Collaboration スペシャライゼーション


Unified Communications スペシャライゼーションの取得について


2013 年 5 月 10 日終了済

Unified Communications スペシャライゼーションは、統合されたシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの専門知識を証明します。


Unified Communications スペシャライゼーション
Entry Express Advanced Master
 
関連するサーティフィケーション:Advanced Unified Communications は、ゴールド認定の必要条件、シルバー認定の選択条件です。Express Unified Communications は、シスコ シルバー認定の選択条件です。

他のスペシャライゼーションをお探しですか?


アナウンスメント(英語)

アナウンスメント(日本語)

最新情報:アナウンスメント(日本語) Feb 2013


Cisco Unified Communications(UC)スペシャライゼーションの取得には、次のような利点があります。

  • 統合されたユニファイド コミュニケーション ソリューションに関する販売、技術、サービス力の開発
  • 社内の技術力の向上
  • Cisco Partner Locator でスペシャライゼーション取得パートナーとして表示

このスペシャライゼーションを取得したパートナーは、さらに次のような特典を得ることができます 次のことが可能になります。

必要条件 | 申請/更新


Master Unified Communication スペシャライゼーションの要件PDF が更新されました。


Master Unified Communications スペシャライゼーションは、高い技術力を持つ特定のパートナーを対象としています。これらのパートナーは、より高度で付加価値の高いシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションに関し、下記の項目においてお客様に成功をもたらしていることを実証しています。

  • 販売
  • 導入
  • サービス

ユニファイド コミュニケーションにおいて特に優秀な実績を認められたパートナーは、サーティフィケーション レベルに関係なく、Master Unified Communications スペシャライゼーションを取得できます。


Master Unified Communications スペシャライゼーション
ステップ 1:監査前の確認
オンサイト監査のスケジュールを設定する前に、次の必要条件をリモートで確認します。
必要条件 証明手段
Advanced Unified Communication スペシャライゼーション、または、Advanced Collaboration Architecture スペシャライゼーション パートナーは Advanced Unified Communication スペシャライゼーション、または、Advanced Collaboration Architecture スペシャライゼーションを保持している必要があります。
CCIE Voice もしくは、CCIE Collaboration CSApp で担当者を確認します。
プロジェクト管理の認定(1 名):PMI Project Management Professional(PMP)または OGC PRINCE2 パートナーは、Certification and Specialization Application に証明書をアップロードしてください。

カスタマー リファレンス:ユニファイド コミュニケーション認定基準に基づいた高度な導入実績 5 件を実証する文書(Master Security および Master Unified Communications のカスタマー リファレンス チェックリストを参照してください)

カスタマー リファレンス チェックリストを完成してください。この文書には、5 件*のカスタマー リファレンスについて、導入実績の概要を記載してください。

* 再認定(更新)の場合は、3 件のカスタマー リファレンスが必要です。

シスコ チャネル システム エンジニア(SE)は、カスタマー リファレンス文書を確認し、導入実績を検証します。シスコ チャネル SE は、CSApp にカスタマー リファレンス チェックリストをアップロードする必要があります。カスタマー リファレンス チェックリストの確認および検証は、チャネル SE のアップロードにより示されます。
ステップ 2:オンサイト監査
シスコのサーティフィケーションプログラム マネージャは、申請の確認後、外部監査法人に監査を依頼します。監査法人は監査の実施日について申請者に連絡します。
必要条件 準備
オンサイト監査による検証 オンサイト監査のすべての要件は、シスコ チャネル プログラムの監査およびポリシーに関する資料に記載されています。それに応じて準備してください。それに応じて準備してください。
オンサイト監査におけるデモンストレーション Master Unified Communications デモンストレーション ガイドラインに関する資料をもとに、デモンストレーションの準備をしてください。
サポートが必要ですか?
問題 アクション
追加情報が必要な場合は? トレーニングおよびツールのページにアクセスして、パートナーの準備やデモ ソリューションに関する VoD などの資料を参照してください。
オンライン申請またはシスコ オンライン Web ツールに関して問題が発生した場合は? サポート ケースをオープンします。
監査プロセス、デモンストレーション要件、またはその他について質問がある場合は? パートナー アカウント マネージャまたはシステム エンジニアにご連絡いただくか、
master-specializations@external.cisco.com 宛てに E メール(英語)にてお問い合わせください。

 


サーティフィケーションおよびスペシャライゼーションは、特定の国または該当するカントリー グループ内ですべての必要条件を満たしている場合に付与されます。複数の国でビジネスを展開しているパートナーには、マルチナショナル Master プログラムのご検討をお勧めします。


申請


  1. シスコ チャネル プログラムの監査およびポリシーに関する資料に記載されている必要条件を確認してください。
  2. シスコ チャネル プログラムの監査およびポリシーに関する資料の付録に記載されている諸条件およびプログラムに関するポリシーを確認してください。
  3. 必要な資料がすべて揃っていること、およびすべての必要条件を満たしていることを確認してください。
  4. Certification and Specialization Application(CSApp9ツールで、スペシャライゼーションを申請してください。
  5. オンサイト監査およびデモンストレーションの準備をしてください。

更新


再認定(更新)プロセスは、更新日の 90 日前からおこなっていただけます。更新日の 90 日前に、Certification and Specialization Application オンライン Web ツールでステータスが「Approved(承認)」から「Re-Cert(再認定)」に変更されます。更新日を過ぎて 30 日以内に更新いただかなかった場合、スペシャライゼーションの認定資格を失います。


Master スペシャライゼーションの更新手順

  1. 再認定の必要条件をすべて満たしていることを確認してください。
  2. Advanced Unified Communications スペシャライゼーションが有効で、必要条件を満たしていることを確認してください。
  3. 認定資格者(CCIE Voice、業界認定、PMP、または PRINCE2)の資格の有効期限を確認してください。
  4. Certification and Specialization Application ツールで、更新をサブミットしてください。
  5. Certification and Specialization Application ツールに、 5 件のカスタマー リファレンスをアップロードしてください。

更新いただくには、必要条件をすべて満たしている必要があります。


更新日を過ぎて 30 日以内に更新いただかなかった場合、スペシャライゼーションの認定資格を失います。