アプリケーション ネットワーキング サービス

テクノロジーの概要

共有サービスによるパフォーマンスの最適化

ビジネスにおけるネットワークの役割は、アプリケーションの運用、情報フロー、およびビジネス プロセスをサポートすることにあります。しかし、従来のネットワークは、他の要素から完全に独立した存在として扱われてきました。そのため、アプリケーションのトラブル解決の際に問題が生じることがありました。また、ネットワークとアプリケーションを総合的に捉えなかったことにより、非効率的なソリューションが提案される可能性もあります。


企業におけるビジネス アプリケーションとコラボレーション アプリケーションの価値と重要性はこれまで以上に大きくなっていますが、分散化とネットワーク化が進んでいるために、保護、統合、および管理が困難になっています。


しかし、IT システムをビジネス ニーズにより近づくように調整すれば、ネットワーク上で稼働するアプリケーションの配信、保護、および最適化が実現し、本来は連携するように設計されていないアプリケーションとネットワーキング システムでも統合が可能になります。このようなことを達成するには、アプリケーション間の統合、およびアプリケーションとクライアント間の配信と最適化を実現するさまざまなソリューションが必要になります。


スムーズに連携する共有サービスをネットワーク上で実現させるというシステム アプローチの採用により、既存のアプリケーションからは付加価値が生まれ、既存の標準ベースの IP ネットワーク インフラストラクチャからは新たな価値が抽出されます。既存のネットワークでホスティングされる共有サービスにより、すべてのアプリケーションの動作が向上し、高度な導入に必要なインフラストラクチャが簡素化されます。


「エンタープライズ ネットワークの性質は、低機能の通信サービスから高機能の Enterprise Nervous System(ENS)へと進化しています。これに伴い、アプリケーションの設計と IT 管理プラクティスが根本から変貌を遂げようとしています」

Roy Schulte 氏、Gartner, Inc. 副社長兼特別研究員

共有サービスおよびサービス指向型アーキテクチャへの移行を支援するために設計された、新世代のアプリケーション インフラストラクチャにより、IT 企業は次のことを実現できます。

  • アプリケーションのスケーラビリティと可用性の向上
  • エンド ユーザのアクセスの向上
  • サーバ数とネットワーク リソース数の大幅な削減

この新世代のアプリケーション インフラストラクチャは、一般的なアプリケーション機能をネットワーク ベースのサービスとして提供することで、アプリケーションの導入、統合、および管理方法を変化させます。ネットワークはインテリジェンスを搭載しているので、アプリケーション メッセージ(発注、発送通知、または株取引)を理解し、ルーティング、データ変換、およびセキュリティのポリシーを適用することができます。これらのソリューションにより、以下のことを実現できます。

  • アプリケーションのスループットと可用性の向上
  • 運用コストの削減
  • IT 柔軟性の向上

音声サービスからセキュリティ、データ ストレージ、およびサーバ プロビジョニングまで、さまざまな機能がネットワークに吸収されるにつれて、ネットワークを、インテリジェントなエンドポイントをつなぐ「ただのパイプ」とみなす社会通念が急速にすたれつつあります。この考えをビジネス アプリケーションのニーズに拡張することで、ネットワークが共有インフラストラクチャ サービスを基にしたアプリケーション サービスのプロバイダーとなって、ユーザやその他のアプリケーションへのコンテンツ配信を改善し、インフラストラクチャに関する開発チームや運用チームの負担を軽減します。

お問い合わせ