Cisco IP Communicator

Cisco IP Communicator 2.1

ダウンロード

データシート





Cisco IP Communicator 2.1



シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションは、固定ネットワークとモバイル ネットワークにおける音声、ビデオ、データ、およびモバイルなどのアプリケーション統合を可能にし、企業や政府機関といった組織の業務環境でのメディア リッチなコラボレーションを実現します。これらのアプリケーションはネットワークをプラットフォームとして使用し、意思決定とトランザクションの所要時間を短縮することで、優位性を高めることができます。ネットワークのセキュリティ、復元力、およびスケーラビリティにより、あらゆるワークスペースのユーザが、あらゆるメディア、デバイス、オペレーティング システムを使用して、場所や時間を問わず、簡単に接続できるようになります。シスコ ユニファイド コミュニケーションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、ワイヤレス、管理アプリケーション、ライフサイクル サービス、柔軟な導入と管理オプションのアウトソーシング、およびサードパーティのアプリケーションを含む総合ソリューションの一部です。

Cisco IP Communicator(図 1)は、Microsoft Windows ベースのアプリケーションで、パーソナル コンピュータで拡張テレフォニー機能をサポートします。Cisco IP Communicator は導入が簡単で、現在の IP コミュニケーションで利用できる最新のテクノロジーや高度な機能を備えています。これにより、コンピュータに IP フォン機能が搭載され、出張先やオフィスなど、企業ネットワークにアクセスできるあらゆる場所で高品質な音声コールを利用できます。Cisco IP Communicator は、Session Initiation Protocol(SIP)だけでなく Cisco Unified Communications Manager の Skinny Client Control Protocol(SCCP)もサポートします。

図 1. Cisco IP Communicator

図 1. Cisco IP Communicator


Cisco IP Communicator は、離席時や出張中、または在宅勤務時に補助的な電話機を必要とするユーザ向けに設計されています。Cisco IP Communicator をリモートで使用すると、内線電話として利用できるだけでなく、通常の電話やビデオ テレフォニー サービスもオフィスにいるときと同じように利用できます。こうしたメリットにより、業務上の連携作業や対応も迅速になり、現在のモバイル環境に適応したビジネスが可能になります。

Cisco IP Communicator を Cisco Unified Video Advantage と共に使用することで、コミュニケーション手段としてビデオ テレフォニーを利用できるようになります。在宅勤務者およびモバイル ワーカーは、Cisco IP Communicator により、ビデオを利用した円滑なコミュニケーションが可能になります。Cisco IP Communicator からコールを発信すると、利用可能なビデオが Cisco Unified Video Advantage を通して自動的に表示されます。これは電話をかけるのと同じくらいに簡単な操作です。

Cisco IP Communicator は、Cisco Unified Communications Manager の呼処理システムを使用して、高度なテレフォニー機能および VoIP 機能を提供します。8 本の電話回線(または回線とテレフォニー機能への直接アクセスの組み合わせ)が使用可能です。Cisco Unified Communications Manager システムに Cisco IP Communicator を登録すると、コールの切り換えや転送、既存の電話会議への参加者の追加機能など、Cisco Unified IP Phone のすべての機能を利用できます。これにより、システム管理者は、他の Cisco Unified IP Phone のように Cisco IP Communicator をプロビジョニングして、IP フォンの管理を大幅に簡略化することもできます。また、ユーザや開発者は、このソリューションを使うことで、革新的で生産性の高い Extensible Markup Language(XML)ベースのアプリケーションをディスプレイに表示することもできます。

Cisco IP Communicator の機能

Cisco IP Communicator は、直感的に操作できるように設計されているので、豊富な機能を容易に利用できます。

  • ラインキー× 8:電話回線への接続や、テレフォニー機能への直接アクセスを提供します。
  • ソフトキー× 5:コール機能オプションを動的に使用できます。
  • メッセージ:ボイスメール メッセージに直接アクセスします。
  • ディレクトリ:Cisco IP Communicator は、着信メッセージを識別して画面上で分類します。さらに、ダイヤルバック機能を使用することで、すばやく効果的な電話のかけ直しが可能になります。企業ディレクトリは、Lightweight Directory Access Protocol 3(LDAP3)標準ディレクトリに統合されます。
  • 設定:豊富な呼び出し音および背景イメージから選択できます。
  • サービス:Cisco IP Communicator では、天気、株価、今日の一言など各種の情報や Web ベースの情報にすばやくアクセスできます。XML を使用して、豊富な機能および情報へのポータルを提供します。
  • ヘルプ:IP フォンのキー、ボタン、および機能の説明を表示するオンライン ヘルプです。

Cisco IP Communicator のモード

Cisco IP Communicator には、ハンドセット、ヘッドセット、および高品質スピーカーフォンの各モードがあります。

  • ヘッドセット モード:最高品質の音声コミュニケーション機能を提供します。
  • ハンドセット モード:サードパーティ製の USB テレフォニー ハンドセットを使用できます。
  • スピーカーフォン モード:コンピュータをハンドフリーの全二重スピーカーフォンとして使用できます。

コールの機能

Cisco IP Communicator は、システム機能の進歩に伴って拡張できるように設計された動的なソリューションです。システム管理者は、他の Cisco Unified IP Phone のように Cisco IP Communicator をプロビジョニングして、IP フォンの管理を大幅に簡略化することができます。現在利用可能な高度なコールの機能(Cisco Unified Communications Manager システムおよび設定によって異なる)は、次のとおりです。

  • 複数の回線またはディレクトリ番号のサポート
  • 短縮ダイヤルの設定
  • 発信者名および番号の表示
  • コール ウェイティング
  • コールの転送
  • コールの切り替え
  • 3 者間通話(会議)
  • パーク
  • コール ピックアップ
  • リダイヤル
  • コールの保留
  • バージ
  • コール バック
  • エクステンション モビリティ

高品質な音声

Cisco IP Communicator は、優れた音声品質を提供します。音声機能には次のものがあります。

  • 音声チューニング ウィザード
  • 高度なジッタ バッファ
  • エコー キャンセレーションおよびノイズ抑制
  • 音声アクティビティ検出
  • パケット損失隠蔽
  • 自動ゲイン制御
  • Windows の GQoS(Generic Quality-of-Service)のサポート
  • IP Precedence(Differentiated Services Code Point [DSCP])の音声プライオリティ

Cisco IP Communicator のその他の機能

  • ユーザ設定可能な呼び出し音(24 種類以上)
  • Cisco VPN クライアントの自動検出
  • 大半の VPN クライアントの自動サポート(Microsoft PPTP クライアントを含む)
  • TLS(Transport Layer Security)によるシグナリング認証(Cisco Unified Communications Manager バージョン 4.1(3) SR4 以降を使用)
  • デスクトップ ビデオ コールを利用するための Cisco Unified Video Advantage 2.0 以降との相互運用性
  • USB Human Interface Device(HID)のサポート:テレフォニー デバイス ページ(0x0B)に基づき、キー パッド、フック スイッチ、およびミュート機能をサポート *
  • ドラッグアンドドロップによるダイヤリング
  • コピーアンドペーストによるダイヤリング
  • 英文字列番号変換
  • わずらわしさの少ないコール通知
  • キーボード ショートカット
  • PC の更新を容易にするための非 MAC ベースのデバイス名(Cisco Unified Communications Manager 5.0 以降が必要)
  • 言語サポート:英語(米国)

* Cisco Technology Developer Program において、Cisco IP Communicator 向けのデバイスを検証したベンダーの一覧については、http://www.cisco.com/pcgi-bin/ctdp/Search.pl を参照してください。これらのデバイスは、確認試験をパスし、相互運用性基準を満たしているので、シスコの製品仕様にも適合しています。Cisco IP Communicator 用のヘッドセットおよびハンドセットについては、http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5475/prod_bulletin0900aecd800f4564.html(英語)を参照してください。

複数のディスプレイ オプション

図 2 は、Cisco IP Communicator で利用できる 3 つのディスプレイ オプションです。

図 2. Cisco IP Communicator のディスプレイ オプション

図 2. Cisco IP Communicator のディスプレイ オプション


ネットワーク機能

Cisco IP Communicator は、次のネットワーク機能を搭載しています。

  • G.711a、G.711μ、G.729a、および G.729ab の各音声コーデック
  • Trivial File Transfer Protocol(TFTP)または HTTP を使用したソフトウェア アップデートのサポート
  • DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)によるネットワーク パラメータのプロビジョニング

Microsoft Windows 2000 または Windows XP を使用する場合のコンピュータの最小要件

最小要件の推奨内容は、他のアプリケーションとサービス(ただし基本オペレーティング システム イメージに含まれないもの)を実行していないシステムで Cisco IP Communicator を稼働させる場合を想定しています。管理者は、ワークステーション上の他のアプリケーションを考慮に入れて、検討中のシステム構成(特に CPU の速度と RAM)で適切に動作するか判断する必要があります。PC で他のアプリケーションが同時に稼働している状態だと、Cisco IP Communicator のパフォーマンスに影響する場合があります。

  • Microsoft Windows 2000 Professional(Service Pack 4)または Windows XP Professional(Service Pack 2)
  • Pentium P4 1.0 GHz または同等(Pentium P4 1.5 GHz 以上を推奨)
  • 1 GB RAM
  • 100 MB の空きディスク容量
  • 非 ISA の全二重サウンド カード(内蔵型または PCI ベース)または USB サウンド デバイス
  • 800 × 600 × 16 ビット画面解像度、1024 × 768 × 16 ビット以上を推奨
  • 128 kbps のネットワーク接続

Microsoft Vista オペレーティング システムを使用する場合のコンピュータの最小要件

Microsoft Windows Vista:

Microsoft Vista Premium Ready PC。(この表の要件以外の)Windows Vista に関する最小ハードウェア要件の詳細については、Microsoft の Web サイトで「Premium Ready PC」を検索するか、http://support.microsoft.com/kb/919183 を参照してください。

  • パフォーマンス スコア 3 以上
    • Microsoft Windows Vista、および Cisco Unified Video Advantage を使用する Cisco IP Communicator を実行するコンピュータのハードウェアは、基本スコアが 3 以上である必要があります。パフォーマンス ツールを実行するには、[スタート] > [コントロール パネル] を選択し、[Performance and Rating] をクリックします。
    • メモリ(RAM)、グラフィックス、およびゲーム用グラフィックスのサブスコアは、3 以上である必要があります。
      注意:Cisco IP Communicator は、32 ビット OS を実行する x86 ベースのプロセッサをサポートします。64 ビット OS はサポートされません。
  • ディスク容量:200 MB の空きディスク容量
  • メモリ:1 GB RAM(上記の Microsoft の情報で、サポートされる Vista OS のソフトウェアに関する記述を参照)
  • 非 ISA の全二重サウンド カード(内蔵型または PCI ベース)または USB サウンド デバイス
  • 10/100 Mbps イーサネット ネットワーク インターフェイス カード
  • SVGA ビデオ カード
  • 800 × 600 × 16 ビット画面解像度(1024 × 768 × 16 ビット以上を推奨)

ネットワーク相互運用性

  • ビデオ テレフォニーを利用するための Cisco Unified Video Advantage 2.0 以降
  • Cisco Unified Communications Manager 4.1(3) SR4 以降
  • Cisco IP Communicator と SIP コール制御プロトコルを使用する場合は、Cisco Unified Communications Manager 5.0 以降が必要
  • Cisco IOS® ソフトウェア 12.4 メインラインを使用する Cisco CallManager Express 3.3
  • Cisco IP Communicator と Cisco Unified Video Advantage を使用する場合、Cisco Unified Communications Manager Express 4.0 以降が必要
  • メインラインを搭載した Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony 3.3、および 4.0 以降のバージョン(SCCP のみ)

発注情報

表 1 に、Cisco IP Communicator および Cisco Unified Communications Manager の発注情報を示します。
この製品は、Cisco Unified Workspace Licensing の対象です。詳細情報、および Cisco Unified Workspace Licensing が適切であるかどうかを判断するには、http://www.cisco.com/jp/go/workspace_licensing/ を参照してください。

 

表 1 Cisco IP Communicator および Cisco Unified Communications Manager の発注情報

説明 製品番号
Cisco IP Communicator ソフトウェア SW-IPCOMM-E1
Cisco Unified Communications Manager 4.x 用のステーション ユーザ ライセンス SW-CCM-UL-IPCOMM-E
Cisco Unified Communications Manager Express 用のステーション ユーザ ライセンス SW-CCME-UL-IPCOMM-E=


Cisco Unified Communications Manager 5.0 以降を使用するお客様は、ユーザ ライセンス ガイドで、Cisco IP Communicator の登録に関する詳細情報を参照してください。
* 発注ごとに、Cisco IP Communicator の購入確認とソフトウェアのダウンロード場所を記載した書面をお送りします。
** Cisco IP Communicator を使用するには、使用されているコール プロトコルに関係なく、Phone Technology ライセンスを購入する必要があります。

注意:Cisco Unified Communications Manager のバージョンによっては、一部の機能がサポートされていないことがあります。サポートされている機能の詳細については、ご使用の Cisco Unified Communications Manager のリリース ノートを参照してください。

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス

シスコと認定パートナーは、セキュリティと復元力が優れたシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの展開をお手伝いし、厳しい展開スケジュールを実現し、ビジネスの優位性を高めることができます。シスコのサービス ポートフォリオは、固定およびモバイル ネットワーク上で音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する実証済みの手法に基づいています。

サービスに対するシスコ独自のライフサイクル アプローチは、ソリューション ライフサイクルの各段階で必要なアクティビティを定義します。カスタマイズされた計画および設計サービスは、ビジネスのニーズを満たすソリューションの作成に重点を置いています。また、実績のあるテクニカル サポートが業務効率を向上させます。リモート管理サービスによって日々の運用を簡素化し、最適化サービスによってビジネス ニーズの変化に応じたソリューション パフォーマンスの強化を行います。

まとめ

シスコ ユニファイド コミュニケーション システムの一環を構成する Cisco IP Communicator を使用すると、コミュニケーションが円滑になり、従業員、お客様、およびパートナーとのつながりが強化されることで、カスタマー サービスが向上し、生産性と利益も拡大します。

お問い合わせ