アプリケーション ネットワーキング サービス

Cisco Content Distribution Manager

注意: 本製品は既に生産⁄販売を終了しております。



PDF GetAcro データシート

Cisco Content Distribution Manager



[目次]
[製品概要]
[Content Distribution Manager]
[主な機能と利点]
[コンテンツの配信を完全に管理]
[ネットワーク帯域幅を完全に制御]
[卓越したWeb統合機能]
[どこの視聴者からも到達可能にする代替メディア配信機能]
[帯域幅を増加させることなく、迅速かつ安全にメディアを複製]
[柔軟なインポート機能]
[耐障害性と障害防止機能]
[仕様]
[ハードウェア]
[ソフトウェア]
[発注情報]
[製品と製品番号]
[シスコシステムズのエンタープライズサービス/サポートソリューション]


製品概要

 ビジネスの世界は大きく変容しており、スピードが最も重要な要素となっています。また、顧客は地球規模に存在し、競争は激化しています。そして、企業のブランドの威力は、それをサポートするコミュニケーションによって決まります。こうした課題に対応するために、シスコでは、ネットワークエッジにコンテンツ配信のためのインテリジェントな製品ラインを提供しています。これらの製品を使ったローカルアクセスによってパフォーマンスと品質が改善され、WAN輻輳を心配することなく企業全体で豊富なコンテンツを提供できるようになります。

 Cisco CDN(Content Delivery Networking)ソリューションは、画期的なSODA(Self-Organizing Distributed Architecture)テクノロジをベースとしています。SODAテクノロジは、スマートな「コンテンツエンジン」を使ってWeb上でマルチメディア情報を配信します。手軽なコストと容易なインストールで導入できるCisco Content Distribution ManagerとCisco Content Engineにより、テレビと同じ品質のビデオなどの高帯域なマルチメディア情報を、管理タスクなしで迅速に配信できるようになります。またCisco Content Engineはキャッシング機能も提供するため、企業はネットワークパフォーマンスを増進し、WAN帯域幅を節約して、インターネットアクセスを制御できるようになります。Cisco CDNソリューションによって企業は、プッシュ型、プル型、およびライブのストリーミングを、すべて1台のデバイスから利用できます。


return to top
Content Distribution Manager

 インテリジェントなコンテンツ配信システムの中心となるのは、Cisco Content Distribution Managerです。Content Distribution Managerによって、エンドユーザーサイトに設置されている全Cisco Content Engineを含むメディア配信ネットワーク全体を完全に管理することができます。Cisco Content Engineは、メディアを受信し、それをLAN(ローカルエリアネットワーク)を通して視聴者に流します。Content Distribution ManagerのパワフルでしかもシンプルなWebブラウザベースのユーザーインタフェースを使用して、世界中のCisco Content Engineの構成/監視、テレビと同品質のビデオなどのマルチメディア情報のインポート/プレビュー、およびイントラネット/エクストラネットのためのマルチメディアサイト作成といったことができます。また、WAN(ワイドエリアネットワーク)上でCisco Content Engineにメディアを配信するための最大使用帯域幅と、LAN上でコンテンツエンジンからエンドユーザーにメディアを配信するための最大使用帯域幅を設定することで、ネットワークの輻輳を確実に回避できます。

図1:Cisco Content Distribution Managerでは、使用の簡単なグラフィカルユーザーインタフェースを使ってコンテンツとメディアの配信を完全に管理できます。
図1:Cisco Content Distribution Managerでは、使用の簡単なグラフィカルユーザーインタフェースを使ってコンテンツとメディアの配信を完全に管理できます。


return to top
主な機能と利点
シスコは、アクセスVPNソリューション全体を容易に展開するための幅広い技術を提供しています。 コンテンツの配信を完全に管理
  • 画期的なSODAテクノロジにより、インターネットに接続された任意のLAN上のCisco Content Engineに、高帯域メディアファイルを自動複製

  • シンプルで分かりやすいコマンドを使って、複製するメディアファイルを追加、削除、選択可能

  • 複製前にメディアファイルのプレビューが可能

  • 数千のCisco Content Engineを集中管理

  • 自動インテリジェントルーティングとサーバ選択

  • SSL(Secure Socket Layer)暗号化を使い、耐障害性に優れた安全なファイル転送により、セキュアなメディア転送を提供

  • 「配信リスト」を使って散在する視聴者にメディアを配信するためのチャネル構成
ネットワーク帯域幅を完全に制御

 ネットワークの輻輳を回避するために、Cisco Content Distribution Managerは完全な帯域幅制御機能を提供します。Content Distribution ManagerからリモートにあるコンテンツエンジンへのWAN上の最大使用帯域幅、およびコンテンツエンジンからエンドユーザーデスクトップへのLAN上の最大使用帯域幅を設定できます。大容量ファイルを夜間やオフピーク時に配信したり、時間や曜日によって複製を指定できるため、ネットワークの輻輳が発生したり他の業務に影響を与えることはありません。WAN上の複製とLAN上の再生の両方に対して、中央の1つのユーザーインタフェースから完全な制御機能を提供できるのは、シスコだけです。これによって、ネットワークリソースを最も効率的に使用することができます。

図2:Cisco Content Distribution Managerを使用すると、企業は、時間、曜日、場所、そして帯域幅の設定も制御できるため、配信プロセスを完全に管理することが可能になります。
図2:Cisco Content Distribution Managerを使用すると、企業は、時間、曜日、場所、そして帯域幅の設定も制御できるため、配信プロセスを完全に管理することが可能になります。


return to top
卓越したWeb統合機能
 Cisco Content Distribution Managerは、1つのメディアファイルに対して1つのURLを作成して、Webとの迅速で簡単な統合を実現します。このURLには、現場のコンテンツエンジン数に関係なく、いくつものコンテンツエンジンがアクセスできます。既存のイントラネットまたはエクストラネットページに1つのURLをカット&ペーストすることで、それぞれのトランザクションを管理することなく、迅速、簡単、かつ効果的にコンテンツを管理/配信できます。エンドユーザーは、Webページで新しいメディアリンクをクリックするだけで、簡単にメディアを表示できます。コマンドは最も隣接するコンテンツエンジンにリダイレクトされ、コンテンツエンジンはメディアをローカルに流します。これによってエンドユーザーには、可能な限り最高のWebからのレスポンスが提供されます。
  • サムネイル参照イメージとサンプルWebページを自動的に生成して、企業エクストラネット、イントラネット、およびインターネットサイトと統合
  • 1つのメディアファイルに1つのURLを作成することにより、あらゆるWebサイトをシームレスに統合
  • HTML/DHTML、XML(eXtensible Markup Language)、およびSMILといったWebマルチメディア・プレゼンテーション標準に統合

return to top
どこの視聴者からも到達可能にする代替メディア配信機能

 Cisco CDNソリューションの主要な利点は、あらゆるIPネットワーク上で高帯域コンテンツを配信する能力です。しかし、Cisco Content Distribution Managerは、対象の視聴者がLAN上のCisco Content Engineに接続していない場合でも、リッチメディアの配信を可能にします。Content Distribution Managerの代替メディア配信機能を使用すると、より低帯域な代替メディアを再生するためのURLを作成しておいて、オフィスの外にいるユーザーに対してこれを提供することができます。視聴者がLANに接続しているときにはリッチコンテンツ配信機能を使用できますが、外出時などの場合には低帯域ビデオ、カスタムHTMLページ、またはPowerPointプレゼンテーションなどのコンテンツにアクセスすることになります。

図3:Cisco Content Distribution Managerによって、迅速、安全、かつ簡単にファイルを複製できます。
図3:Cisco Content Distribution Managerによって、迅速、安全、かつ簡単にファイルを複製できます。
return to top

帯域幅を増加させることなく、迅速かつ安全にメディアを複製
 Cisco Content Distribution Managerは、複製というプロセスによってネットワーク上の各Content Engineにコンテンツを配信し、SSL暗号化を使って機密データを保護します。このシスコのソリューションでは、それぞれのコンテンツエンジンが保持しているのはオリジナルコンテンツの複製であるため、Cisco Content Distribution Managerという1つのソースからメディアを配信したり削除できます。したがって、数千のコンテンツエンジンが導入されている場合でもメディアを簡単に管理できます。さらに、WAN上で低帯域幅を使ってメディアを配信しておいて、LANで利用可能な帯域幅を使ってデスクトップにメディアを配信するため、ネットワークリソースを効率的に利用できます。メディアに対するリクエストが1回であっても千回であっても、WANの負荷が増えることはありません。シスコだけが、あらゆるリッチメディアの配信にこのようなコスト効果の高い革新的アプローチを提供しています。HTTP(Hypertext Transfer Protocol)を使ってファイル転送を行うCisco Content Distribution ManagerとCisco Content Engineは、企業ファイアウォールに保護された環境でも通信できます。

図4:Content Distribution Mangerのチャネルエディタ機能を使用すれば、メディアファイルの編成を簡単に行うことができます。
図4:Content Distribution Mangerのチャネルエディタ機能を使用すれば、メディアファイルの編成を簡単に行うことができます。
return to top
柔軟なインポート機能
  • MPEG-1(Motion Picture Experts Group 1)、MPEG-2、RealVideo、Windows Media、AVI、QuickTimeなどの標準ビデオフォーマットをインポート
  • PDF、バイナリ、CAD/CAM、PowerPoint、およびMacromdeia Shockwaveといったビデオ以外の標準ファイルタイプをインポート
  • FTP(File Transfer Protocol)、Microsoft Windowsのネットワークコンピュータからのドラッグ&ドロップ、またはWebサーバからのコピーという3つの柔軟なインポートオプションを提供

return to top
耐障害性と障害防止機能
 Cisco CDNソリューションは、デバイスとネットワーキング両方の耐障害性を提供して、1カ所での障害がネットワーク全体に影響しないようにします。コンテンツエンジンに障害が発生すると、トラフィックはコンテンツエンジンクラスタの他のメンバーに自動的に再配分され、ネットワークトポロジが再構築されます。ファイル複製時に障害が発生した場合は、ネットワークの再構成後、中断されたポイントから複製が再開されます。
return to top
仕様

ハードウェア 表1:Content Distribution Manager
項目 Cisco Content Distribution Manager 4650 Cisco Content Distribution Manager 4630
CPU 2x866 Xeon 600-MHz PIII
RAM 512 MB 256 MB
ネットワークインタフェース オートセンシング10/100BASE-T オートセンシング10/100BASE-T
ストレージ容量 180 GB(1) (1) 30GB、10K RPM、Ultra2 SCSIディスクドライブ
ストレージアレイ オプション なし
ラックユニット 7 1
寸法(H×W×D) 43.7×444.5×358.9 cm(1.72×17.5×14.13インチ)
重量 5.7 kg(12.5 lb)
動作温度 0~45℃(32~113°F)
非動作時温度 -25~70℃(-13~158°F)
湿度(結露しないこと) 95% RH(非動作時)
動作時衝撃 5G 継続時間11-ms、1/2正弦ショックパルス
非動作時衝撃 20G 継続時間11-ms、1/2正弦ショックパルス
動作時振動 ランダム振動 5-10 Hz 5 db/オクターブ、ランダム振動 10、ランダム振動 200-500 Hz 5 db/オクターブ
非動作時振動 ランダム振動 5-10 Hz 5db/オクターブ、ランダム振動 10
ランダム振動 100-500 Hz 5db/オクターブ
電源/電流要件 ユニバーサル入力 100-127V, 200-240V
周波数 50-60 Hz
最大電力 130W 電流 最大2A
(1) 最適なパフォーマンス/容量を得るためには、ストレージアレイが必要です。シスコのストレージアレイは、6×18 GB = 108 GBのストレージを提供します。 ソフトウェア  Ciscoコンテンツ配信製品のソフトウェアの詳細は、Cisco Connection Online(http://www.cisco.com/go/cdn)をご覧ください。
return to top
発注情報

製品と製品番号 表2:Content Distribution Managerシリーズ
説明 製品番号
Content Distribution Manager 4650 CDM-4650
  • 最大1000のコンテンツエンジンを管理
  • パッケージング:7Uラックマウント
  • 866-Mhz Xeonプロセッサ/512 MB
  • ネットワーク:10/100-Mbpsイーサネット(RJ-45)
  • ストレージ容量:180-MBのメディアストレージ
  • ソフトウェア機能  
    • デバイスマネージャ、リモートソフトウェア更新機能装備  
    • チャネルマネージャ、100チャネルのライセンス付き  
    • 帯域幅マネージャ  
    • メディアインポータ、Webページ作成機能装備  
    • メディアプレビュー機能、テストストリーミング機能装備  
    • メディア複製エンジン、SODAルータ装備  
    • コンテンツエンジン選択用の複製ルータ
Content Distribution Manager 4630 CDM-4630
  • 最大100のコンテンツエンジンを管理
  • パッケージング:1Uラックマウント
  • 600-Mhz PIIIプロセッサ/256-MB RAM
  • ネットワーク:10/100-Mbpsイーサネット(RJ-45)
  • ストレージ容量:30-GBのメディアストレージ
  • ソフトウェア機能  
    • デバイスマネージャ、リモートソフトウェア更新機能装備  
    • チャネルマネージャ、100チャネルのライセンス付き  
    • 帯域幅マネージャ  
    • メディアインポータ、Webページ作成機能装備  
    • メディアプレビュー機能、テストストリーミング機能装備  
    • メディア複製エンジン、SODAルータ装備  
    • コンテンツエンジン選択用の複製ルータ

return to top
シスコシステムズのエンタープライズサービス/サポートソリューション
 シスコのサポートソリューションは、プロアクティブなサポートソリューションを提供することによって、お客様の成功を保証することを第一の目的としています。シスコでは、プランニング、設計、導入、運営、および最適化に関してサービスとサポートを提供しています。シスコ製機器のご購入にサービスとサポートを含めることにより、豊富なリソースが利用できるようになります。シスコのサービスおよびサポートソリューションは、お客様によるネットワーク投資の価値を高め、業務運営のためのコスト削減など多くの恩恵をもたらします。

return to top 更新日:2000年11月9日



お問い合わせ