グローバルニュース

シスコ、クラウド ビデオ ソリューション、「Infinite」スイートを発表


シスコ、クラウド ビデオ ソリューション、「Infinite」スイートを発表

サービス プロバイダー、放送事業者、メディア事業者向けに、 新しいビデオ エクスペリエンスを顧客へ迅速に提供することを支援

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2015年9月11日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、本日クラウドを利用した新しいビデオ ソリューション、「Infinite」スイートを発表しました。この新しいスイートを利用することで、サービス プロバイダー、放送事業者、メディア事業者は1つのクラウドを利用して、アクセス ネットワークや視聴場所を問わずに傑出したテレビ エクスペリエンスを複数の画面に提供できます。

シスコが本日発表したのは、Infiniteファミリーの2つのメンバー製品です。どちらもフル機能のリニア、オンデマンド、タイムシフトTVビデオ エクスペリエンスを提供します。

  • Infinite Home:双方向ケーブルと通信ネットワークを介してあらゆる画面に提供します。
  • Infinite Video:アンマネージドOTT(オーバーザトップ)インターネット接続を介して多様な家電デバイスに提供します。

Cisco Infiniteソリューションは、シスコのクラウドと仮想化テクノロジーを利用してビデオの仕組みを転換します。サービス プロバイダーは、新しいサービスやサービス更新のテスト、トライアル、導入時間を短縮し、加入者の体験を改善することで、競争力を強化し、コストを削減できます。主な特徴は、次のとおりです。

  • わずか90日間での新規ビデオ サービスの開始:シスコのアズ ア サービス導入モデルと拡張性を備えたクラウド インフラストラクチャを活用します。
  • サービス強化を有効化するまでの期間を数か月間から数分間に短縮:機能をデバイスからクラウドに移行することで、構成と有効化が強力なオーケストレーション ソフトウェアによって自動化・合理化されます。
  • 週に1回以上の頻度でのソフトウェア更新と機能強化:シスコはInfinite Solutionsのお客様と連携し、迅速なトライアルと導入に利用できる新規ソフトウェア機能の継続的配信パイプラインへのアクセスを提供します。つまり、Infinite Solutionsのお客様は、かつてないスピードで新機能を市場に提供できます。

Infiniteソリューションは、導入時間の最小化のために事前に構成されています。オープンソース コンポーネントを採用しており、迅速な統合とカスタマイズを可能にするオープンAPIを提供します。 すべてのInfiniteソリューションは共通のソフトウェア、API、管理をベースとしているため、Infinite VideoとInfinite Home、プライベート クラウドとパブリック クラウドのどちらを選択しても、事業者はInfiniteファミリー内で簡単にソリューションを発展、移行できます。

コメント

  • nScreen Media、デジタル メディア アナリスト兼ストラテジック コンサルタント、コリン・ディクソン(Colin Dixon)氏
    「今日のインターネット速度の市場では、ビデオ事業者はビデオ サービスを迅速に市場に提供し、その競争力を維持することが重要です。シスコのInfiniteクラウドと仮想化ソリューション スイートは、まさにこのスピードのニーズに適合するタイプの技術的アプローチです。この俊敏性は、事業者の競争力にとって大きな意味を持ちます」
  • Kabel Deutschland、プロダクト デベロップメント担当シニアバイスプレジデント、フロリアン・ランドグラフ(Florian Landgraf)氏
    「1月に発表したように、Kabel Deutschlandは、クラウドを利用した新しいTVプラットフォームをベースとする次世代のビデオ サービスを開発しています。このプラットフォームでは、制御と機能はクラウドに移行されるため、機能の更新と新規サービスの提供を迅速かつ容易に行うことができます。Kabel Deutschlandは、シスコのInfinite Homeソリューションを利用したこの新しいプラットフォームの開発でシスコと連携しています」
  • Eastlink、エンジニアリング担当シニアバイスプレジデント兼CTO、ジム・フィッツジェラルド(Jim Fitzgerald)氏
    「当社は、パーソナライズされた次世代ビデオを複数の画面に配信するために、次の四半期にInfinite Videoを試験的に導入する予定です。当社は、優れたユーザー エクスペリエンスと総合的なビデオ サービスに、市場投入までの時間の短縮とクラウドのみが実現できる継続的改善を融合するソリューションを求めています。シスコのInfinite Videoは、これらの特性を備えているだけでなく、シスコならではの運用即応性、拡張性、柔軟性が期待できます。製品を実際に使うのを楽しみにしています」
  • シスコ、サービス プロバイダー ビデオ ソフトウェア/ソリューション担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、イヴェット・カノーフ(Yvette Kanouff)
    「ビデオ ビジネスの変化と統合は迅速に進んでいます。お客様の話では、ネットワークとデバイスの動的な組み合わせを通じて複数の画面に迫真のカスタマー エクスペリエンスを提供できるビデオ インフラストラクチャが求められています。その答えがCisco Infiniteソリューションです。クラウドとオーケストレーションでのリーダーシップ、ネットワークでの実績、このようなビデオ製品を提供できる守備範囲を持つ企業は、シスコのほかにありません」

関連リソース

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<IBC 2015: Cisco Launches ‘Infinite’ Suite of Cloud Video Solutions to Help Service Providers, Broadcasters and Media Companies Deliver New Video Experiences to Customers Faster>