コラボレーション

Cisco Unified IP Interactive Voice Response 7.0


注意 :本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco Unified IP IVR をご覧ください。

 

データ シート





Cisco Unified IP Interactive Voice Response 7.0


シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションは、固定ネットワークおよびモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイルのアプリケーションを統合し、場所を問わず、容易なコラボレーションを可能にします。


製品概要

組織の効率アップを目的とした Cisco Unified Interactive Voice Response(IP IVR)を使用することにより、ビジネス統合の簡素化、柔軟性の向上、およびネットワーク ホスティングの効率化が実現します。これらの機能により、ビジネス コストが削減され、顧客満足度が大幅に向上します。Cisco Unified IP IVR は、Cisco Unified Communications Manager ソフトウェアと緊密に統合され、IP ベースの通信機能を活用するように構成されているため、インストール、構成、およびアプリケーション ホスティングを容易に実現します。

Cisco Unified IP IVR は、同時に行われるマルチメディア通信処理を容易に実行できるように設計されています。Cisco Unified IP IVR のアーキテクチャは、オープンで拡張可能になっているため、カスタム開発された Java クラスを組み込むことができ、開発者はお客様のビジネス ニーズに応えるように Cisco Unified IP IVR を拡張できます。


機能と利点

Cisco Unified IP IVR は、顧客満足度を向上させるためのさまざまな機能を備えています。

  • プッシュ式入力または音声認識テクノロジーによってユーザ コマンドを処理することで、当座預金情報やユーザ指定のコール ルーティングへのアクセスなど、セルフサービス オプションを簡素化
  • お客様がエージェントと話さなくても、音声コマンドによって必要な情報を取得し、適切な部門またはエージェントへの迅速なアクセスを実現
  • Automated-Speech-Recognition(ASR; 音声自動認識)および Text-To-Speech(TTS; 音声合成)機能に対応した、Cisco Unified IP IVR サーバ プロンプトで多言語をサポート
  • 電子メール、ファックス、ポケベル、および Short Message Service(SMS)によってユーザに通知を配信(これらのサービスの一部は、サービス プロバイダーまたはファックス サーバが必要)
  • セルフサービスによるコール トラフィックの効率的な処理、または適切なエージェントへの迅速な転送により、包括的かつ効率的なカスタマー サービスを提供

Cisco Unified IP IVR は、さまざまな方法で運用コストとアプリケーション開発コストを削減します。

  • 単純なトランザクション要求をエージェントから移行し、Cisco Unified IP IVR で処理
  • Web ベースのサービス作成およびスクリプト環境により、IVR アプリケーションの迅速な開発と導入を実現
  • HTTP 要求によりアプリケーション実行を開始
  • アウトバウンド IVR キャンペーンの迅速な作成が可能
  • サードパーティ製の ASR ソフトウェアとの統合により ASR をサポート
  • サードパーティ製の TTS ソフトウェアとの統合により TTS をサポート
  • 組み込みのデバッグ ツールを使用して、アプリケーションのテストとデバッグを簡単に実行
  • 標準的なリアルタイムの履歴レポートにより、コンタクト センター リソースを効率的に管理
  • コンタクト センターにおける新たなレポート要件を満たすために、サードパーティ製のレポート パッケージを使用した、カスタム レポートの作成をサポート
  • 既存の IVR または PBX(構内交換機)の統合に使用される機器のコストを大幅に削減

Cisco Unified IP IVR を使用すると、取得、インストール、およびメンテナンスのコストを削減できます。

  • 1 枚の CD から迅速かつ簡単にインストール可能
  • 完全に Web ベースの管理インターフェイスを使用して、企業の WAN のどこからでも管理可能
  • Open Database Connectivity(ODBC)と、Microsoft Structured Query Language(SQL)Server、Oracle、IBM DB2、および Sybase データベースへのアクセスのサポートによるお客様情報へのアクセス
  • コンタクト センター業務の拡大に合わせて容易に拡張できるスケーラビリティの強化

最後に、Cisco Unified IP IVR により、企業およびコンタクト センターのリソースを最適化できます。

  • コンタクト センター エージェントに渡されるパスワード、アカウント ID などのユーザ データを取得するための「プロンプトとコレクト」機能を実行
  • Web コンテンツを抽出および解析し、テレフォニー インターフェイスを介してこのデータをお客様に提供することで、Web 上に保存される情報の音声ポータルを介した再利用と配信を簡素化
  • Voice XML(VoiceXML)のサポートにより、HTTP、XML、および Web またはアプリケーション サーバを使用する音声ポータルと音声対応 Web サイトを作成可能
  • CiscoWorks ネットワーク管理ソフトウェアとの統合

Cisco Unified IP IVR のコンポーネント

Cisco Unified IP IVR には 5 つの主要なコンポーネントがあります。

  • IP IVR Editor:この Windows GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)ベースのアプリケーション開発環境で、ドラッグ アンド ドロップ インターフェイスを使用してアプリケーションとフローを作成できます。
  • IP IVR Engine:このランタイム環境では、Cisco Unified IP IVR フローを実行します。
  • ステップ ライブラリ:この JavaBeans ライブラリは、ステップと呼ばれるプログラミング構造を Cisco Unified IP IVR フローに提供します。
  • フロー リポジトリ:この格納場所には、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)を使用してすべてのフローおよび設定データが格納されます。
  • レポート アプリケーション:このツールにより、リアルタイムの履歴レポートの統計情報にアクセスできます。

Cisco Unified IP IVR フィーチャ セットは、Cisco Unified Communications Manager によってルーティングされた Voice-over-IP(VoIP)ストリームを処理するため、Cisco Unified IP IVR 自体に Digital Signal Processor(DSP; デジタル信号プロセッサ)カードを装備する必要がありません。したがって、Cisco Unified IP IVR、Cisco Unified Communications Manager、および PSTN(公衆交換電話網)を接続するために必要なのは、1 つの Time-Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)インターフェイス、つまり、PSTN への VoIP ゲートウェイ インターフェイスのみです。IP によるコールには、TDM インフラストラクチャは不要なため、インターネットおよびイントラネットによる VoIP コールは、Cisco Unified IP IVR で直接終端できます。

Cisco Unified IP IVR の管理は完全に Web ベースで行われるため、管理者は標準の Web ブラウザから IP IVR Engine を起動、停止、および更新できます。この GUI は、Cisco Unified IP IVR と Cisco Unified Communications Manager のインターフェイスの詳細と、その他の必要なネットワーク リソースへのアクセスを管理します。

IP IVR Engine は、強力なデバッグ モードもサポートしているため、設計者はブレークポイントを作成して、テストのためにフローを直接アップロードして実行できます。テストが完了すると、設計者は完成したアプリケーションをディレクトリにアップロードし、このディレクトリから、ネットワーク上の Cisco Unified IP IVR の本稼働サーバにアプリケーションを導入できます。


発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」および表 1 を参照してください。

表 1 発注情報

製品名 製品番号
Cisco Unified IP IVR バンドル IVR-70-NEW-BUNDLE


シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービスを利用すると、セキュアで耐障害性に優れたシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの導入によりコストを削減し生産性を向上できます。シスコとシスコの認定パートナーによって提供されるシスコのサービス ポートフォリオは、固定ネットワークおよびモバイル ネットワーク上で音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する効果的な手法を基にしています。シスコ独自のライフサイクル サービス アプローチにより、テクノロジー エクスペリエンスを向上し、企業の優位性をさらに高めることができます。


まとめ

Cisco Unified IP IVR は、IP 対応の IVR アプリケーションと Web ベースのコンテンツへの接続により、PSTN 回線ベースの IVR アプリケーションの制約を緩和します。また、IP ベースのコミュニケーションの機能を利用するように構成されています。強力なサービス作成環境により、企業は IVR アプリケーションを迅速に開発して導入し、高度なセルフサービスと呼制御アプリケーションを提供することで、顧客満足度を全体的に向上させるだけでなく、真のカスタマー インタラクション ネットワークに向けて発展し続けています。


関連情報

Cisco Unified IP IVR の関連情報については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/ipivr/index.html をご覧になるか、最寄りのシスコの代理店にお問い合わせください。

お問い合わせ