ユニファイド コミュニケーション

ビジネス上の利点

大幅なコスト削減と生産性の向上

音声とデータを同一のネットワークで伝送できるようになると、電話専用のネットワークを構築して運用する必要がなくなります。調査会社 Yankee Group のシニア アナリストである Helen Chan 氏は、「2 種類のネットワークを個別に維持しなくても済むことは、統合ネットワークに移行するメリットの一つです。2 種類のシステムを維持すると、どうしても高コスト構造になってしまいます。」と述べています。

「製造業、医療、または小売業などのように、各従業員に PC が行き渡っていない企業の場合、インテリジェント フォンの利用は効果的です。PC の代わりにインテリジェント フォンを使用してデータベース情報にアクセスできれば、所有コスト、運用コスト、および管理コストが抑えられ、インタラクティブなやり取りが容易になることが期待できます。」

Allan Sulkin 氏(TEQConsult Group の会長兼チーフ アナリストで、電気通信技術に関するコンサルタント歴 25 年)

  • 企業は 2 つのインフラストラクチャを導入する必要がなく、 1 つのインフラストラクチャだけで済むため、新たなシステム導入コストが 40 ~ 60 パーセント削減できます。
  • Yankee Group の調査では、VoIP システムを使用すると、回線交換ネットワークに比べて運用コストを約 22 パーセント削減できるという結果が得られています。
  • 社員の移動、追加、変更に伴うコストは実質的に不要になります。これは、IP フォンを別のネットワーク ジャックに移設するだけで、これらの作業を簡単に実施できるためです。

ユニファイド コミュニケーション アプリケーションの利用が広がるにつれて、それに付随するメリットを認識する企業が増えつつあります。Sage Research 社の調査結果は、ユニファイド コミュニケーション アプリケーションがコストの削減だけでなく、社員の時間の節約においても大きな効果をもたらすと明確に示しています。ユニファイド コミュニケーション アプリケーションを利用すると、モバイル ワーカーの生産性向上だけでなく、すべての社員のコミュニケーション手段を強化できます。

  • ユニファイド コミュニケーション クライアントを使用する企業の場合、社員 1 人につき 1 日あたり平均 32 分の時間節約を実現しています。これは、プレゼンス テクノロジーを利用してスタッフ同士がいつでも確実に連絡を取り合えるためです。
  • ソフトフォンの利用により、携帯電話や長距離通話の料金が 1 か月あたり平均 1727 ドル(約 204,000 円)分削減されています。モバイル ワーカーは 1 日あたり 40 分の時間を節約し、連絡業務の効率化も実現しています。さらに、業務継続性の効果によって年間 3.5 日の生産性向上が実現されています。
  • ユニファイド メッセージングを利用する企業の場合、社員はメッセージ管理の効率化によって 1 日あたり 43 分の時間を節約し、モバイル ワーカーは 1 日あたり 55 分の時間を節約しています。
  • 統合型の音声/Web 会議機能を利用する企業では、(社内ネットワーク上で統合型の会議機能を利用して)会議に必要なコストを 30 パーセント削減し、出張旅費を 1 か月あたり平均 1700 ドル(約 200,000 円)削減しています。

その他のコスト削減の多くは、ハードウェア要件の見直しや運用コストの節減によって実現されています。

今日のダイナミックなビジネス環境では、迅速な変更や増強が可能な電話システムを利用して新機能を導入し、コミュニケーションおよびビジネス プロセスの効率化や企業の収益性向上を実現することが重要です。

お問い合わせ