サービス モジュール

Cisco Catalyst 6500 シリーズ ワイヤレス サービス モジュール


注意 :本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については サービス モジュール をご覧ください。

 
Sub-brand image

Cisco Catalyst 6500 シリーズ Wireless Services Module(WiSM; ワイヤレス サービス モジュール)は、業務アプリケーションを稼働させるワイヤレス LAN(WLAN)に必要なセキュリティ、モビリティ、冗長性、および操作性を提供します。ネットワーク管理者は、従来の有線ネットワークの場合と変わらぬ拡張性と管理性を備えたワイヤレス ネットワークを実現できます。

Cisco WiSM は Cisco Wireless LAN Controller ファミリの 1 つで、Cisco Aironet Lightweight アクセス ポイントや Cisco Wireless Control System(WCS)、Cisco Wireless Location Appliance と連携してミッションクリティカルなワイヤレスのデータ、音声、および映像アプリケーションをサポートします。Cisco Unified Wireless Network の主要コンポーネントである Cisco WiSM を使用すれば、Lightweight アクセス ポイントや他のワイヤレス LAN コントローラ間でのリアルタイム通信が可能になるため、セキュアな統合ワイヤレス ソリューションが実現します。

既存の Cisco Catalyst 6500 シリーズ エンタープライズ ネットワークに Cisco WiSM を組み込むことで、メイン キャンパス、ブランチ オフィス、およびリモート キャンパスにセキュアなエンタープライズクラスのワイヤレス アクセスを展開できます。このモジュールは中規模企業および大企業向けに設計されており、ローミング ドメイン単位で最大 3600 の Lightweight アクセス ポイントをクラスタ化できます。またモジュールごとに最大 300 の Lightweight アクセス ポイントに対応し、10,000 台を超えるワイヤレス クライアント デバイスをサポートします。

Cisco WiSM は、ネットワーク管理者が必要とする WLAN の詳細な把握と制御を可能にし、エンタープライズクラスの WLAN において効率的な導入と管理を実現します。また、無駄なサポート費用を省き、計画的なネットワーク停止や予期しないネットワーク停止を抑制することによって、お客様の総所有コストが大幅に削減されます。

お問い合わせ