ポートアダプタ/サービスアダプタ

Cisco 7200/7500シリーズルータ用マルチチャネルT1/DSX1/E1ポートアダプタ

データ シート





Cisco 7200/7500 シリーズルータ用マルチチャネル T1/DSX1/E1 ポートアダプタ


シスコの新しいマルチチャネルポートアダプタファミリは、コスト効果に優れた柔軟な WAN 接続の新しい時代を開きます。

マルチチャネルインタフェース製品は、Cisco7200 および Cisco7500 シリーズに次の機能を提供することで、WAN リンクのコストを削減し、容易な管理を実現します。

  • 外付け CSU/DSU(Channel Service Units/Data Service Units)やマルチプレクサの必要性を排除
  • シングルワイドのポートアダプタあたり最大 128 の WAN 接続(ソフトウェアで構成可能)を提供
  • 64kbps、n×64kbps から T1 または E1 までのすべてのチャネル帯域幅をサポート
  • ISDN(総合デジタル通信網)およびフレームリレーを含む主要な全カプセル化を処理

これらの機能により、マルチチャネルポートアダプタファミリは、接続タイプごとに異なるインタフェースタイプを使用する必要性をなくします。シスコのマルチチャネルインタフェース製品は、外付け CSU/DSU を使用する標準シリアルポートよりも T1/E1 ポートあたりのコストを抑えることで、あらゆる WAN 接続に優れたコスト効果を提供します。

図 1:シスコのマルチチャネルインタフェース製品は、マルチリンク PPP を使ったバンドル型(N×T1/E1)リンクなど、多様な接続タイプをサポートします。

図 1 シスコのマルチチャネルインタフェース製品は、マルチリンク PPP を使ったバンドル型(N×T1/E1)リンクなど、多様な接続タイプをサポートします。
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

シスコのマルチチャネルインタフェース・ファミリには、T3 回線、E3 回線、T1 回線、および E1 回線への物理接続をサポートする各種バージョンが取り揃えられています。E1 および T1 回線への直接終端に対しては、6 種類のマルチチャネルインタフェースがサポートされています。統合型 T1 CSU および DSU 機能を必要とするサイトに対しては、2 ポート/4 ポート/8 ポートのマルチチャネル T1 ポートアダプタが、適切な統合機能を提供します。キャリアとコロケートしているサイトなど、DSU 機能のみが必要とされるサービスプロバイダーのアプリケーションに対しては、8 ポートマルチチャネル DSX1 カードがポートあたり低価格で高ポート密度を提供します。E1 アプリケーションに対しては、マルチチャネル E1/G.703 インタフェースによって 120 Ω G.703 回線への直接接続が提供されます。

128 チャネルのマルチチャネルポートアダプタは、クリアチャネル E1 リンク、N×DS0(N×64K)リンク、または ISDN PRI(Primary Rate Interface)リンクに割り当てることができます。それぞれの N×DS0(N×64K)接続には単一のチャネルが使用され、単一の T1 または E1 上で複数の N×DS0 接続をサポートできます。ISDN PRI として使用される各 T1 または E1 は、それぞれ 24 または 31 チャネルを使用し、各 B チャネルに 1 つ、D チャネルに 1 つを使用します。


発注情報

ポート パーツ番号 ポートアダプタの説明 T1 CSU T1 DSU E1
8 PA-MC-8T1 8 ポートマルチチャネル T1、CSU および DSU 内蔵  
4 PA-MC-4T1 4 ポートマルチチャネル T1、CSU および DSU 内蔵  
2 PA-MC-2T1 2 ポートマルチチャネル T1、CSU および DSU 内蔵  
8 PA-MC-8DSX1 8 ポートマルチチャネル T1、DSU 内蔵    
8 PA-MC-8E1 8 ポートマルチチャネル T1、E1 G.703/G.704 120 Ωインタフェース内蔵    
2 PA-MC-2EI 2 ポートマルチチャネル T1、E1 G.703/G.704 120 Ωインタフェース内蔵    



機能

  • カードあたり最大 8 つの独立した T1 または E1 ポート
  • チャネライズド T1/E1、フラクショナル T1/E1、クリアチャネル E1、および ISDN PRI をサポート
    • 最大 128 の N×64K チャネルを使用可能(N は、E1 の場合は 1 ~ 31、T1 の場合は 1 ~ 24)。チャネルは 8×T1 または E1 ポートに割り当て可能
  • 各ポートで内部またはネットワークからクロック供給元を選択可能
  • 2 色表示による、ポートごとのステータス LED
  • VIP/NPE(Versatile Interface Processor/Network Processing Engine)による ISDN D チャネルのサポート
  • 回線およびペイロードループバック機能
    • DS1/E1 レベルのローカル、リモート、およびペイロードループバック
    • 組み込みのループバックコマンドに応答
    • 伝送される信号にループバックコマンドを挿入
  • 全チャネルで完全なビット誤り率試験機能を提供
    • 最大 32 ビットの長さにプログラム可能な擬似乱数パターン
    • 32 ビットの誤りカウントおよびビットカウントレジスタ
    • 完全に独立した送信および受信セクション
    • プログラム可能なビット誤り挿入
    • 最大 10-2 のビット誤り率で試験パターンを検出
  • アラーム検出:AIS(アラーム表示信号)、タイムスロット 16 AIS、リモートアラーム、FEBE(Far-End Block Error)、OOF(Out of Frame)、CRC(巡回冗長検査)マルチフレーム OOF、シグナリングマルチフレーム OOF、フレームエラー、CRC エラー
  • オンボードプロセッサによるリアルタイム FDL(Facility Data Link)メッセージング、インバンドコード検出/挿入、アラーム統合、およびパフォーマンス監視
  • 次のシリアルカプセル化プロトコルをサポート
    • フレームリレー
    • PPP(Point-to-Point Protocol)
    • HDLC
    • SMDS DXI(Switched Multimegabit Data Service Data Exchange Interface)
    • X.25
    • ISDN PRI
  • 次のネットワーキングプロトコルをサポート
    • IP
    • IPX
T1/DSX1 バージョンの機能
  • DS1 100 Ωインタフェース、RJ-48c コネクタ装備
  • D4(SF [Super Frame])および ESF(Extended Superframe)フレーミング
  • AMI(Alternate Mark Inversion)または B8ZS(Binary 8-Zero Substitution)回線エンコーディング
  • 各 T1 ポートについて 1.536 Mbps のデータレート
  • 内部およびループ(ネットワークから回復)によるクロック供給
  • 構成可能な標準 ANSI T1.403 または AT&T TR 54016 に準拠した、FDL のフルサポートと FDL パフォーマンス監視
  • 199.64 m(0 ~ 655 フィート)単位で DSX-1 ケーブル長を選択可能(DSU モードの PA-MC-8DSX1 および PA-MC-4T1/8T1)
  • DS1 CSU の回線ビルドアウトを次から選択可能:0、-7.5、-15、および-22.5 dB(PA-MC-4T1 および PA-MC-8T1 のみ)
  • DS1 CSU レシーバゲインを次から選択可能:26 または 36 dB(PA-MC-4T1 および PA-MC-8T1 のみ)
  • UL1459/1950、FCC part 68 準拠の DS1 回線保護(PA-MC-4T1 および PA-MC-8T1 のみ)
  • アラームの検出と報告を含め、DSX-1 MIB(Management Information Base)をフルサポート(RFC 1406)
  • DSX-1 MIB リモートアクセスをサポート(PA-MC-4T1 および PA-MC-8T1 のみ)

E1 バージョンの機能

  • E1 120 Ω(G.703)、RJ-48c コネクタ装備
  • 非フレーム E1 または G.704 フレーミングモード
  • E1 ポートあたり 2.048 Mbps(非フレームモード)または 1.984 Mbps(フレームモード)のデータレート
  • 内部およびループ(ネットワークから回復)によるクロック供給
  • ソフトウェアで設定可能な E1 ナショナルビット
  • HDB3 エンコーディング

適合基準(一部)

T1/DSX1 適合基準

  • ANSI T1.403
  • 米国(UL 1950、1459、T1)
  • FCC Part 68
  • カナダ(C1950、T1)
  • 米国(FCC part 15J Class A、T1)
  • イギリス(BS6301、EN60950、EN41003)
  • カナダ(CSA C108.8 Class A、T1)
  • Bellcore--AT&T Accunet(62411)
  • ATT 54016
  • 日本(VCCI Class 2、T1)

E1 適合基準

  • ドイツ(TUV GS)
  • ドイツ(VDE 0878 part 3 および 30)
  • フランス(NFC98020)
  • フランス(EN60950、EN41003)
  • スウェーデン(SS447-2-22)
  • ヨーロッパ(EN55022 Class B、EN55102-1、EN55102-2)
  • CCITT/ITU G.703、G.704、I.431
  • ETSI NET5、ETS300156
  • CTR-4、CTR-12
  • TBR-13
  • ETS 300011
  • ITU I.431

更新日:2001 年 4 月 18 日

お問い合わせ