Cisco UC Integration(TM) for IBM Sametime

イントロダクション

ユニファイド コミュニケーションの強化

Cisco UC Integration™ for IBM Sametime を使用すると、IBM Sametime から直接、シスコ ユニファイド コミュニケーションの機能に簡単にアクセスできます。これにより、Sametime のIM・プレゼンスのユーザがネイティブの音声および HD ビデオ機能を利用できるようになり、生産性を向上させます。さらに、シスコの IP フォンの制御と状況表示、およびボイスメール、通話履歴が統合されています。この統合により、スタンドアロンおよび Notes に内蔵の Sametime クライアントから、シスコのコール制御にアクセスできるようになります。

機能と特長

IBM Sametime との緊密な統合によって、ユーザは一貫性のあるユーザ エクスペリエンス、コミュニケーション機能の強化、およびインフラストラクチャの簡素化を実現できます。さらに、Sametime ユーザにも次の機能を提供します。

  • 音声およびビデオの利用方法の選択:ユーザは、音声コールまたはビデオ コールを自分のコンピュータ上の IBM Sametime からでも、電話機からでも利用できます。
  • 電話機の状態表示と制御:IM プレゼンスのアイコンに加えて、連絡先が通話中であるか、コールを受信できる状態であるかを示す電話の利用状況のアイコンが表示されます。
  • IBM Sametime クライアントからのクリックツーコール機能:連絡先を右クリックして [電話(Phone Call)] を選択するか、提示されたオプションから番号を選択して、既存の連絡先のリストから発信します。
  • ビジュアル ボイスメールと通話履歴の統合:Sametime ユーザは、メインの Sametime クライアント ウィンドウから通話履歴の表示、再生、または確認を行うことができます。
  • コラボレーションの強化:リストから連絡先をドラッグアンドドロップするか、埋め込まれた検索バーで参加者を検索することで、音声およびビデオ会議を簡単に作成し、管理できます。
製品資料

お問い合わせ