ストレージ ネットワーキング モジュール

Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール

データ シート





Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール



製品概要


シスコ ユニファイド ファブリックは、従来のデータセンターと仮想データセンターの両方に不可欠な構成要素です。シスコ ユニファイド ファブリックは、ストレージとデータ ネットワーキングをデータセンター OS によって統合し、透過的なコンバージェンス、スケーラビリティ、ネットワーク インテリジェンスを実現します。Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール(図 1)は、シスコがコア データセンターの SAN 向けに導入した業界初のマルチホップ対応 FCoE(Fibre Channel over Ethernet)モジュールです。Cisco MDS 9500 シリーズ マルチレイヤ ディレクタのフル ラインレート FCoE モジュールを使用することで、FCoE の利点をアクセス レイヤを越えてデータセンターのコアでも広く活用できます。

FCoE ではファイバ チャネル構造全体が保持され、ファイバ チャネルの遅延、セキュリティ、およびトラフィック管理の属性が維持されるうえ、ファイバ チャネル ツール、トレーニング、SAN への投資も保護されるため、I/O 統合の実現に大きく近づくことができます。FCoE によって、ファイバ チャネルをデータセンターのストレージ プロトコルとして保持しつつ、お客様に I/O 統合に向けた現実的なソリューションを提供できます。イーサネットを使用することでお客様の環境が簡素化され、I/O 統合に向けて業界別のプロトコルを作成する必要がなくなります。また、FCoE はファイバ チャネルの SAN 接続を拡張するため、ネットワークに接続されている全サーバを SAN にも接続できます。

図 1 Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール

図 1 Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール


企業のネットワークは急成長しており、データセンターでは電力、冷却、スペースの確保に苦慮しています。これに対し、企業では、投資を今後も最大限に活用するため、既存のデータセンターの寿命を延ばす方法を模索しています。Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールは、従来の FC-SAN(ファイバ チャネルを使用した SAN)と FCoE への進化との間のギャップを解消します。FCoE を導入し、Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールを使用して既存の FC-SAN とファイバ チャネルに接続されたストレージを保護することで、企業は導入コストと運用コストを削減できます。

コンバージェンスの威力


サーバ ワークロードが増加を続けている今、統合型ネットワークは簡素化に加え、データセンターの総消費電力量の削減と既存資産のライフサイクルの延長を実現します。さらに、統合型ネットワークは SAN 接続率を向上させ、仮想マシンのモビリティを簡素化します。

企業が待ち望んでいたディレクタ クラスの FCoE プラットフォームが、Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールによって実現します。シャーシあたり最大 88 ポートのラインレート パフォーマンス、シンプルな導入、簡単な設定と管理を実現する新しいモジュールが、コア レイヤでファイバ チャネルと FCoE とを結合します(図 2)。

図 2 ディレクタ クラスのコア環境に拡張された統合型ネットワーク

図 2 ディレクタ クラスのコア環境に拡張された統合型ネットワーク


I/O 統合がアクセス レイヤにもたらす利点は、データセンターのコアにも同様にもたらされます。Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールは、図 2 のようにコアのネットワークを統合できるため、データセンターが簡素化されることで直接的な利益を得ることができます。

こうした次世代のアプローチがデータセンターにもたらす利点には、大きく分けて次の 3 つがあります。

  • 俊敏性:統合型ネットワークにより、LAN と SAN の両環境で長期間にわたりネットワーク容量をより効率的に使用できます。帯域幅容量を徐々に増強することにより、全トラフィック タイプの応答性が向上し、リソースの制約により一部のアプリケーションのアップグレードを断念する必要がなくなります。
  • 効率性:統合型ネットワークにより、アクセス レイヤを越えたインフラストラクチャのレプリケーションが不要になるため、投資回収率(ROI)を向上させることができます。
  • 応答性:FCoE がエンドツーエンドでもたらす利点により、物理アセットと仮想アセットをより高速に、より少ない障害ポイントで設定、移動、変更できます。

Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールは、FCoE 環境に真のエンタープライズ クラスのシステムとトポロジを提供します。

ユニファイド ファブリックの威力


ユニファイド ファブリックは、FCoE などの統合型ネットワーク プロトコルを使用して SAN および LAN 上のあらゆるデバイスへの接続を一度に可能にします。特に、FCoE は 10 Gbps イーサネットの効率的なエンコード メカニズムを使用して、8 Gbps ファイバ チャネルよりも 50 % 広い帯域幅を提供します(8 Gbps ファイバ チャネルの実帯域幅は 6.8 Gbps)。つまり、同じ帯域幅を確保するために必要な 10 ギガビット イーサネット リンク数を削減できます。Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールを Twinax ケーブルなどの低コストのメディア オプションと組み合わせて使用すれば、ストレージ ネットワークでイーサネットの経済性を活かしつつ、ファイバ チャネルの信頼性と機能を維持できます。各ホストにあらゆるストレージをマウントできるため、ストレージ統合と利用率向上を図ることができます。

スケーラビリティの威力


Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールは、シャーシあたり最大 88 ラインレート ポートのスケーラビリティ(オーバーサブスクリプションなし)、PortChannel による最大 16 個の物理リンク、160 Gbps の大容量論理リンクを提供します。Cisco Nexus 7000 シリーズ 32 ポート 1/10 ギガビット イーサネット モジュールを使用して Cisco Nexus® 7000 シリーズ スイッチに接続すれば、ディレクタ クラスの FCoE ポート数を簡単に拡張して、最も要求の厳しいデータセンターのニーズに対応できます。

インテリジェント ファブリックの威力


シスコは、従来のデータセンターと仮想データセンターの両方に対応したユニファイド ファブリックに重要なポリシーベースのインテリジェント機能を組み込んだサービスを提供します。分散型のネットワーク統合型サービスにより、スケーラビリティ、高パフォーマンス、俊敏性、運用の簡素化を実現します。提供形式が物理(アプライアンスやブレード)と仮想のどちらであっても、シスコのインテリジェント ファブリック サービスにより柔軟性と費用対効果の高いサービスの導入が可能になります。

Cisco MDS 9000 Services-Oriented SAN も同様に高度な統合型ストレージ サービスを提供し、俊敏性の向上とクラウド ストレージ環境を実現します。これらはファイバ チャネル業界への多大な投資であり、シスコではファイバ チャネルのサポートに尽力する一方で、イーサネットおよび I/O 統合への移行、ユニファイド ファブリックの約束を果たすべく取り組んでいます。

Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールは、コア レイヤへの FCoE の移行のメリットを活かすだけでなく、エンタープライズ クラスのファイバ チャネル サービスを Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチおよび 5000 シリーズ スイッチと FCoE イニシエータに拡張します。この機能により、次のことが可能になります。

  • FCoE イニシエータで Fibre Channel over IP(FCIP)に接続された企業のバックアップ ソリューション用のリモート ファイバ チャネル リソースにアクセスできます。
  • 仮想 SAN(VSAN)のサポートにより、リソースを分離および統合できます。
  • Inter-VSAN Routing(IVR; VSAN 間ルーティング)のサポートにより、セグメント化したリソースを使用できます。
  • Cisco MDS 9000 ファミリおよび Cisco Nexus ファミリ デバイスの管理ツールである Cisco Data Center Network Manager(DCNM)for SAN を使用できます。

機能と利点


表 4 に、Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールの機能と利点を示します。

表 1 機能と利点

機能 利点
カテゴリ
マルチホップ FCoE
  • Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチおよび Cisco Nexus 7000 シリーズ ディレクタへの FCoE 接続と互換性あり
統合 OS
  • 管理者が使い慣れた Cisco Nexus 製品と同じ OS を使用して透過的に相互運用
  • ファイバ チャネルのサービスと機能を Cisco Nexus 7000 に接続された FCoE 対応システムに拡張
ラインレート ポート
  • オーバーサブスクリプションなしでフル ラインレートでの伝送が可能
高度なサービス
  • FCIP などのディレクタ クラスのサービスをアグリゲーション レイヤとエッジ ファブリック レイヤに拡張
統合された管理
  • Cisco Nexus および Cisco MDS 9000 ファミリ プラットフォーム間で同じポリシーと管理ツールを使用
効率的なエンコード
  • 8 Gbps ファイバ チャネルよりも 50 % 広い帯域幅を提供するラインレート 10 Gbps の FCoE を使用


製品仕様


表 2 に、Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールの仕様を示します。

表 2 製品仕様

項目 仕様
製品の互換性 Cisco MDS 9500 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ
ソフトウェア互換性 Cisco MDS NX-OS リリース 5.2(0) 以降が必要
ファイバ チャネルおよび FCoE プロトコル ファイバ チャネル標準
  • FC-BB-5、Revision 2.0(ANSI INCITS 462-2010)
  • FC-BB-4、Revision 2.7(ANSI INCITS 419-2008)
  • FC-BB-3、Revision 6.8(ANSI INCITS 414-2006)
  • FC-BB-2、Revision 6.0(ANSI INCITS 372-2003)
  • FC-FS-3、Revision 1.11(ANSI INCITS 470-2011)
  • FC-FS-2、Revision 1.01(ANSI INCITS 424-2007)
  • FC-FS-2、Amendment 1(ANSI INCITS 424-2007/AM1-2007)
  • FC-FS、Revision 1.9(ANSI INCITS 373-2003)
  • FC-LS-2、Revision 2.21(ANSI INCITS 477-2011)
  • FC-LS、Revision 1.62(ANSI INCITS 433-2007)
  • FC-SW-5、Revision 8.5(ANSI INCITS 461-2010)
  • FC-SW-4、Revision 7.5(ANSI INCITS 418-2006)
  • FC-SW-3、Revision 6.6(ANSI INCITS 384-2004)
  • FC-SW-2、Revision 5.3(ANSI INCITS 355-2001)
  • FC-GS-6、Revision 9.4(ANSI INCITS 463-2010)
  • FC-GS-5、Revision 8.51(ANSI INCITS 427-2007)
  • FC-GS-4、Revision 7.91(ANSI INCITS 387-2004)
  • FC-GS-3、Revision 7.01(ANSI INCITS 348-2001)
  • FCP-4、Revision 2
  • FCP-3、Revision 4(ANSI INCITS 416-2006)
  • FCP-2、Revision 8(ANSI INCITS 350-2003)
  • FCP、Revision 12(ANSI INCITS 269-1996)
  • FC-SB-4、Revision 3.0(ANSI INCITS 466-2011)
  • FC-SB-3、Revision 1.6(ANSI INCITS 374-2003)
  • FC-SB-3、Amendment 1(ANSI INCITS 374-2003/AM1-2007)
  • FC-SB-2、Revision 2.1(ANSI INCITS 349-2001)
  • FC-VI、Revision 1.84(ANSI INCITS 357-2002)
  • FC-SP、Revision 1.8(ANSI INCITS 426-2007)
  • FAIS-2、Revision 2.23(ANSI INCITS 449-2008)
  • FAIS、Revision 1.03(ANSI INCITS 432-2007)
  • FC-IFR、Revision 1.06(ANSI INCITS 475-2011)
  • FC-MI-2、Revision 2.6(INCITS TR-39-2005)
  • FC-MI、Revision 1.92(INCITS TR-30-2002)
  • FC-DA、Revision 3.1(INCITS TR-36-2004)
  • FC-FLA、Revision 2.7(INCITS TR-20-1998)
  • FC-PLDA、Revision 2.1(INCITS TR-19-1998)
  • FC-Tape、Revision 1.17(INCITS TR-24-1999)
ファイバ チャネルの機能
  • T11 規格準拠 FCoE
  • T11 FCoE Initialization Protocol(FIP)
  • FCoE Forwarder(FCF)
  • 仮想 E(VE)ポート対応マルチホップ FCoE
  • Converged Enhanced Ethernet(CEE)との相互運用性
  • FCoE ターゲットへの直接接続
  • サービス クラス:Class 2、Class 3、Class F
  • ファイバ チャネル拡張ポート タイプ:VE、TE、VF
  • F ポート トランキング
  • F ポート チャネリング
  • VSAN
  • ファイバ チャネル PortChannel
  • ネイティブ Interop モード 2
  • ネイティブ Interop モード 3
  • VSAN トランキング
  • Fabric Device Management Interface(FDMI)
  • 永続的ファイバ チャネル ID(FCID)
  • 分散デバイス エイリアス サービス
  • 順次配信
  • ポート トラッキング
  • N ポート バーチャライゼーション(NPV)
  • N ポート ID バーチャライゼーション(NPIV)
  • ファブリック サービス:ネーム サーバ、Registered State Change Notification(RSCN)、ログイン サービス、ネームサーバ ゾーニング
  • VSAN 単位のファブリック サービス
  • Cisco Fabric Services
  • Fabric Shortest Path First(FSPF)
  • Diffie-Hellman Challenge Handshake Authentication Protocol(DH-CHAP)および Fibre Channel Security Protocol(FC-SP)
  • ホスト/スイッチ間およびスイッチ間の FC-SP 認証
  • ファイバ チャネルのファブリック バインディング
  • ポート セキュリティ
  • 分散デバイス エイリアス サービス
  • 標準ゾーニング
  • ドメインおよびポート ゾーニング
  • 拡張ゾーニング
  • Cisco Fabric Analyzer
  • ファイバ チャネル Traceroute
  • ファイバ チャネル Ping
  • ファイバ チャネルのデバッグ
  • Cisco Fabric Manager のサポート
  • Storage Management Initiative Specification(SMI-S)
イーサネット プロトコル
  • IEEE 802.3、Carrier Sense Multiple Access/Collision Detect(CSMA/CD; 搬送波感知多重アクセス/衝突検出)アクセス方式および物理層仕様
  • IEEE 802.1Q、MAC ブリッジおよび仮想ブリッジ LAN
  • IEEE 802.1Qbb、優先度ベース フロー制御(PFC)
  • IEEE 802.1Qaz、拡張伝送選択(ETS)
  • IEEE 802.1Qaz、Data Center Bridging Exchange(DCBX)プロトコル)
カード、ポート、スロット
  • 8 個の自動検知式 FCoE 固定ポート
コンポーネント
サポートされている光インターフェイス モジュール
  • 10 ギガビット イーサネット -SR、-LR
  • アクティブ CX-1(7 m、10 m)
  • パッシブ CX-1(1 m、3 m、5 m))
機能
ファブリック サービス
  • ネーム サーバ
  • RSCN
  • ログイン サービス
  • Cisco Fabric Configuration Server(FCS)
  • パブリック ループ
  • ブロードキャスト
  • 順次配信)
高度な機能
  • VSAN
  • PortChannel(マルチパス ロード バランシングを使用)
  • QoS(フローベースおよびゾーンベース))
診断ツールおよびトラブルシューティング ツール
  • 電源投入時自己診断テスト(POST)
  • オンライン診断
  • ファイバ チャネル Ping
  • ファイバ チャネルのデバッグ
  • Cisco Fabric Analyzer
  • Syslog
  • オンライン システム ヘルス
  • ポートレベル統計情報
  • Real-Time Transport Protocol(RTP)デバッグ
  • Online Health Monitoring System(OHMS)または Cisco Generic Online Diagnostics(GOLD)
  • 拡張 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)デジタル診断)
セキュリティ
  • VSAN
  • アクセス コントロール リスト(ACL)
  • VSAN 単位の RBAC(ロールベース アクセス コントロール)
  • ファイバ チャネル ゾーニング
  • FC-SP
    • DH-CHAP スイッチ間認証
    • DH-CHAP ホスト/スイッチ間認証
  • ポート セキュリティおよびファブリック バインディング
  • 管理アクセス
    • セキュア シェル バージョン 2(SSHv2)による Advanced Encryption Standard(AES; 高度暗号化規格)の実装
    • 簡易ネットワーク管理プロトコル バージョン 3(SNMPv3)による AES の実装
    • Secure FTP(SFTP)
  • リンクレベルの暗号化
    • SSHv2 による AES の実装)
保守と監視機能
  • 中断のない同時コード ローディングおよびアクティベーション
  • コンフィギュレーション ファイル管理
  • ファイバ チャネル インターフェイス向けソフトウェア アップグレード(機能停止不要)
  • Call Home
  • 電源管理 LED
  • ポート ビーコン
  • システム LED
  • アラート用 SNMP トラップ
  • ネットワーク ブート)
パフォーマンス
  • ポート速度:10 Gbps の固定帯域幅
  • PortChannel:最大 16 ポート
信頼性とアベイラビリティ
  • ホットスワップ可能なモジュール
  • ホットスワップ可能な SFP オプティクス
  • オンライン診断
  • ステートフルなプロセス再起動
  • スーパーバイザ フェールオーバー(機能停止不要)
  • 任意のモジュールおよび任意のポートで構成する PortChannel
  • ファブリックベースのマルチパス
  • VSAN 単位のファブリック サービス
  • ポート トラッキング)
ネットワーク管理
  • Cisco MDS 9500 シリーズ スーパーバイザ モジュールを使用したアクセス方式
    • アウトオブバンド 10/100/1000 イーサネット ポート(スーパーバイザ 2A)
    • RS-232 シリアル コンソール ポート
    • インバンド IPFC
    • DB-9 COM ポート IP
  • アクセス プロトコル
    • CLI(コンソールおよびイーサネット ポート経由)
    • SNMPv3(イーサネット ポート経由およびインバンド IPFC アクセス)
    • Storage Networking Industry Association(SNIA)SMI-S
  • 分散型デバイス エイリアス サービス
  • ネットワーク セキュリティ
    • VSAN 単位の RBAC(RADIUS および TACACS+ ベースの認証、許可、およびアカウンティング(AAA)機能を使用)
    • SFTP
    • SSHv2 による AES の実装
    • SNMPv3 による AES の実装
  • 管理アプリケーション
    • Cisco MDS 9000 ファミリ CLI
    • Cisco DCNM for SAN
    • Cisco Device Manager
    • CiscoWorks Resource Manager Essentials(RME)および CiscoWorks Device Fault Manager(DFM))
プログラミング インターフェイス
  • スクリプト可能 CLI
  • Cisco DCNM for SAN GUI
  • Cisco Device Manager GUI)
環境
  • 周囲温度(動作時):0 〜 40 °C(-32 〜 104 °F)
  • 周囲温度(非動作時および保管時):-40 〜 75 °C(-40 〜 167 °F)
  • 周囲湿度(動作時、結露しないこと):0 〜 90 %
  • 周囲湿度(非動作時および保管時、結露しないこと):10 〜 95 %
  • 動作高度:-60 〜 2000 m(-197 〜 6500 フィート))
物理寸法
  • 寸法(高さ x 幅 x 奥行):3.0 x 35.6 x 40.6 cm (1.2 x 14.4 x 16 インチ)
  • Cisco MDS 9500 シリーズ シャーシのスロット 1 個を占有
  • 重量:3.63 kg(8.0 ポンド))
電力
  • 120 W
  • 2.86 A)
承認およびコンプライアンス
  • 安全規格
    • CE マーキング
    • UL 60950
    • CAN/CSA-C22.2 No. 60950
    • EN 60950
    • IEC 60950
    • TS 001
    • AS/NZS 3260
    • IEC60825
    • EN60825
    • 21 CFR 1040
  • EMC 適合規格
    • FCC Part 15(CFR 47)クラス A
    • ICES-003 クラス A
    • EN 55022 クラス A
    • CISPR 22 クラス A
    • AS/NZS 3548 クラス A
    • VCCI クラス A
    • EN 55024
    • EN 50082-1
    • EN 61000-6-1
    • EN 61000-3-2
    • EN 61000-3-3)


システム要件


表 3 に、Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールのシステム要件を示します。

表 3 システム要件

ハードウェア Cisco MDS 9500 Cisco Nexus 7000 シリーズ スーパーバイザ 2A モジュール(シャーシあたり 2 つ)が必要
Cisco MDS 9513 ファブリック 2 モジュールが必要(Cisco MDS 9513 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ シャーシのみ)
ソフトウェア Cisco MDS 9000 NX-OS 5.2(0)


発注情報


表 4 に、Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュールの発注情報を示します。

表 4 発注情報

説明 部品番号
Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール DS-X9708-K9
Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール、スペア DS-X9708-K9=
10GBase-SR SFP+ モジュール SFP-10G-SR
10GBASE-SR SFP+ モジュール、スペア SFP-10G-SR=
10GBase-LR SFP+ モジュール SFP-10G-LR
10GBASE-LR SFP+ モジュール、スペア SFP-10G-LR=
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 1 m SFP-H10GB-CU1M
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 1 m、スペア SFP-H10GB-CU1M=
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 3 m SFP-H10GB-CU3M
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 3 m、スペア SFP-H10GB-CU3M=
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 5 m SFP-H10GB-CU5M
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 5 m SFP-H10GB-CU5M=
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 7 m SFP-H10GB-ACU7M
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 7 m、スペア SFP-H10GB-ACU7M=
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 10 m SFP-H10GB-ACU10M
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 10 m、スペア SFP-H10GB-ACU10M=


サービスおよびサポート


シスコとそのパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方を活用して、ネットワークの事業価値と ROI を高めるために役立つ幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。このアプローチでは、テクノロジーとネットワークの複雑さに応じて、シスコのテクノロジーを適切に導入および運用し、ネットワークのライフサイクル全体にわたってパフォーマンスを最適化するために必要なアクティビティの最小限のセットを定義します。

関連情報


Cisco MDS 9000 ファミリ ファイバ チャネル スイッチング モジュールの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/storage/ を参照するか、最寄りのシスコ代理店までお問い合わせください。

サポートされる光モジュールの詳細については、Cisco MDS 9000 ファミリ プラグ可能トランシーバ [英語] を参照してください。