Cisco uBR10000 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータ

Cisco uBR10012ルータ対応Cisco Performance Routing Engine 2

ダウンロード
Cisco uBR10012ルータ対応Cisco Performance Routing Engine 2

データ シート


Cisco uBR10012ユニバーサル ブロードバンド ルータ対応Cisco Performance Routing Engine 2


ケーブル事業者は、機能や利点、パフォーマンス、サービス可用性、および操作の効率性の面で市場をリードする新しいサービスを提供しています。これらのサービスを通じて、ケーブル事業者は新たな利益を生み出し、その収益は成長を続けています。Cisco® Performance Routing Engine 2(PRE-2)は、Cisco uBR10012ユニバーサル ブロードバンド ルータ対応の次世代ルート プロセッサとして、こうした新規サービスのさらなるニーズに応え、高度なパフォーマンス、優れたレイヤ3フィーチャ セット、およびスケーラビリティをまとめたことによる利点に加えて、IPを中心にするケーブル モデムおよびセットトップ ベースのアプリケーションに対するハイ アベイラビリティをケーブル事業者に提供します。

製品概要

Cisco PRE-2(図1)は、すぐれたパフォーマンスと信頼性によりケーブルIPネットワークを進化させます。Cisco PRE-2は、レイヤ2およびレイヤ3パケットの処理を行い、ルーティングおよびシステム管理機能も備えています。ケーブル インターフェイス ライン カードまたはCisco Broadband Processing Engine(BPE)のサポートにより、Cisco uBR10012の各スロットで利用可能な帯域幅を効果的に2倍にします。Cisco PRE-2は全二重ギガビット イーサネット ポートをサポートしており、全二重1.6 Gbps接続を増加させます(ハーフ スロットごとに一方向)。フルスロット モジュールはCisco PRE-2と最大3.2 Gbpsで接続しますが、これはCisco PRE-1の接続速度の2倍です。冗長性を実現するため2台のCisco PRE-2モジュールを設置できます。

図1 Cisco uBR10012ユニバーサル ブロードバンド ルータ対応Cisco Performance Routing Engine 2(PRE-2)

Cisco uBR10012は、DOCSIS®ベースのケーブル モデムとセットトップ ボックス アプリケーションに対して多くの機能を提供するコミュニケーショングレードのCable Modem Termination System(CMTS;ケーブル モデム終端システム)です。完全なレイヤ3ルーティング機能と業界をリードするキャパシティにより、Cisco uBR10012は、高レベルのインテリジェンスと処理能力を必要とする次世代ケーブルIPサービスの展開をサポートします。Cisco PRE-2によりCisco uBR10012は、64,000以上の加入者をサポートすることが可能となります(ただし、提供サービス、使用環境によってサポート可能加入者数は異なります) 。
Cisco PRE-2は、特許取得済みで最新のCisco Parallel eXpress Forwarding(PXF)を活用して、圧倒的なパフォーマンスとスケーラビリティを提供します。Cisco PXFは並行マルチプロセッサ アーキテクチャを採用することにより、複数のIPサービス展開をサポートするとともに、ピーク時のパフォーマンス スループットを維持します。

Cisco PRE-2は次の機能を提供します。

•Cisco uBR10012により1秒あたり最大620万パケット(mpps)、8並行フローまで処理可能

•WANごとに最大6.4 Gbps全二重、RFスロットごとに最大3.2 Gbps全二重までサポート

•Cisco PXF特許技術を利用した最大限のIPサービス パフォーマンスを提供

•プロセッサ冗長性をサポートし、99.999%のネットワーク アップタイムを実現

•500 MHz RISC(縮小命令セット コンピュータ)プロセッサによりルーティングおよびSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)を制御

機能と利点

表1は、Cisco PRE-2の詳細な機能と利点です。

表1 Cisco PRE-2の機能と利点

機能

利点

最大6.2 mppsの処理能力

高い処理能力により、幅広い機能を実現するラインレート パフォーマンスを提供する。 DOCSISベースの高速データ、PacketCable Voice Over IP(VoIP)、DOCSIS Set-Top Gateway(DSG)ビデオ トランスポート、その他の最先端のIPサービスを提供するお客様に、こうした収益を生み出す新しいサービスをサポートするための高度な処理能力を提供する

WANごとに最大6.4 Gbps全二重、RFスロット バックプレーンごとに最大3.2 Gbps全二重までサポート

入力および出力スロットのキャパシティに平衡型パケット フローを提供し、24 Gbpsを越える全二重のトータル キャパシティを提供する

Cisco PXF特許技術

高性能と柔軟性を提供するCisco PXFをCisco uBR10012とともに利用すれば、新しいサービスを導入するにあたり、ケーブル事業者は性能を低下させることなく、複数のサービスを稼働できる。Cisco PXFはソフトウェアベースの技術であり、ハードウェアのアップグレードなしでCisco uBR10012による新しいサービスを可能にするので、投資を保護し、お客様の時間と費用を節約する

プロセッサの冗長性

プロセッサの冗長性により、99.999%のネットワーク アップタイムを可能にする。特にプライマリ ライン音声サービスをサポートする場合に重要である。Cisco uBR10012シャーシは、冗長性を保つために最大2台のCisco PRE-2モジュールを搭載できる。99.999%のアップタイムをサポートし、ハイ アベイラビリティと機能を高度なレベルで組み合わせたCisco uBR10012は、業界をリードするキャリア クラスCMTSである

ルーティングとSNMP処理を制御する500 MHz RISCプロセッサ

(Cisco PXFコンプレックスでの64マイクロコアに加えて)数千のルートの管理と管理要求を処理するコプロセッサを提供する


製品仕様

ハードウェア機能

• ホットスワップ可能(冗長Cisco PRE-2モジュールによる)

•500 MHz RM7000 mipsプロセッサ(統合16 KBデータ/16 KBインストラクション レベル1キャッシュ、統合256 KBレベル2キャッシュ、4 MBレベル3キャッシュを装備)

•2PCカード スロット(以前のPREのPCカード インターフェイスと互換性あり)

-一方のPCカード スロットはメモリまたはI/Oデバイスとして使用可能

-どちらのPCカード スロットでも、Type IおよびType IIカードをサポート可能

•64 MBのフラッシュ メモリ

•256 MBのパケット バッファ

•2 MBのNVRAM

•1 GBのDRAM

•ルートプロセッサ メイン メモリError Checking Correction(ECC)をサポート

•イーサネット10/100 Mbpsネットワーク管理インターフェイス×1(RJ-45コネクタを装備)

•シリアル コンソール ポート

•AUX(モデム)ポート

•アラーム コンタクト(クリティカル、メジャー、およびマイナー)

•プッシュボタン リセット

CISCO PXFハードウェア機能

•Cisco PXFネットワーク プロセッサ(合計64個の独立したプロセッサを含む)×4

•各プロセッサ セットに独立した32 MB SDRAMコントロール メモリ×2

•Cisco PXFコンフィギュレーション メモリ(カラムごと):128 MB

•Cisco PXFコンフィギュレーション メモリ(合計):1 GB

•Cisco PXFカラム メモリECCをサポート

•Cisco PXFパケット バッファ メモリECCをサポート

•バッファ管理、フロー制御、ネットワーク プロセッサ管理、およびCisco uBR10012バックプレーンへのインターフェイスのためのバックプレーン相互接続Application Specific Integrated Circuit(ASIC;特定用途向けIC)

ソフトウェア機能

Cisco PXFにより、Cisco PRE-2はデータプレーン機能から管理プレーン機能を切り離します。汎用RISCプロセッサ(500 MHz RM7000 mips)は、アドミニストレーション、ルート プロセッシング、管理、および設定の管理プレーン機能をサポートします。複数のCisco PXFネットワーク プロセッサが、高性能レイヤ3フォワーディングを含むデータプレーン機能をサポートします。汎用RISCプロセッサと高度なプログラマブルCisco PXFネットワーク プロセッサの組み合わせにより、最大限の柔軟性を提供し、サービス品質(QoS)、マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)、アクセス ポリシー フィルタリングなど重要なIPサービスのスループットを最大に保ちます。

ハイ アベイラビリティ機能

• ホットスワップ(OIR)

• Cisco IOS®ソフトウェアRoute Processor Redundancy Plus (RPR+)

•Hot Standby Connection-to-Connection Protocol(HCCP); N + 1 RFライン カード冗長およびRFスイッチ管理

製品仕様

物理仕様

•寸法(高さ×幅×奥行):40.64 × 4.84 × 25.32 cm (16.0 × 1.91 × 9.97 インチ)

•重量:3.84 kg(8.45 ポンド)

環境仕様

•保管温度:-40~70°C(-38~150°F)

•動作温度、公称:5~40°C(41~104°F)

•動作温度、短時間:-5~55°C(23~131°F)

•保管相対湿度:5~95%相対湿度(RH)

•動作湿度、公称:5~85%RH

•動作湿度、短時間:5~90%RH

•動作高度:-60~4000 m

規制順守

安全性

•UL 60950/CAN/CSA-C22.2 No. 60950-00、Third Edition(2000年12月1日、IEC 60950より厳しくないDeviationなし)

•EN 60950 with Amendments 1-4(LVDディレクティブへのCEマーキング向け)

•IEC 60950 Third Edition with Amendments 1-4(すべての国およびグループのDeviationを含む)

•AS/NZS 60950:2000

•AS/NZS 3260-1993 with Amendments 1-4

•ACA TS001-1997

電磁波放射認定

•AS/NZ 3548:1995(AMD I + IIを含む)クラスB

•EN55022:1998クラスB

•CISPR 22: 1997

•EN55022:1994(AMD I + IIを含む)

•47 CFRパート15:2000(FCC)クラスB

•VCCI V-3/01.4クラス2

•CNS-13438:1997クラスB

•GR1089:1997(Rev. 1:1999を含む)

イミュニティ

•EN300386:2000-TNE EMC要件、製品ファミリ規格、高いサービス優先順位、本社および支社の位置

•EN50082-1: 1992/1997

•EN50082-2:1995-一般イミュニティ標準、ヘビー インダストリアル

•CISPR24: 1997

•EN55022:1998-一般ITEイミュニティ標準 

•EN61000-4-2:1995 + AMD I + II ESD、レベル4/8 kV接触、15 kV大気中

•IEC-1000-4-3:1995+AMD 1-放射イミュニティ、10 V/m

•IEC-1000-4-4:1995-電気高速過渡、レベル4/4 kV/B

•IEC-1000-4-5:1995+AMD 1-DCサージ-クラス3; ACサージ-クラス4

•EN61000-4-6:1996+AMD 1-RF伝導イミュニティ、10 Vrms

•EN61000-4-11:1995-電圧DipsおよびSags

•ETS300 132-2:1996+corregendum、1996年12月

•GR1089:1997(Rev1:1999を含む)

ネットワーク装置構築標準

•レベル3準拠

•Telcordia SR-3580基準レベル、1995年11月発行

•GR-1089-CORE:電磁適合性および電気安全性、2002年10月発行

•GR-63-CORE:物理保護要件、2002年4月発行

•SBC装置要件:TP76200 MPおよびTP76400 MP

•Verizon装置要件:SIT.NEBS.TE.NPI.2002.010

ETSI

•ETS 300 386-1-「通信施設以外の場所」に設置される「高いサービス優先順位」を備えた装置に関するレベル

•ETS 300 386-2:1997年-「通信施設以外の場所」に設置される「高いサービス優先順位」を備えた装置に関するレベル

•ETSI 300 132-2:1994年12月-電気通信装置への入力における電源インターフェイス セクション4.8および4.9

LED

•アラーム:クリティカル/メジャー/マイナー(イエロー、カードごとに3つ)

-ONはアラーム状態を示します

-OFFはアラームなしを示します

•障害(イエロー、カードごとに1つ)

-ONは大きな障害によりCisco PRE-2がディセーブルになったことを示します

-OFFはCisco PRE-2が正常に動作していることを示します

•ステータス(2色、カードごとに1つ)

-イエローの点滅はシステムがブート中であることを示します

-グリーンはCisco PRE-2が(プライマリとして)アクティブであることを示します

-グリーンの点滅はCisco PRE-2が(セカンダリとして)スタンバイであることを示します

-OFFはCisco PRE-2に電源がないことを示します

-アクティビティ-グリーンはパケットが送受信されていることを示します

-リンク-グリーンはキャリアが検出され、トラフィックをポートできることを示します

•PCカード スロット0(グリーン-ONはスロット0がアクティブであることを示します)

•PCカード スロット1(グリーン-ONはスロット1がアクティブであることを示します)

ネットワーク管理

•ネットワーク管理方法:

-Telnet(CLI[コマンドライン インターフェイス])

-コンソール ポート(CLIによる)

-SNMP

•RFC 2665

•MIB:Cisco IOSソフトウェアRelease 12.3(9)BCはCisco uBR10012に次の新しいMIBサポートを追加します。

-CISCO-CABLE-METERING-MIB

-CISCO-CABLE-QOS-MONITOR MIB

-CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB

-CISCO-PROCESS-MIB

-CISCO-CABLE-SPECTRUM-MIB

-DOCS-QOS-MIB

Cisco CMTS対応シスコ ブロードバンド ケーブルMIBに関する詳細な情報は、Cisco.comの次のリソースを参照してください。

•Cisco CMTSユニバーサル ブロードバンド ルータMIB仕様ガイド:http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/cable/cmtsmib/

•SNMPオブジェクト ナビゲータ:http://www.cisco.com/pcgi-bin/Support/Mibbrowser/unity.pl

電源

ユニット電源:200 W

Cisco PRE-2システム要件と互換性

ハードウェア要件

•Cisco PRE-2は、Cisco uBR10012およびCisco 10000シリーズ ルータでサポートされます。

•Cisco PRE-2は、(Cisco PRE-2を利用できるソフトウェア トレインの)Cisco uBR10012について現在出荷されているすべてのライン カードとの組み合わせでサポートされます。

ソフトウェア要件

Cisco uBR10012でCisco PRE-2をサポートするためには、Cisco IOSソフトウェアRelease12.3(9)BC以上が必要です。

発注情報

発注する際は、下記のURLより「シスコ製品のご購入方法」をご覧ください。
http://www.cisco.com/jp/product/how_to_order.shtml


表2 Cisco PRE-2の製品番号

製品番号

説明

ESR-PRE2

Cisco uBR10012およびCisco 10000シリーズ対応Cisco Performance Routing Engine、
1 GB DRAMおよび64 MBフラッシュ メモリ

ESR-PRE2=

Cisco uBR10012およびCisco 10000シリーズ対応スペア用Cisco Performance Routing Engine、
1 GB DRAMおよび64 MBフラッシュ メモリ

ESR-PREMEMFD64

Cisco uBR10012およびCisco 10000シリーズ対応Cisco Performance Routing Engine、
64 MBフラッシュ ディスク(Cisco PRE-2のデフォルト)

ESR-PREMEMFD64=

Cisco uBR10012およびCisco 10000シリーズ対応スペア用Cisco Performance Routing Engine、
64 MBフラッシュ ディスク(デフォルト)

ESR-PRE-MEM-FD128

Cisco uBR10012およびCisco 10000シリーズ対応Cisco Performance Routing Engine、
128 MBフラッシュ ディスク

ESR-PRE-MEM-FD128=

Cisco uBR10012およびCisco 10000シリーズ対応スペア用Cisco Performance Routing Engine、
128 MBフラッシュ ディスク