アプリケーション ネットワーキング サービス

ビジネスの利点

システム アプローチによるパフォーマンスの向上およびコスト削減

既存のネットワークで共有サービスを提供することにより、すべてのアプリケーションの動作が向上し、高度なアプリケーションの導入に必要なインフラストラクチャが簡素化されます。


共有サービスの利点は、次のとおりです。

  • シンプルで運用しやすいアプリケーション インフラストラクチャ
  • ネットワークとアプリケーションの連携
  • エンドユーザ エクスペリエンスとアプリケーション スループットの大幅な向上
  • 準拠性およびセキュリティを含む管理機能の向上
  • ネットワーク リソースと IT 投資全体のより効率的で効果的な活用
  • 総所有コストの削減

今日の複雑なアプリケーションとネットワークの展開を管理するには、アプリケーション間の連携を可能にし、アプリケーションとクライアント間の配信と最適化を実現するソリューションが必要とされています。ほとんどの企業では、アプリケーションへの投資が累積し、次のようなビジネス モデルへの需要の対応に追われています。

  • カスタマイズされた情報へのアクセスによる Web 使用の増加
  • 準拠性とコスト制御のためのデータセンターの統合化
  • 分散型組織を実現するための安全で高速な企業データ アクセス
  • 複雑なアプリケーション展開をサポートするために複雑化しているアプリケーション インフラストラクチャ
  • 運用を中断することなく、アプリケーションのスケーラビリティ、可用性、パフォーマンス、およびセキュリティを向上させる必要性

ネットワークは、ユーザへのコンテンツ配信方法を改善するか、アプリケーション内の従来の機能をオフロードすることで、これらの問題を緩和できます。共有サービスを使用すれば、ネットワーク経由で実行されるアプリケーションを配信、保護、および最適化して、本来は連携するように設計されていないシステムでも統合できます。


このアプローチは、データセンターにおける次のような事項に役に立ちます。

  • リソースを最大限に活用することでコストを削減
  • 場所に関係なく、あらゆるユーザに向けて優れたアプリケーション パフォーマンスを実現することで、生産性を向上

ブランチ オフィスの場合、このアプローチにより次のようなことが可能になります。

  • 部門から提供される共通のフォームを使って、中央集中型のアプリケーション、サーバ、ストレージ、およびリッチ メディアにアクセス
  • LAN 環境と同様のパフォーマンス
  • ビデオ ストリーミングと配信
  • アプリケーションおよびコンテンツ フィルタリング
  • ソフトウェア配布の自動化(ASD; Automated software distribution)

お問い合わせ