グローバルニュース

シスコ、製造、運輸、公益、石油・ガス事業向けデジタル ソリューションと IoT固有のセキュリティ ポートフォリオを発表


シスコ、製造、運輸、公益、石油・ガス事業向けデジタル ソリューションと IoT固有のセキュリティ ポートフォリオを発表

デジタル・ディスラプターがデジタル ソリューションを使ってビジネスを転換

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2015年10月5日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、製造、運輸、水道光熱、石油・ガスの各事業向けに4つの新しいデジタル ソリューションを発表しました。これらのソリューションの目的は、お客様が機械や資産を接続し、情報サイロを解消し、統合された方法で社内全体のデータをデジタル化することにあります。さらに、シスコは新しい産業用IoT(Internet of Things)セキュリティ ソリューションを発表しました。お客様は、Cisco IoT System Securityや、シスコとパートナーが提供するプロフェッショナル サービスを利用することで、システム中断のリスクを緩和し、コンプライアンスを効率的に保証できます。

Global Center for Digital Business Transformationが実施した調査によれば、今日の大手企業の40パーセントは、今後5年間に「デジタル・ディスラプション(デジタル時代の創造的破壊)」によって市場での地位を追われますが、そのうちの75パーセントは、デジタル戦略を優先することで、このリスクに対応できます。

効率性への障害を除去

製造、運輸、公益、石油・ガスのような事業が競争力を維持するには、生産性の向上、一層の価値の提供、顧客とエンドユーザーの体験の改善が必要です。効率に対する最大の障害の1つは、業務のサイロ化です。サイロは、人、機械、システム、情報、完全なビジネス分野を分離し、情報とオペレーション テクノロジー(OT)の間を分断します。より全体的なコネクテッド アーキテクチャによってサイロを解消することで、人と人を接続し、コミュニケーションを合理化し、より俊敏なオペレーションを遂行できるようになります。

4つの新しいデジタル ソリューションとIoT System Securityポートフォリオの発表:

  • デジタル製造業向けのConnected Machines:セキュアで効率的かつ視覚的なオペレーションを再定義するコネクテッド アーキテクチャ。このソリューションにより、迅速で標準ベースの反復可能な機械接続性と、グローバルな工場統合が可能になり、同時にOEMデジタル化と、機械に対する安全性に優れたリモート アクセス、モニタリング、保守能力などの新しいビジネス モデルが実現します。FANUC Americaとシスコは本日、プロアクティブな保守のためのロボット接続性とアナリティクスを実現するために、FANUCがこのソリューションを導入する意向であることを発表しました。サンノゼで開催されたイベントにおいて、Connected Machinesソリューションをすでに導入しているハイテク メーカーのFlexがソリューションの利用方法の概要と、FANUCのロボットがオペレーションの効率と品質をどのように向上させるかについて説明しました。また、本日シスコは、工場ネットワーク、工場無線、工場セキュリティ向けにお客様がインフラストラクチャのデジタル化を合理化・迅速化するための、魅力的な価格の一連のソリューション バンドルも併せて発表しました。
  • デジタル石油・ガス事業向けのSmart Connected Pipeline:石油・ガス業界の企業がパイプラインに対する制御を向上させ、事故やサイバー攻撃から資産を保護するための、安全性に優れたコネクテッド アーキテクチャ。運用は、より安全かつ効率的になり、セキュリティも向上します。Smart Connected Pipelineソリューションの市場への投入は、Schneider Electricとシスコが共同で行っており、すでにイタリアの多国籍石油・ガス企業であるENIなどのお客様との協業も進んでいます。
  • デジタル公益事業向けのSubstation Security:公益事業全体で信頼性に優れた、より効率的なサービスを提供するための、安全性に優れた送電網を実現するタイムリーなコネクテッド アーキテクチャ。国内の送電網に安全性とセキュリティの追加レイヤーが、現在ほど求められていることはありません。北米の公益事業者は、北米電力信頼度協議会の重要インフラ保護基準(NERC CIP)バージョン5に準拠する必要があります。サウスカロライナ州の公益事業者であるSCANAは、事業者がこれらの規制に準拠できるように設計された、シスコのSubstation Securityソリューションを導入する最初の企業となります。
  • デジタル運輸事業向けのConnected Mass Transit:一層の安全性とモビリティ、より良い乗客体験の提供を実現するコネクテッド アーキテクチャ。Cisco IoT Systemをベースとしたコンバージド ネットワーク アーキテクチャを採用した交通システムは、自動化、コラボレーション、ビデオ、クラウドからフォグへの俊敏性、ビジネス インテリジェンスを強化できます。管理コントロール センターから交通ステーションへ、さらに、道路、線路、大量輸送車両に至るまで、シスコのソリューションは安全性とセキュリティを第一に提供します。ドナウ川の河畔にあるオーストリアの都市リンツは、市街電車ネットワークの運営合理化のためにこのソリューションを導入しています。
  • IoT System Security:IoT System Security製品ポートフォリオは、IoTイニシアティブがあらゆる業界のお客様に競合優位性を確実に提供できるように、安全性に優れた接続性、可視性、コントロールの提供に役立ちます。Cisco IoT System Security製品ポートフォリオには、新しい専用セキュリティ アプライアンス(アプリケーションの可視性、ポリシー適用、脅威からの防御のためのISA-3000)とFog Data Servicesセキュリティ ソリューションによるIoT固有のセキュリティが含まれます。本日の発表により、IoTネットワークは、ルーターとスイッチ内にセキュリティ ポリシーを適用するためのセンサーとエンフォーサーとして機能できるようになります。また、ビデオ監視カメラ、物理的アクセスの制御、高度なセキュリティ アナリティクスを備えたビデオ監視マネージャーにより、IoTの物理的なセキュリティのためのソリューションも提供します。シスコは、今後も開発とRockwell Automationなどの主要エコシステム パートナーとのコラボレーションを通じてIoT System Securityのポートフォリオを拡大していく予定です。

エグゼクティブ、お客様、パートナーのコメント

  • FANUC、北米CEO、リック・シュナイダー(Rick Schneider)氏
    「予期せぬダウンタイムの発生を避けることでメーカーのお客様は膨大なコストを削減でき、FANUCのZDTロボットの価値は大きく高まります。シスコとの協業によって、お客様にこうした新たな価値を提供できるだけでなく、アフターサービスやサポートに対する当社のgo-to-market戦略についても新たな展開が考えられます。これは、35年におよぶ私自身のキャリアでも見たことがないほど、かつてない大きな変化を起こす可能性を秘めています」
  • Flex、アドバンスド エンジニアリング グループ、エンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、ムラド・カーワ(Murad Kurwa)氏
    「産業IoTのパワーというシスコのビジョンは、イネーブラーとして自動化を利用するジョイント コラボレーションによって実現されました。当社は、FANUCとの連携によるユニバーサル メカニカル アセンブリ プロセスにより、取得したデータから知識のプールを構築することができました。これは、アナリティクスを通じて対策の実行に役立ち、最終的には、ワールドクラスのスマート ファクトリーにつながる、より強力な「プロセス」パフォーマンスを引き出します」
  • SugarCreek、CIO、エド・ロッデン(Ed Rodden)氏
    「当社では、418,000平方フィートの新しい工場の建設でシスコのConnected Machinesソリューションを採用しています。シスコの新しい産業IoTプラットフォームにより、ビデオやセキュリティを含め、社内で利用できるすべてのデータをあらゆる種類のデバイスから取り出し、新工場の運用効率を向上できるように組み合わせて利用できます」
  • Rockwell Automation、シニアバイスプレジデント兼CTO、サジート・チャンド(Sujeet Chand)氏
    「Cisco IoT System Securityは、エンドツーエンドのセキュリティ ソリューションによってセキュアなIT-OT統合を迅速化し、コンプライアンス遵守と脅威ベクトルの緩和を合理化します。お客様は、その効果を直ちに感じられることでしょう。当社はシスコと共同で、産業界のお客様を支援し、コネクテッド エンタープライズ全体の総合的リスク管理戦略をサポートするネットワークの整合性と機密性の維持に貢献します」
  • GE、アドバンスド マニュファクチャリング デプロイメント担当CIO、ジェームズ・ビールシュタイン(James Bielstein)氏
    「卓越した工場を実現するための最初のステップは、最新のITインフラストラクチャの導入です。このインフラストラクチャは、製品設計から出荷までの「デジタル スレッド」の開発に必要な柔軟性とセキュリティを当社の工場にもたらします。シスコは、GEの卓越した工場アーキテクチャの一部です」
  • LINZ AG TELEKOM、プロジェクト マネージャー、ジョージ・リンハード(Georg Linhard)氏
    「我々は、既存のシスコ ネットワークとチャネル、その俊敏性とシンプルさを利用して、その上に目標の達成と一層のビジネス インサイトの獲得に役立つ新しいセキュリティ、モバイル、アナリティクス テクノロジーを組み込むことにしました」
  • Schneider Electric、石油・ガス、部門担当バイスプレジデント、パトリック・アルボス(Patrick Albos)氏
    「Smart Connected Pipelineは、SCADAとITの両方のインフラストラクチャを、安全で、導入と操作が容易なコンバージド プラットフォームとしてまとめて提供し、パイプライン オペレーションの最適化とコスト削減による多大なビジネス価値を実現します」
  • Black & Veatch、テレコミュニケーション担当シニアセキュリティ アーキテクト、マイク・プレシャー(Mike Prescher)氏
    「公益事業データ インフラストラクチャと、それに関連するオペレーション、管理には、特別なアーキテクチャ構造が必要であることをサイバー セキュリティ ベンダーは認識しています。これらの環境には、独自のセキュリティ ポスチャ可視性ニーズがあり、業界固有のステータス、コンプライアンス レポート要件もあります。シスコとの連携は、もう何年にもなりますが、公益事業分野の顧客と、その独特なセキュリティ要件について理解しようと積極的に取り組んでくれています」
  • Presidio(シスコ ゴールド パートナー)、IoT担当バイスプレジデント、ショーン・ラーン(Shawn Rahn)氏
    「シスコがセキュリティ ソリューション向けの産業プラットフォームに投資することで、お客様は、物理環境内で必要とされるあらゆる場所で主要セキュリティ要件に適合するアクセス ゲートウェイを確実に確立できるようになります。シスコは、その一方で、システムのアップタイムと可用性が優先される従来のセキュリティ アプライアンスに代わる、オペレーションの持続可能性を優先した製品も提供しています。これは、産業界のサイバー セキュリティにとって非常に大きな前進です」
  • SCANA Corporation、CIO、ランディー・セン(Randy Senn)氏
    「SCANAは、北米電力信頼度協議会、重要インフラ保護基準(NERC CIP)への準拠を含む新しい規制要件への対応と、サイバー セキュリティへのコミットメントにより、信頼性向上とサイバー危機からの保護の改善のために、自社システムと送電網を継続的に最新化しています。当社は、これらの規制を順守し、安全性を維持し、オペレーション テクノロジー(OT)を効果的に有効化できるように貢献してくれる、シスコのようなデジタル テクノロジー パートナーに注目しています」
  • シスコ、IoEバーティカル ソリューションズ グループ担当バイスプレジデント、トニー・シャキブ(Tony Shakib)
    「デジタル化は、ほぼあらゆる産業を転換しています。シスコは、セキュリティ、接続性、システム可視性で他に類を見ない多様な製品をエンドツーエンドで提供しています。これは、他の先進企業とのパートナーシップや、お客様との連携を通じて行われています。定評のある業界別のアーキテクチャとテクノロジーは、機械と資産を接続し、一層の俊敏性を獲得し、新しい機会の世界で勝ち抜くために必要なエッジを工業分野のお客様に提供します」
  • シスコ、IoTシステム、ソフトウェア グループ担当、製品管理シニアディレクター、ヴィカス・ビュティニー(Vikas Butaney)
    「シスコは、Cisco IoT Systemの6本の柱を通じて、製造業、公益事業、スマートシティなど、さまざまな事業分野のお客様のデジタル化の作業を合理化し、そこから価値を導くお手伝いをしてきました。IoTの採用によってデジタル化がさらに加速する中で、物理資産とデータの保護は、お客様にとって大きな懸念材料です。IoTのセキュリティに対し、シスコは、OT固有のセキュリティ、ネットワークベースのセキュリティ、物理的セキュリティを主要3要素とする総合的なシステム アプローチを採用しています」

関連リソース

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Industry Disruptors Transform Businesses Using Cisco’s Digital Solutions>