Cisco Catalyst 4500 シリーズ ライン カード

イントロダクション

幅広いライン カードの選択肢

Cisco Catalyst 4500 シリーズには企業ネットワーク、商業ネットワーク、サービス プロバイダーのイーサネット ネットワーク向けに最適化された光ファイバと銅線のインターフェイスを含む、幅広い種類のライン カードが用意されています。

Cisco Catalyst 4500 シリーズには、E シリーズとクラシックの 2 種類のライン カードがあります。E シリーズ ライン カードは、1 スロットあたり 24 Gb または 48 Gb のスイッチング容量を提供します。クラシック ライン カードは、1 スロットあたり 6 Gb のスイッチング容量を提供します。スロットあたり 24 Gb または 48 Gb のスイッチング容量で使用するためには、Cisco Catalyst 4500 E シリーズ シャーシと Cisco Catalyst 4500 E シリーズ スーパーバイザが必要です。

クラシック ライン カードは、クラシック Cisco Catalyst 4500 シリーズ スーパーバイザ エンジンまたは Cisco Catalyst 4500 E シリーズ スーパーバイザのどちらかを搭載した、クラシック シャーシと E シリーズ シャーシの両方に展開できます。

Cisco Catalyst 4500E シリーズの GE 光ファイバ ライン カードは 12 ポートまたは 24 ポートずつ、1 システムにつき 200 GE ポートまで拡張できます。10 G 光ファイバ ライン カードは GE と 10 G に柔軟に対応し、6 ポートまたは 12 ポートずつ、1 システムにつき 10 G ポートが 100 ポートまで拡張できます。

Power over Ethernet ライン カード

Cisco Catalyst 4500 シリーズには IEEE 802.3af(PoE)および IEEE 802.3at(PoEP)に準拠したライン カードも複数用意されています。クラシック ライン カードと E シリーズ ライン カードはどちらも、1 ポートあたり最大 30 W のインライン パワーをサポートする PoE+ オプションを備えています。

お問い合わせ