Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)1285

イントロダクション

優れた柔軟性とパフォーマンス

Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)1285 は、デュアルポート拡張 Quad Small Form-Factor Pluggable(QSFP)40 ギガビット イーサネットに対応し、Cisco Unified Computing(UCS)C シリーズ ラック サーバ向けに設計された Fibre Channel over Ethernet(FCoE)対応のハーフハイト PCI Express(PCIe)カードです。VIC 1285 アダプタは、サーバ仮想化によって導入される種々の新しい動作モードを高速化します。また、UCS ラックマウント サーバに対して、優れた柔軟性、パフォーマンス、帯域幅を提供します。

機能と特長

Cisco UCS VIC 1285 は、高性能アプリケーション向けの Cisco Nexus 40 Gb スイッチ(Cisco Nexus 6004、3016Q、および 3132Q スイッチ)で動作します。

VIC 1285 は、仮想ネットワーキングと物理ネットワーキングを 1 つのインフラストラクチャに統合する Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダ(VM-FEX)を実装しています。これにより、物理ネットワークから仮想マシンへのアクセスに対する可視性と、物理サーバと仮想サーバに対する一貫したネットワーク運用モデルの実現が可能になります。

仮想環境では、高度な設定が可能で仮想化された 1285 アダプタが、Cisco UCS C シリーズ ラック サーバの統合されたモジュラ LAN インターフェイスを提供します。その他の機能については、次のとおりです。

Cisco usNIC テクノロジー:Cisco usNIC は、Cisco UCS VIC 1285 上の低遅延インターフェイスです。このインターフェイスは、カーネルをバイパスするデータ パスを可能にするソフトウェア ライブラリのセットで構成されています。

高性能:VIC 1285 は、UCS 管理アダプタとして最大 256 の PCI Express(PCIe)仮想デバイスをサポートしているほか、仮想ネットワーク インターフェイス カード(vNIC)または仮想ホスト バス アダプタ(vHBA)のいずれかをサポートします。また、高い IOPS を実現し、ロスレス イーサネットをサポートしているのに加え、最大 PCIe 帯域幅に基づいて、サーバに対し最大 64 Gbps をサポートします。

非 UCS 管理環境では、VIC 1285 は最大 16 個の vNIC と 2 つの vHBA をサポートします。

優れた帯域幅:PCIe Gen2 x16 により、ファブリック インターコネクトへの冗長パスを通じて、ネットワーク集約型アプリケーションのホスト サーバに適切な帯域幅を確実に提供します。

高度な機能:第 2 世代の VIC は、NetFlow によるネットワーク トラフィックのモデリングや、NetQueue による仮想マシン トラフィック ロードのバランシングやシェーピングなどの高度な機能をサポートしています。Accelerated Receive Flow Steering により、パケット処理を効率化します。

仕様一覧

ポート 2 X 40 Gbps FCoE QSFP ポート
接続 PCIe 2.0 x16 のフォーム ファクタ
インターフェイス数 最大 256 の仮想インターフェイス(OS の制限が適用されます)
寸法 奥行き:16.76 cm (6.6 インチ)、幅:6.35 cm (2.5 インチ)
標準電力 平均 17 ワット(W)

お問い合わせ