提供できます。実証済みの方式に即して確実な実装が行われ、期待どおりの機能が期限どおりに提供されます。サポート サービスには、リモート ネットワーク運用、統合アプリケーションとネットワーク インフラストラクチャを管理するネットワーク管理ツール、およびテクニカル サポート サービスなどがあります。

お客様はこれらのサービスを通じて、シスコとパートナーが培ってきた経験を活用することができます。これにより、お客様は現在のビジネス ニーズに対応するだけでなく、将来のビジネス ニーズも満たせる耐障害性の高い統合型ネットワークを構築および維持することができます。