Supervisor Engine 8-E

イントロダクション

有線ネットワークとワイヤレス ネットワークの統合

新しい Cisco Catalyst 4500E Supervisor Engine 8-E は、世界で最も幅広く導入されているモジュラ型アクセス スイッチの Cisco Catalyst 4500E に対応して、シスコ ユニファイド アクセス ソリューションを実現します。既存の有線インフラストラクチャの投資を保護しつつ、有線とワイヤレス テクノロジー双方の利点をもたらします。ワイヤレス LAN コントローラを完全にサポートし、有線/ワイヤレス ネットワーク全体で共通の機能を利用できます。

特長と機能

業界トップクラスのパフォーマンス

  • 最大 928 Gbps の有線スイッチング容量、スロットあたり 48 Gbps のノンブロッキング通信
  • Field Programmable Gate Array(FPGA)デバイスを備えた 8 個のノンブロッキング 10 GE アップリック ポートで次世代のプロトコルをサポート
  • Universal Power over Ethernet(UPOE、60 W)および PoE Plus(30 W)機能をすべてのラインカード スロットでサポート
  • クワッド コア 2.2 GHz CPU を搭載し、Cisco Catalyst 4500 Supervisor 7-E と比較してコントロール プレーンの処理性能が向上

有線アクセスとワイヤレス アクセスの統合

  • 有線インフラストラクチャとワイヤレス インフラストラクチャの両方に対応する 1 つのソフトウェア イメージによる内蔵ワイヤレス コントローラ
  • 1 つのシステムで、最大 20 Gbps のワイヤレス スループット、50 台のアクセス ポイント、2000 台のワイヤレス クライアントをサポート
  • マルチスイッチ コントローラを使用しない導入環境の場合、250 台のアクセス ポイント、4000 台のクライアントをサポート
  • 有線ネットワークとワイヤレス ネットワークの両方に対して、ネットワーク全体におけるアプリケーションの可視性と制御、一貫した QoS およびセキュリティを実現
  • ノンストップ フォワーディング/ステートフル スイッチオーバー(NSF/SSO)をワイヤレス トラフィックにまで拡張し、重要なビジネスの継続性を確保

分散インテリジェント サービス

  • すべてのポートに Flexible NetFlow および Wireshark 機能を提供(ワイヤレス属性を含む)
  • 有線/ワイヤレス ネットワーク全体で、ビデオの QoS、監視、およびセキュリティをシンプル化するメディアネット機能
  • 冗長構成コンポーネント、NSF/SSO、In-Service Software Upgrade(ISSU)サポート、仮想スイッチング システム(VSS)により最大限の復元力を実現
  • Energy-Efficient Ethernet(EEE)および Cisco EnergyWise テクノロジーにより、ネットワーク、PoE+、PC を管理

Cisco Open Network Environment の基盤

Supervisor 8-E の中心となるのは、新しい Unified Access Data Plane の特定用途向け集積回路(ASIC)です。この ASIC を次世代の機能やインテリジェンス向けにプログラムすることで、投資を保護することができます。また、Software-Defined Networking(SDN)と Cisco One Platform Kit(OnePK)ツールキットの基盤となる統合 API を、有線ネットワークとワイヤレス ネットワーク全体で使用することができます。

お問い合わせ