Cisco ATA 180

Cisco ATA 187 Analog Telephone Adaptor

データ シート





Cisco ATA 187 Analog Telephone Adaptor



製品の概要


Cisco® ATA 187 Analog Telephone Adaptor は従来の電話機を IP デバイスに変える、ハンドセットとイーサネット間のアダプタです。お手持ちのアナログ デバイスを Cisco ATA に接続することで、数多くの新しい IP テレフォニー アプリケーションを活用できます。

標準ベースの通信デバイスである Cisco ATA 製品によって、世界中の企業および住宅において本物の次世代 Voice-over-IP(VoIP)端末が利用できるようになります。

  • 既存の電話への投資保護:Cisco ATA 187 は 2 つの音声ポートをサポートします。それぞれに別個の電話番号が割り当て可能で、RJ-45 10/100 BASE-T イーサネット ポートも 1 つ付いています。このアダプタにより、既存のイーサネット LAN に加え、DSL、固定ワイヤレス、ケーブル モデムなどのブロードバンド展開が活用できます。
  • コスト効率:Cisco ATA 187 を使用すると、お手持ちのアナログ電話機を IP デバイスにコスト効率良く変えることができます。Cisco ATA 187 は、企業ネットワーク、スモールオフィス環境、または新しい VoIP 管理型音声サービスやローカル サービス市場に接続するお客様のニーズを満たすソリューションとして推奨されます。

Cisco ATA 187 を使用することで、企業のお客様はアナログ電話機およびファックス機を自社の VoIP ネットワークに接続できます。またサービス プロバイダーは、Cisco ATA 187 を使用して新しいテレフォニー アプリケーションを活用し、2 番目の回線サービスを簡単に導入できます(図 1 および 2)。

図 1 Cisco ATA 187:エンドツーエンド ブロードバンド システムのエンドポイント

図 1 Cisco ATA 187:エンドツーエンド ブロードバンド システムのエンドポイント


図 2 Session Initiation Protocol(SIP)ネットワークのエンドポイントとしての Cisco ATA 187

図 2 Session Initiation Protocol(SIP)ネットワークのエンドポイントとしての Cisco ATA 187
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


* DSL およびケーブル モードには SIP サポートが必要です。

機能と利点


表 1 に、Cisco ATA 187 の機能と利点を示します。

表 1 機能と利点

機能 利点
設定およびプロビジョニング
  • シスコのエンドポイント デバイスとして構成
  • Trivial File Transfer Protocol(TFTP)を使用したサーバへの自動プロビジョニング
  • Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)を使用した、IP アドレス、ネットワーク ルーティング IP、サブネット マスクの自動割り当て
  • プッシュホン式電話キーパッドによる設定(音声プロンプト付き)
  • 構成およびアクセスを保護する管理パスワード
  • ネットワーク経由のリモート アップグレード
 
  • Cisco Unified Communications Manager(UCM)の標準構成およびプロビジョニング オプション
  • 管理が容易
音声品質
  • 高度な前処理により、全二重方式の音声圧縮を最適化
  • 高性能の回線エコー キャンセレーションにより、ノイズとエコーを除去
  • Voice Activity Detection(VAD; 音声アクティビティ検出)と Comfort Noise Generation(CNG; コンフォート ノイズ生成)により、無音ではなく音声を送出しながら帯域幅を節約
  • 動的なネットワーク モニタリングにより、パケット喪失などのジッタの影響を低減
 
  • クリアで自然な音声品質
シグナリング プロトコル
  • Session Initiation Protocol(SIP) (Cisco line-side)
 
  • Cisco UCM SIP ソリューションとの相互運用が可能
セキュリティ
  • SIP を介した Secure Real-Time Transfer Protocol and Transport Layer Security(SRTP/TLS)
 
  • 安全なメディアおよびシグナリング サポートにより、セキュアなソリューションを実現
FAX のサポート
  • T38 FAX のサポート
 
  • IP ネットワーク経由で FAX を送信する標準 FAX 機能
フォーム ファクタ
  • ほとんどの環境に適合
  • シスコのエンドポイント ポートフォーリオに基づく新しいフォーム ファクタ設計


Cisco UCM バージョンとの互換性


  • Cisco UCM バージョン 7.1.5、8.0.2 以上

製品仕様


表 2 に、Cisco ATA 187 の仕様を示します。

表 2 製品仕様

物理的仕様
電源 電源:汎用 AC 電源 100 V および 240 V
電源アダプタの出力電圧:+12.0 VDC(最大 1 A)
ノイズ レベル 3 フィート(約 1 m)の範囲内で 34 dBA 未満
コネクタ 2 RJ 11
温度 動作温度:5 〜 45 ℃(23 〜 113 °F)
保管温度:-25 〜 70 ℃(-13 〜 158 °F)
湿度 動作湿度:5 〜 95%(結露しないこと)
平均故障間隔(MTBF) 100,000 時間
物理寸法
(高さ×幅×奥行)および重量
寸法:3.8 x 13.7 x 17.0 cm (1.5 x 5.4 x 6.7 インチ)
重量:260 g(9.2 ポンド)
準拠 RoHS および WEEE 準拠の素材
オンオフ スイッチ デバイスの電源のオンとオフを切り替え
ソフトウェア仕様
Cisco ATA SIP サービス
  • IP アドレスの割り当て:DHCP による割り当て、または静的に構成
  • Cisco UCM 構成インターフェイスによる Cisco ATA 構成
  • VLAN 構成
  • Cisco Discovery Protocol
  • 低ビット レートのコーデック選択
  • ユーザ認証
  • 構成可能なトーン(ダイヤル トーン、ビジー トーン、アラート トーン、リオーダー トーン、およびコール ウェイティング トーン)
  • ダイヤル プラン
  • SIP プロキシ サーバの冗長性
  • プライバシー機能
  • Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)サービス(SRV)のサポート
  • ユーザ構成可能なコール ウェイティング。永続的なデフォルト設定
  • G.711 を使用した無音時のコンフォート ノイズ
  • 高度なオーディオ モード
  • 発信者番号形式
  • 呼び出しパルス形式
  • 無音圧縮
  • フックフラッシュ検出タイミングの構成
  • 構成可能なオンフック遅延
  • 音声およびシグナリング イーサネット パケットの Type Of Service(ToS; タイプ オブ サービス)の構成
  • デバッグ ツールと診断ツール
SIP サービス Cisco ATA では、次に示す方式がサポートされます(詳細は RFC-3261 を参照してください)。
  • REGISTER
  • REFER
  • INVITE
  • BYE
  • CANCEL
  • NOTIFY
  • OPTIONS
  • ACK
  • SUBSCRIBE
補足サービス
  • 発信者番号
  • コール ウェイティング発信者番号
  • 音声メール通知
  • 電話会議
  • コール ウェイティング
  • コール転送
  • 発呼回線 ID
  • 不在転送
  • 在席転送
  • 共有ライン
  • スピード ダイヤル
  • Meet Me
  • ピックアップ
  • リダイヤル
サポートされる他のプロトコル
  • IEEE 802.1Q VLAN タギング
  • Cisco Discovery Protocol
  • DNS
  • DHCP
  • Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)
  • IP
  • Real-Time Transport Protocol(RTP)
  • TCP
  • Trivial File Transfer Protocol(TFTP)
  • User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)
FAX サービス Cisco ATA では、FAX 信号が G.711 コーデックを使用して送信される、2 つのモードの FAX サービスがサポートされます。
  • FAX パススルー モード:このモードでは、自動 G.711A-law または G.711μ-law 切り替えによる受信者側の Called-Station-Identification(CED)トーン検出が有効になります。
  • T38 FAX リレー モード:T.38 FAX リレー機能により、FAX 機を使用して IP ネットワーク経由でファイルを送信できるようになります。通常は、FAX が受信されるとイメージに変換され、それが T.38 FAX 機に送信され、もう一度アナログ FAX 信号に変換されます。音声ゲートウェイを使用して構成された T.38 FAX リレーでは、FAX 信号がデコードまたは復調されてから、IP 経由で転送されます。

注:FAX 送信が成功するかどうかは、ネットワークの状況とその状況に対する FAX モデムの応答により異なります。ネットワークにおけるネットワーク ジッタ、ネットワーク遅延、およびパケット損失率がある程度低い必要があります。

サポートされる音声コーデック
  • G.711μ-law
  • G.711A-law
  • G.729
  • G.729A
  • G.729B
  • G.729AB
SRTP/TLS
  • SRTP は、ネットワークでの音声対話を保護し、リプレイ アタックから保護します。
  • TLS は、インターネット上で電子メールなどのデータ通信を保護する暗号化プロトコルです。TLS は、機能的には SSL と同等です。
VoIP の仕様
  • SLAN ポート:RJ-45 10/100BASE-T ファスト イーサネット ポート x 1
  • Quality Of Service(QoS):優先設定および Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)
コール進捗トーン ネットワーク ロケールに基づいて設定可能
回線エコー キャンセレーション
  • 各ポートにエコー キャンセラ
  • 8 ミリ秒(ms)のエコー長
  • 非線形エコー抑制(f = 300 〜 3400 Hz の場合、Echo Return Loss [ERL; エコー リターン ロス] > 28 dB)


システム要件


図 3 に、システムの配置を示します。

図 3 システムの配置

図 3 システムの配置


保証に関する情報


保証については、Cisco.com の 製品保証 [英語] のページを参照してください。

発注情報


製品を導入してご利用いただくために、ご購入が必要なすべてのコンポーネントまたは部品をご案内いたします。また、Cisco Ordering ツールへの直接リンクも示します。表 3 には製品番号を示します。

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」ページを参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

表 3 発注情報

製品名 部品番号
Cisco ATA 187 ATA187-I1-A=
ATA 電源ケーブル(北米用) ATA187PWRCORD-NA
ATA 電源ケーブル(日本用) ATA187PWRCORD-JP


シスコ ユニファイド コミュニケーションのサービスおよびサポート


シスコシステムズとパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方を活用して、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムをサポートするための幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。これらのサービスは、IP コミュニケーション ソリューションの構築、運用、および最適化に効果のある手法を基にしています。たとえば、早期段階に計画サービスおよび設計サービスを活用すると、厳しいスケジュール要件を満たすことができ、導入作業中のネットワークの停止を最小限に抑えます。運用サービスを使用すると、専門家の技術サポートによって通信の中断リスクを軽減できます。最適化サービスを使用すると、ソリューションのパフォーマンスが向上し、運用効率が高まります。シスコとそのパートナーは、耐障害性の高い統合型ネットワークの構築および維持に役立つシステムレベルのサービスおよびサポートを提供し、企業ニーズに対応しています。

関連情報


Cisco ATA 187 Analog Telephone Adaptorの詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/ata180/ の製品ホームページを参照するか、最寄りの代理店にお問い合わせください。

お問い合わせ