Cisco Unified Attendant Console

Cisco Unified Application Server 2.4

データ シート





Cisco Unified Application Server 2.4


このデータ シートでは、音声、ビデオ、およびデータの統合アプリケーション向けアプリケーション サーバである Cisco® Unified Application Server の機能概要および発注情報を示します。

シスコ ユニファイド コミュニケーションは、音声、ビデオ、データ、モバイル製品およびアプリケーションから成る包括的な IP コミュニケーション システムです。効率性に優れたセキュアでパーソナルなコミュニケーションが実現するため、売上げと利益をすぐに向上させることができます。新しいコミュニケーション方式により、人々を結び付けることができます。ビジネスは常にユーザとともに移動し、セキュリティは万全に張り巡らされ、情報はいつでもどこでも必要なときに入手することができます。シスコ ユニファイド コミュニケーションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、モバイル性、ネットワーク管理製品、ライフサイクル サービス、フレキシブルな展開とアウトソース管理オプション、エンドユーザとパートナーの財務パッケージ、およびサードパーティ製の通信アプリケーションで構成される統合型ソリューションの一部です。


製品概要

Cisco Unified Application Environment の一環を成す Cisco Unified Application Server は、音声、ビデオ、およびデータの統合アプリケーション用のアプリケーション サーバで、ユニファイド コミュニケーション アプリケーション向けとして初めて発売されるエンドツーエンドの実行時/開発統合型プラットフォーム製品です。

Cisco Unified Application Server は、複雑なテレフォニー プロトコルを抽象化し、アプリケーション ロジックをコアのコール ルーティングから切り離して Cisco Unified Communications Manager(旧呼称 Cisco Unified CallManager)を保護し、企業内のすべてのユニファイド コミュニケーション アプリケーションを管理するための標準方式を提供します。

Cisco Unified Application Environment の一環として Cisco Unified Application Server を使用すると、企業アプリケーションとデータに対して音声とビデオを統合したユニファイド コミュニケーション アプリケーションの迅速な開発、信頼性に優れた実行処理、および自動管理が可能になります。企業はこれらの新しい統合アプリケーションを使用することで、コミュニケーションの効率化とビジネス プロセスの刷新を図り、競合他社に対する優位性を確立することができます。


主な機能と利点

  • 拡張性に優れたプラグイン フレームワーク — Cisco Unified Application Server に搭載されている拡張性に優れたプラグイン フレームワークにより、コール制御などの広範なテレフォニー プロトコル、および一般的なデータ プロトコルと API が要約されるので、開発者は音声テクノロジーの複雑さから解放されます。このプラグイン フレームワークは、開発者研修に要する時間を短縮するとともに、導入時におけるプロトコルの選択に柔軟性をもたらします。シスコのお客様およびパートナーは、アプリケーション開発に必要な業界標準のプロトコルや独自仕様のプロトコル、または API 用のプラグインを簡単に開発できます。
  • バーチャル マシン層 — Cisco Unified Application Server が提供するバーチャル マシン層によって、アプリケーション ロジックがコアのコール ルーティングから明確に切り離され、アプリケーションから Cisco Unified Communications Manager へのコールが管理されます。このバーチャル マシンは、不完全なプロトコルによる障害や、開発者の経験不足やアクシデントに起因するトラブルから Cisco Unified Communications Manager を保護します。また、アプリケーションを他のアプリケーションから保護する役割も果たします。
  • 標準のアプリケーション コンテナ — Cisco Unified Application Server は、単一の標準アプリケーション コンテナとして動作し、開発者、品質管理スタッフ、および運用スタッフに共通のプラットフォームを提供します。 このプラットフォームにより、パッケージ化およびカスタマイズされた全ユニファイド コミュニケーション アプリケーションの信頼性、スケーラビリティ、キャパシティ、およびパフォーマンスを管理することができます。

製品仕様

表 1 に、Cisco Unified Application Server の仕様を示します。

表 1 製品仕様

項目 仕様
製品の互換性 Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified CallManager バージョン 3.3、4.0、5.0、および 6.0、Cisco Unified Communications Manager Express、Cisco Unified CallManager Express バージョン 4.0 および 5.0、Cisco Unified Presence 1.0 および 6.0、Cisco Unified IP Phone、Cisco IP Communicator、Cisco Unified Application Designer 2.4、Cisco Unified Media Engine 2.4 と互換
プロトコル Session Initiation Protocol(SIP)、H.323、Skinny Client Control Protocol(SCCP)、Java Telephony Application Programming Interface(JTAPI)、Cisco IP Phone Services、DeviceListX、AVVID XML Layer Simple Object Access Protocol(AXL-SOAP)、Extension Mobility、Cisco CallManager API、Web Services、HTTP、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)、Structured Query Language(SQL)、および Simple Mail Transfer Protocol(SMTP; シンプル メール転送プロトコル)。 標準に準拠したプロトコルや独自仕様のプロトコル、またはインターフェイスに容易に拡張可能
オプション
  • Premium Edition — 100 の同時アプリケーション インスタンスのライセンスが付属。 サーバごとにライセンス付きアプリケーション インスタンスを無制限に追加可能
  • Enhanced Edition — 50 の同時アプリケーション インスタンスのライセンスが付属。 サーバごとにライセンス付きアプリケーション インスタンスを 150 まで使用可能
  • Standard Edition — 25 の同時アプリケーション インスタンスのライセンスが付属。 サーバごとにライセンス付きアプリケーション インスタンスを 50 まで使用可能


システム容量

Cisco Unified Application Server のキャパシティは、導入するアプリケーションの性質によって大きく異なります。Cisco Unified Application Server を実行する複数のシステムをクラスタ化することにより、容量を拡大してハイ アベイラビリティを確保できます。


機能

拡張性のあるプロバイダー フレームワーク

  • コール制御
    • SIP
    • H.323
    • SCCP
    • JTAPI ファースト パーティおよびサードパーティ
  • シスコ IP コミュニケーション
    • Cisco IP Phone Services
    • DeviceListX
    • AXL SOAP
    • Extension Mobility
    • Cisco Unified Communications Manager API
  • その他の一般的なテクノロジーによるインターフェイス
    • Web Services(クライアント)
    • HTTP(クライアントとサーバ)
    • LDAP(クライアント)
    • SQL(クライアント)
    • SMTP(クライアント)
  • 完全な拡張性
    • シスコのお客様およびパートナーは、標準に準拠したプロトコルや独自仕様のプロトコル、または他のインターフェイスのサポートを追加できます。

バーチャル マシン層

  • Cisco Unified Communications Manager をアプリケーションから保護します。
  • アプリケーションを他のアプリケーションから保護します。

標準のアプリケーション コンテナ

  • すべてのユニファイド コミュニケーション アプリケーションを管理するための標準方式を提供します。

システム要件

Cisco Unified Application Server は、この文書の「発注情報」の表 3 に記載されている、互換性のあるシスコのハードウェア システムの実稼働環境でのみ動作することが確認されています。開発とテストに使用する場合のみ、テクノロジー開発者は Windows PC に Cisco Unified Application Server をインストールできます。表 2 に、この開発環境構成の場合の Cisco Unified Application Server のシステム要件を示します。

表 2 システム要件 — 開発環境

項目 要件
ディスク スペース 128 MB(Cisco Unified Media Engine と合わせて)
ハードウェア Pentium 4 以降のプロセッサ
メモリ 512 MB(Cisco Unified Media Engine と合わせて)
ソフトウェア
  • Windows XP
  • .NET Framework Version 3.0
  • Microsoft Web Services Extensions


発注情報

Cisco Unified Application Server を Cisco Unified Application Designer および Cisco Unified Media Engine と組み合わせて使用して、音声、ビデオ、および IP コミュニケーション製品から成るシスコ ユニファイド コミュニケーション用の新しいアプリケーションを作成する開発者は、開発およびテスト用に Cisco Unified Application Server を無料でダウンロードできます。ソフトウェアをダウンロードするには、Download Page popup_icon(Cisco Unified Application Environment 開発者 Web サイト)にアクセスしてください。

Cisco Unified Application Server を実稼働環境に導入するお客様は、ソフトウェア ライセンスを購入する必要があります。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」をご覧いただくか、または表 3 を参照してください。発注の詳細と手順については、「Ordering Guide for the Cisco Unified Application Environment」を参照するか、シスコ製品販売代理店までお問い合わせください。

表 3 発注情報

製品名 製品番号
ソフトウェア ライセンスについて
SW/LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 — Premium Edition、100 インスタンス、無制限 UAS2.4-K9-PREM=
SW/LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 — Enhanced Edition、50 インスタンス、合計 150 まで UAS2.4-K9-ENH=
SW/LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 — Standard Edition、25 インスタンス、合計 50 まで UAS2.4-K9-STD=
SW/LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 — Small Environment 2、16 インスタンス、合計 16 まで UAS2.4-K9-SE16=
SW/LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 — Small Environment 1、8 インスタンス、合計 16 まで UAS2.4-K9-SE8=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 Enhanced から Premium Edition へのアップグレード UAS2.4-E-P-UPG=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 Standard から Premium Edition へのアップグレード UAS2.4-S-P-UPG=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 Standard から Enhanced Edition へのアップグレード UAS2.4-S-E-UPG=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 インスタンス 10 パック UAS2.4-INST-10=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 インスタンス 50 パック UAS2.4-INST-50=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 インスタンス 100 パック UAS2.4-INST-100=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 インスタンス 500 パック UAS2.4-INST-500=
LIC/KEY Cisco Unified Application Server 2.4 インスタンス 1000 パック UAS2.4-INST-1000=
ハードウェア システムについて
HW 7845-H2 サーバ、Dual Core Xeon 5140 2.33GHz、4 GB メモリ、4x72GB HD MCS-7845-H2-IPC1
HW 7845-I2 サーバ、Dual Core Xeon 5140 2.33GHz、4 GB メモリ、4x72GB HD MCS-7845-I2-IPC1
HW 7835-H2 サーバ、Dual Core Xeon 5140 2.33GHz、2 GB メモリ、2x72GB HD MCS-7835-H2-IPC1
HW 7835-I2 サーバ、Dual Core Xeon 5140 2.33GHz、2 GB メモリ、2x72GB HD MCS-7835-I2-IPC1
HW 7825-H3 サーバ、Dual Core Xeon 3050 2.13GHz、2 GB メモリ、2x160GB HD MCS-7825-H3-IPC1
HW 7825-I3 サーバ、Dual Core Xeon 3050 2.13GHz、2 GB メモリ、2x160GB HD MCS-7825-I3-IPC1
HW 7816-H3 サーバ、Celeron D 352 3.2GHz、2 GB メモリ、1x160GB HD MCS-7816-H3-IPC1
HW 7816-I3 サーバ、Celeron D 352 3.2GHz、2 GB メモリ、1x160GB HD MCS-7816-I3-IPC1


関連情報

Cisco Unified Application Server についての詳細は、http://www.cisco.com/jp/go/applicationserver/ をご覧ください。


シスコ ユニファイド コミュニケーションのサービスおよびサポート

シスコシステムズとパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方を活用して、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムをサポートするための幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。これらのサービスは、IP コミュニケーション ソリューションの構築、運用、および最適化に効果のある手法を基にしています。たとえば、早期段階に計画サービスおよび設計サービスを活用すると、厳しいスケジュール要件を満たすことができ、導入作業中のネットワークの停止を最小限に抑えます。運用サービスを使用すると、専門家の技術サポートによって通信の中断リスクを軽減できます。 最適化サービスを使用すると、ソリューションのパフォーマンスが向上し、運用効率が高まります。シスコとそのパートナーは、耐障害性の高い統合型ネットワークの構築および維持に役立つシステムレベルのサービスおよびサポートを提供し、企業ニーズに対応しています。