Cisco Unified Communications Widgets

Unified Communications Widgets - あらゆるワークスペースでユーザ エクスペリエンスの向上を実現

ソリューション概要





Unified Communications Widgets - あらゆるワークスペースでユーザ エクスペリエンスの向上を実現



Cisco® Unified Communications Widgets は、シスコ ユニファイド コミュニケーション アプリケーションおよび Cisco Unified IP Phone のユーザ エクスペリエンスをより豊かにし、パーソナライズするためのアプリケーション スイートです。無料でダウンロードして簡単に追加できる Cisco Unified Communications Widgets を使用すれば、ビジネス コミュニケーションを効率化して、シスコ ユニファイド コミュニケーションの多様な機能に瞬時にアクセスし、あらゆるワークスペースで、カスタマイズされ慣れ親しんだコラボレーション エクスペリエンスを得ることができます。

Cisco Unified Communications Widget スイートには次のようなアプリケーションがあります。

  • Phone Designer:Cisco Unified IP Phone 用の Cisco Unified Communications Widget の 1 つです。これを使用すると、Cisco Unified IP Phone のディスプレイを好みの壁紙で簡単にカスタマイズできるほか、電話の呼び出し音を作成したり、希望のメロディに変更したりできます。
  • Click to Call:PC 用の Cisco Unified Communications Widget の 1 つです。これを使用すると、デスクトップの生産性アプリケーションや Web ブラウザから直接 Cisco Unified Communications Manager を介した電話をかけ、誰とでも即座に連絡を取り、コラボレーションすることができます。
  • Visual Voicemail:Cisco Unified Communications Widget の 1 つです。これを使用すると、Cisco Unity および Cisco Unity Connection メッセージの表示、再生、返信を Cisco Unified IP Phone のディスプレイから直接行うことができます。社内のボイスメール ボックスにダイヤルする必要はありません。

Phone Designer を使用してビジネス コミュニケーションをパーソナライズする

コンピュータのモニタの壁紙やスクリーン セーバーを変更したり、携帯電話に最新の呼び出し音をダウンロードしたりできるかどうかなど、ビジネスの現場では、コミュニケーション エクスペリエンスに個人的なスタイルを加味したいという声が多く聞かれます。

ビジネスにおけるコミュニケーション エクスペリエンスをパーソナライズしたいという欲求は、社会に出たばかりの次世代のビジネス プロフェッショナルの間で特に強く見受けられます。若い世代は、ソーシャル ネットワーキング サイトや携帯電話でパーソナル コミュニケーションを自分用にカスタマイズすることに慣れており、同様の機能を職場でも使いたいと感じています。

通常はデスクトップ アプリケーションの陰に隠れて見えない壁紙や、一般にユーザが席を離れているときに表示されるスクリーン セーバーとは異なり、Cisco Unified IP Phone の鮮明なカラー ディスプレイは常に表示させることができます。Phone Designer を使用して、Cisco Unified IP Phone のカラー ディスプレイにお気に入りの写真を表示することもできます(図 1 を参照)。

図 1 Phone Designer を使用して Cisco Unified IP Phone のカラー ディスプレイをカスタマイズする

図 1 Phone Designer を使用して Cisco Unified IP Phone のカラー ディスプレイをカスタマイズする


企業や組織で従業員間のチームワークを促進するためのオフィス環境のオープン化が進められている中、Cisco Unified IP Phone で独自の呼び出し音を設定すれば、自分のデスクの電話が鳴っているときにすぐに気が付くようになります。自分のデスクに戻る途中や、隣の同僚のデスクで打ち合わせをしているときなどは、パーソナライズした呼び出し音で区別できるので、あとは自分のデスクにかかってきたビジネス コールに応答するだけでよいのです。

Phone Designer では、付属の標準的な呼び出し音リストの中から選択することで、呼び出し音をカスタマイズできます。または、自分の MP3 ミュージック コレクションの中からお気に入りのメロディを選び、それを Cisco Unified IP Phone にアップロードすることもできます。

Click to Call アプリケーションを使用してビジネス コミュニケーションを効率化する

ワークスペースにおけるテクノロジーの普及が急激に進むにつれて、ビジネスの現場では、一人の相手に連絡を取るために、デスクの電話機から複数の通信デバイスに電話をかけることがよくあります。また、同僚やビジネス パートナー、顧客とのコラボレーションに必要なコミュニケーション機能や生産性ツールにアクセスするために、デスクの電話機とデスクトップ アプリケーションとの間を一日中行ったり来たりすることも珍しくありません。

Web ベースのディレクトリや個人用アドレス帳アプリケーションで連絡先を検索して電話をかける際、多くの場合、デスクの電話機から相手の勤務先の電話、携帯電話、またはポケットベルの番号をダイヤルします。電子ドキュメントの内容を確認したり、単に製品のサポート情報を閲覧している際、さらに詳しい情報やヘルプが必要になった場合は、企業の Web サイトに記載されている電話番号に電話をかけたりします。

無料でダウンロードできる Click to Call アプリケーションを使用すれば、ミスが生じやすく、時間がかかることの多い現行のコミュニケーション方法を効率化できます。Cisco Unified Communications Widget の Click to Call アプリケーションを PC 上で実行すれば、よく使うデスクトップの生産性アプリケーションや Web ブラウザに表示された電話番号を選択してクリックするだけで、Cisco Unified Communications Manager を経由して電話をかけることができます。Cisco Unified IP Phone のダイヤル パッド キーを使う必要はありません。また、電話をかける前に、国際電話用の番号を追加したり、内線電話用に番号を削除したりできます(図 2 を参照)。

図 2 Phone Designer を使用して Cisco Unified IP Phone のカラー ディスプレイをカスタマイズする

図 2 デスクトップ アプリケーションからの Click to Call


Click to Call アプリケーションをシステム マネージャ トレイに追加すると、アプリケーションを使用してかけた電話の履歴に即座にアクセスできます。マウスを数回クリックするだけで簡単にフォローアップの電話をかけ、つい先ほど電話をした人ともう一度話をしたり、最初につながらなかった人にもう一度連絡を試みたりできます。

Visual Voicemail アプリケーションを使用したリッチなメッセージング エクスペリエンス

電子メールの過負荷がますます深刻になる中、ビジネスの現場では多くのユーザが、同僚やビジネス パートナー、顧客との重要なあるいは緊急を要するビジネス コミュニケーションにおいてボイス メッセージングを使用するようになっています。また、モバイル環境で業務を行う機会がますます増え、複数の通信用アプリケーションおよびデバイスから、社内のボイスメール ボックスに入っているボイス メッセージに 1 日に何度もアクセスし、管理しているユーザも多数います。

一般に、デスクの電話や携帯電話からボイス メッセージング機能にアクセスするには、社内のボイスメール ボックスにダイヤルします。そして、音声メニューのプロンプトに対してキーパッドを使用して操作することによって、ボイス メッセージの再生、削除、保存、返信を行います。通常、新しいメッセージは受信した順序で再生する必要があり、ボイス メッセージの送信元や緊急度、メッセージの長さは考慮されません。多くの場合、新規ボイス メッセージの送信や、受信トレイ内のボイス メッセージへの返信は、時間がかかり、ミスが生じやすくなります。正しい相手にメッセージを届けるためには、音声メニュープロンプトに対して、受信者を検索、確定し、その受信者を録音済みのボイス メッセージに追加するという、複数の手順を踏まなければなりません。

図 3 Cisco Unified IP Phone でのリッチなメッセージング エクスペリエンス

図 3 Cisco Unified IP Phone でのリッチなメッセージング エクスペリエンス


簡単に追加できる Visual Voicemail アプリケーションを使用すれば、Cisco Unified IP Phone 上のボイス メッセージに瞬時にアクセスできます。社内のボイスメール ボックスにダイヤルする必要はありません(図 3 を参照)。Cisco Unified Communications Widget の Visual Voicemail アプリケーションを Cisco Unified IP Phone 上で実行すれば、すべての Cisco Unity および Cisco Unity Connection ボイス メッセージの内容を Cisco Unified IP Phone のディスプレイ上で見ることができます。各ボイス メッセージには送信者の名前、メッセージの時刻、メッセージの長さ、および緊急度を示すマークが表示されるので、メッセージの再生および返信を行う順序を即座に順位付けでき、顧客やビジネス パートナー、同僚に迅速に対応できます。Visual Voicemail アプリケーションを使用することで、誰もが容易かつ生産的に、大量のボイス メッセージの送信、返信、保存、削除を行えるようになります。

また、Cisco Unified IP Phone 用の Visual Voicemail アプリケーションを使用すれば、コンピュータで Cisco Unified Personal Communicator クライアントを使用しているユーザや、携帯電話で Cisco Unified Mobile Communicator を使用しているユーザは、使い慣れた文字でボイスメールの内容を確認することができます。これによって、どこにいてもリッチなメッセージング エクスペリエンスを得ることができます。Cisco Unified IP Phone 上で Visual Voicemail アプリケーションを使用する場合も、外出中に Cisco Unified Mobile Communicator または Cisco Unified Personal Communicator からボイス メッセージにアクセスする場合も違いはありません。

関連情報

Cisco Unified Communications Widget をダウンロードするには、http://www.cisco.com/en/US/products/ps9829/tsd_products_support_series_home.html(英語) にアクセスしてください。

お問い合わせ