グローバルニュース

シスコとMonk’s Hill Ventures、ASEANのイノベーションを促進


シスコとMonk’s Hill Ventures、ASEANのイノベーションを促進

ASEANのInternet of Everything(IoE)とデジタル変革を担う テクノロジー スタートアップ企業を対象に資金を供給

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2015年9月9日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)の投資事業部門、Cisco Investmentsは本日、スタートアップ企業を対象としたMonk’s Hill Venturesのイノベーション ファンドに1,000万ドルを投資すると発表しました。今回の資金供給の目的は、クラウド、Internet of Everything(IoE)、ビッグデータとアナリティクス、モビリティ、エンタープライズ アプリケーションにフォーカスしたソリューションに取り組む、起業間もないテクノロジー スタートアップ企業の支援を通じて、東南アジア諸国連合(ASEAN)のイノベーションと革新的な技術革新を促進することにあります。

Monk's Hill Venturesでは、主に2つの分野に焦点を絞り、急成長を続けるテクノロジー企業への投資を行っています。1つ目は、東南アジアで事業を展開する、テクノロジー分野での起業したてのスタートアップ企業に対する投資(シリーズA、B)、2つ目は、東南アジアへの進出を希望する世界のテクノロジー企業への投資です。

シスコは、資金供給に加え、テクノロジーと市場進出に関するノウハウを東南アジア地域の出資対象企業と共有するための方法を探っていく方針です。今回の投資は、地域の経済と産業界の変革をサポートするベンチャー キャピタル ファンドへの投資を通じてイノベーションを促進するという、Cisco Investmentsの戦略に沿ったものです。

「シスコは長年にわたって、イノベーションと経済発展の促進に向けASEAN諸国の政府や組織と協力して取り組んでおり、インターネットが新しいアプリケーションとソリューションの提供を可能にするプラットフォームであることを認識しています。Monk’s Hill Venturesとの共同投資は、破壊的なイノベーションのサポートに向けたシスコの戦略を促進するものであり、この投資によってASEANのコミュニティ、人々、プロセス、データ、モノをつなぐための機会が創出されることを楽しみにしています。インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイなどの国々からなるASEANコミュニティは、世界でもっとも動きが速く、競争の激しい、多様性に富んだ地域の1つです。ASEANは多国籍企業の誘致先であるだけでなく、新興企業の出発点ともなっており、現在、アジアの市場の新規株式公開の実に38%をASEAN諸国の企業が占めています」とシスコ、ASEAN担当プレジデント、 サレフ ・M・ハジ・ムンシ(Saleh M. Haji Munshi)は述べています。

Monk’s Hill Venturesのパートナーは、20年以上前からシリコンバレーやアジアのベンチャー キャピタルの支援を受けた数々の企業の立ち上げに携わってきており、中国、日本、インド、インドネシアなど、アジアのすべての主要国において運営経験を持っています。また、アジア全域と米国に強力なネットワークを構築し、さらなる資金調達、重要な企業顧客の獲得、優秀な人材の発掘、世界進出などをサポートすることで、起業家の支援を行います。Monk’s Hill Venturesはシンガポールとジャカルタに事業所を有し、同社の投資チームは将来性のある企業と接触するために東南アジア全域を活動範囲にしています。

「このファンドのコンセプトは、起業家が起業家を支えるというシンプルなものです。この上なく豊富な経験とベスト プラクティスがASEANにもたらされようとしています。当社の目的は、単に企業に投資することだけでなく、スタートアップ企業のエコシステムを構築し、同地域の成長促進を支援することにあります。シスコをはじめとするパートナーと協力して、イノベーションと経済発展の促進に取り組むなかで、当社はASEANにおけるこの計画の推進に力を注いでいます」とMonk’s Hill Ventures、マネージング ディレクター、クオ=イ・リム(Kuo-Yi Lim)氏は述べています。

Cisco Investmentsは、市場と技術に関する豊富な専門知識を持つ40人を超える投資の専門家を、米国、カナダ、中国、インド、イスラエル、ヨーロッパなど世界の主要地域に配し、積極的に投資を行っています。20年以上前から、さまざまな業界分野の数百の企業に投資を行い、IPOや買収を支援してきました。現在は20億ドルのアクティブ・ポートフォリオを有し、全世界で100件近い直接投資行っているほか、世界の35を超えるファンドにリミテッド パートナーとして参加しています。

「ASEAN地域では、デジタル化とあわせて、地域や世界に向けた新しいテクノロジーとアプリケーションの開発を行う現地起業家コミュニティの拡大が進んでおり、急速な変化が起きています。ASEANにおけるCisco Investmentsの最初の投資は、スタートアップ企業の現地エコシステムの育成を通して、国と地域コミュニティの成長を支援することにフォーカスしたものとなっています。今回のMonk’s Hill Venturesへの投資によって、ASEAN の新しいタイプの企業にシスコと関わる機会がもたらされることを期待しています。これを期に、これら企業とシスコのパートナー、ブランド、お客様との接点が生まれ、ASEAN地域の事業の拡大が促進されることに願っています」とシスコ、アジア太平洋、日本担当コーポレート デベロップメント ディレクター、プラティック・ボース(Pratik Bose)は述べています。

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Cisco and Monk's Hill Ventures Commit to Accelerate Innovation in ASEAN>