Cisco Unified Communications Manager バージョン 10.0

イントロダクション

シスコ コラボレーション サービスの中心となる製品

Cisco Unified Communications Manager は、ビデオ、音声、メッセージング、モビリティ、プレゼンスのセッション制御とコール制御を容易にする、シスコ コラボレーション サービスの中心となる製品です。

このプラットフォームは、エンタープライズ向けコールおよびセッション管理の業界リーダーです。これまでに世界中で 200,000 人のお客様が、6,000 万台以上の Cisco IP Phone と数千万個のソフト クライアントを導入しました。

機能と特長

バージョン 10.0 の新機能

Cisco Unified Communications Manager バージョン 10.0 は、従来のバージョンに搭載された数多くの機能を基盤として新機能が追加されています。

使用と管理の容易さ

Unified Communications Manager は、エンドユーザ エクスペリエンスを向上させ、システム管理を容易にします。このソリューションには、次のような利点があります。

  • Cisco Jabber クライアントをはじめとするあらゆるデバイスで、ネットワークベースの通話録音をサポート
  • VPN を構築せずにリモート デバイス接続を支援
  • インスタント メッセージとプレゼンスの管理、有用性、ユーザ オプションとプリファレンスを統合
  • 管理者向けに各種の標準規格に準拠したシングル サインオン(SSO)をサポート

新機能の使用

次の新機能や拡張機能を利用できます。

  • コンタクト センター向けの、エージェントの選択による保留時のビデオおよび発信者固有の保留音
  • 強力な新しいユーザ指向型 API
  • 開発者向けの既存の API の拡張

リソース効率の向上

Cisco Unified Communications Manager には、貴重な人的リソースとネットワーク リソースの効率的使用に役立つ次の特長があります。

  • インストール、アップグレード、およびプラットフォーム移行プロセスの簡素化
  • ダイヤル プランのレプリケーションの自動化
  • エンドユーザによるセルフプロビジョニングとセルフケア機能の提供
  • ビデオ会議リソースの効率的使用の促進
  • ネットワーク帯域幅の管理機能の向上

Cisco Unified Communications Manager では、複数の導入モデル(パブリック クラウド、プライベート クラウド、オンプレミス、またはリモート)が用意されています。

お問い合わせ