Cisco Unified IP Phone 8800 シリーズ

Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール

データ シート





Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール



市場の変化への素早い対応、生産性の向上、スピードとイノベーションを活用した競争優位性の維持。そして、あらゆる作業空間にわたり、セキュアかつ最高品質のリッチメディア体験をご提供します。Cisco® ユニファイドコミュニケーション ソリューションではコラボレーションを活用し、これらすべてを実現します(図 1)。


図 1. Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール



製品概要


コール カバレッジは、コール ステータスの監視および管理を任される管理アシスタントや他の社員にとって非常に重要です。Cisco IP Phone 8851、8861、8865 モデルの多数の回線ステータスを即座に確認できる機能が必要になります。

注: Cisco IP Phone 8851 モデルには、標準の 8851 モデルと 8851NR モデルが含まれます。後者は、軍事関係者や他のお客様向けに設計された無線型 8851 モデルであり、キー拡張モジュール(KEM)を必要としていても、Bluetooth やその他の無線技術を搭載した電話機を構内に設置できない場合にご利用いただけます。8851 には Bluetooth 無線が搭載されていない点を除き、8851 と 8851NR のすべての仕様は同一です。

Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュールでは、追加ボタンやカラー液晶ディスプレイにより Cisco IP Phone 8851、8861、8865 モデルの機能が拡張します。このキー拡張モジュールは、18 個の物理キーに加えて、ページ キーを使用してアクセスできるキーが 18 個追加されるため、合計 36 個のキーが使用可能になります。IP Phone 8861 および 8865 には 8800 KEM を最大 3 つ、IP Phone 8851 には 8800 KEM を最大 2 つ接続できます。

8800 KEM には、フット スタンドやすべてのハードウェアが備わっており、従来と同様の方式でベース デバイスの横に置いて直接接続できます。

機能と利点

Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュールでは、追加ボタンやカラー液晶ディスプレイにより Cisco IP Phone 8851、8861、8865 モデルの機能が拡張します。このキー拡張モジュールは、18 個の物理キーに加えて、ページ キーを使用してアクセスできるキーが 18 個追加されるため、合計 36 個のキーが使用可能になります。IP Phone 8861 および 8865 には 8800 KEM を最大 3 つ、IP Phone 8851 には 8800 KEM を最大 2 つ接続できます。

8800 KEM は主要な機能として、電話番号や短縮ダイヤル用の追加キーやプログラム可能な機能キーを IP Phone 8851、8861、8865 モデルへ追加します。これらのキーは点灯するため、電話番号や共有回線キーとして設定すれば、回線ステータスを容易に識別できるようになります。8800 KEM は最適なコール カバレッジ ツールです。この製品はオペレータやアテンダント コンソールではなく、提供される機能には類似性があるものの、従来のダイレクト ステーション セレクション/話中ランプ フィールド(DSS/BLF)モジュールと直接比較できるものではありません。

Cisco IP Phone 8800 KEM ディスプレイ下部の点灯する 2 つのページ ボタンを使用することで、1 ページ目と 2 ページ目を切り替えることができます。それぞれのページには 18 個のボタンがあり、合計で 36 個のページにアクセスできます。

表 1 に、Cisco DX70 の機能と利点を示しています。

表 1 機能と利点

機能 利点
ボタンの点灯
オフ(暗) 使用可能な回線
緑点灯 使用中の回線
赤点灯 共有回線として使用中の回線
オレンジ、点滅 呼び出し中の回線
ページ ボタンの点灯
オフ(暗) ページ(非表示中)
緑点灯 ページ(表示中)
オレンジ、点滅 ページ(非表示中)、ページに警告または着信保留が 1 つ以上あり
ハードウェアおよび省電力の機能
グラフィカル ディスプレイ) ディスプレイは、4.3 インチのグラフィカル(TFT)カラー ディスプレイ、16 ビット色深度、480 X 272 の有効ピクセル解像度、バックライト付きです。ディスプレイは、ダブルバイト Unicode エンコーディング表示にも対応しています。
調節機能 接続中の Cisco IP Phone 8851、8861、8865 と同一角度に画面を合わせることが可能です。
電話番号および機能ボタン モジュールは物理ボタンを 18 個備えています(ページ キー使用で 36 個)。
ページ ボタン 2 つのページ ボタンで、18 個のボタンそれぞれにアクセスでき、電話ステータスが表示されます。
スリープまたは非アクティブ モード Cisco IP Phone 8851、8861、8865 モデルが省電力スリープまたは非アクティブ モードの場合、Cisco IP Phone 8800 KEM も自動的にスリープまたは非アクティブ モードに切り替わります。キー拡張モジュールの任意のボタンを押すと画面が起動します。システム管理者は非アクティブ期間を設定できます。


製品仕様


表 2 に、Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュールのハードウェア製品仕様を示します。

機能 利点
物理寸法
(高さ X 幅 X 奥行)
229.14 X 130.78 X 40.2 mm
(9.02 X 5.15 X 1.58 インチ)
重量 489 g(1.08 ポンド)
電源 48 VDC(最大 117 mA 時)
動作温度 0 〜 40°C(32 〜 104°F)
相対湿度10 〜 95 %
保管温度 -10 〜 60 °C(12 〜 140 °F)
認定および適合規格 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cuipph/all_models/regulatory_compliance/english/install/guide/iphrcsi3.html [英語]

システム要件

表 3 に、8800 KEM のシステム要件を示します。


表 3 システム要件

電話ファームウェア/コール制御サーバ リリース
Cisco IP Phone 8800 ファームウェア 10.2(2) 以降
コール制御の互換性 Cisco Unified Communications Manager バージョン 8.5(1) 以降、Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony (SRST)8.0(Cisco IOS® ソフトウェア リリース 15.1(1)T 対応)以降


電力要件

Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュールには、独自のローカル電源がなく、接続中の電話から電力を受け取ります。電源の詳細については、表 4 を参照してください。

表 4. 電源の互換性に関する一覧表

構成 802.3af Power over Ethernet(PoE) 802.3at PoE Cisco IP Phone Power Cube 4
8851 + KEM X 1
8851 + KEM X 2 × ×
8861 + KEM X 1 ×
8861 + KEM X 2 × *
8861 + KEM X 3 × *
8865 + KEM X 1 ×
8865 + KEM X 2 × ** **
8865 + KEM X 3 ×

* 注:背面 USB の急速充電機能は、802.3 at PoE を使用中の Cisco IP Phone 8861 に、1 つ以上の KEM が接続された状態では機能しません。

** 注:背面 USB の急速充電機能は、Cisco Universal PoE(UPoE)を使用する場合を除き、Cisco IP Phone 8861 に 1 つ以上 の KEM が接続された状態では機能しません。


発注情報

シスコ製品の購入方法については、「購入案内」および表 5 および 6 を参照してください。

表 5. 発注情報

製品名 製品番号
Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュール CP-BEKEM=
Cisco Unified IP Phone Power Cube 4 CP-PWR-CUBE-4=
Cisco Unified IP Phone 国別電源コード CP-PWR-CORD-xx=
単一 KEM 用 Cisco IP Phone 8800 壁面取り付けキット* CP-8800-BEKEM-WMK=

* 注:単一 KEM 用 Cisco IP Phone 壁面取り付けキットは、非ロック式の壁面取り付けキットであり、8851 および 8861 の音声電話のみをサポートします。この壁面取り付けキットは、8865 の背面ハウジングの相違により、8865 ビデオ電話をサポートしません。


発注情報

シスコ製品の購入方法については、「購入案内」および表 5 および 6 を参照してください。

表 6. 発注情報 - AC 国別電源コード

国別コード 製品番号
アジア太平洋 CP-PWR-CORD-AP=
アルゼンチン CP-PWR-CORD-AR=
オーストラリア CP-PWR-CORD-AU=
欧州共同体 CP-PWR-CORD-CE=
中国 CP-PWR-CORD-CN=
日本 CP-PWR-CORD-JP=
北米 CP-PWR-CORD-NA=
スイス CP-PWR-CORD-SW=
英国 CP-PWR-CORD-UK=

保証

Cisco Unified IP Phones は、シスコの標準的な 1 年間の交換保証が付いています。


Cisco Capital

目標達成を支援する融資

Cisco Capital では、ビジネス成果を達成し、競争力を維持するために必要なテクノロジーの取得を支援します。設備コストの削減や成長促進、投資と ROI の最適化を支援します。Cisco Capital ファイナンス プログラムを利用すると、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、補完的なサードパーティ製機器を柔軟に取得することができます。支払いが統一されるため、予想外の支払いが発生することもありません。Cisco Capitalは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。 詳細はこちらをご覧ください。


関連情報


Cisco IP Phone 8800 キー拡張モジュールの詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/ipp8800/index.html を参照するか、最寄りのシスコ代理店までお問い合わせください。