Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)1225

イントロダクション

優れた柔軟性とパフォーマンス

Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)1225 を使用することで、高性能な統合型ネットワーク アダプタを導入することができます。このアダプタは、サーバ仮想化によって導入される種々の新しい動作モードを高速化します。優れた柔軟性、パフォーマンス、帯域幅を新世代の Cisco Unified Computing System ラックマウント サーバに提供します。

注:製品の発売開始と出荷開始(FCS)については、シスコの営業担当者にお問い合わせください。

機能と特長

Cisco UCS VIC 1225 は、仮想ネットワーキングと物理ネットワーキングを単一のインフラストラクチャに統合する Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダ(VM-FEX)を実装しています。これにより、物理ネットワークから仮想マシンへのアクセスに対する可視性と、物理サーバと仮想サーバに対する一貫したネットワーク運用モデルの実現が可能になります。

柔軟な設定が可能で、それ自体も仮想化に対応しているこのアダプタは、仮想化された環境において、Cisco UCS C シリーズ ラック サーバに統合モジュラ LAN インターフェイスを提供します。その他の機能と特長には次のようなものがあります。

  • 高いパフォーマンス:最大 256 台の PCle 仮想デバイス、仮想ネットワーク インターフェイス カード(vNICs)または仮想ホスト バス アダプタ(vHBA)をサポート、高い I/O 処理/秒(IOPS)、ロスレス イーサネットをサポート、サーバに 20 Gbps の接続を提供
  • 優れた帯域幅:PCIe Gen2 x16 により、ファブリック インターコネクトへの冗長パスを通じてネットワーク集約型アプリケーションのホスト サーバに適切な帯域幅を確実に提供
  • ラックマウント タイプのフォーム ファクタ:シスコ認定のサードパーティ製アダプタ用にサーバのフルハイト スロットが予約されたハーフハイト設計
  • Cisco VM-FEX テクノロジーのサポート:物理ネットワークから仮想マシンへのアクセスに対する可視性と、物理サーバと仮想サーバに対する一貫したネットワーク運用モデルを実現
  • 中央集中型の管理:Cisco UCS Manager による中央集中管理。Microsoft Windows、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux、VMware vSphere、および Citrix XenServer をサポート

お問い合わせ